FC2ブログ

カインとアベル(3/3)

2018.12.07.Fri.


「前に彼女とエッチしたのいつ?」
「いつって……わかんね……、三ヶ月? くらい、前」
「回数も、俺としてるほうが多いんじゃない? 最近忙しくてしてなかったけどさ。それでも三ヶ月も前ってことはないでしょ」

 押されてベッドに仰向けになった。俺の足を押し開いて、守がのしかかってくる。

「弟よりセックスしてない彼女と、ほんとに結婚する気?」
「えっ? あ」

 さっきむかついて彼女と結婚するとかしないとか口走った気がする。

「あ、あれは……ただの勢いつーか、あくまで未定の予定であって……」
「じゃ、まだ結婚はしない? 彼女もつれこない?」
「……来ない」

 というか、守の気を引くための嘘だ。

 良かった、と守は嬉しそうに笑った。

「お互い誤解も解けたし、兄ちゃん、俺にちんぽ入れて欲しい?」
「な、なんで、毎回それ言わすんだよ……! なんの意味があるんだよ、どうせやること同じだろ!」
「同じじゃないよ。ちゃんと兄ちゃんに言って欲しいんだよ。兄ちゃんに求められてんだって実感したいの」
「そんな……でも……」
「兄ちゃんは昔からなんでもできて優秀だったよね。俺の憧れだったよ。その兄ちゃんが俺のために恥ずかしいの我慢してくれんのがすっごい嬉しい。だって兄ちゃん、高校入ったくらいから冷たくなったじゃん。反抗期になった俺の相手が面倒臭かったんだろうけど。おまけにその頃ショタだって自覚してさ。だからあの日、俺の部屋に来て、俺のためにセックスしてくれて、死ぬほどうれしかったよ。俺、出来損ないだからさ。こうでもしなきゃ、兄ちゃんに触ることもできないんだ」
「お前は出来損ないなんかじゃない!」

 電話でも守は自分を出来損ないだと言った。俺も頭に血が上って、守に出来損ないだと言ってしまった。

「さっきは……頭きて。お前に彼女できたと思って。俺とやってる時に、彼女の電話出るとかまじありえないだろって。だから……、出来損ないだなんて、ほんとに思ってない」
「ユキさんに、嫉妬したってこと?」

 頷くと守は笑った。

「兄ちゃん、俺のこと超好きなんじゃん。じゃあ、言えるよね? 俺のなにが、どこに欲しい?」

 亀頭を肛門になすりつけながら守が意地悪く訊ねる。

「う、あ、守の……、ちんこ、俺の、後ろ……!」
「何回も言ってるのにまだ恥ずかしい? 守の勃起おちんぽ、兄ちゃんのおまんこに入れて、でしょ」
「なんで……! 俺、いま、翔太だろ」
「俺はもうずっと、兄ちゃんだと思って抱いてたけど?」
「ど、どういう」
「わかるでしょ。俺も兄ちゃんのこと、超好きだってこと」

 ずぶっと守のちんこが入ってきた。

「はあっ!」
「あれ、さっきまで入れてたのになんかキツい。仲直りセックスで興奮してる?」
「守、守……! あ、あ、やば……変、ああ、ああっ」

 俺のちんこから精液がビューっと飛び出した。

「すっげ、トコロテンじゃん。兄ちゃん、スケベな体になったよね」
「ああっ、守、動くな、まだ……動いたら……ッ!」

 頭の中が真っ白になった。体がガクガク震える。精液が出ていないのに俺は絶頂を迎えていた。

「またイッた? ドライ? まじで?!」

 楽しげに興奮した守の声も遠く聞こえる。頭の先からつま先まで快感が全身に広がっている。気持ちよさがホワホワと心地よい感覚。

「そんな気持ちいい?」
「い、い……気持ちい……!」
「兄ちゃん、俺のちんぽ好きでしょ?」
「う、うう」
「素直になんなよ。守のおちんぽだいしゅきって言ってみな」

 なんでこいつは毎回俺に言わせようとする言葉がかわるんだ。しかも決まって恥ずかしい言葉に。

「メスイキするくらい、気持ちよかったんだろ? 彼女とヤッてここまで気持ち良くなったことあんの? ないだろ」

 守のちんこがゆっくり出たり入ったりしている。二度続けてイッたばかりの俺にはそれすら快感が強すぎる。

「待っ──あ──……あ、やめ、あ、あぁッ」
「またイキそ? すっげー。めちゃくちゃ敏感になってるじゃん。ほら、素直に言わなきゃ、また強制アクメきちゃうよ?」

 俺のちんこの根本を強く握って守が腰を振る。

「わかっ……!! わかった、だからやめ……ストップ!!」
「じゃ、言って。守のおちんぽ気持ち良すぎてメスイキとまんないって」
「ま、守の、おちんぽ、気持ちよくて、メスイキ、とまんない」
「兄ちゃんかわいい」

