FC2ブログ

待っててね(2/2)

2015.07.04.Sat.
<前話はこちら>

「もう健人のうちに行こうか」

 しいちゃんが少し恥ずかしそう言い出した。

「大学の勉強するんじゃないの?」
「帰ってからするよ」

 真帆に会いたいから? そう思ったら無性に腹がたった。中学生のしいちゃんは俺んちに来るのを嫌がってたのに、真帆を好きになったら行きたくなるの? 俺がどんなに誘ってもなかなか来てくれなくて、珍しく来てくれたと思ったら俺がどんなに引き留めてもさっさと帰っちゃうくせに!

「真帆なんか好きになっちゃ駄目だよ、しいちゃん!」

 俺が怒鳴るとしいちゃんは顔から笑みを消した。

「あいつ最低の女なんだ! パンツでうろつくし、俺のおやつ取るし、平気でちんことか言うし!」
「どうしたんだ、健人」
「しいちゃんは騙されてるんだよ! 真帆なんか最悪の女なんだってば!!」
「……俺に生駒を取られると思って怒ってる?」
「違う! そうじゃない! 真帆にしいちゃんを取られたくないんだよ!!」

 勢いで口から出た言葉に自分ではっとなった。そうだ、俺はしいちゃんを真帆に取られたくないんだ。あいつがデリカシーのない性悪女だからじゃない。俺は誰にもしいちゃんを取られたくない。俺が独り占めしたいんだ。

「だって……ッ、だって、俺、しいちゃんが好きだから……!!」
「えっ」

 驚いた顔をするしいちゃんをぎゅっと抱きしめた。幼稚園くらいのころ、しいちゃんに抱き付いた記憶が遠くから甦る。あの時は俺の方がぜんぜん小さくて、腰にしがみつくだけだったのに、今の俺はしいちゃんを丸ごとすっぽり腕の中に抱きしめることができる。

「しいちゃんが好きなんだ」
「ちょ、健人……っ」

 もがくようにしいちゃんが俺の胸を押す。少し腕に力を入れたらその抵抗も簡単に封じ込められた。

「しいちゃん、好き」

 顔を寄せていってキスした。狭い腕の中でしいちゃんが逃げる。追いかけて顔中にいっぱいキスした。しいちゃんを丸ごと飲み込んでしまいたい。それくらい大好きなのに、それをうまく伝えられなくてもどかしい。

「健人……! だめ、だ……やめろ、健人……!!」
「やだ。だって俺、しいちゃんが好きだもん」

 逃げるしいちゃんを追いかけ続けるうちにバランスを崩してソファに倒れ込んだ。俺の下敷きになったしいちゃんが、困ったような怒ったような顔で俺を見上げてくる。

「俺、ずっとしいちゃんの弟になりたいって思ってたんだ。しいちゃんの家族になったらずっと一緒にいられるし、たくさん甘えられると思って」
「俺はずっと健人のこと弟みたいに思ってたよ」
「だけど俺より真帆のこと好きになったじゃん。俺より真帆のほうが仲いいじゃん。俺、しいちゃんのメアド知らないよ!」

 困惑したようにしいちゃんが眉を寄せる。

「どうしたんだ、健人。なんだか昔の……子供に戻ったみたいだ」

 しょうがないじゃないか! 体は大きくなっても中身は子供のままなんだから!

「子供のときからしいちゃんのこと好きだったんだ」

 しいちゃんの胸に顔を乗せた。そしたらしいちゃんが「ありがとう。気付かなくてごめん」って俺の頭を撫でてくれた。優しい手つきが嬉しいのに、細くて硬い指の感触に胸がどきどきと苦しくなって息苦しい。熱を出した時みたいに体が熱くなって、俺は口で息をした。

