FC2ブログ

堕在(2/2)

2020.07.04.Sat.
<前話>

 竹田は服を脱いで全裸になった。細くて白い体。俺を見下ろして薄く笑う。ゾクリと全身総毛だった。

 竹田が上に跨ってきた。服をたくしあげて胸や腹を舐められる。乳首を吸われ、歯を立てられた。

「勝手なことを言うが、許してほしい」

 竹田の頭がだんだん下へさがっていく。陰毛に息を吹きかけられた。

「頼む、竹田」
「だから、許すとか許さないとかじゃないんだ」

 性器が熱い口腔に包まれた。

 ※ ※ ※

 最近寒くなってきたからマフラーをプレゼントしたいと竹田が言い出した。特に断る理由もないので、仕事終わりに落ち合い、二人で出かけた。

 値札も見ずに自分の気に入ったものを竹田に渡し、竹田はそれを持ってレジへ向かった。

 店を出たあと竹田の奢りで食事をし、飲みたくなった俺がバーに誘った。酒に弱い竹田はすぐ顔が赤くなった。きっと白い体も赤く染まっているに違いない。情欲が突き上げてきた。

 竹田がトイレに立った。そのあとを追いかけ、驚いている竹田を個室に押し込んだ。

「フェラして」
「えっ、ここで?」
「俺をその気にさせたお前が悪い」

 困っている竹田の肩を押して跪かせた。ベルトを外し、ファスナーを下して性器を取り出す。それを口元へ持っていくと、観念したのか竹田は口を開けた。

 場所のせいだったのか、酔っていたせいだったのか。俺は竹田の口へ放/尿していた。驚いた竹田がむせる。当然飲み込めない小便を口からこぼす。竹田のワイシャツが俺の尿で濡れて汚れた。

「ひどいじゃないか」

 トイレットペーパーで顔とシャツを拭きながら、さすがに怒って竹田は俺を睨んだ。

 尿意は収まっても俺の劣情は収まらない。性器が硬さと角度を持ちはじめる。

「フェラしろよ」
「何を言ってるんだ」

 竹田の顔が怪訝そうに歪む。

「頼むから」

 竹田の首にしがみついて俺は懇願した。俺の態度に戸惑っているのか、竹田はしばらく無言だったが「わかったよ」とため息とともに言った。

 いまや痛いほど勃起しているものを、竹田は優しく咥えてくれた。まだ尿道に残っているものも吸いだし、舌の先で綺麗にしてくれた。

 頭を押さえて腰を振った。苦悶の表情を浮かべる竹田を見下ろしながら俺は、さっきのマフラーで縛り付あげられる竹田の姿を想像していた。

 ※ ※ ※

 そういえばあの時のマフラーはどうしただろう。捨てた覚えはないから、クローゼットのどこかにあるはずだ。

 舌なめずりをしながら竹田が顔をあげた。

「前の時も思ったけど、咽喉が焼けそうな感じは強い酒に似てる」

 竹田も同じ日のことを思い出していたようだ。

「あの日は……酔っていた」
「今日は酔ってないだろ」
「それはお前が」
「怖いから?」
「ああ」
「なんでも俺のせいだ」
「そういうわけじゃない」
「俺のせいにしろよ、前みたいに」

 細くて長い指が俺の性器をゆるゆると扱く。頑なに反応を示さない。こんな状況では仕方がない。

「この3年、あんたのことは考えないようにしてきた。必死に忘れようとした。あんたと会わなくてすむように会社まで辞めたのに、世間って狭いよな、あんたの結婚の噂が俺のところまでまわってきた。一度は納得しようとしたけど無理だったよ。俺はもう戻れない。もともとまともな人間じゃなかったんだ。人並みの人間になりたいって思ってる時点で、自分が欠陥人間だと認めてたんだ」

 竹田の指が肛門のあたりに触れ、俺はびくりと跳ねた。

「あんたも同じだろ? いや、あんたは俺以上に欠陥人間のはずだ。あんたと付き合ってるあいだ俺は怖くて仕方なかった。あんたと一緒にいたらどこまでも堕とされそうで。それを受け入れてもいいと思ってる自分が本当に怖かった。あんたの酷い仕打ちを嫌がっているのか喜んでいるのか、その区別すらつかなくなってた。あんたが俺をこうした。ここまでの人間に堕とした。なのにあんただけ結婚するなんておかしいだろう。なにまともぶってるんだよ。それとも相手の女にも俺と同じことしてやってんのかよ」

