FC2ブログ

2度あることは(2/2)

2015.10.22.Thu.
<前話はこちら>

 暖簾をくぐって左手が男子トイレだ。小便器一つ、個室一つ。堀田の姿はないから、使用中の個室にいるのだろう。

「堀田?」

 声をかけたら案の定「いるよ」と中から返事があった。

「平気?」
「平気」
「別に誰かに話すつもりはないから」
「うん」
「まだ泣いてるのか?」
「いや、ただ、どんな顔すればいいかわからなくて」
「開けろ」

 しばらくするとガチャリと鍵が開いた。戸を引いたら、俯く堀田が立っていた。

「あの相手って誰?」

 非難と狼狽の混じった目が俺を見た。好奇心丸出しの質問だが、どうしても気になった。

「言えないよ」
「誰にも言わないから」
「そういう……ことじゃなくて……」

 俺が信用されていないのか、どうしても相手を守りたいのか、堀田に言う気配はなくてじれったく思う。

 外で人の足音がした。思わず堀田を押し込んで俺も個室に入った。鍵をかけるのと、誰かが入ってくるのは同時だった。良い感じに酔ったその客は、鼻歌まじりに小便器で用を足している。

 怪しまれていないとほっと胸をなでおろし、目線を堀田に戻して、心臓が飛び上がった。咄嗟の行動とは言え、俺は堀田を壁に押し付けるように密着していたのだ。少し前に騒がれてた、壁ドンという態勢で。

 慌てて顔を横にずらした。耳元で堀田の息遣いがする。堀田もこの状況に焦っているのか呼吸が乱れている。

 外の客は手を洗うとトイレから出て行った。静かになった空間。少し動くとバランスが崩れてしまうような危うい緊張感が漂っている。

「もう、出てもいいんじゃないか」

 言いながら堀田が身じろいだ。触れていないのに、堀田に近い場所が熱い。

「俺にもできる?」
「えっ?」

 トイレの壁を見つめながら俺はもう一度言った。

「俺にもフェラ出来る?」

 横顔に堀田の視線が突き刺さる。俺はなんてことを言ってしまったんだ。

 あの画像を見てから想像が止まらなかった。挙句、堀田とホモセックスする夢を見た。場所は奇しくも画像と同じトイレ。シチュエーションがだぶる。部長だか誰だかのちんこをしゃぶることが出来るなら、俺のだってできるはずだ。

「出来るよ」

 堀田は言った。そしてその場にしゃがみ込んだ。



 デジカメで見たものが目の前で再現されている。俺のものを咥えこむ堀田と、堀田を見下ろすアングルも何もかもほぼ正確に。

 俺の靴の上に膝を乗せて、堀田は顔を前後に動かしている。根本まで飲み込み、唇で扱いて、舌の先で鈴口を吸い上げる。気持ち悪くないのだろうか。ホモだから平気なのか。

 こめかみに手を当て、髪をすくったら堀田は目をあげた。いやらしいことをしているのに、なんとも無垢な瞳だった。目が合うと、堀田は恥ずかしそうに再び目を伏せた。口から出して横笛みたいに舌を這わせる。

「相手は堀田の恋人?」

 しつこいと思われそうだが、どうしても気になって訊ねた。堀田は首を横に振った。

「脅されて、あんなことしたのか?」
「違う」
「じゃあ、誰でもいいのか?」

 現にいま俺にしているように。

「……ほんとに何も覚えてないんだな」

 堀田はため息をついた。

「一昨年の忘年会でお前、飲み過ぎて吐いただろ」

 確かにあの日、俺は自棄になってむちゃくちゃな飲み方をして吐いた。それがなんの関係が?

「あの時俺が介抱してやったのも忘れた?」
「え……そうだったか?」
「そうだよ。気持ち悪いって言うからトイレまで連れて行ったら、由香利ちゃんがどうとかすごい絡んで来て鬱陶しくて、俺も酒入ってたのもあったから、俺が好きなのはお前だって、つい勢いで告白したんだ」
「告白?!」

 堀田って俺が好きだったのか?!

