FC2ブログ

棚ボタ(1/2)

2021.02.22.Mon.
※初出2010年、旧題「腐女子を彼女に持つ男が直面した悩み」

 玄関に、枕を抱えた三島が立っていた。

「なんだ」
「彼女に追い出された」

 友人の三島は枕がかわると眠れないたちで、出張に行く時も荷造り用の鞄のなかに枕を詰めるほど精神が細やかなところがある。夜中いきなりやって来て泊めろと迫る図太い性格をしているくせに意外だ。

「またあれか」

 三島はそうだと頷いた。去年知り合い、付き合うと同時に同棲になだれ込んだ三島の彼女は、いわゆる『腐女子』と呼ばれるやつで、ある時期がくると「原稿が」「締め切りが」と仕事以外の時間を全て同人誌を制作する作業にあてるようになる。そのあいだ、彼氏の三島はほったらかし。構って欲しくてちょっかいを出すと本気で怒られ、邪魔だから、と部屋から追い出されしまう。そしてうちにやって来るのだからいい迷惑だ。

 学生時代、頼まれる度、講義の内容を写させてやっていたのが間違いのもとだ。こいつは甘やかすとその分つけあがる。今頃後悔しても遅いのだが。

 こたつに入った三島はそのまま寝転んだ。体が大きいために、入りきらない足が反対側から飛び出している。

「飯は?」
「食べてきた」

 天井を見ながらぼんやりと答える。もう眠いのかもしれない。寝るか、と訊ねると、うーん、と上の空な返事があった。

「なんかさぁ、俺と原稿と、どっちが大切なんだって気がするよな」

 視線は真上に向けられたまま三島がしみじみとした口調で言った。

「知るか。追い出されたんだから、答えは出てるだろ」
「冷てえな、慰めるのが親友だろ」
「犬も食わないまずい残飯を俺に食わそうとするな」
「俺たち夫婦じゃねえし」
「一緒に住んでるんだから同じようなものだろ」
「そういえばおまえ、いつ彼女作んの?」

 興味深々といった顔つきで三島が体を起こした。また余計なことを……。

「作ろうと思って作るもんじゃないだろ」
「おまえ、モテんのにさ」

 俺は三島を睨んだ。人の気も知らないで残酷なやつだ。

 俺が黙っていると、三島がハッと思いついたように顔を輝かせた。身を乗り出し、

「もしかして、ホモとか」

 小/学生みたいなテンションで訊いてくる。俺はわざとらしい溜息をついた。

「ほんとにそうだったらどうするだよ。彼女の影響か?」
「そうなんだよなぁ、最近、仲良さげな男見ると、もしかしてって疑ったりしちゃうんだよな、やばい傾向だよ」

 頬杖をつき、演技ぶったしかめっ面でうんうん頷く。

 三島の彼女が書いているのは漫画だ。以前三島が持ってきたので見たことがある。少女漫画に出てきそうなキラキラした男が、同じくキラキラした美少年と恋に落ち、セックスで締めくくられるハッピーエンド。これは全然ぬるいほうで、彼女が描くその多くは、強/姦、複数、調教、触手など、エグイ内容がほとんどらしい。とんでもないものを描いている。それでも最後はハッピーエンドになるというのだから、もはやファンタジーの世界だ。

「でもさぁ、実際のところ、男同士ってどうなのかな? いいのか?」

 おまえなら知ってるだろ、なんて口振りで俺に聞くな。どきっとするだろ。

「それこそ彼女に聞けよ、俺は知らんよ」
「なぁ、一回ヤッてみねえ?」

 さっきまでの気の抜けた表情をわずかに強張らせて三島は言った。冗談じゃない雰囲気。一瞬俺までマジになって三島を見つめてしまい妙な間があく。──いかんいかん。

「追い出されたいのか」

 いつもの調子を意識して切り返す。三島は表情を崩し、なんてな、と目を細めた。そのとき出来る目尻の笑い皺が俺は好きだった。もっと言えばその浅黒い肌も、硬くて太い髪の毛も、がっしりした体も、学生の頃から好きだった。

 こいつは彼女と同棲までしてるのに、俺はいまだに片思いを続けている。バカだと思うが、諦められない。だからこんな話題は危険だ。俺の気持ちを勘付かれてしまうかもしれない。

 しかし一方で、いまのはチャンスだったのに、と悔やむ気持ちもないではない。思い出作りというやつだろうか。最後に願いが叶うなら、俺は三島をきっぱり諦められる気がする。その代償は計り知れないが。

