FC2ブログ

続続続・ひとでなし(2/2)

2017.10.23.Mon.
(前話はこちら)

 マンション前に車を止めた。一人で大丈夫だと言ったそばから伊能がふらついたので肩をかついで部屋まで連れて行ってやった。

「鍵は?」
「ポケットん中」

 ポケットに手を突っ込んで鍵を開けた。必要以上にポケットのなかで指を動かした自覚があった。玄関に放りだして帰ればいいのに、靴を脱いで中まで入った。ベッドに伊能を投げ捨て「何かして欲しいことあるか?」と言いながらワイシャツのボタンを外してやっている。

「水飲みたい」
「待ってろ」

 コップに水を入れて戻る。体を起こした伊能が俺の手に手を重ね、コップの水を飲んだ。口の端から水が零れる。

「なにやってんだよ、酔っ払い」

 ティッシュを取って拭いてやる。どうしてこんなこと俺がしなきゃいけないんだと思いつつ、世話を焼く手が止まらない。

「斉藤、お前、風呂入った?」

 伊能がスンスンと鼻を動かす。

「島さんから呼び出される前にな。飯も食って風呂も入った」
「そっか。大事な夫婦の時間なのに邪魔して悪かったな」
「別に。嫁はもう寝てるし」
「早いな」
「子供が寝る時間だし。それに、妊娠してるんだ」
「えっ、2人目か?」
「まだ三ヶ月らしいけど」

 ティッシュを捨てた。ゴミ箱にある丸められたティッシュはどう見ても自慰のあとにしか見えない。女でも男でも、誰か連れこんだ時にこれを見られたくないだろうな。

「そろそろ帰る。あとは一人で大丈夫だな?」
「待てよ」

 伊能が俺の腕を掴んだ。

「なに」
「……まだ、さっきの質問に答えてなかった」

 さっきの車の中でのやりとりのことか。そう言えば全部はぐらかされた気がする。

「じゃあ、聞いたら帰る」
「お前のことが好きなのかって」
「ああ、訊いたな。で?」
「好きだ。ずっと好きだった。他の誰よりも。ずっとお前と寝たいと思ってた」

 伊能は真顔で俺を見つめたまま言った。いつもの冗談めかした口調でもない。絶句しつつ伊能の目を見つめ返した。

「一度寝たら諦めるつもりだった。お前には守るべき家族がいるから。でも諦められなかった。前より酷くなって、一日中お前のことしか考えられなくなった。好きなんだ。お前に奥さんや子供がいても、俺のこと好きになってもらえなくても、俺にはお前しかいない。俺のことなんか嫌いだろうし、気持ち悪いと思ってるんだろうけど、たまにでいいからお前に触らせて欲しい。寝てくれなんて言わないから。お前の嫌がることはしない、望むことだけをするから。お前の家族や幸せを壊すつもりは全くない。二番目でいい。だから、俺をそばに置いてて欲しい」

 余裕のない切羽詰まった言い方だった。プライドも何もかもかなぐり捨てた切実な懇願。一回も瞬きしない赤く充血した目から目を逸らせなかった。なんでも俺より器用にこなす伊能がそんなふうに思っていたなんて意外だし驚きだ。

「……島さんより、か?」
「えっ?」
「島さんより俺の事が好きか?」

 自分でもなにを聞いているんだろうと思う。でも確かめずいにいられなかった。

「人として先輩として尊敬はするけど島さんのことはもう好きじゃない。でも、島さんを好きだった頃と比べても、斉藤のほうが好きだ。島さんのことは諦められた。でもお前のことは諦められなかった」
「……そこまで言うなら、二番目で考えてやる」

 俺の言葉を聞いて伊能は目を見開いた。そして泣き笑いの表情で安心したように溜息を漏らした。これがいつも俺が引け目を感じていた男と同一人物だろうか。とても信じられない。

 ベッドに手をついて身を乗り出す。顔を近づけて行ったら直前になって伊能はぎゅっと目を瞑った。三十になる男のキス待ちの顔が可愛いと思う日がくるなんて想像もしなかった。

 待たせるのも可哀そうなのでキスしてやった。

 フェラはした。セックスもした。でもキスはしなかった。付き合ってもない、好きでもなかったのだから当然だ。

 じゃあ今は? 付き合ってるというのか? 俺は伊能が好きなのか?

 好きじゃない。でも何か特別な感情が芽生えてしまっているのは確かだ。付き合ってるわけじゃないが、こいつをそばに置いててやろうとは思う。嫁と子供が最優先。伊能自身、二番でいいと言ってるんだし。

 口元からクチュクチュと音が聞こえる。嫁より積極的な舌の動き。次を促す手が俺のベルをを外しにかかっている。そこまで俺は許可してないぞ。

「ストップ。何する気だよ」
「奥さん妊娠してるなら、最近やってないだろ?」
「だからって今日さっそくお前とヤんねえよ」
「やらなくていい。手と口でしてやる」

 知ってる快感に想像が手伝って一気に股間が熱くなった。伊能の手がそれに添えられ、育つように動いた。

「やめろよ。染みになる」

 心得たと言わんばかりに伊能がパンツをずらす。ぶるんと半立ちのものが外へ飛び出した。そこへ伊能は顔を近づけ上から咥えこんだ。舌と唇を使って吸い上げながら顔を上下に動かす。あっという間に完全に勃起した。

