FC2ブログ

大人のスーツ(11/12)

2020.10.07.Wed.
10

「今日はずっとニヤついてたな」

 ここは鉄雄さんの店。閉店作業をする俺に「気持ち悪い奴だな」と鉄雄さんが怪訝な顔で言う。今はなにを言われても気にならない位、俺は浮かれていた。

「今日、一ノ瀬が帰ってきたんだ」

 返事をする顔がニヤけてしまうのは仕方がない。

「あぁ、留学してたんだっけな。そうか、今日帰ってきたのか。だったら店は休んで良かったのに」
「ありがと、鉄雄さん。でも今日はあいつ、家族と一緒に過ごすからいいんだ」
「そうか。それもそうだな。また今度連れて来いよ」

 そう言う鉄雄さんに頷いた。

 家族か。あいつには入院中の爺さんと兄貴が二人いる。一ノ瀬は俺の母さんに丁寧に接して気に入られているが、俺は一ノ瀬の家族には一度も会った事がない。挨拶くらいしておいたほうがいいだろうか。サンジャイの『兄貴には気をつけろ』という言葉が頭をよぎる。いや、しかし一度くらいは……。

「今度は何を難しい顔してるんだ」

 煙草の煙を吐き出しながら鉄雄さんが笑う。無意識に険しい顔つきになっていたようだ。

「人を好きになるって色々難しいんだ」
「何を知ったふうなことを」

 笑いながら鉄雄さんが煙草を指で弾いてきた。危ないって、火、ついてるって。それを拾い上げて灰皿でもみ消す。

「じゃ、俺は先に帰るよ、あとは任せた」

 右手をあげて鉄雄さんが店から出て行った。最近、店のスペアキーを渡された。開店準備と閉店後の戸締りは俺に任せられている。

 テーブルを全部拭き終わり、椅子をあげ、箒で床を掃いた。思い出してポケットから携帯電話を取り出す。着信なし。落胆の溜息が出た。もう夜の二時半。一ノ瀬も寝ているだろう。結局あれから一度も連絡がなかった。まさか俺のこと忘れてるんじゃないよな。悪い方向へ考えそうになる思考を慌てて止める。

 洗剤と水を混ぜたバケツにモップをつけ、それで床を磨く。

 一ノ瀬が帰国した嬉しさ半分、連絡のない不安と寂しさが半分。その割合が崩れそうになり、急いで掃除を済ませた。

 携帯がメールを受信した。同じセミナーの奴からで、麻雀のメンバーを探してる、という内容だった。こんな時間から誰が行くか。返信もせず無視をした。

 二階にあがって服を着替える。今度は着信。またセミナーの奴からだと高をくくって電話に出た。

『遅くなってすまない、兄さんたちがなかなかはなしてくれなくて』
「一ノ瀬?」

 声を聞いた瞬間、仕事後のダルさも、さっきまでの不安も吹き飛んだ。

『ごめん、寝てたか?』
「いや、今、店が終わったとこ」
『あぁ、バイトだったのか。お疲れ様』
「電話くれてありがと、忘れられたんだと思ってた」
『忘れないよ。おまえが待ってると言ったんだから、忘れるわけない』

 嬉しいことを言ってくれる。

『今はまだ店にいるのか?』
「うん、着替えたところ」
『もし……、もし、面倒じゃなかったら、今から会えないか?』

 と遠慮がちに聞いてくる。面倒なわけがない。

「今からそっちに迎えに行くから!」

 ジャケットをひっつかんで店を飛び出した。急いで戸締りし、家まで走る。荒い呼吸で勝手口から中に入り、セキュリティを解除した。ガレージのシャッターを開け車に乗り込む。逸る気持ちでアクセルを踏み込んだ。

 二十分後、一ノ瀬はいつもの公園のまえに立っていた。急いで助手席のドアを開ける。

「早く乗って、寒いでしょ」

 乗りこんできた一ノ瀬はシートに膝をついて立ち、俺の首に抱き付いてきた。

「一ノ瀬?」
「早く会いたくて、明日まで待てなかった」

 と抱きついたまま言う。嬉しくて顔が綻ぶ。俺も一ノ瀬を抱きしめた。一ノ瀬も俺と同じ気持ちでいてくれた。それが何より俺を喜ばせる。

「顔見せて」

 言うと一ノ瀬は座席に腰をおろした。しばらく見つめ合う。半年という長いブランク。一ノ瀬との接し方を忘れてしまったような気がして、なんだか照れくさい。

「明日、朝から大学行くの?」
「そのつもりだ」
「だったら、それまでに帰って来ればいいよね」

 え、と一ノ瀬が聞き返してくる。それを無視して車を出した。

「どこに行くんだ?」
「二人きりになれるとこ」

 黙った一ノ瀬の手を握った。それを口元に持ってきてキスする。

「木村」
「もう我慢出来ない。空港の駐車場の続きしよ?」

 俺の横顔を見つめていた一ノ瀬が小さく頷いた。



関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する