FC2ブログ

やっぱちょろい(2/2)

2017.05.16.Tue.
<前話はこちら>

 ワンルームマンションの一室に通された。俺の部屋より片付いてるけど、男の一人暮らしって感じの匂いが充満している。

 本田さんは部屋を軽く片付けたらスーツのボタンを外し始めた。それを脱がれたら俺が本田さんに声をかけた意味が消滅してしまう!

「待って!」

 本田さんに抱きついてキスした。呆気に取られる口に舌を突っ込んで、めちゃくちゃに中で動かした。我に返ったように本田さんも舌を動かした。

「スーツ着たままがいいな」
「あ、そういう……? いいよ」

 鼻の下を伸ばした顔はなんでもOKしてくれそうだった。俺はその場に膝をついて、本田さんのベルトに手をかけた。ヤル気になってもらうにはこれが一番手っ取り早い。

 ズボンとパンツをずらしたらすでに半立ちのちんこが出て来た。蒸れたちんこにしゃぶりつく。売り上げのためだと実戦で演技指導を受けたから俺のフェラはなかなかのもののはずだ。

 あっという間に口のなかでちんこが大きくなった。

「うまい、ね……っ……はぁ……っ……」

 早く出したいって感じの、気持ちよさそうな声。

「あたしの中に入れてくれる?」
「もちろん」
「お尻の穴でも?」
「いいよ」

 本田さんは鼻を膨らませて言った。男の娘のアダルトDVDを借りるだけあって、やはりそっちにも興味があるらしい。

 俺はパンツを脱いでから四つん這いになった。

「早く入れてぇ」
「待って、いま入れてあげるからね」

 本田さんの手が俺のスカートをめくりあげる。しばらく無言で、動きも止まる。俺が男だと気付いたのだ。どんな反応をするだろう。酷く俺を罵ってくれ。

「これは……これ……」

 ぶら下がる玉をつん、と指で突く。

「見た目に似合わず立派だね」

 きゅっと全体を手で包みこまれた。握り潰されるのかと肝を冷やしたが、本田さんは優しく揉んでくれた。予想外の行動にこちらがびっくりする。

「あたしが男だってわかって、怒らないの?」
「最初はわからなかったけど、話してたら途中でもしかしたらって気付いたよ。やっぱり、声が」

 必死にか細い裏声を使っていたが、声でバレていたようだ。見た目は女に近づけても声には限界がある。

「どうしてあたしを中に入れてくれたの?」
「ちょうど昨日、男の娘のビデオを見たばっかりだったから。その中の一人に似てるなって思って」

 たぶん俺のことだ。似てるんじゃなくて、本人なんだけど。

「そのビデオ見て、男の娘でもいいって思った?」
「うん。前から興味はあったから。ミワちゃんみたいに可愛い子なら、ぜんぜん余裕かも」

 本田さんはそれを証明するように俺のちんこを握った。

「緊張してるの?」

 俺のちんこは小さく萎れたままだ。

「本田さんがおちんちん入れてくれたら、立っちゃうかも」
「ほんと? じゃあ入れてあげなきゃね」

 俺のケツ穴に本田さんの勃起が捻じ込まれる。更衣室のシャワーで洗いながら解しておいたけど痛くてきつい。ローションを忘れていた。

「ねえ、本田さん、ローションある? 痛くって」
「あっ、ごめん、いま用意するね」

 持ってるんだ。彼女いるのかよ。ちょっとがっかりだ。

 ローションで慣らしたあと、再度挿入してきた。今度はぬるんと入った。

「ああぁんっ、本田さんのおちんちん、おっきいよぉおっ」

 女装してるからこんな言葉も難なく言える。これも五木たちに仕込まれたことだ。

「動いてっ、奥まできてぇっ」

 本田さんは言われた通り腰を振って奥まで突っ込んできた。なかなかのでかいちんこ。存在感がすげえ。

「あたしのケツマンコ、ぐちょぐちょに掻きまわしてぇ! 本田さんのおちんぽでメスマンコにしてぇっ!」
「ミワちゃんはいやらしい子だね」

 俺の腰を抱えもち、本田さんは激しく腰を動かした。カリが俺の中をゴリゴリ抉る。前立腺にもヒットしてちんこの根本へ刺激を送る。

「ああぁっ、あんっ、それ、だめぇ! 気持ちいいのっ、そこおちんぽで擦られるとすぐイッちゃうのぉお!」
「イッていいんだよ」

 本田さんがまた俺のちんこを握る。いまだに小さいままの俺の息子。俺を仰向けにひっくり返す本田さんの動きにも焦りが見える。

 服をたくしあげ、平らな胸に吸い付いてきた。

「やあぁっ、あぁんっ、乳首やだっ、乳首感じちゃうの、だめぇ!」
「乳首弱いの? 女の子みたいだね」

 そうだ。確かに俺は乳首が弱い。舐められたり摘ままれたりしたらすぐ乳首も勃起する。ちんこからもカウパー出まくりなんだが。なぜか……。

 本田さんがちゅうちゅう吸っても舐めても指でこねくりまわしても、俺のちんこはうんともすんとも言わない。気持ちいいのに。快感の回路がちんこの根本で遮断されてるみたいにちんこが立たない。