 グリッと指がねじ込まれた。なにかを探すように中で動く。触れられた瞬間、これかと体が強張った。

「なぁ、どうなんだよ」

 指の腹で執拗に前立腺を刺激してくる。俺の意思とは関係なく性器が立ち上がる。

「するわけないだろう。ほかの誰にもしたことはない」
「じゃあどうして俺にだけあんなに酷いことができたんだよ!」

 口調こそ荒かったが、竹田が怒っていないことが俺にはわかった。許すも許さないもない。竹田は俺を恨んでいない。その言葉の通りなのだ。

「わかった、教えてやる」

 頭を起こし、竹田の目をしっかり見据えた。

「お前をいたぶるのが楽しくてたまらなかったからだ。勘違いするなよ、お前に愛情はない。ただ、虐めて辱めることで自分の欲望を満足させたかっただけだ」
「やっぱりあんたのせいだ」
「お前も俺と同じ。もともとの素質だよ」
「違う」
「違わない。証明してやるからロープを解け」
「嫌だ」

 怯えたような顔で竹田は首を振った。

「解け」
「外したらあんたは怒り狂うだろ」
「俺と心中するつもりで来たんじゃないのか」

 く、と竹田は口元を引き締めた。

 竹田にロープを外されて立ち上がった。

 ベッドの上に座り込む竹田が呆然と俺を見上げている。

 解いたロープを拾い上げ、竹田の背後にまわって無言で両手を縛った。竹田も抵抗せずおとなしくしている。

「俺がお前を引き込んだと言ったら安心するか?」

 竹田の髪を掴んで後ろへ引っ張った。

「とことん俺と堕ちてみるか?」

 唇を噛みしめる竹田の目尻から涙が零れおちた。

 ※ ※ ※

 育ててみると子供も案外かわいいものだった。まだあまり見えていないと嫁は言うが、赤ん坊は俺の顔をじっと見つめ、あやすと笑った。

 風呂にも入れるし、おむつも取り替えてやっている。夜泣きもミルク作りも苦痛じゃない。一日会わないと、あの小さな体と乳臭い匂いが懐かしくなる。

 会社で俺はイクメンで通っているらしい。

 マナーモードにしていた携帯電話がガラステーブルの上で音を立てて震えた。子供と一緒に実家にいる嫁からだ。

「どうした?」
『一人で寂しいんじゃないかと思ってさ』
「俺のことは気にせずゆっくりしなよ。久し振りの実家だろ」
『いま家? なにしてたの?』
「それ聞く?」
『浮気チェックも妻の仕事です』
「エッチなDVD見てた。オナッてる最中だったよ」
『やだっ、最低! ばっかじゃないの!』
「だってお前がいないんだぜ。どうしろっていうの」

 リモコンを手に取り、メモリを強に切り替えた。それに合わせて竹田の奥に突っ込んだバイブの振動が強くなったのを、亀頭の先で感じとった。

「んんんっ!」

 ソファに頭をのせていた竹田は背をしならせた。ビクビクと体が痙攣している。

 後ろ手に、マフラーで両手と左足首を拘束された体はバランスが取りにくいらしく、俺が少し強めに腰を動かすとすぐソファからずり落ちた。

「んんっ、んはぁあっ、あっ、あっ……」

 首を捻って俺を見上げる。目からは涙が、口からは涎が垂れて見るからに汚いツラだ。だが物欲しそうなその顔は俺に強い性衝動を感じる。

『ねえ、なんだか変な声が聞こえたんだけど?』
「DVDの音だろ。もっと聞く?」
『パパ最低!』
「ははっ、俺がイクとこまで付き合えよ」
『悪趣味!』

 通話は切られてしまった。どうせなら竹田がイクときの声を聞かせてやりたかったが。

 携帯をテーブルに戻し、俺は両手で竹田の腰を掴んだ。音が立つほど抜き差しする。射精感が加速する。

 竹田が包丁を持って現れたあの夜から、俺たちの付き合いは再開した。俺は竹田を欲望のまま扱い、竹田もそれを悦んで受け入れた。

「もぉ……だ、めっ……イク、イカせて」

 限界なのだろう。竹田の声は震えていた。

「このマフラーをもらった時から、ずっとこれでお前を縛ってやりたいと思ってた」

 くいとマフラーを引っ張った。

「うぅっ……俺も……同じことを」
「さすが変態だな。最初からそのつもりで俺にプレゼントしたのか」
「あの夜のこと、忘れない……」

 記憶が脳裏をかすめた瞬間、俺は射精していた。引き攣った竹田の声を聞きながらすべてを出し切り、性器を抜いた。

 竹田の脇に手を入れて引っ張り起こし、ソファに座らせた。期待に濡れた目が俺を見つめている。

 ペニスを差し出すと竹田は体を倒してそれを咥えこんだ。愛しむようにうっとりと目をとじ、舌全体を使って汚れを綺麗に舐めあげる。

 俺が髪の毛を掴むと竹田は目をあけた。

「どうして欲しい?」
「君の望みが俺の望みだ」

 俺は遠慮なく竹田の口へ尿を放った。咽喉を鳴らしてそれを飲みながら、竹田は白濁をまき散らした

 俺と竹田の欲望はとどまるところがない。二人でどこまでも堕ちてゆけばいいのだ。

(2013年初出)

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する