「最近ヤラせてくんないから、欲求不満なんだよ」

 言い訳するように三島は頭を掻いた。俺に、おまえと彼女の生々しい濡れ場を想像させないでくれ。それこそファンタジーの世界にとどめておいてくれ。

 テレビを見ながらしばらく雑談したあと、どちらともなく寝るか、となり、俺はベッドに、三島はこたつに寝転がった。

 ※ ※ ※

 どれくらい時間が経っただろうか。

「起きてる?」

 てっきり寝ているとばかり思っていた三島から声があった。壁のほうを向いたまま、起きてるよ、と返すと、背後で三島がごそごそ動く物音が聞こえた。

「なぁ」

 いきなり肩を掴まれた。驚いて振り返ると、すぐそばで三島が俺を見下ろしていた。

「やっぱりしてみないか?」

 ギシリ、とベッドを軋ませて、三島が俺の上に乗りかかってくる。

「な、なにを」
「頭から離れねえんだよ、一回、試してみたい」

 俺の胸に顔を押しつけ、駄目か? と上目遣いに訊いてくる。そんな目で俺を見るな。甘やかしたくなるだろう。

「本気で言ってるのか?」

 コクコク頷く。畜生、可愛いじゃないか。むさい三島のぶりっこにときめいてしまうなんて、俺も末期だな。

「どうなっても知らないぞ」

 体を起こすと、三島に抱きしめられた。男らしい力強さ。夢にまで見た愛しい男の腕の中。もう、どうなってもいいや。

 ※ ※ ※

 ベッドの上で胡坐を組んで向き合い、

「どうする? おまえ、どっちがいい?」

 挿入する側、される側を決めるために話し合っていた。

 興奮しきっている三島からは、普段より濃厚にオスのにおいが発散されている。いまからこいつとセックスするんだ、なんて強く自覚させられて、俺までのぼせそうになる。それを隠すために、俺は三島とは逆に興味がなさそうな、白けた態度を装った。

「俺はどっちでもいいよ。明日も仕事だし、やることやって早く寝たい」
「おい、この歴史的瞬間に淡白すぎるぞ。それとも経験者かよ」
「バカらし。じゃ聞くが、おまえは男のケツに突っ込めるのか? 男に突っ込まれて平気か? どっちなんだ?」

 腕を組んで三島は考え込んだ。どんな想像を巡らせているのか、時折顔をしかめたり、締りのないニヤけ面になったりする。ほんと、見ていて飽きないよ。

 決意したのか、三島がやけに凛々しい顔つきで言った。

「よし、俺が入れる」

 というわけで、歴史的瞬間における俺たちの役割が決定した。




【続きを読む】
関連記事

俺とお前(14/14)

2021.01.04.Mon.
<4→5→6→7→8→9→10→11→12→13>

 社に残っているのは、あと一人。俺は額に浮かんだ脂汗を手の甲で拭った。

「睦雄君、まだ帰らんのか?」

 岩田部長が、帰り支度をしながら俺に声をかけてきた。岩田部長は俺の親父と友人のような付き合いをしていて、俺のことも小さい頃から知っている。だから社会人になった今でも「睦雄君」と昔からの呼び方で呼んでくる。

「もう少ししたら帰ります……片付けたい書類があるので」

 俺のことは気にせず早く帰ってくれ。本音を隠してあいまいに笑って誤魔化す。

「顔色悪いぞ、体調悪いんとちゃうか?」
「いえ、ちょっと、腹が痛いだけなんで、大丈夫です」

 だから早く帰ってくれ……! 俺の体の中には、石川に入れられた張り形が入っている。それが体の奥を突いてとても痛い。そのせいで、俺の顔色が悪いのだ。

「まぁ、無理しいなや。石川、お前もまだ帰らんのか」

 部長は、今度は石川に声をかけた。

「えぇ、このあとメシに誘われてるんで、俺は主任を待ってるんですよ」

 臆面も無く答える。

「そうか。ほんなら俺は先帰るから、戸締りよろしくな」

 部長の姿が見えなくなると、石川はネクタイを緩め、煙草を咥えた。

「ほんなら、はじめましょうか、主任」

 と、椅子から立ち、デスクに腰をおろす。

 石川は今年の新入社員だ。俺が親父に頼んで採用してもらった。もちろん、石川から脅されてのことだ。優秀な男だから、と頼んだ手前、石川の働き振りを心配したが、思った以上によく働き、よく気がついて、他の社員からも親父からも気に入られている。普段は俺を上司として扱い、敬語を使う。俺にはそれがとても不気味で恐い。

「石川、もう、抜いて……ツライ」
「そない青い顔すんなや、みんなに怪しまれとったど」

 俺は石川の前で裸になり、正座した。

 俺は毎朝早くに家を出て、石川を迎えに行く。誰もいない会社のトイレで浣腸され、排泄するまでの間に俺のコックリングと、剃毛、ちんぽのチェックをする。すべて、「俺に浣腸して下さい。俺のちんぽのチェックお願いします」とお願させられる。そして石川にみられながら排泄し、張り形を突っ込まれる。

 このままで仕事をするのは本当につらい。仕事中、ニヤニヤ笑う石川と目が合うと、泣きたくなってくる。同僚の目を盗み、石川が手と舌を使ってイヤラシイ動きを真似て見せてくる。それだけで俺の呼吸は乱れる。股間が硬くなってくる。石川はそんな俺の反応を楽しんでいた。