 本田さんも追い詰められたような表情をしている。

「男の子とするの、初めてだからな……ハハ、下手、だよね? ごめんね」

 なんて謝ってきちゃう。同じ男だから、相手の体が感じてないことへの焦りは申し訳ないほどよくわかる。

「あたしも、知らない人に声かけて、こういうことするの初めてだから……思ってる以上に緊張してるみたい」
「あっ、そうなの? 俺が初めてなの?」
「うん。本田さんはあたしのお尻で気持ちよくなってね?」

 ちょっと申し訳なさそうに、途中なんとか俺を立たせようと試行錯誤していたけど、どうあっても無理だとわかると本田さんは諦めて俺のちんこから手を離した。自分でもどうして立たないのかさっぱりわからない。

 五木たちに犯された時でも勃起したのに。その後、撮影だと言ってカメラの前でセックスしても勃起した。気持ちよかった。やくざの下請けになってスタッフの人数が増えても同じだった。

 なのにどうして、俺が唯一タイプだと思える男とセックスしてるのに立たないんだろう。気持ちいいと思うし、そういう行為をしているのに、ぴくりとも反応しない。

 本田さんに悪くておおげさに喘いでみせた。終わったらそそくさ退散した。本田さんも俺を引き止めなかった。レンタル店の店員だとバラさなくて良かった。

 更衣室に戻ってシャワーを浴びた。自分の服に着替えてから五木へ電話をかけた。出ない。あのクソ野郎。

 しつこく何度もかけ続けたら『うるせえ殺すぞ』とやっと電話に出た。

「腹減ったから飯奢ってよ」
『こっちは仕事中なんだよ、ニートが』

 お前はやくざの奴隷だろうが。それに俺はフリーターだ。

 受話口からキャアキャアと女の嬌声が微かに聞こえて来た。他に複数の話し声。撮影の合間か、女優さんをつれて親会社の幹部連中を接待中か、どちらかだろう。後者だとしたら、ざまあみろって感じだ。

「じゃあ俺は家でカップラーメンでも食って寝るよ」
『おい、待て』

 通話を切ろうとした手を止める。

「なんだよ」
『なんか話があったんじゃないのか』
「別にもういいよ」
『っんだよ、さっさと言え』
「俺さー、インポになったかも」

 電話の向こうで五木が吹き出した。

『その齢でか?』
「あんたらに酷使されたせいなんですけどー。どう責任取ってくれるんですかぁー?」
『マジで言ってんのか? インポになったお前になんの価値があるっていうんだよ?』

 心配するどころか俺の商品価値を冷静に考えている。こういう男だ。

「あんたほんと、誰かに刺されればいいのに」
『セキュリティーばっちりのマンションだし、常に誰かと一緒に行動してるよ』
「びびってやんの」
『長生きはできねえだろうな』

 って他人事みたいに笑った。

『ほんとに勃たねえのか確かめるから今度事務所来い』
「もういいよ。ミワちゃんは引退ってことで」
『いまさらこの業界から完全に足洗えるかよ。そうだ、ついでに仕事の話もあるから、今日俺んちに来い』
「仕事中なんだろ? 何時になるんだよ」
『終わったら連絡する。社長が働いてるんだ、そのあいだ寝るなよ』

 俺に命令を残して五木は電話を切った。名ばかり社長のくせにあいかわらず勝手で自己中心的だ。

 何も今夜じゃなくてもいいのに。仕事の話ということはまた男の娘企画でDVDを出すといことだろうけど、俺もう勃たないのに。

 それを確かめるって、どう確かめる気だ? あいつ、俺のちんこに触る気か?

 やくざの下請けになってから、五木は現場に顔は出すが完全に撮影する側の人間という立ち位置だ。カメラの前で体を使うことは一切なくなった。

 五木に触られるのはいつぶりだろう? かれこれ一年半? あいつが俺のちんこ掴んで扱くの? 「お前みたいな頭悪い奴がインポになってどうすんだよ」って口の端で笑いながら?

「インポじゃねえよ」

 思わず声が出た。

 さっきまでピクリともしなかった俺のちんこが。
 なぜか今、ビンビンに勃起しております。

 遅えよ。




本能

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する