FC2ブログ

愛で殴る(2/2)

2018.08.28.Tue.
<前話>

「一緒に気持ちよくなろうよ、先生」
「う、わ、お前、なに擦りつけてんだっ」

 尻に固いものが当たる。

「優しくするから」
「ちが、そういう問題じゃ」
「だから、早く、俺のこと好きだって言ってよ」

 言えるか。言ったらもう俺、超絶うっとうしい男になる。毎日だってキスしたいし、好きだって言いたいし言って欲しいし、おはようからおやすみまでメールとか電話したいし、休みの日はずっと一緒にいたいし、異性だろうが同性だろうがこいつに近づく奴全員に嫉妬するし、独占欲半端ないし、束縛だってしたい!

 前島と付き合っている時、無理して我慢してきたものが、こいつと付き合ったら全部爆発する。自分でわかる。

「う、ううっ、もう、その手やめろって」
「先生、乳首弱いんだね? 開発する必要ないくらい」

 それを確かめるように水沢が俺の乳首を弄る。前島は淡白な男だった。性的に強いほうじゃなかったんだと思う。仕事で疲れてるんだとセックスの誘いを何度も断られた。セックスは月一程度で、しかも前島は早くてすぐ終わった。一晩に二度なんて絶対なくて、俺がイケないまま終了することも多々あった。

 自然と一人で処理することが増えた。中途半端に火照った穴におもちゃを突っ込んで、前島にして欲しいこと言って欲しいことを想像しながら自分でやった。そのせいですっかり乳首は性感帯に育った。

「もともとここ、自分で触ってたの?」
「触ってないっ」
「じゃ、天然? やらしい体してんな、先生」

 ああ、なんてことだろう。俺が妄想していた理想のタチ様みたいなことを言いやがる。

「乳首だけでイッちゃったりして」
「そんなわけあるか!」
「だよね、こっちも触って欲しいよね」
「あっ、違う、そういう意味じゃな……!」

 シコシコシコと勃起を扱く手つきが早くなった。俺の膝はもうガクガク。

「あっ、あ、ばか、やめろ……ッ」
「先生の声、色っぽい」
「変なこと言うな」
「ほんとだって。その声、好き」

 前島と付き合いたての頃、俺はまだ経験が浅くて、とにかく相手を悦ばせるため、ネットで見た動画みたいにアンアンおおげさに喘いでみせた。そしたら「盛りすぎ。気持ち悪い」とバッサリ。以来、前島とセックスする時は声を抑えるようになった。ひとりよがりなセックスだったから、声なんか抑える必要もほとんどなかったわけだけど。

「待っ……、手、止めろ、やばい、出る」
「出す前に言うことあるよね、先生」
「なに……?」
「俺のこと、好きでしょ?」
「またそれか」
「だって先生言ってくれないから」

 どうして言わないとわからないんだ。嫌ならとっくに逃げている。ここまでされるがままなのは、好きって意外、どんな理由があると思っているんだ?

「言ってくれなきゃ、先生の気持ちわかんないよ。このまま続けていいのか不安になる。先生、俺のこと、ほんとはどう思ってる?」

 水沢の言葉にハッとなった。俺が前島に求め、結果与えられなかったもの。好きという言葉だとか、毎日の連絡とかじゃなく、それらがもたらす安心感。本当に俺が欲しかったものはそれだったんだ。

 水沢もそれを求めている。そりゃそうだ。気のある相手から思わせぶりな態度を取られているのに、肝心な言葉は言ってもらえないんじゃ、遊ばれていると思っても仕方がない。

 ただ自分が傷つきたくないために、俺は前島みたいなことを水沢にしてしまっていた。

 前島にはなりたくない。あいつと付き合っていた頃の俺みたいな気持ちを水沢にさせたくない。

 一世一代の勇気を振り絞るしかなさそうだった。

「安心しろ、ちゃんと好きだから」

 首をむりやりひねって水沢にキスする。自分から舌を絡め、水沢の勃起に尻を押しつけた。

「だから、続きはベッドで」

 水沢スイッチが入ったのが手に取るようにわかった。俺をベッドに押し倒すとすぐ馬乗りになってキスしてきた。俺は下から水沢のベルトを外し、ズボンと下着を脱がせてやった。

 ブルンと外へ飛び出したものは年相応にいきり立っていた。刺し貫く瞬間をいまかいまかと待ち構えている。

「先生、もっかい好きって言って」
「さっき言っただろ」
「何回だって聞きたい」
「好きだ」
「もっと」
「好きだ。水沢が好きだ。大好きだ」
「俺も! 俺も先生のこと大好き」

