FC2ブログ

続・ひとでなし(2/2)

2017.10.19.Thu.
(前話はこちら)

 今日も寝不足のまま家を出た。昨日の夜は再就職で心が決まっていたのに、嫁の妊娠、入院した父親が臭わせた退職話のせいでその決心はグラグラに揺らいでいた。

 出産までに再就職できれば問題ない。できるだろうとも思う。が、出来なかったらという不安もある。ちょっとした冒険すら、家族を背負った今は大冒険に感じる。妊娠したばかりの嫁にいらぬ心労をかけたくないという思いも強い。

 退職せず、現状を維持できるのが望ましい。

 そのためにいま俺ができることと言えば「あれ」しか、思いつかない。

 伊能とセックスするしかないのだろうか。それ以外、俺が会社に残る方法はないのだろうか。

 考えながら会社へ到着した。

 伊能は俺より先に来ていた。女性社員となにやら楽しげに談笑中だ。誰がどう見ても女好き。事実、そのように遊びまわっている。なのにどうして、男もいけるんだ。なぜその興味の矛先を俺に向けるんだ。傲慢なほどに貪欲すぎる。

 フェラの次は、セックス。会社に残るための代償として、それは相応しいのだろうか。今の俺に正常な判断はできない。

 ただ、昨日嫁の妊娠を知ってから今朝までの間に、半分ほど諦めの覚悟はついていた。あとは自棄になって開き直る瞬間を待つだけだ。



 得意先を回り、定食屋で昼飯を食べていたら伊能からメールが来た。

『決心ついた?』

 短いメール。憎々しい顔が頭に浮かぶ。あと少し。今の心境はバンジージャンプのジャンプ台の上。吹っ切れた一瞬を待つ感覚。
 メールは無視してやった。逐一あいつに報告してやる義務はない。

 午後の仕事が終わり社へ戻った。伊能の姿はない。まだ仕事か、もう帰ったか。俺が帰るまでに戻って来たら、セックスしてやろうじゃないか。自分の中で賭けを始める。

 帰り支度をしながら、今日のタイミングを逃したら一生自分から言いだすことは出来ない気がして、これでいいのかと手が緩まる。必要のない机の上の整理を始めたりする。

 結局伊能が戻る前に退社した。こんな時に限って戻りが遅い伊能に腹が立つ。

 明日なら覚悟できているだろうか。そもそも、覚悟できる日なんてくるのだろうか。男同士でセックスだなんて、今まで想像すらしたことがないのに。

 今日も寝不足の予感がしつつ駅のホームで電車を待った。このままどこか遠くへ逃げてしまいたい。

「お疲れ」

 声と共に肩を叩かれて飛びあがった。

「びびりすぎだろ。やましいことでもあるのか」

 伊能が横に並ぶ。会社で待ってた時には現れなかったのに、どうしてホームで出くわすんだ。この場合はどうしたらいい? 会社じゃないから賭けはなし?

「明日島さんと飲みに行く予定なんだ。例の件、それまでに返事してくれよ」

 それを聞いた瞬間、俺はジャンプ台から飛び降りていた。自分の意思ではなく、突風に背中を押されて気付いたら落ちていたような感じだ。待ち続けていた諦めと開き直りの瞬間が、伊能の言葉によってもたらされた。

「今日の夜は?」

 勢いのまま問いかける。

「お? やる気になった?」
「やるしかないだろ」

 俺の顔をじっと見たあと、伊能はにっと笑った。

「じゃあ、ホテル、行こうぜ」



 嫁には伊能と飲みに行くから帰りが遅くなるとメールを送っておいた。すぐさま「飲み過ぎないでね」と返事がきた。嘘を吐いたのは心苦しいが、すべては愛する家族のためだ。

 伊能に連れて行かれたのは、大通りから外れた場所にあるホテルだ。男二人で入るところを誰かに見られたらと躊躇していたら伊能に腕を掴まれて引きずり込まれた。こいつは気にならないのだろうか。それともそんな感情が麻痺するほど慣れているのか。

「先に風呂入る?」

 と言われたのでシャワーを浴びることにした。気を遣う相手ではないが、一応のエチケットとして。

 俺のあとに伊能もシャワーを浴びた。待っている間、今ならまだ逃げられると迷いが生まれる。逃げても解決にならないし、同じことで悩むのは目に見えている。それなら一度は決心のついた今日、終わらせてしまう方がいい。素面では無理だ。冷蔵庫のビールを飲んで待った。

