FC2ブログ

お金じゃない(2/2)

2019.05.18.Sat.
<前話>

 レイくんみたいに、宮野が俺の穴を解してくれている。けどぜんぜん嫌悪感はない。ちょっとの恥ずかしさと、これから起こる行為についての期待に、今度こそ胸が張り裂けそうだ。

 心臓もバクバク鳴って顔もじわじわと熱い。

「宮野、あんまりやられると、出ちゃうから」
「もうすっかりここでイケるようになったもんな、お前」
「そんだけ宮野に金借りてたってことだよな」
「まったく」

 指が抜け、かわりに宮野のちんこが入ってきた。微妙に形とか違うだけでレイくんのちんこも同じ肉の棒だったのに、どうして宮野のちんこだと、キタキタ!って嬉しくなっちまうんだろう。気を抜いたらもう射精しそうなくらいだ。

「お前、もうイキそうだろ」
「わかる?」
「中、すごくきつい」

 全部入れたあと、宮野はしばらく動かなかった。その間、俺は宮野の形とか熱さをじっくり感じていた。最初に突っ込まれたときはめちゃくちゃ痛くて泣きそうだった。でも宮野が動くたびにだんだん痛みが和らいで、なんとなく気持ちよくなってきた。いまじゃ中毒になるくらい。

「宮野、チューしていい?」

 返事のかわりに宮野は俺にキスした。俺も頭をあげて必死に吸い付く。なぜか急に日置さんのことを思い出した。俺が高校時代、ほんの短い期間付き合った女の子。一緒に帰ろうって誘われて、向こうからキスしてきた。その時舌を入れられて、「この子無理」って思って別れた。

 日置さんは宮野の元カノだ。俺が横取りした。宮野はいまだにこのことを怒っているようだけど、彼氏がいるのに簡単に別の男に乗り換えるような子、正直どこがいいのかわからない。

 口をはなすと宮野は腰を動かした。出し入れされるだけで気持ちがいい。なんか前立腺?とかってのに、当たってるんだと思う。ケツの穴のなかに性感帯があるって不思議な話だ。人間を作りたもうた神様は男同士でセックスすることを見越してたんだろう。

「俺、もうイクかも」
「一回出しとけ」

 宮野が俺のちんこを扱いてくれる。穴責められながらちんこ扱かれたらもうもたない。歯を食い縛りながら射精した。どろっと自分の腹に生温い精液がかかる。宮野はそれを手で腹に広げた。

「やめろよ、体中イカ臭くなんじゃん」
「どうせあとで風呂入るだろ」

 ぬるぬるの手で乳首をつまむ。宮野は気まぐれで俺の乳首を触ったり触らなかったりする。最近はよく触ってくる。母乳が出るわけでもないのに乳首があるのは、これもひとつの性感帯になるからだろう。神様ありがとう。

「あんま乳首すんなよ」
「なんで」
「最近、たまにだけど、シャツで擦れて感じるときあるから」

 宮野が吹きだす。俺も釣られて笑う。笑ってる宮野を見るのが好きだ。俺はよく、怒られてるから。

「宮野、キス」
「また?」

 眉を寄せながら宮野は俺にキスしてくれる。たっぷり舌を絡ませた濃厚なやつで腰にくる。そうするとまた、中に入ってる宮野のちんこがじんわり気持ち良くなってくる。宮野は俺がそうなる瞬間を見極めるのがうまい。

「動いて欲しい?」

 いたずらっこの目で笑いながら俺に訊く。俺は素直に頷いて、宮野の脇の下から背中に腕をまわし、しがみついた。しっとり汗で湿った肌。よく見ると額に汗の玉。こんなになるまで宮野が頑張る姿はかっこいいし、かわいいとも思うし、愛しくもなる。それを自覚したらまた口寂しくなった。

 宮野の胸を押しながら体を起こす。

「座る?」
「うん」

 俺の体を支えながら宮野が布団に胡坐をかく。宮野の首に抱きついてキスしながら、今度は俺が腰を上下に揺すった。自分の体重分、深く宮野が入ってくる。これやると翌日決まって筋肉痛になるんだけど構やしない。

