FC2ブログ

1万3千円(2/2)

2014.02.16.Sun.
<前話はこちら>

 30分ほどして、一人の男が現れた。そのすぐあとにもう一人。二人は遠巻きにトオルを見ているだけだった。

 10分が経った。別の一人が現れ、トオルに歩み寄った。トオルは身を捩って呻いていたが、男にちんぽを握られると、それだけで射精していた。ラッシュとクスリの効果だろうか。

 見ているだけだった男二人もトオルのそばにいき、体を触り出した。六本の手が、トオルの体中を撫でて愛撫する。乳首をいじられ、ちんぽを扱かれ、アナルにも指が入った。

「ンンン────ッ!!!!」

 トオルが呻いた。男がトオルのちんぽを咥えてしゃぶり出した。トオルの呻き声が、少しずつ変化してきた。

「あいつ、感じてんじゃないのか」

 僕の友達が笑いながら言った。その通りのようだった。トオルは早い二度目の射精を男の口でしたようだった。

「あーあ、気持ちよがってるよ、あいつ」
「いいんじゃない。そのほうが、この先の調教をやりやすくなるよ」

 それもそうだな、と友達はニヤリと笑った。
 跪いていた男が立ち上がり、トオルの口を塞ぐ布を外した。

「お前の番だろ」

 男が言ってトオルの頭を押さえつけた。体を折って、トオルが男のちんぽをフェラする。その間も乳首とちんぽを責められ、トオルはくぐもった喘ぎ声を発した。

 いつの間にかまた一人、増えていた。

「アアァ……ンッ……そんなこと…されたら……おかしくなる……っ!!」

 四人から体中を愛撫され、全身性感帯となったトオルは、クスリの効力もあって乱れまくった。体を縛るロープが解かれても、逃げもせず、抵抗もせず、男のちんぽをうまそうにしゃぶった。

「本当に淫乱なんだな」

 男が呆れたように言った。トオルは泣きながら、それでもフェラをやめず、口を動かした。トオルの尻に男のちんぽが挿入された。

「ンンンッ!!」

 痛みにトオルの顔が歪んだ。

「おおっ、きついな……おまえ、ここ、使ったことないのか」

 バックでトオルを犯す男が言う。トオルは何度も頷いた。その手には男の勃起したちんぽが握られている。それをかわるがわる、口に咥え、しゃぶりつく。

 男がトオルに顔射した。ちんぽの先でそれを顔中に塗りたくられる。トオルは口をあけ、舌を出して、ちんぽから垂れる精液を舐めていた。
 
 アナルを犯す男も射精した。

「アァァ……熱い……熱いよ……精子、もっと頂戴……」

 トオルが男にねだる。別の男がトオルの穴にちんぽを突っ込んだ。

「ハハッ、精液でグチョグチョだぜ、ここ」

 男が腰を振るたび、グチュッグチュッと音が聞こえた。

「ンハァッ……もっ、ダメッ……アァッ、アッ、アッ、イクッ、イクッ……!!」

 男にちんぽを絞られながらトオルは射精した。ドピュッと飛び出した白い液体が地面に溜まる。トオルの体からも、複数の男の精子が滴り落ちている。

 僕のそばで、友達が呼吸を荒くして、ちんぽを扱いていた。

「たまんねえぇ……俺も犯したい」

 トオルを見ながらマスをかく。

「焦るなよ。今日からあいつは僕たちの奴隷なんだからさ。僕の1万3千円分、毎日、おもちゃにしてせいぜい楽しませてもらおうよ」

 慰謝料あわせて、たっぷりと。





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する