「ほんとに全部忘れやがって」

 いじけたように尖らせた唇で、俺のものにちゅっとキスする。

「う、嘘だ」
「あの時もそう言ってなかなか信じてくれなったな。証明してみせろってお前が俺に言ったんだ」
「証明……?」

 小さく頷くと、堀田はまた俺のものを口に入れた。ぬるっとした感触になにかが揺さぶられる。知らないことなのに、嘘だと否定しきれない。覚えてないのに、堀田の口の熱さと舌の動きを体が記憶している。あの画像の相手は俺。俺が堀田にフェラさせたんだ。

 俺の目は無意識に堀田の胸ポケットを見ていた。そうだ。堀田の胸ポケットにデジカメが入っていたんだ。あの写真を撮ったのは俺だ。思い出した!

 俺は手で顔を覆った。同じネタで堀田に2度も口でやらせている自分のクズっぷりが情けないのと堀田に申し訳ないのとで合わせる顔がなかった。

「もう、いいから」

 やっと声を出して止めようとしたが堀田は止まらない。

「堀田」

 さっきより勢いを増して俺を扱きたてる。狭い便所に卑猥な音が響く。

「堀田、やめろって」

 やめろと言いながら俺のちんこははちきれんばかりに膨張して爆発の瞬間を迎えようとしていた。

「ちょ、ほんとに、出るって……!」

 軽く堀田の肩を押したら、倍の強さで吸われて俺は射精した。堀田の口のなかで。ドックドックとあの生臭い白い液体をぶちまけてしまったのだ。

「悪い、早く吐きだせ」

 だが堀田は立ち上がる動作とともにごくりとそれを飲み込んだ。なぜ飲む! 信じられん。これもホモだから平気なのか?!

 茫然となる俺を押しのけ、堀田は鍵をあけて個室から出た。俺もあとに続いて外に出る。堀田は水道で手を洗い、口をゆすいだ。

「お前って、まだ俺のこと好きなのか?」

 鏡のなかで堀田と目が合う。

「そうだよ」

 やけっぱちな口調で堀田は認めた。顔がみるみる赤く染まっていくのが見える。それを隠すように堀田は俯いた。

 一度ならず二度までも、俺は堀田にあんなことをさせてしまった。堀田はほとんど嫌がる素振りも見せずやってくれた。理由は俺が好きだから。

 なんだろう。恥ずかしそうにする堀田を見てたら胸が苦しくなってきた。

「付き合う?」
「えっ」

 驚いて堀田が振り返る。俺だって驚いてる。

「俺たち付き合って、みる?」

 堀田の目が限界まで見開かれている。あ、やばい。こいつかわいい。今度は俺が目を逸らす番だった。



雨雫

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
お返事
Nさん

本当に前回の更新からかなり時間がかかってしまいました。ホモの神様がなかなか来てくれません。泣く。

このオチにして「あ、いつものパターンw」と自分でも思いましたw こっちのほうが丸くおさまりまるし、なんとなくこういう落とし方が短編っぽいなとか思ってるんですが、どうなんでしょうね。ただの私の思いこみかも。ただ私が好きなだけという気も。

ホモの神様のご機嫌を窺いつつ、いま頭にあるネタを練り練りして次は早めに更新出来たらいいなぁと思っています。最近お待たせすることばかりで申し訳ないです。コメありがとうございました!^^
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
お返事
インディゴさん

私も相手のこと「かわいい」って思ってるの好きなんですよー!!声に出しても良し、ただ心のなかで思うだけでもよし。それが読んでる側もかわいいと思ってる場面だとほっこりします。
自分が書いてるのはその要素がうまく書けてないと思っていたので、そう言って頂けるとやったー!って嬉しくなっちゃいます。
やったー!!ガッツポーズ!!
ほかにもお気遣いいただいてありがとうございます。寝る前が妄想力最大になるので、枕元にメモ帳置いとこうと思います!

管理者にだけ表示を許可する