FC2ブログ

インモラル 2

2019.07.28.Sun.
大人の時間。

※男女性描写あり。


 学校から帰って来たら玄関にハイヒールが揃えてあった。兄が連れこんだ女だ。

 初めてじゃない。僕がいるから控えてくれるけど、たまに、ある。

 足音を忍ばせ兄の部屋へ。そっと扉を開けたら、性交の匂いと音が漏れてきた。

「ただいま、お兄ちゃん!」

 わざと大声を出し、部屋の明かりをつけてやる。兄の上に乗っていた女が振り返った。

 ふうん。美人じゃん。胸も大きい。

「弟?」

 女は自分の下にいる兄に訊ねた。前に来た女はこれをしたら慌てて出て行ったのに、この女は平然と長い髪をかきあげている。

「哲郎、おかえり。悪いんだけどそこ締めてくれる?」

 兄は女の腰から顔を覗かせ僕に言う。僕は足で戸をしめてやった。

「いや、哲郎くん、君も出て行きなさいよ。いま何してるかわかるでしょ」
「お兄ちゃんおなかすいた。ホットケーキ作ってよ」
「私が作ってあげようか?」

 女が僕に笑いかける。赤い唇。長い睫毛。揺れる腰。嫌がらせが通じない。

「結構です」
「じゃあ、そこで見てる?」

 女は背中を丸めると兄にキスした。

「お兄ちゃんのばか、あほ、インポ」

 悪口を言って部屋を出た。自分の部屋で学校の宿題を始める。耳を澄ませば女の喘ぎ声が聞こえる。わざとかも。一時間ほどして今度はシャワーの音が聞こえてきた。やっと終わったようだ。

「哲郎、入るぞ」

 腰にタオルを巻いた兄が部屋にやってきた。勉強机に向かう僕の横に立って見下ろしてくる。

「なに怒ってんの」
「新しいセフレ?」
「そういう言葉を使いなさんなって。セフレじゃないよ。お友達。もう帰ったよ。ホットケーキ焼く?」
「いらない。あんなの見せられて食欲失せた」
「お前が勝手に入ってきたんでしょうが」
「汚い」
「お兄ちゃんは大人なの。汚いことも必要なの」
「僕もいつかあんなことするの?」
「そりゃいつかはするだろ」
「じゃあ、キスのしかた教えてよ」
「そんなの練習しなくたって、そのうちうまくなってくよ」
「僕とキスしてよ」

 兄はむ、と眉間にしわを作った。

「兄弟でなあ」
「血は繋がってないよ」
「未成年相手に」
「殺し屋が何言ってんの」
「それもそうか」

 顎を掴まれ、上を向かされた。顔が近づいて、唇が合わさる。驚く僕の唇を割って舌をいれてきた。歯の裏や口蓋を舐められたとき、腰がぞくぞくした。舌と舌が触れ合って、クチュクチュ絡め合うと頭がぼーっとして、なにも考えられなくなる。

「はあっ」

 離れた一瞬のすきを縫って息を吸いこむ。

「鼻で息すんだよ」

 兄が教えてくれた。鼻で呼吸する。ボディソープの匂いがする。

 兄の首に腕を回した。兄は僕の腰に腕をまわしてきた。上からグイグイ押しつけられて首が痛くなってくる。

「はあっ、あ、お、にいちゃ」

 息苦しくて顔を背けた。兄の口が追いかけて来てまた塞がれる。溺れる。キスに溺れてしまう。

「や、あ、もう、わか…、わかったってば」

 椅子からずり落ちた格好でギブアップ。兄は舌なめずりして勝ち誇った顔。

「今度から大人の時間を邪魔しちゃいけません」

 そう言うと部屋から出て行った。くそっ。





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する