FC2ブログ

以心伝心(2/2)

2020.11.17.Tue.
<前話>

 待ち合わせの駅に斉藤の姿があった。今日は非番なのにスーツ姿でポケットに手を突っ込んで改札を出入りする利用客を睨みつける姿は堅気には見えない。みんな斉藤と目を合わさないようにしているのが可笑しかった。

「お疲れ」
「おう」

 俺を見つけて少し表情が和らいだ気がするのは気のせい? 俺の願望?

「焼肉でいいんだな」

 と斉藤は切符の料金表を見上げた。

「焼肉は今度にしようよ」
「あん?」

 小銭を握りしめて斉藤が振り返る。

「先にあんたの部屋行きたい」

 何か言いかけた斉藤は、俺の表情を見て口を閉じた。ニヤリと笑って、ポケットに手を戻す。

「そんな顔すんな。公然わいせつで捕まるぞ」
「どんな顔だよ」
「ダダ漏れの物欲しそうな顔だっつってんだよ、エロガキ」

 カッと顔が熱くなる。

「あんたのせいだろ」

 言い返す声も小さい。またからかわれるかと思ったが、斉藤はそれ以上何も言わずに俺の肩を抱くと駅を出た。近くにいるだけですごく緊張する。見上げた斉藤の横顔に、むしゃぶりつきたくなった。

 斉藤の家に入ると同時に抱きついてキスをする。服を脱ぎながら奥へ進み、斉藤をベッドに押し倒した。パンツごとズボンをずらし、半立ちのものを咥えこんで口で扱く。

「ケツこっちに向けろ」

 言われた通り斉藤の腹を跨いで尻を向けた。冷たいローションが尻に垂らされる。斉藤はそれを手に馴染ませると指を入れてきた。最初の出会いは最悪。姫泣き油で散々泣かされたあと犯された。あの時はこんな関係になるなんて思いもしなかった。

 ずるり、と口から斉藤のちんこが逃げていく。追いかけようとしたが体を起こした斉藤に尻を押されて前につんのめる。尻の間にぴたりと肉厚なものが押し当てられた。

「早く入れろよ」
「待てもできねえのか、仕方ねえな」

 苦笑交じりに言いながら斉藤は俺をこじ開け、中に入ってきた。俺の体のなかに、斉藤の一部が飲みこまれている。斉藤の所有物にされたような、倒錯した幸福感がある。

 俺の腰を掴み、斉藤は抜き差しを始めた。中に留まっているときより、動かされているときのほうが斉藤の形を感じられる気がする。太い竿とか、男らしいカリ首とか。

「あっ、はあっ、気持ちいっ……いっ、ああっ」
「そんなにいいか」
「いいっ、もっと……ッ、おく……きて……!」
「誰にでも言ってんだろうが」

 ぶわ、と胸のなかが熱くなった。ぶんぶん首を振って否定する。

「あんたにしか、言ってねえよ」
「怪しいもんだぜ」

 背中に斉藤がのしかかってきた。筋肉に覆われた重くて硬い体。息苦しいほど斉藤は重たい。その重みすら、俺には快感だった。それが全身にぴったり押しつけられている。それだけで俺は斉藤を締め付けてしまう。

「おい、きつくなったぞ。やましいことでもあるのか?」

 顔の横で斉藤が言う。横目に斉藤を見た。最近、斉藤がらしくもない優しい言葉を俺にかけてきたわけ。いまの言葉を聞くに、どうやらそれは俺の願望じゃなさそうだ。

「今日、山城に会った」

 ぴったりくっついた肌から斉藤の動揺が小さく伝わってくる。

「誰だそりゃ」

 斉藤の嘘がわかるくらいには、俺たちはいま以心伝心だ。

「月30万やるから俺の愛人になれだってさ」
「どこの誰か知らねえが、物好きがいたもんだな」
「ほんとだよ。俺なんかに月30万だよ? 俺もう働く必要ないじゃん」
「受けたのか」

 今まで通り余裕を装ってはいるが、声が少し硬くなったのが俺にはわかった。

「受けるわけないだろ。俺に手を出したら証拠ねつ造してでもムショに戻してやるって、やくざを脅すような男がそばにいるのにさ。浮気したらなにされるかわかったもんじゃねえよ」

 首をひねって斉藤を見上げる。バツの悪そうな、しかめっ面が俺を睨む。

「なんの話かわからねえな」
「ははっ、素直じゃねえな、あんたも」

 顎に手を添え顔を寄せる。斉藤は噛みつくように俺にキスした。実際何度か唇を甘噛み以上の強さで噛まれたし、引っこ抜けそうなほど舌を吸われた。そうしている間も腰がねっとりと動く。密着する体はもう緊張が抜けて、斉藤の興奮が伝わってきた。俺の興奮も斉藤に伝わっているだろう。

 俺を抱きしめるようにしがみついて、斉藤は激しく腰を振り始めた。布団に俺のちんこが擦れる。我慢汁でグチョグチョだ。

「んんっ、あんっ、あっ、あっ!」

 喘ぐ俺の項や肩に斉藤がガブガブ噛みつく。

「いっ、うぅ、ば……っか、痛えな……ッ!」
「俺のもんにマーキングして何が悪い」
「じゃあっ……おくっ……俺のなかにも、マーキング……しとけよっ……」
「言われねえでも、そのつもりだ」

 単調で早いピストンにかわり、斉藤は俺の奥へ放った。

 ◇ ◇ ◇

 髪をかきあげられて目を覚ました。ベッドに腰をかけた斉藤が俺を見下ろしている。

「いま……何時?」
「24時。まだ寝かせておいてやりてえけど、お前仕事あるだろ」
「あ、そうだった。やべえ」

 体を起こした拍子に尻からぬるりと何かが漏れそうになり、慌てて肛門を締めた。

「シャワー借りる」

 ベッドを抜けて風呂場へ行った。頭からシャワーを浴びながら尻穴に指を突っ込んで斉藤が出した精液を掻き出す。生温かい液体が内股を伝う感触に、数時間前散々ヤッたのにまた妙な気分になりかけた。

 部屋に戻ったら斉藤がカップラーメンを作っていた。

「仕事の前に食ってけ」
「焼肉がカップーラメンか」
「それはまた次食わせてやる」
「へえ、ペット相手に優しいじゃん」
「ペットじゃねえだろ」
「えっ」
「恋人だろ」

 のどに何か詰まったような声だったが、斉藤がガラにもないことを言って顔を赤くしているのを見たらもうたまらなかった。抱きついてキスした。

「お前なあ、毎度毎度、出勤前の時間がねえときに盛んじゃねえよ」
「あんたのせいだろ」

 斉藤の目が時計を見た。早く終わらせる気だろうが、俺はもう遅刻したってなんだっていい気分で、斉藤に抱きついたままベッドに倒れ込んでやった。





斉藤が……デレた……!!

明日はちょっとワケわかんない三角関係の近親相姦ものを更新しまーす!^^

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する