「しいちゃん……好きだよ。真帆より俺のこと好きになってよ」
「……ごめん、それは出来ないよ」
「なんで?!」

 頭をあげて問いただす。

「だって、健人は男だし、さっきも言ったけど弟みたいな存在だから、恋愛の対象としては見られないよ」

 はっきりと拒絶されて泣きたくなった。同時に腹も立った。そして、どうせこれは夢なんだからと開き直った。

「俺はしいちゃんの弟じゃないよ。体だってこんなに大きいし、しいちゃんのことも大好きだ」

 しいちゃんを押さえつけながらキスした。顔を背けられると、頬や耳の裏や首筋にたくさんキスした。心臓が潰れそうなほど高鳴ってる。

「…ッ……けんと……! こら……っ!!」

 キスしたり舐めたりしてたら股間がムズムズしてきた。笑子に電気あんまやられたときみたいに勃起しちゃったんだと思う。経験がまったくなくても知識までないわけじゃない。俺はずぼんをずりおろした。飛び出してきたものが見慣れないものだったので驚いたが、それより触りたいという欲求のほうが強くてそれを握った。

「健人……! なに、してるんだ……!!」

 俺がちんこを扱いているのに気付いてしいちゃんがぎょっと目を見開く。

「しいちゃんに触ってると心臓がどきどきして、ここがムズムズしちゃうんだ」
「な、なに言って……いい加減にしろ、俺の上から退けっ、退いてくれ!」
「しいちゃんも、ここ、触ったら気持ちいい?」
「――ッ健人!」

 俺はしいちゃんの股間に手を当てた。ふにゃりと柔らかい感触。ジタバタと暴れるしいちゃんを押さえ込みながら、俺はそこをグイグイと押してみた。

「健人、やめろ! そんなとこ触るな!!」
「少し、硬くなってきたみたい。見てもいい?」

 か細い悲鳴みたいな声でしいちゃんが俺の名前を叫ぶ。興奮して頭に血がのぼっている俺はその声を無視してずぼんを脱がした。ゆらりとしいちゃんのちんこが頭を持ち上げる。しいちゃんも勃起するんだ。なんだか感動しながら、俺はしいちゃんのものを握った。

「……やっ……健人、嫌だ! やめろ、はなせ!!」
「しいちゃんも気持ちいいんでしょ?」
「良くない!」
「じゃあどうして勃ってるの?」

 ゴシゴシ扱いていたら先から透明なものが滲み出て来た。

「い……ッ……健人、痛い、やめて……」
「痛い? もっとゆっくり?」

 力を緩めて上下に擦るとしいちゃんのちんこがむくむくと大きくなっていった。やっぱり気持ちいいんじゃないか。

「…ん、く……ぅ……いや……いやだ、健人、嫌だ……ッ」
「ほんとは気持ちいいくせに。しいちゃんの嘘つき」
「ちがっ……あっ、嫌だっ、なにする……!!」

 俺は自分のぶんもまとめて握ってちんこを扱いた。しいちゃんのと擦れてすごく気持ちいい。俺のちんこの先端からもヌルヌルする液体が溢れて来て、しいちゃんのと混ざり合った。

「しいちゃん、大好き、大好きだよ」

 扱きながらしいちゃんにキスする。最初は顔を背けてたしいちゃんも、諦めたのか逃げなくなった。固く閉じた唇を舌でこじ開けて中に進入する。押し返そうとするしいちゃんの舌を絡め取って吸い付いた。俺の体の下でしいちゃんが身悶える。

「しいちゃん大好き。しいちゃんの全部が好き。しいちゃんの全部が欲しい」
「ん……ぁ……あ……いや、ぁ……健人……っ」

 クチュクチュと水音を立てながら初めてのキスに没頭する。ぬるっとした感触が癖になる。ちんこが痛いくらい勃起している。

「はぁっ、あ……アッ……ん、止め、て……健人、だめ、止めてっ……」
「どうしたの?」
「手、だめ、動かすな……ッ、あっ、あ……ッ!!」

 俺の腕を掴んで、しいちゃんがぎゅっと目を瞑る。痛くしてしまったのかと手を止めたら、その直後、しいちゃんのちんこから白い液体が飛び出した。手にかかったそれは温かくて、粘ついてて……俺はこれがなんなのかわかって嬉しくなった。

「しいちゃん、射精したんだね! 気持ちよかった?!」
「……こんなことしといて、そんなこと聞くなよ……」
「だってこれ射精でしょ? 気持ちよくならないとしないんでしょ?」
「もうこれ以上なにも言わないでくれ」

 しいちゃんは腕で顔を隠してしまった。どうしたんだろう。耳まで真っ赤になっている。そんなに恥ずかしがらなくていいのに。大人ならみんなやってることなんだろう?

