FC2ブログ

ターゲット(2/2)

2016.04.28.Thu.
<前話はこちら>

 少しでも良くさせてやるのがせめてもの償いだと思って、恩田の乳首を口に含み、手で股間のものを扱いてやった。

「ちょっと! なに! なに! なんで!」

 慌てた声をあげて恩田が身じろぐ。同じことしたら、冴島もこんな風に慌てるんだろうか。まったく同じことしたら、その前にぶん殴られるか、成功したとしても、軽蔑されて一生を口きいてもらえないだろうな。
 
 ノコノコついてくるこいつは、学習しない馬鹿だ。馬鹿な奴ほどかわいいというのは正しいかもしれない。恩田相手にそういう感情が湧いて来る。

「気持ちいいだろ?」

 乳首が立ってるし、手の中のものも芯を持ってきた。

「いい、わけ、ない! ない! 離せ!」
「ほんとに良くない?」

 乳首に歯を立てたら恩田は体をビクンと跳ねさせた。

「ひっ、いっ、いやっ、だ!」

 チュウチュウと吸い上げながら恩田のちんこを扱いた。恩田の息遣いが乱れる。泣きそうな顔で俺のこと見て、されてること直視した恩田は顔を真っ赤にした。

「…ふぁ…っ…あ、あぁ……嫌だ、木原くんっ」
「お前のちんこ、ガチガチなんだけど。我慢汁いっぱい出て来るし、むりやりヤラれるのが好きなほう? Мなの?」
「違うっ、そんなこと、あるわけな……はっ、あぅん、あっ、先っぽ、指、だめ、やだ!」

 鈴口を指で絞るように扱きながら、左手でベッドの下から漫画やらゲームソフトやらを色々詰め込んでる引きだしを引っ張りだした。ガラクタの下からローションを探りだし、それを右手に出した。

 二度目だから、恩田もこれから自分がされることを充分理解していて、怯えた目で俺を見る。

「お、俺なんかとして、木原くんは、ほんとに、満足なの?」
「満足はしないけど、体の欲求は満たされる。お前のこともイカせるから」
「いやいやいや! そ、そん、頼んでないし! 必要ないし!」
「お互い気持ちいいほうがいいだろ」

 ローションまみれの指を恩田のケツに入れる。熱い内部に冷たいローションがすぐ温まる。広げるように指を出し入れしながら、ローションも継ぎ足して充分そこを潤わせた。

 閉じないように押さえていた恩田の膝が震えていた。

「怖い?」
「これ、強/姦なんですけど」
「同意じゃないの?」
「全力で拒否してますけど!」
「お前も俺なんかじゃなく、冴島のがいいよな。ごめんな」

 謝られたのが予想外だったのか、恩田は「べ、別に、冴島くんは今関係ないし」とブツブツ言いながら俺から目を逸らした。尖らせた唇が子供みたいだ。

 恩田の体から少し力が抜けていた。俺は自分のちんこにローションを垂らし、馴染ませてから恩田の尻に突っ込んだ。きついがぬめりのおかげでちんこは奥へと飲みこまれていく。

