FC2ブログ

性癖の道連れ(2/2)

2016.02.23.Tue.
<前話はこちら>

「はぁっ、はぁ、あぁ……倉岡さん、まじヤバイです、もう止めて下さい、まじで出そうなんで」

 切実な訴えに、考えが決まらないままパンツの腰のゴムを引っ張った。亀頭がにょきっと顔を出す。小さな口から先走りが垂れていた。

「俺のパンツ汚したらお前、どうやって帰るつもりなんだ?」
「それは困ります……あぁっ……」

 亀頭を手で包んで扱くと、宇和は喘ぎ声をあげた。凛々しい眉をさげて感じた表情を見せる。そんな顔されたら止められなくなるじゃないか。

「もういっそのこと、出してから帰れよ」
「だ……したほうが、いいっすかね……?」
「ぶっちゃけ出したいだろ?」
「はい」
「後始末が面倒だからこっち来い」

 俺は宇和のちんぽを握ったまま更衣室の裏のシャワー室へ連れて行った。個室の一つに入ってゴシゴシ陰茎を扱く。

「はぁぁ……やばい……すっげえ気持ちいいっす……」

 どうして俺が扱いてるんだって疑問も感じずに、宇和ははぁはぁと息遣いを荒くする。狭い空間だからお互いの距離が近い。宇和の熱で俺まで体が熱くなってきた。

「あぁ……あっ……ん……あぁ……」

 宇和が俺を挟んで壁に手をついた。さらに距離が近くなる。すぐ目の前に宇和の顔がある。彫が深くて鼻筋も通っている羨ましい顔立ちだ。

「倉、岡さ……んっ……も……ちょい、先っちょ……」
「ここか?」

 カリ責めしたら宇和が抱きつくように覆いかぶさって来た。

「あぁっ、あっ、それ、やば……! あっ、あっ……」

 溢れた我慢汁が垂れ落ちて来て、俺が手を動かすたびにネチャネチャといやらしい音を立てる。

「汚れるからな」

 と宇和のパンツを膝までさげた。竿だけじゃなく玉も揉んでやった。宇和の乱れた息遣いが顔のすぐ横から聞こえて来る。

 こんなエロい状況におかれた俺のちんぽも当然のように勃起していた。宇和にパンツを渡した時のままの姿だから下半身は丸出し。できれば宇和のちんぽと一緒に二本まとめて扱きたい。盗んだ宇和のパンツを頭に被りたい。宇和の匂いを嗅ぎながら射精したい。

「出して、いいですか……っ?」

 宇和の切羽詰まった声に我に返る。

「いいぞ」
「すいません」

 宇和は自分から腰を振った。セックスするみたいな腰の動きだ。下手に手を動かさず、指できつめの輪っかを作って固定した。俺の手をオナホがわりに宇和が激しく腰を振る。

「はぁ……はぁ……あ~……出る、出るっ……!!」

 宇和は俺に抱き付いて達した。腰の動きが止まったので、最後まで搾り取るように手で扱いてやった。ドピュッドピュッと生温かい液体が俺にかかる。シャツにも、太ももにも、ビンビンに勃起したちんぽにかかった時は軽くイキかけた。

「はぁああ……まじやばかったです……」

 深いため息をついて宇和が俺から離れた。自分の出した精液が俺にかかっているのを見て慌てて謝ってくる。

「すいませんっ! 俺、気持ちよくてつい夢中になっちゃって……っ」
「いいって、このくらい」

 宇和のザーメン付きのシャツ。俺にとってはデザートが出来たようなものだ。

「倉岡さんが嫌じゃなかったら、俺のシャツ着て下さい。俺は体操服着て帰りますから」

 宇和のシャツを着て帰る……!? これはもうフルコースじゃないか。あとで一人になった時に宇和のパンツも履こう。

「じゃあ、借りて帰ろうかな」
「俺が汚したシャツは洗濯してパンツと一緒に返しますね」
「いいよ。家で洗濯するから」
「それじゃ悪いっすよ!」
「いや、うちの母親がそういうの気にするタイプだから」

 なにが『そういうの』なのか具体的にさっぱりわからないが、宇和は「そうですか」と渋々納得してくれた。

 せっかく手に入れた後輩のザーメン付きワイシャツ、洗濯されてなるものか。幸い家には替えの制服が一着ある。明日からしばらくそっちを着て、こっちはパンツと一緒にオナニーの時に使わせてもらおう。今日は大収穫だ。

 二人とも汚れたし汗をかいたので、シャワーを浴びることにした。宇和がパンツを脱いだ。初めからここにいたからその流れで二人一緒にシャワーを浴びるような雰囲気だ。俺もワイシャツを脱いで、濡れないように外のカゴに入れた。

「うわ、俺のザーメン、ちんぽにもかかってたんですね」

 全裸になった俺の股間を見て宇和は申し訳なさそうに頭を掻いた。

「だってお前、いっぱい出しただろ」
「すごい気持ちよかったんですよ」
「確かに、俺に抱き付いてハァハァ言ってたもんな」
「そう言う倉岡さんも立ってるじゃないですか」