 じゃあ俺も射精してみよう。手の動きを再開する。しいちゃんが腕の隙間から俺を見ている。

「しいちゃん、キスしたい」
「嫌だ」

 嫌だと言いつつ、俺が顔を近づけたらしいちゃんは腕を退かしてくれた。キスしながら、俺も生まれて初めての射精をした。

 ※ ※ ※

 パチッと目が開いた。目に前にしいちゃんはいなくて、さっき見ていたバラエティ番組のエンディングが流れている。俺が抱きしめているのはしいちゃんじゃなくてクッション。俺は夢から覚めてしまったのか。

 だけどまだ夢の途中みたいに胸はドキドキしている。呼吸も荒い。

 頭をあげると、ダイニングテーブルで勉強している中二のしいちゃんがいた。姿かたちが完全にもとに戻っている。
 俺の視線に気づいたしいちゃんが顔をあげた。

「寝るなって言ったのに」

 と笑う。見慣れた優しい笑顔に安心する。

「俺、なんか寝言いってた?」
「寝言はないけど、ちょっとうなされてたみたい」

 しいちゃんはシャーペンを置いてノートを閉じた。伸びをしながら、「そろそろ帰ったほうがいいんじゃない?」と俺に言う。
 そうだ。極悪姉妹から逃げ出して、ここに匿ってもらってたんだった。

 体を起こして違和感に気付いた。なんだか股間がネチョネチョする。もしかして、漏らした?

「トイレ貸して!」

 ちょっと前かがみになりながらトイレに駆け込みパンツをずりおろして愕然とした。なんだこの白いの! 一瞬のパニックのあと射精したんだと気付いた。夢で出したのと同時に、こっちでも出してしまったようだ。精通がまさか夢精とは。

 トイレットペーパーで拭き取ってパンツをあげる。冷たくて気持ちが悪い。これじゃ帰らざるをえないな。

 トイレを出てしいちゃんに「帰る」と告げた。しいちゃんが椅子から立ち上がって見送りに来てくれる。

「生駒も悪いとこあると思うけど、本当は健人が可愛くてしかたないんだよ」

 前なら俺を慰めるための言葉だと思っただろう。だけど、あの夢をみたあとじゃ印象は違った。

「しいちゃんは真帆が好きなの?」
「えっ、違うよ」

 否定が早すぎる気がした。もしかして最近うちに寄り付かなくなったのは真帆を意識してるからなんじゃ……。そう思ったら胸がもやもやした。

「しいちゃん」
「なに?」
「俺はしいちゃんが好きだよ」
「急だな。でも嬉しいよ」
「しいちゃんは? 俺が好き?」
「好きだよ」

 どうせ弟程度の好きなんだろ。わかってる。これから本気で好きになってもらうから今はそれでいい。

「俺が大きくなったら夢の続きしようね」
「えっ?」

 踵をあげて、ぶつかるようにしいちゃんにキスした。しいちゃんは驚いた顔で口をパクパクさせている。

「それまで待っててね」

 しいちゃんに手を振って家を出た。



僕の可愛い酔っぱらい


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント
明日、これの続きを更新する予定です。
数年後の静雄目線になります。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ちょっ、ちょっ
お返事不要とのことなのにすみませんっ

ジュマンジ見て下さるというのでもう嬉しくなっちゃいまして! 大好きな映画なんです。古い映画なんですけども楽しい映画なので本当にお勧めです!!もしジュマンジが面白かったら同じ原作者の「ザスーラ」もお勧めしたかったんです。弟のことを疎ましく思ってるお兄ちゃんが、途中から出て来る宇宙飛行士のお兄さんに弟がなつくと機嫌悪くなっちゃったりして。腐目線抜きでもどちらも面白い映画なので、時間があるときにちょっと思い出して見てもらえたら嬉しいです…!
ただの映画の話になりました。すみません~!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
お返事
なむさん

予知夢的なものに説明を要さないのがBLのいいとこですよねw夢と未来が繋がっていく感じ、使い古された小手先の手法ですけども、ベタだからこその安定感っ!私はベタとハッピーエンドが好きです。今日更新分で完結ですが、楽しんで頂けたら嬉しいです^^

管理者にだけ表示を許可する