FC2ブログ

初めての右手

2020.12.10.Thu.
<「君と僕」→「初めての温度」→「嫌がる本当のワケ」→「知らない世界」>

※中1、兄再登場、手コキ

 和也とキスすると必ず勃起する。和也も同じ反応を見せる。

 最近では、和也を思い出しただけでも勃起するようになってしまった。俺はいよいよおかしいらしい。

 キスだけでは物足りなくて、股間の疼きの処理の仕方がわからなくて、切羽詰まった俺は、つい、兄貴を頼ってしまった。

 夕食後、普段なら絶対寄りつかない、兄貴がいる離れへ向かった。2階に行って、声をかけてから襖をあける。兄貴はソファベッドに寝転がって漫画を読んでいた。

「なぁ、お兄ちゃん、話があんのやけど」
「なんや。俺は今忙しいんえ、つまらん話やったらしばくど」

 ただ漫画を読んでいるだけのくせに。そんなことを言ったら殴られるのでもちろん言わない。

「この前、マスがどうのこうの、言うとったやん。それ、どうやってやんの?」

 兄貴は漫画を放り投げ、ガバッと起き上がった。

「こっち来い、教えたろ」

 しばかれるのかとビクビクする俺を手招きする。俺は兄貴の前に立った。

「なんでこないだそう言わんのや、あの時やったら睦雄もおって、フェラチオも教えたったのに」
「ふぇらちお?」
「チンポしゃぶることや。この前、睦雄がやってんの、お前も見とろうが」

 あぁ、あれか。

「ほんなら教えたるから、チンコ出して、俺の前に座れ」

 兄貴はベッドの上に足を広げて座り、足の間の空間を手で叩いた。なんだか楽しそうな顔で、嫌な予感がした。

 俺は恥ずかしいのを我慢して、言われた通り、兄貴の前に座った。

「ほー、お前、なかなかええもん、持っとるな」

 背後から、俺の肩に顎を乗せ、前を覗きこんで兄貴が言う。まじまじと見られ、羞恥心が跳ね上がる。

「まだ毛は少ないのう。皮も被っとるけど、お前の年やったらまだ気にせんでええ」

 点検するように俺のチンポを掴んで、皮をめくる。あらわになる俺の亀頭。

「風呂入った時、皮めくってキレイに洗うんで。それが男のたしなみで」

 兄貴の手が先をクニクニと揉んだ。妖しい疼きがわきおこる。

「気持ちええのか? 大きなってきたわ」

 兄貴の笑った息が俺の耳にかかる。くすぐったくて首をすくめた。

「こうやって握ってな、擦るんよ。ほしたら体が熱うなって、気持ちようなるやろ? 気持ちようなったら、チンポがでかなってくるんよ」

 兄貴の手が、大きく膨らんだ俺のチンポを上下にシゴく。味わったことのない快感。気持ちが上ずっていく。呼吸が乱れる。

「ほら、見てみい、先っぽから汁出てきたやろ。先走りとか、我慢汁とか言うやつや」

 兄貴は指で先端をグルグルこね回す。

「んっ、あ、お兄ちゃん……」
「ええか? ええよなぁ? こんなだけ濡らしとんのやから、悪いはずないよなぁ、どうや?」
「あっ、う、気持ちいい……」
「お前も相当ヤラシイの。俺に教えて欲しいて言い出して、誰か好きな子でも出来たんか?」

 内緒話をするように俺の耳に口を寄せ、笑いを含んだ声で聞いてきた。

「その子のこと思い出してみぃ。ほしたらもっと興奮して気持ちようなるわ」

 俺の頭に浮かんできたのは和也だった。和也も、チンポをシゴかれたら、こんな風に気持ちよくなって、頭がぼうっとしてくるんだろうか。次キスして勃ったら、触ってみようか……。

「あ、お兄ちゃん、あかん、はなして……」
「なんでな? イキそうか?」

 イクってことがわからなかった俺は首を左右に振った。

「あかん、出る……なんか、漏れそう……」
「それがイクゆうことや。お前の睾丸で作られた精子が、チンポから外に出るんや。女の中に出したら、子供が出来るから、気ぃつけえよ。セックスする時はゴムつけえ。そのうち学校でも教えてくれるわ」

 兄貴の手の動きが早くなる。俺は漏らしてしまいそうな感覚に焦っていた。

「あっ、あかんて、お兄ちゃん、手、止めてや!」
「イッてええど。俺直々にシゴいたってるんや、気持ちええど、ありがたく思えよ」

 と、不遜に言い放つ。そんなことが気にかからないほど、俺の限界はすぐそこまで来ていた。

「あっ、あ! 出る! 出るで、お兄ちゃん!」

 肺の空気がなくなるまで水中で息を止め、息継ぎするために水面へあがっていくような、一点だけに集中している、あの、感覚。それなのに、出る、という寸前で、兄貴は手を止めた。

「ううっ、あ……」

 大きい波を逃し、俺は泣きたい気分になる。兄貴は「くっくっく」と咽喉を震わせ意地悪く笑う。

「わかるか、イクゆう感じ」
「う、うん……なんとなく……」
「イケんと辛いやろ。この前の睦雄のチンポ、縛ってたの覚えとるか。あぁすると、イケんのや」

 覚えている。ある意味、トラウマとなって俺の脳裏に焼きついている。

 根元を縛った黒い紐。あの人は「イク」を我慢させられて、今の俺のようなもどかしさをずっと味わっていたのか。なんて気の毒な……。

「あいつはな、チンコしゃぶってるだけでイキよるからな、躾のために縛っとったんよ。ええか、遅すぎるんもあかんけどな、早過ぎるんはもっとアカンで、女がもう許してって言うまで満足させたらなアカン。わかるな?」

 よくわからなかったが、俺はイキたい一心で頷いた。なんだったら、自分でシゴきたいくらいだ。でも俺のチンコはずっと兄貴が握っているし、自分でやったら怒られそうな気がして、俺はとにかく耐えていた。

「つらそうやな? イキたいのんか?」
「うん、イキたい……」
「ほんまはもっと堪えなあかんのんえ。でもまぁ、今日初めてなんやったら、しゃあないか、俺も鬼やないからな、イカしたろ」

 と言ってまた手を動かす。俺はまたのぼり詰めていく。そしてまた、寸前で手を止められた。兄貴は俺の反応を見てニタニタと笑う。やっぱり鬼だ。悔しさと恥ずかしさと、焦らされ続けてわけがわからなくなった快感とで、俺は涙を流していた。

「なに泣いとんのえ? 貴志?」

 わかっているくせに、わざとそんなことを聞いてくる。

「お兄ちゃん……頼むわ……もう、イキたい……」

 飽きたのか、満足したのか、ようやく兄貴は俺をイカせてくれた。

※ ※ ※

「……ん! も……、貴志……はよ、イカせて……」

 俺の手淫に和也が喘ぐ。

「どないしょ? もっとここ、いじってたいな」

 和也の亀頭をくにゅくにゅ弄びながら、乳首に吸い付く。

「アッ! ああっ! 貴志、意地悪せんで……!」

 和也の乱れる姿を見て俺はほくそ笑む。

 数年前、色々教えてくれたのが兄貴だったからか、俺は時々、和也をもっとイジメて、攻め立てて、縋りつかせたくなる。

 認めたくないけど、やっぱり兄弟って、似るのかな。



スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する