 隠すものがなくなって、俺のちんぽはその全身を宇和の目に晒していた。

「エロいことしてたら自然とこうなるだろ」
「あの、俺でよければ、やりますけど……」

 軽く手を握って扱く動作をする。思わぬ展開だ。

「いいのか?」
「倉岡さんもやってくれたし……それに俺、中学の時に部活で割とやりあうことあったんで」

 だから抵抗がないのだと言う。願ってもない申し出だ。さっそくお願いした。

 宇和が俺のちんぽを握る。自分の出した精液をなすりつけながら、手を上下に動かす。

「どうですか?」
「ああ、気持ちいいよ」
「中学の時の先輩に、精液は滋養強壮の効果があるから試合前に飲むといいって言う人がいたんですよ」

 俺と似たような変態がどこにでもいるもんだ。

「それでお前は飲ませてやったのか?」
「あ、いえ……飲ませるほうじゃなく、飲ませられてたんです」

 赤い顔をして衝撃の告白をした。

「って言っても2回くらいなんですけど……」
「嫌じゃなかったのか?」
「嫌だったんですけど……、だけど、ほんとに飲んだ日の試合は勝てたっていうか、いいタイムが出せたんですよね」

 そんなの偶然に決まっているが、何か言いたげにモジモジしている宇和を見て黙っておいた。

「あの、こんなお願いされたら絶対嫌だと思うんですけど、俺だったら気持ち悪いって引くと思うんですけど、倉岡さんだったら、優しいし、その……」

 言いにくそうにイジイジと俺の亀頭を指で弄る。宇和が言い出す内容を予想して俺の心臓はバクバクしていた。

「なんだ、言ってみろ」
「あの、つ、次の試合のとき、もし、嫌じゃなかったら、飲ませてもらえませんか?……倉岡さんの精子……」

 最後は消え入りそうな小さな声だったが、ちゃんと聞きとることが出来た。予想が的中して俺の心臓は壊れそうなほど高鳴った。

「飲ませるって……本気か?」
「はい、すいません……どうしても、入賞したいんで」

 俯く宇和の顔は首筋まで真っ赤になっていた。きっと宇和も俺と同じように、いや俺以上にドキドキしているに違いない。

「やっぱり、嫌っすよね……?」

 上目遣いに宇和が俺を見る。自信なさげで泣きそうな目だ。

「嫌じゃないよ」
「ほんとですか?!」
「うん、実は俺も中学の時に、男同士でシコりあったりしたことがあるからさ。あまり抵抗がないほうなのかも」

 なんて嘘をついて舞い上がりそうな自分を誤魔化した。俺のような人間にしたら宝くじに当たるくらい奇跡に近い幸運だ。それが向こうからやってきたのだ。頭の血管が切れそうなほど興奮していた。

 次の試合は一ヶ月後。それを思って毎日オナニーが止まらなくなるだろう。しかも宇和のパンツとザーメン付きシャツがある。まさにクリスマスと正月が一緒にやってきた状態だ。

「でも俺、レギュラーになれるかな……」

 キュッと俺のちんぽを握ってコスコスと擦る。なんだか甘えるような仕草だ。

「お前のタイムなら余裕だろ」

 レギュラーになって試合に出てくれないと俺が困る。

「だけど自信ないっす」
「大丈夫だって」
「明日、タイム計るじゃないですか。だから……」

 ちら、と期待するように宇和が俺を見た。まさか……!

「今日、飲ませてもらってもいいですか?」

 遠慮がちだが、甘えた声で宇和は言った。やっぱり! 血流が早くなって全身がドックンドックンと脈打っている。鼻血が出そうだ。

「い、いいぞ」
「倉岡さんて、ほんと、優しいですよね」

 言うと宇和はそこへ膝をついた。柔らかく握るだけだった俺のちんぽをパクッと口に咥える。乾いたちんぽを潤すように広げた舌で全体を舐めた。熱いほどの宇和の口の中。気持ちよくて腰が砕けそうだ。

 宇和は唾液を絡めながらジュボジュポッとと音を立てて顔を前後にゆすった。時折横にずらしたりして、宇和の頬に俺のちんぽの形が浮かび上がるのがとても卑猥だ。

「うまいな、お前」

 褒めると上目遣いに俺を見てはにかむ。チュポンと口から出すと根本から裏筋を舐めあげ、チュッチュと鈴口に溜まる我慢汁を吸った。赤い舌の動きがいやらしくて俺の目は宇和の口元に釘付けだ。

「中学の先輩のちんぽは嫌だったけど、倉岡さんのちんぽだったら俺、全然嫌じゃないです」
「どうして?」
「倉岡さんがいい先輩だからですかね」

 俺の玉袋を下から包むようにして揉みしだきながら、宇和はまたちんぽをしゃぶりだした。初めは先端部分を中心にバキュームフェラだったのが、だんだん咥えこむ部分が多くなって、根本までのイラマチオへ移行した。

 苦しいらしく涙目だが、宇和はやめる気配はない。見ると宇和のちんぽはまた勃起していた。本当はこういうことが好きなのかもしれない。試しに宇和の頭をおさえて腰を振ってみた。

「んっ……んんぅ……っ……んふぅ……」

 頭を引き戻さず、俺の太ももを持ってさらにちんぽを深く咥えて来る。やっぱり好きなのだ。

「出すぞ」

 宇和は小さく頷いた。俺は宇和の口に精液を放った。大量に出たが宇和はそれを全部飲み込んだ。

「ありがとうございます……これで明日、いいタイム出せると思います」

 唇についた精液を舐め取る宇和はただのちんぽ好きな変態にしか見えなかった。

「明日だけじゃまぐれだって思われるかもしれないぞ」
「あ、ほんとですよね。……じゃあ、明日から毎日、飲ませてもらっていいですか?」

 俺の返事は決まっている。

「ああ、何発でもお前の口に出してやるよ」




関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する