 ジュルジュル音を立てながら伊能の頭が動く。気を抜いたら出てしまいそうなほど気持ちがいい。

「待って、伊能」

 咥えたまま伊能が目をあげる。夢で見ていたような情欲にまみれた表情だった。この顔も声も体も、全部俺のものだ。

「お前の中に入れたい」

※ ※ ※

 病院についた、と伊能からのメールをもらい、外へ迎えに行った。

「出産、おめでとう」

 休日のラフな格好の伊能が俺の背中を叩く。

「男の子だって」
「キャッチボールできるじゃん」
「俺、野球経験ないんだけど」

 なんて雑談をしながら嫁が待つ病室へ戻った。

「奥さん、出産おめでとうございます」

 仕事の時に見せる人たらしな笑顔で伊能が嫁に微笑む。

「ありがとうございます。いつも主人がお世話になっております。お名前だけいつも主人から聞いていたんで、こうしてお会いしても初めてって気がしなくて」
「僕もです。斉藤からいつも奥さん自慢聞かされてたから。幸せそうな家庭で羨ましいです」
「そんな。伊能さん、ご結婚はまだなんですか? おモテになりそうなのに」
「まだ結婚したいと思えなくて。斉藤の奥さんと赤ちゃんを見たら少しはそんな気になるかなと思って今日はお邪魔させてもらいました」

 と、伊能は嫁の横で寝ている生まれたばかりの赤ん坊を覗きこんで「かわいいですね」なんて言う。

「僕も早く自分の子供が欲しくなってきたな」
「まずはお相手を見つけないと。恋人はいらっしゃるんですか?」
「一応は。奥さんほどかわいい人ではないですけどね」

 まあ、と嫁が顔を赤くする。伊能は俺に目配せしてニヤりと笑う。こいつ、調子に乗りやがって。

「そろそろいいだろ」

 肘で伊能をつついた。

「そうだな。出産したばかりの大変なときにお伺いしてすみませんでした。このあと斉藤お借りします」
「ええ、どうぞ。せっかくのお休みですから、二人で楽しく食事に行ってきてください。今度落ち着いたらまた家のほうにも来て下さいね。今日は何もお構いできなくて」

 嫁に見送られながら病院をあとにした。嫁にはこのあと伊能と飲みに行くと言ってある。だが向かった先は自宅だ。伊能が嫁が入院中に家を見てみたいと言いだしたからだ。

 玄関に入るなり、伊能が俺に抱きついて来た。

「キスしたい」

 とかぶりつくようにキスしてくる。もうしてんじゃねえか。

 急いた動作で俺の服を脱がせていく。

「お前、最初からこれが目的だろ」
「わかってて俺を家に入れたくせに」
「ベッドは使わせねえぞ」
「奥さん、子供部屋で寝てんだろ?」

 膝をついて俺の股間に顔を埋める。約半年前「たまにでいいからお前に触らせて欲しい。寝てくれなんて言わないから。お前の嫌がることはしない、望むことだけをするから」なんて健気なことを言ってた奴がこのがっつきよう。

「お前、子供欲しいのか?」
「いらない。俺の全部、お前のもんだから。子供にかける時間がもったいない」
「よそで作ってそうだけどな」
「できてる可能性はあるかもな。妬ける?」
「うん。お前の一番はずっと俺でないと駄目だろ」
「ずっとお前が一番だよ」

 なんて嬉しそうに言うのだ。ほだされないほうがおかしい。

「一緒に風呂入る?」
「俺が洗ってやるよ」
「俺もお前の穴、解してやるな」

 シャワーでイチャイチャしながら体を洗い合い、その場で一度繋がったあと、寝室へ移動してそこでもセックスした。

 嫁と子供が大事だ。生まれて来た赤ん坊のためにも一生懸命働こうと思う。家庭を壊す気なんてぜんぜんない。でも伊能との関係を切ることも出来ない。セックスの最中、たまに一瞬、嫁のことより伊能のことを愛おしく感じる時がある。でも終わってしまえば嫁の次。二番目の位置に戻る。

 伊能も二番より上になりたいなんて言わない。今のままでも充分満足だと言う。だから伊能から別れを切りだされない限り、俺はこの状態を続けるだろう。

 嫁と子供を裏切りながら。二番目の男とセックスをする。俺もたいがいクズな男だ。





完結!
不倫ダメ!絶対!という立場ですが、BLという読み物としてなら萌えどころのある設定だなって常々思います。

いまは新しい話を書いてます!また近々更新出来たらいいな。頑張ります!

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
お返事
わずさん

返信不要とのことでしたがどうしてもお返事したい!というわけでお許しください。
私も途中までどっちを攻めにしようと悩んでいました。伊能は島に対しては受けでも斉藤に対しては攻めでいったろ!と最初の頃は思っていたんですが、リバに抵抗のある方もいらっしゃるだろうと、伊能受けに決定した次第です。
不倫浮気もの書いたときは罰を受けたあとで幸せにするパターンがほとんどだったと思うのですが、今回は思いきり裏切ったままで終わらせてみました!
密やかに穏便に…いつか、生まれた子どもが大きくなった頃の話を書いてみたいです!

そういえば本当にあったら怖い話もバレない話でしたね。最近人道に反する話が続いている…私の厨二病が再発したのでしょうかw

甘々イチャイチャが好きなように悪い人間、欠点のある人間が好きな人と結ばれるために奔走したり努力する姿が好きです。
変な告白をしてしまいましたw コメントありがとうございます!本当に励みになります!!

管理者にだけ表示を許可する