「口でやれ、俺がイッたら、抜いたる」

 俺は手をついて頭をさげた。

「奴隷の俺に祐介のちんぽしゃぶらせてください、お願いします」
「ええど、主任」

 わざと肩書きで呼んでくる。俺は顔をあげ、石川の前を緩め、中からちんぽを出して咥えた。誰も居ないオフィスに、俺の荒い息遣いと、濡れた音。

「お前が会社で男のちんこしゃぶってるて知ったら、お前の親父、どんな顔すんやろな」

 そんなこと言わないでくれ。俺はひたすら舌を使って奉仕した。

「お前が、乳首にピアスつけて、ちんこにコックリング食い込ませながら、男のちんこを喜んでしゃぶる変態やて知ったら……卒倒すんのとちゃうか」
「知らん……もう、言わんといてくれ」

 クック、と笑う。

「石川……いつまでこんなこと、続けるんや。お前はもう結婚して、子供もおるやろ、もう、やめてもいいんちゃうか」
「アホな、せっかくここまで仕込んだんや、俺が飽きるまでお前は奴隷のままやど」

 軽い眩暈。石川はいったいいつ、俺に飽きるのか。

「立て」

 命令され、立ち上がる。石川と場所を入れ替わり、机に手をついて、尻を突き出す格好を取らされた。張り形が俺の中を出たり入ったりする。

「んんっ、あぁっ……祐介……そんな、擦らんといてくれ、イッてまう……」
「イッてええて俺は言うてへんど」

 楽しみながら張り形で俺のアナルを犯す。俺の体はどんどん体温をあげていく。石川の手が、俺の乳首のピアスをひっぱった。

「アッ! そこ、やめえ!」
「やめてとちゃうやろ。乳首触られて喜ぶ変態やろが」

 クックッと引っ張りながら、張り形を押しこんでくる。

「あぁぁ! 変態です! 乳首を触られると気持ちいい変態です!」
「はじめから正直に言わんか」
「あっ、あかん! 祐介! ほんまに、出てまう! 抜いて! そんなもんで嫌や! イキたない!」
「ほな、どうして欲しいんな?」
「あ、んっ、入れてっ、ください! 俺に、祐介のちんぽ、入れて下さい! 俺の淫乱なケツマンに、祐介のちんぽ入れて、思いきり犯して下さい!」
「贅沢な奴隷やの、俺のちんぽ、欲しいんか?」
「欲しい! 欲しいです! 祐介のちんぽが欲しいです!! 張り形なんかやない、祐介の熱いちんぽで犯されたいです!」
「こないなド淫乱になって、俺のチンコ欲しがるんや、俺の奴隷でおりたいのやろ? え? 睦雄?」
「祐介の奴隷でいたいです! 俺をずっと、祐介の奴隷にして下さい! あっ、ああぁっ!」

 張り形がズボッと中から出ていった。かわりに、石川のちんぽがぴたっと口をつける。後ろからずぶっと貫かれた。その瞬間、頭が真っ白になり、俺は射精した。

「あっ……ああぁぁ……」
「トコロテンするなんて、お前、どんだけ感じとんな」

 含み笑いが後ろから聞こえてくる。真っ赤になって俺は俯く。ただ入れられただけでイッてしまったことが恥ずかしい。恥ずかしいのに、石川によってトコロテンの経験をしたことが嬉しかった。

「ほんまに、どうしようもない淫乱やの。そこ俺の机やど、お前のザーメンで汚れてもうたやないか、あとで舐めてきれいにせえよ」
「はい、舐めてきれいにします」
「勝手にイッた罰や、俺がイクまでに、お前もイケ」

 俺は自分でちんぽを握ってしごいた。石川は腰を打ちつけてくる。競争のようになった。

「んっ、アアッ、祐介、気持ちいいです! 祐介のちんこ、気持ちいいです!」
「ええか、俺のちんこがそないにええか!」
「いいです! めちゃくちゃ感じます! あぁっ、祐介! もっと、もっと突いてください! あ! あっ、アアァーッ!!」

 早い二度目の射精をしながら、俺は尻に力をこめた。そこに感じる石川の存在がたまらない。

 俺に締め付けられながら、石川が「クッ」と短く息を吐き、射精した。俺の体の奥に、ドクドク精液が注がれる。

 石川がちんぽを引き抜こうと腰を引いた。思わず石川の股間に尻を押し付け、離すまいと締め付けた。

「なんな?」

 ふっと石川が笑う。

「あ……まだ、大きいままやろ……」
「やから?」
「出さんといて、や」

 顔から火が出た。こんなことを言う自分が信じられない。どうしてしまったんだ、俺は。石川が背後から俺を抱き締め、真っ赤な顔を覗きこんでくる。

「俺にずっと中におって欲しいんか?」
「・・・・・・そうや」
「安心せえ、お前は一生、俺の奴隷や」

 一生……。俺は一生、石川の奴隷でいられる。



関連記事