 バスタオルを腰に巻いた伊能が戻って来た。

「俺も一口」

 と、飲みかけのビールに口をつける。以前なら気にも止めなかった。今は、間接キスだ、と馬鹿なことに気付いてしまう。

「さっそくだけど、斉藤はどっちがいい?」
「どっちとは?」
「入れるほう? 入れられるほう? 俺はどっちでもいいよ」

 漠然と、俺が入れられるほうなのだろうと思っていた。その覚悟で来たのに、妙な選択をさせないでほしい。

 入れるほうか、入れられるほうか。

 女のように突っ込まれる方がいいか、伊能を女のように扱うほうがいいか。

 どちらも究極の選択だが、男だからこそ処女を失うほうが怖い。生まれて初めて経験した貞操の危機は想像以上だ。

「俺が、抱く」
「おっけー」

 伊能は腰のタオルを床に落とした。モロに見てしまった伊能の股間。同じ男同士。興奮なんかしない。気持ち悪い。

「そんなんで抱けるのかよ」

 揶揄する伊能も俺の股間を見ていた。タオルを取らなくてもそこがピクリとも反応していないのはわかる。

「仕方ないだろ」
「しゃーねえな」

 伊能は俺の足元に跪くと、タオルをめくって俺のものに口を寄せた。

「ちょ、やめっ」
「こんなフニャチンじゃ無理だろ」

 ぱくりと伊能に咥えられる。熱くて濡れた口腔内。嫁にしてもらうのとかわらないのに、すさまじい羞恥と嫌悪がわきおこる。

 伊能は慣れた様子で顔を前後に揺すっている。俺の同僚で友人でもあった男だ。昨日は俺にフェラをさせた。その伊能が、今日は俺のものをしゃぶっている。意味がわからなすぎてどうにかなりそうだ。

「やっと大きくなってきた」

 伊能は楽しげに唇を舐めた。言われなくてもわかってる。頭と下半身は別物。刺激に呼応しただけとわかっていても、自己嫌悪は拭えない。

「伊能はこういうの平気なのか?」
「こういうのって……、お前のちんこしゃぶること?」
「そうだ」

 はっきり言うな。

「お前、嫁に同じこと訊いたことある?」

 ない。

「でも、お前は男だろ」
「嫁にクンニしてやったことねえの?」
「お前に答える必要はない」
「人に訊いておいて」

 呆れたように伊能が笑う。

「平気だからお前にフェラさせたし、俺もフェラしてやるんだよ」

 再び伊能は俺のものを咥えた。しゃぶりながらタオルの結び目を解いた。自分のものが伊能の口の中を出入りしている光景が目の前に現れる。伊能の唾液で濡れ光っている陰茎や、俺のものに這わす伊能の赤い舌とかが、ダイレクトに。

 力関係は俺のほうが弱い立場なのに、これを見ると伊能を征服したような優越感が生まれて来る。

「そろそろいけそうだな」

 チュポンと間抜けな音を立てて伊能は口を離した。視線をさらに下に落とすと、触ってもいないのに伊能もガチガチに勃起していた。

 本当に男とのセックスが好きらしい。汚らわしいな、と思う。

「入れてやるから、ベッド行けよ」
「急に強気だな」
「俺に突っ込まれたいんだろ」
「そういうのも悪くない」

 伊能はベッドに寝転がった。自分で膝を持ち上げて尻を俺に向ける。

「こいよ」

 俺も覚悟を決めてベッドに乗った。自分のペニスを掴んで伊能の穴に狙いを定める。女と違う穴。興奮もしない。

「いきなり入れて大丈夫なのか」
「一応風呂で準備してきたから」

 準備ってなんだ。伊能が言ってる意味がわからない。わかりたくもない。とりあえず早く終わらせたい。家に帰りたい。こいつの肌に触りたくない。話しかけられたくない。見られたくない。

「そんな嫌そうな顔すんな。萎える」

 伊能が軽く胸を蹴って来た。

「仕方ないだろ。もう入れる」
「あそう。じゃ、早く」

 尻込みするのは時間の無駄。ぐっと腰を押したら伊能の尻の穴をこじ開け、更に押したら亀頭丸ごとなかに飲みこまれた。こんな簡単に入るものなのか。驚きつつ更に奥へと侵入した。