 激しくしすぎて口が離れそうになる。キスに空気が混じる感じは悪くない。

「ちょ、また…ッ」
「シャツで感じるなら、絆創膏貼ればいい」

 宮野が俺の乳首を弄る。しかも両方。腰が変に跳ねあがる。

「んっ、あ、イキそ」
「待て。僕も……一緒に」

 根元をぎゅっと掴まれた。布団に片手をついて、宮野が下から突き上げてくる。振り落とされないよう、首にしがみつく。

「宮野、もうむり、イク、イクっ」

 パッと根本の手が離れた。直後に射精した。宮野も射精しているらしい。この時の切なげで苦しげな宮野の顔が好きだ。普段なら絶対見せない顔。なんか胸が苦しくなっちまう。

 宮野の前髪をかきあげて額にキスした。瞼や頬やこめかみにも、たくさんキスした。

「お前はほんとにキスが好きだな」

 呆れたように宮野が笑う。

 その顔を見て、あー、そういうことか、とわかってしまった。

 ~~~

 風呂から出ても、宮野はまだ俺の家にいてくれた。買ってきてくれた弁当を二人で食べる。明日はGW最終日。このまま泊まっていけばいいのに。

「宮野」

 呼びかけると「ん?」と箸を止め俺を見た。

「今更なんだけど、日置さんを盗ってごめん」
「藪から棒になんだ」
「俺が日置さんを盗ったのは、日置さんが俺から宮野を盗ったからだよ」
「は?」
「あの頃、ちゃんと友達って言えるの宮野だけだったじゃん。でも日置さんと付き合い出してから、休み時間も放課後も俺とは一緒にいてくれなくなっただろ。俺、日置さんに嫉妬したんだ。俺の宮野を盗られたって」

 二人が一緒にいる姿を見るのは面白くなかった。それどころか、腸煮えくり返るくらい、むかついた。

「俺、宮野が好きなんだ。もしかしたら、高校生んときから」

 俺の告白を宮野は言葉を失くして聞いていた。驚いた眼、困惑の眉、戸惑いの唇。ハッピーエンドにふさわしくない表情。答えは明白。それでも言いだしたからには最後まで伝えようと心に決めた。

「俺がいま、本当にはまってんのは、宮野、お前だよ」
「……だけど、でも、どうせ今だけなんだろ? お前のことだ、どうせすぐ飽きて他のものに夢中になるんだろ?」

 宮野の言葉は、俺を振るための前口上に聞こえる。飽きっぽいから、振られたってすぐ別のことに夢中になれるだろって、そう言いたいわけ? 身から出た錆とは言え、そりゃあんまりだ。

「じゃあそれまで金出すから俺と寝てくれる?」
「どうしてそんなこと言うんだ」

 イラついたように宮野は頭を掻きむしった。キッと俺を睨みつけたかと思うと、頼りなさげに眉をさげた。

「本当に僕が好きなのか?」
「うん、お前のことかっこいいし、かわいいし、愛しくってしょうがない」
「そんなに好きか」
「もう二度と会わないって言われたら泣ける」

 宮野の大きな溜息。

「大の男に泣かれたら面倒臭い」
「ほんとに泣きはしないけど」
「どっちだ」
「嘘、泣く。めっちゃ泣く。だってこんなこと言ったらもう友達としてもいられないだろ。泣くしかないじゃん」
「勝手に決めるな」

 宮野の手が伸びてきた。俺の頬にぺたっと当てる。

「お前、僕をどうしたい。どうなりたいんだ?」
「ど、どうって、キスして抱き合ってエッチなことしたい」
「じゃなくて、それをするっていうのは、つまり」
「あ、付き合いたい! 宮野と付き合いたい!」
「よし。承知した」

 今度は宮野の顔が近づいてきて俺にキスをした。柔らかい唇を味わいながら、顔を真っ赤にして宮野が言った言葉がおかしくて、思わず吹き出してしまった。

「なんで笑うんだ」

 まだ赤い顔で宮野が口を尖らせる。

「だってさ、承知したって、言葉のチョイスが」
「僕も好きだって言ったほうが良かったか?」
「え、ほんとに?」
「お前をかわいいと思う奴なんて、僕くらいだぞ」

 宮野に飛びついた。その勢いのまま畳に倒れ込んでキスする。いつから俺のこと好きなの? どこが好き? いろいろ訊きたいことはあるけどあとにしよう。宮野の手が俺の服のなかに。俺の手は宮野の股間に。

 さっき出たばっかだけど、また風呂に入ることになりそうだ。





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
お返事
えり様

長らくお待たせいたしました!!
ここ2、3カ月くらい?コツコツ書いてた話とは違う話での更新となりました。もうこれ以上放置できないと苦肉の策です。
人間追いこまれるとできるものですね。勢いづいて違う話も書けました!ウワーイ!この現象はなんなんでしょうね?
こっちはあと最後の場面をもうちょっと手直ししたら完成しそうです!
変態といじめっこ。救いがない感じで本当に暗いw えりさんが待つと言ってくださるのを心の支えに頑張ります!!
今月中に!!次も読んでくださるとすごく嬉しいです^^
いつもありがとうございます!


管理者にだけ表示を許可する