「嘘、急に…ッ…あ、あぁ……待っ……てっ…ゆっくり……木原くんの…太い、から、お尻、壊れる……ッ」

 前回も思ったけど、こいつの言葉のチョイスはいやらしい。俺を煽る利点がこいつにはないから、おそらく天然だろう。

「俺のって太い?」

 問いかけると潤んだ目でコクンと頷いた。やっぱ、馬鹿な奴ほどかわいいとは真理だ。

「痛いのやだろ?」

 うんうんと恩田は頷く。

「だったらお前も擦られて気持ちいいとこあったら言えよ。痛いの我慢するより気持ちいいほうがいいだろ?」

 えっ、と恩田が言葉を詰まらせる。レイ/プされてるのに、気持ちいいと言えと強要されてるんだから当然だ。

「ここはどうだ? 痛いか? 気持ちいいか?」

 腰を小刻みに刻んだ。恩田は首を左右に振った。

「そっ……そこ、良く、ない……ッ」

 断れない恩田は素直に答える。痛いと言わないのは俺への配慮なのか、ただ痛くないだけなのかは判断できなかいが、ここが気持ちよくないのは確かなので、場所をずらした。

「ここは?」
「ひっ、いっ、ちがっ」
「じゃ、ここ?」
「うぅっ……わかん、ない……」
「ちゃんと教えなきゃ駄目だろ。ここはどうだ?」
「あ、ん!」

 明らかに今までと違う声が出た。前回も聞いたことのある色のついた声だ。答えはわかりきってるけど、ちゃんと恩田の口から聞かないと。

「どう?」
「えっ、わかんない、けどっ……たぶん」
「わかんない? もちょっと擦るよ」

 同じところを擦った。

「はっ、あっ、あぁっ……んめっ、だ、めっ、そこ……!」

 角度や挿入距離、恩田の反応を見ながら場所を絞っていく。ここだってポイントを見つけた。恩田は藁をもつかむように俺の腕を掴んだ。

「どう? ここ。痛い?」
「…ッ…たく、なっ…あんっ、あっ、や!」
「やだ? いい? どっち?」
「どっちっ……はぁあっ、あっ、いい……そこ、あふ……気持ち、い……!」

 強請られるまま、恩田は「気持ちいい」と言葉に出した。嘘偽りないことは、恩田の勃起ちんこを見れば一目瞭然。俺の動きに合わせてピタンピタンと恩田の腹に頭を打ち付けて、カウパーをまき散らしている。

 このままここを責め続けたらすぐイッてしまいそうだ。恩田の中で自分のちんこを扱きながら、恩田のいいところを擦りあげた。

「ふあぁっ、木原くん……! それ、そこ、あっ、あぁん! あ、めて! やめ、てっ!」
「やめて? 気持ちよくない?」
「ちが……くて、それ、あ、あっ、気持ちい、からっ、出そう……なるっ!!」

 射精しそうということらしい。恩田の手を自分のちんこに導いてやった。

「自分で扱いてイッていいよ」

 恩田はちんこを握ると手を上下に動かしだした。俺の目の前だってことも考えられないくらい、頭の中射精への期待でいっぱいなんだろう。

「あふ、あぁ、あ、あっ、イキそう…ッ…、木原くん、俺……ッ!!」

 泣きそうな顔で訴えかけて来る。俺にどうして欲しいんだかわからない。キスでもしてやりゃいいのか?

 女とする時みたいに体を倒して恩田にキスした。乾いた唇を舐めたあと、舌を入れて中を弄った。ほんの少しだけ、恩田も応えた気がする。

 唇を離し、ピストン運動を再開した。恩田はちんこを握りしめたままだ。

「いかねえの?」
「うぅ……い、イク……」

 って言ったあとまた手を動かし始めた。ぎゅっと目を閉じて手つきが早い。射精はすぐだろう。

 俺も終わらせようと集中する。恩田相手にケツを振ってる。キスもした。好きじゃなくてもセックスはできる。ぜんぜん親しくなくても、肌を合わせれば誰よりも親近感が湧く。

 きゅっと奥が狭くなった。恩田が射精した。少しあと、俺も恩田の中に放った。

 ※ ※ ※

 それからも、なにかと口実をつけて恩田を呼び出しセックスした。嫌そうな顔をしながら毎回ついてくる恩田は信じられないほどの馬鹿だった。

 警察につきだされることもないまま卒業し、俺は大学へと進んだ。いわゆるFラン大学だが、意外に講義は面白く、参加したサークルでも新しい出会いがあって充実した毎日を送っていた。

 恩田の事を思い出さないこともなかった。あいつは自分のことを語らなかったし、俺もきかなかったから、卒業後の進路は知らない。

 今頃どうしているのか。俺を憎んでいるか。俺に犯されながらなにを考えていたのか。なぜ、毎回俺に付き合ってセックスしていたのか。聞いてみたいという好奇心に、自分勝手な期待がこもっている。都合のよすぎる返事を想像するのは時間の無駄だ。