「……っ……ぅ……はぁっ……」

 呻き声が聞こえて視線を動かすと顔を顰める伊能が見えた。

「痛い?」
「それなりには苦痛」
「なんでそこまでして」
「したいからに決まってるだろ」

 伊能は俺の腰に足を巻きつけ、自分のほうへ引きよせた。

「早く。お前のそれ、俺の一番奥まで突っ込めよ。そんでグッチョグチョに掻きまわせ」
「おい」
「嫁には突っ込んでるんだろ」
「嫁のことは言うなよ」

 うるさい口を黙らせるために言われた通り奥まで押し進めた。中は熱かった。もっと硬いかと思っていたのに柔らかかった。キュウキュウと俺を締め付ける。思わず腰を動かしたくなる気持ちいい窮屈さ。

 頭と体は別。心と下半身は別。どんなに嫌でも気持ちいいものに男は弱い。

 ゆっくり腰を引いた。そしてまた奥まで入れた。伊能が呻く。

 腰を引く、戻す。出す、入れる。何度も何度も、伊能の中を擦った。

「んっ……くぅ……はあ……はあっ」

 伊能の息遣いが乱れる。気持ちいいのは股間を見ればわかった。完立ちしてフルフル震えながら切なげに先走りを漏らしている。男のくせに、女のように喘ぐ。 

「これがいいのか、お前」
「……ぁっ……あ、いい……ッ……」

 ひきつれた笑みを浮かべて肯定する。信じられない。男が男にちんこ突っ込まれて気持ちがいいなんて。伊能を心底軽蔑しながら腰を振る動作が止まらない。男だから、突っ込める穴に突っ込んでしまうと気持ちよくなってしまうんだ。伊能はただのオナホだ。

 そう割り切ると心に残っていた遠慮もなくなって、ガンガン伊能を突きあげることができた。

「はっ、あっ……はあ! ちょ……ぁ……ッ……んんっ!!」
「約束守れよ」

 苦しそうに目を閉じていた伊能がうっすら俺を見る。こんな時にそんなことを言うなと責めるような目だ。知るか。こっちは生活のために嫌々やってるんだ。楽しんじゃってるお前と一緒にするな。

「斉藤は、気持ちいい?」

 掠れた伊能の声。仕事場でもプライベートでも聞いたことのない、初めて聞く声だった。

「俺のことはいいだろ」
「俺でイケそう?」
「……わからない。たぶん……」
「中、出していいからな」

 そう言うと伊能はまた顎をあげ、目を閉じた。俺もまたピストン運動を再開した。奥のほうでグチャグチャと音が立つ。中に出すのが伊能のお望みならそうしてやる。男に中出しされたいなんて、伊能はおかしい。

「……さいと……っ……俺……先、イキそ……ッ……」

 伊能の足が腰に絡みついた。動けなくなって伊能の様子を伺う。眉を寄せて浅く早い呼吸を繰り返している。伊能の中はビクビクと痙攣したように震えていて、俺を食いちぎらんばかりに締め付けてきた。

 伊能は俺に見られながら射精した。触られることなく、ペニスを上下に揺らしながら二度三度と精液を吐きだす。本当に達しやがった。

「斉藤、お前も早くイケよ。お前がイカなきゃ、終わりじゃねえぞ」

 疲労感さえ心地良さそうに、満足したような顔で言う。置いてかれた俺も急いでまた腰を振った。グチョグチョと卑猥な水音と、肌と肌がぶつかる音が部屋に響く。

 ぶっちゃけもうイケそうだった。伊能のすぐあとにイクのが癪なのでタイミングを図る。長引かせるのも気持ちいい。

 伊能が小さく笑うのが聞こえた。

「なんで笑うんだよ」
「お前も気持ちよさそうな顔してるから、嬉しくって」
「してねえよ」
「したね。俺ばっちり見たもん。目に焼き付けた」
「勝手に言ってろ」

 もう我慢も限界だ。伊能の中に吐き出してやった。



 俺が着替え終わる頃になっても伊能はベッドに横たわって天井を見つめたままだった。見たくないものが見えるのでシーツをかけてやると目だけ動かして俺を見た。

「ありがと」
「俺は帰る。お前は?」
「だるいし、今日はここに泊まろうかな」
「一人で?」
「一緒に寝る?」
「冗談じゃない」

 鞄を拾い上げ、出口へ向かった。ここの料金は誰が払うんだ? やっぱり島さんへの口利きを頼んだ俺か。財布から五千円札を見つけてそれをテーブルに置いた。足りなかったら伊能が出すだろう。

「島さんに頼んでみてくれよ」

 部屋を出る前に念を押す。「わかってる」と返事が聞こえた。





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する