 嬉しそうに言うと守は俺にキスをしてきた。ヌルヌルと溶け合うようなねちっこいやつ。どっちのかわかんない唾液を何度も飲み下した。

「俺とセックスすんの、好き?」
「さっき言っただろ」
「あれは俺のちんぽが好きかどうかだろ。いま訊いてんのは俺とセックスすんのが好きかどうか。さっき兄ちゃん、嫌々してるって言ってたじゃん。自分を犠牲にして、我慢して俺とセックスしてたって」
「あっ、あれも、お前に彼女が出来たと思ったから」
「ああいう時って本心が出るよね。あれが兄ちゃんの本心だったわけ?」
「違う! いや、最初はそりゃ嫌々だったけど……! でも、今は違うって……、そんなん、俺の反応間近で見てるお前が一番よくわかってんだろ」

 守は意地の悪い顔でニヤニヤ笑っている。

「まあね。いくら弟がホモでショタコンの引きこもりでも、家から出すために普通セックスしないよね。言われるままに恥ずかしい格好して、外でヤッたり、あそこの毛、剃らせたりさ。素質がなきゃやんないし、あんなに何度もイカないよね」
「わかってるくせに、今更訊くなよ」
「兄ちゃんがかわいい反応するから、いじめたくなっちゃうんだよ」

 俺の乳首を弄りながら守は腰を動かした。心地よい快感がじんわりそこから広がっていく。それに身を任せたらまたイケる自信がある。何度もイクのが怖い。経験したことないような強い絶頂感だった。あれを立て続けに何度も食らったら気が狂いそうだ。

「あっ、そだ、また忘れるとこだった」

 守は机のスマホを取った。俺にレンズを向けてシャッターを切る。

「ちょ! なにするんだよ!」
「ユキさんにね、兄ちゃんとのハメ撮り見せろって言われてたんだ」
「ハメ……! お前! ユキって奴にどこまで話した?!」
「全部知ってるよー。そこまでしてくれるなんて、素晴らしいお兄さんだねって褒めてたよ」
「なんでそんなこと! 兄弟なんだぞ!」
「ユキさんて聞き上手なんだもん。口は堅い人だから安心していいよ。だから俺もフィギュアの制作、頼めたんだし。あ、データは渡さないから。だってユキさん、兄ちゃんオカズにシコりそうだもん。俺に負けず劣らずの変態だからさー」

 しゃべってる間も守はシャッターを押し続けた。パシャ、パシャ、と俺の顔や体、勃起ちんこや結合部に至るまで、すべてを撮影した。

「写真撮られて興奮してる? 我慢汁いっぱい垂れてるよ。中もギチギチに締め付けちゃってさ」
「や、やめ……、恥ずかしい、だろ……!」
「兄ちゃんのいやらしいフィギュア、作ってもらおうね」

 スマホを横に置くと守はガンガン突き上げてきた。

 俺と守の関係を、見ず知らずの第三者に知られている。それどころか、ハメ撮り写真を見られてそれを参考にフィギュアを作られるのだ。

 守はそれをどうする気だろう。部屋に飾ってたまに動かして、時々はオナニーに使ったりするんだろうか。守にとって俺は少年より性欲をかきたてられる存在になれたのだろうか。

「守……、俺、もう、ショタの格好、しなくてもいいのか……?」
「しなくていいよ。はっきり言って、初めから似合ってなかったしね。兄ちゃんがしたいなら別にしてもいいけど。俺はどんな格好の兄ちゃんでも興奮できる性癖になったから」
「じゃあ、もうしない」
「どんな姿でも、兄ちゃんはかわいいよ」
「俺のこと、好きか?」
「好きだよ」

 嬉しいと同時に悲しい。

 親父、母さん、親不孝な息子でごめん。たぶん俺も守も、一生独身。誰とも結婚しないし、子供も作らないと思う。

 誰にも迷惑かけずに、二人だけで生きていくから。それが俺たち兄弟の幸せだから。

「忘れないうちに、もう一回、メスイキしとこうね」

 ガクガクと激しく揺さぶられる。

「ああっ! あ、あんっ、だ、めっ、そんな強くしたら、あっ、ああっ!」

 強い刺激にまた頭の奥から白い靄が広がっていく。

「兄ちゃんのアヘ顔も写真撮っとかないと。これはユキさんには見せないよ、俺だけのものだもん」

 守の声。カメラのシャッター音。全部が遠い。

 ただただ、ぬるま湯みたいな気持ち良さに包まれて、俺は幸せだった。




蟷螂の檻(1)


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
お返事
ともさん

もうちょっと拗らせても良かったんですがお兄ちゃんが勝手に動いてしまい、こういう感じになりましたw
タイトルが醸し出す不穏な空気とは正反対な内容。ただのラブラブカプやないか!
お兄ちゃんはまた恥ずかしい格好しそうですね。弟の性癖とかじゃなくただのプレイの一環としてw
コメントありがとうございました!!^^ 反応頂けて嬉しかったです!!

管理者にだけ表示を許可する