FC2ブログ

吉原と拓海 その後(2/2)

2014.07.03.Thu.
<前話はこちら>

「なに。どういうつもりだよ。いい感じだったのに」

店を出るなり吉原は不機嫌そうに口を尖らせた。

「いい感じって…あのあとホテルにでも行くつもりだったのか?」
「関係なくなーい?」

ポケットに手を突っ込み、吉原が歩き出す。駅とは反対方向。どこ行く気だよ。仕方なく俺もあとをついていった。
路地を曲がる。メイン道路から遠ざかっていく。

「なんでついてくんの」
「みんなに連れて帰るって言ったからな」
「っていうか、もう俺と話していいのかよ」
「……ああ」
「ふぅん。じゃ、もうあの夜のこと、忘れられたんだ?」
「忘れてない。忘れられるわけがない。お前はどうしてそんな簡単になかったことに出来るんだ?」
「出来るわけないじゃん」

怒った口調で俺を睨む。

「だって、でも、おまえ」
「俺は!おまえの出方探ってたの!お前が少しでも後悔してそうだったらなかったことにしようと思って!今まで通りでいられなくなったら嫌だったから!だから忘れた振りしてやってたの!なかったことにしてやってたの!簡単?ふざけんな!必死だったよ俺は!この鈍感くそ馬鹿やろう!」

と顔を背ける。
俺は吉原の肩を掴んでこちらへ向かせた。意地でも顔を見せたくないのか、首を捻ってそっぽを向く。

「じゃあ、じゃあお前もどきどきした?俺といるとそわそわして緊張した?」
「してるよ。今だって。ほれ、見てみ」

吉原は手を持ち上げた。細かく震えている。

「だってお前…そんな素振り少しも見せないから」
「見せたら引くだろ」

気まずそうに呟く。
いつものようにおちゃらけて見えていたのも、全部演技だったっていうのか?忘れたなんて言ったのは全部ウソ?俺との関係を壊さないために?

「お前、俺のこと、好きなの?」

鋭く剣呑な目が俺を睨み付ける。

「ど直球でそんなこと聞く?無神経にもほどがあるよ」
「俺は、好きだ!」

吉原の体がびくっと震えた。

「あれからずっと意識してまともに顔も見れなかった。それなのにお前が俺以外の誰かと仲良くしてるの見ると腹が立って仕方なかった。今日だって、お前が女の手を握ってるのみてどうかしそうだった。お前が好きだ。お前は、俺のそばにいるべきだ!」
「ほんとに…俺が好き?」
「好きだ」

びっくりした顔をしていた吉原が、ふにゃりと表情を崩した。

「へへっ…やばい、泣きそう俺」

吉原は本当に泣き出しそうな顔で笑った。



前と同じホテルに入った。
いっしょにシャワーを浴びながら、お互いを求めてキスしあった。触らずとも完全勃起したものを擦りあいながら舌を絡める。

「拓海ぃ、俺もう、立ってられない」

俺の首にしがみついてくる。
拓海と名前を呼ばれることがこんなに幸せなことだったなんて。
吉原の体を抱き上げてベッドへ運ぶ。濡れたままの体にキスの雨を降らしながら、ローションを手に出し、吉原の後ろへ指を入れる。

「んんっ…あ…早くきて…!」
「広げてから」
「意地悪すんなよ…拓海だって早く入れたくてウズウズしてるくせに」

手を伸ばし、俺のペニスを握ってコスコス扱く。一回出したくらいじゃ今日の俺は収まらないから、俺は俺で指を動かし続けた。

「んっ、あっ…もういいって、拓海…っ…早く、欲しいんだってば…!」
「まだ待て」
「も…焦らすとか…どこで覚えたこのっ…!」

中で指を押し広げる。
吉原はシーツを掴み、じれったい快感に身を捩らせた。

「お前、中で出されるの好きだよな?」
「はぁ?あの時は…っ、はやく拓海食っちまおうと急いでたから」
「もしかして、結構前から俺のこと好きだった?」

ボンと音がしそうなほど顔を真っ赤にさせると吉原は「あぁ、そうだよ!」とやけっぱちに叫んだ。

「ぶっちゃけると入社したときから狙ってた!」
「執念の勝利だな」
「俺の魅力にほだされたんだよ、拓海が」
「うん、そうだな」

素直に認めると吉原は「もー、調子狂うわ」と手で顔を覆い隠した。

足を広げ、その中心へペニスを突き立てる。吉原が呻いて顎を逸らす。

「あ、は…あ…、あいかわらず、チンコ、でかい…」
「とりあえず一回出すな」
「お通しみたいに言うな」

腰を抱え持ち、ゆっくり出し入れする。浅い場所が感じるらしく、そこを擦ると吉原は身悶えた。

「アァ…あっ…拓海ぃ…アッ、気持ちいいっ…」
「俺も…もう、出そう」
「中に出して、拓海…」

やっぱり中出しされるのすきなんじゃないか。と思ったが口には出さず腰を動かし続けた。
あっという間の射精を迎える。たっぷり吐き出したにもかかわらず、俺のチンコは衰える気配がない。

「はぁ…あ、ん…すごい…拓海のおっきいまんま…」
「ちょっと早く動くぞ」
「うん、きて」

俺の腕を掴んで吉原も俺の動きに腰を合わせてくる。跳ねた水音が繋がった場所から聞こえてくる。吉原の喘ぎ声も大きくなっていった。

「あっ!ん!あぁ…っ、拓海ぃ…アッ、はぁ……んっ、あっ、もっと、もっとして!」
「これ、好きだろ」

浅く早く腰を律動させると吉原は乱れに乱れた。

「あっあっあぁっ…!いいっ、気持ちいい…!!それ、好き…!やっ…あぁんっ!だめっ、イッちゃうよ、拓海!」
「エロいな、吉原」
「ひぃんっ、いっ、あぁっ…アッ、やっ…あっ、んっ…イク…イクッ……!!」

俺の腕をぎゅっと掴みながら吉原は体を硬直させ、射精した。
赤く色づいた体に白い液体が飛び散る。
ハァハァと口で息をしながら吉原が俺を見上げる。欲望のまま吉原にキスした。濡れた前髪を撫でつけてやると吉原は気持ちよさそうに目を閉じた。

「好きだぞ、吉原」
「また後悔すんじゃないの?」
「もうしない。俺はおまえに夢中だから」
「俺ってばフェロモン出まくりでごめんね、拓海ちゃん」
「まったく。他の誰かとこんなことしたら許さないからな」
「…やっぱり拓海ってかっこいい」

うっとり呟くと俺の頭を掻き抱いて口を合わせてくる。
その日も、寝る間を惜しんで俺たちはセックスした。

ホテルを出たときの朝日はあいかわらず容赦なく罪人を辱める。だが吉原と一緒なら俺はむしろ清々しい気持ちで朝日を浴びることが出来た。



関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する