 はたからみたらただのバカップルだろう。それでいい。俺はバカップルに憧れてたんだ。

「待って、ローション持ってきた」

 水沢はポケットからボトルを取り出し手に出した。ベトベトになった手を俺の尻の間に差し込み、指を穴に入れてきた。人に触られるのは久しぶり。ゾクゾクと喜びに震えてしまう。

「ここに今から俺のいれるんだって、すごくね」
「う、うん、すごいな」
「男同士でも繋がって気持ちよくなれるんだよ」
「ああ」
「俺、猿みたいに毎日ヤリたくなるかも」
「ま、毎日はさすがに」
「高校卒業したら一緒に暮らそうよ、先生」
「えっ、一緒に?!」
「先生が嫌がるときはやんないからさ」

 違う。違う、違う。俺が驚いたのは、水沢が当たり前みたいに未来のことを口にしたから。俺がいる前提で。ずっと一緒にいると、言ってくれたから。

「お前、ほんとに俺でいいのか?」
「なに、なんの予防線張ろうとしてんの?」
「じゃなくて、俺、嫉妬深いからな」
「へー! 意外」
「束縛するし、かなりうっとうしいからな」
「上等じゃん。俺も相当重いほうだから」

 束縛したい、されたい。口出ししたい、されたい。もう、我慢しなくてもいいのか?

「別れたくなっても、しつこいからな」
「まず別れたくなんないよ」
「そんなのわからないだろ」
「行動で示して信じてもらうしかないね」

 もういいかな? 独り言みたいに呟いて水沢は指を抜いた。同じく用意しておいたのだろうコンドームの袋を破って装着し、俺に押し当てた。

「もう、先生と生徒には戻れないね」
「とっくにそうだろ」
「たしかに」

 水沢が笑う。笑いながら挿入してきた。比べるなんて失礼な話だが、前島とぜんぜん違う。固さも、太さも、熱さも、大きさも、なにもかも。

「すごい、きつい。先生、大丈夫?」
「大丈夫」
「動くよ?」

 頷いたら水沢がゆっくり動きだした。この年頃ならもっとガンガン腰を動かしたいだろうに、俺を気遣ってそうはしない。本当に俺を大事に思ってくれている証拠だ。

「もっと早くして大丈夫だから」

 ほんと? と目が問う。頷き返したら叩くリズムが早くなった。男らしいものが中を掻きまわす。俺の勃起がブルンブルン揺れる。

「上から見る先生、すっごいエロい」

 気持ち悪がられないよう、口を塞いで声を我慢する。

「何してんの、声聞かせてよ」

 手を剥がされた。

「はあっ、あっ」
「うわ、エッロい」
「や、だ、あ、あんっ」
「先生ってこんなエロかったんだ」
「違う、あぁっ、ああっ」
「しばらくこれをオカズにしよう」
「なに、言って、あっ、奥、だめっ」
「奥いいの? もっと?」

 俺の腰をぐっと掴んで自分のほうへ引きよせた。前島では届かなかった場所をこじ開けられる。

「やめ…そんな、中まできたら……イクッ……!」
「もうイキそう? ほんとに?」

 ガクガク頷いたら「かわいい」と笑われた。

「もうちょっと我慢してよ。一緒にイキたい」

 俺の根元をぎゅっと掴んで悪魔の微笑み。楽しげなピストン運動が始まった。俺にとっては地獄の時間。いや、至福の時間。こんなに快楽を与えられたことなんてなかった。

 口を塞ぐことも忘れて、喘ぎ声を出しまくった。気持ち良すぎて辛くなって、水沢にイカせてと頼んだ。

「だめ、初めてのときはやっぱ一緒じゃないと」

 水沢はなかなかイカない男だった。「一緒」にこだわって俺をイカせてもくれない。確かに水沢は重いというより面倒臭い男かもしれない。俺にはちょうどいい。

「先生、手、離すよ?」
「は、早くっ、イカせてくれ!!」

 水沢の手が離れる。勢いよく精液が飛び出す。水沢は俺の射精の瞬間をじっと見ていた。収まるのを待って、

「このまま二回目してもいい?」

 俺が望んできたものを、水沢はエスパーみたいに読み取って与えてくれる。これはもう愛の殴打だ。ノックアウトされた俺は、だらしない顔で頷くのだ。





例えば雨が降ったなら

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
お返事
えり様

ワーイ!ありがとうございます!!
サラッと読めるものをと思って書き始めた話でしたが、もっと読みたいと言ってもらえるなんて嬉しいです!
すぐ調子に乗る私はもう続編を考え始めていますw
ぼかしている二人の年齢差とかもちゃんと考えないといけないのかしら。
できるだけお待たせすることのないようにしたいです!

管理者にだけ表示を許可する