 もしかしたらまだ冴島を思っているかもしれないというのに。

 野球とは無縁の生活を送っていたが、プロに進んだ冴島のことはテレビでずっと見ていた。プロ一年目から新人とは思えない活躍ぶり。

 もうずいぶん遠い存在になってしまった。一緒のチームでプレーしていた時のことを思うと、少し胸が締め付けられる程度だ。

 手の届かない相手をいつまでも思い続けるほど俺は一途じゃないから、大学でたまたま見つけたゲイの奴と付き合い出した。

 名前は塚原で年はふたつ上。見た目は地味なくせに相当な遊び人で、週末になると二丁目やらハッテン場やらに出入りするような人だ。

 俺の他に何人か男がいるらしいから、付き合ってるんじゃなく、この人のセフレの一人になったという表現が正しい。俺もそっちのほうが気楽でいい。

『このあと会える?』

 と午後の講義が終わったタイミングで塚原からメールがきた。特に予定もないから『会える』 と返したらすぐ、自分のマンションに来てほしいと返事がきた。

 学校を出て、電車に乗って、コンビニに寄ってから塚原のマンションへ向かった。3階の部屋の前でインターフォンを鳴らしたが無反応。自分から呼び出しておいて留守はないだろうと電話しようとしたら塚原が通路をやってきた。見慣れた鞄を背負った通学スタイルだ。

「いま帰り?」
「ちょっと、確かめたいことがあって」

 こそっと囁いた塚原は俺の腕を取り体の向きを反転させた。手すりから下を覗きこんで「あれ」と俺にも見るように促す。

「なに?」
「いま壁の隙間に隠れたけど、大学からここまでずっと、木原のこと尾行してる奴がいたんだ」
「えっ、俺を?」

 隠れたと言われる壁と壁の隙間を探してみる。さっきは気付かなかったが、黒い鞄のようなものがはみ出ている場所があった。

「前に木原といる時に妙な視線を感じて気付いたんだ。最初は俺のストーカーだと思ってここんとこ用心してたんだけどどうも違うみたいだし。まず第一に見覚えがない。俺、寝た男の顔は絶対忘れないから。俺じゃないなら木原かもしれないだろ? だから今日はわざと先に行かせて、あとをつけてたんだ。ちょっと遠くてわかりにくいけど、こいつ、知ってる?」

 塚原はスマホを俺に見せた。ここに来る前に寄ったコンビニ前。看板の後ろに隠れる人影をズームする。

「あ」

 思わぬ人物を見て声が出た。

「知ってる奴か?」
「恩田っていう、高校の時の……クラスメート」
「付き合ってた?」
「付き合ってないけど」

 付き合ってはないけど、セックスはしてた。なんであいつ、今頃現れたんだ。なにしに? 復讐? 今更?

 何ヶ月ぶりかに見る恩田の顔から目が離せなかった。着てる服が制服じゃないだけで、ちっとも変わってない。

「尾行だけじゃなくて、隠し撮りもしてたぞ」
「俺を?」

 何のために? 俺は冴島じゃないのに。ストーキングの相手を間違えてるんじゃないのか。プロ野球選手になった冴島じゃなく、高校最後の年にレギュラー外されてFラン大学に通ってる俺なんかをストーキングしてどうするんだよ。格が違いすぎるだろ。

 スマホを塚原に返した。隠れきれてない鞄で所在を確かめながら通路を戻る。

「あいつのところに行くのか? 俺もついていこうか?」

 心配して声をかけてくれる塚原を手で制し、俺は階段を駆け下りた。エントランスを出た瞬間、恩田が壁の隙間から飛び出して反対方向へ走り出す。逃げる恩田を追いかけた。

 もしあいつが冴島なんてスーパースターじゃなく平凡な俺で手を打とうという考えなら、俺も恩田で手を打ってやってもいい。あの馬鹿を可愛いと思える人間なんておそらく俺くらいのもんだろうから。

 元野球部の脚力舐めるな、帰宅部め。

 数百メートルでおいついて恩田の腕を掴んだ。激しく抵抗する恩田を無理矢理振り向かせた。




関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント
あぁ~~!!この二人たまりません!
大好き系の二人来ました~
以前『クラスの地味男』の二人が気になって気になって続きをリクエストした者ですが、続きの『アガルタ』は、今でも私の宝物です。
もうオフだったら擦り切れるくらい読んでます。
そしてこの『視線の先』の二人もかなりキてます。
続き楽しみにしております!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
センチッチ様

私も地味話が好きなので同じ嗜好の方と出会えて嬉しいです!
地味男と、相手にあまり好きってところを見せない攻めとか、もう大好物過ぎて^q^
匂わす程度にしか好きそうな描写をしてないので、最後で急に「好きだったの?!」と納得できない終わり方になってるんじゃないかと、常々不安でしたw
もうほんとに、好きだと言ってもらえるのが何より嬉しくて励みになります。
ありがとうございます!!^^

管理者にだけ表示を許可する