FC2ブログ

楽しい入院生活!(2/2)

2015.03.16.Mon.
<前話はこちら>

 触れ合った西山の唇は柔らかい。ぷっくりした唇が開くと同時に中から舌が入り込んでくる。
 深く挿し込まれて、さっき西山が食べていたチョコ菓子の味が移って来た。甘い。俺からも舌を絡めた。

 西山の体が一回り大きくなったような気がした。全体から雄の匂いが立ち上がってくる。興奮しているのが伝わってくる。
 乾いていた唇がお互いの唾液で濡れるほど、何度も角度をかえてキスをした。

 トレーナーをたくしあげて西山は手を入れて来た。無骨だが温かい手が俺の体を労わるように優しく肌の上を滑る。

「……ンッ」

 乳首に指が当たった。指の腹で円を描くように周囲をなぞられて勝手に息が跳ねる。
 弾かれたり挟まれたりすると小さな声が漏れたが、それは全部西山の口のなかに吸収された。

「ふっ…っ…ん、んん……ッ」
「静かにね」

 俺の耳に口をつけて囁くと、西山ははだけた胸元に吸い付いた。強く吸われて細かい針で刺されたような強い刺激にぎゅっと目を瞑った。

「んっ!」

 肉厚な舌で押しつぶすように捏ねくりまわされた。もどかしそうな甘噛みによって下腹部がジンジン熱を持ち始める。そこが濡れそぼっているのがわかる。西山の熱い息遣いが俺の呼吸まで乱れさせた。

 西山の手がズボンのゴムを持ち上げて中に入ってきた。傷口に触れぬよう慎重に遠回りをして股間に辿りつく。

「ん…あ、ちょ……おい…っ」
「痛かったら言ってね」

 また耳に声を吹き込むと、パンツのなかで窮屈そうにしている俺のものを握った。

「あ、ぁっ……!」

 当然ながら盲腸になってから今日まで自慰はしてこなかった。だから久しぶりの雰囲気と直接的刺激に、西山を止める手に力は入らなくて、ただ添えているだけだ。

「退院は明日だっけ?」

 手で扱きながら普通の会話を始めやがる。だけどその目はすっかり発情しきった雄の目だ。

「う、ん」
「俺も来ていい?」
「来るな…ぁ…ッ」
「意外に早い退院だね。あっ、腹腔鏡手術って入院期間が短くて済むんだっけ」

 こくこく頷く。

 ズボンの中では西山の手が動き続けている。亀頭はもう先走りでヌルヌルだ。先端を揉まれるとくちゅくちゅ、といやらしい音がかすかに聞こえるほど。

「傷跡も小さくて済むんだろ? 治ったら見せてよ。そういえば下の毛は剃った?」

 セクハラ高校生を睨み付けた。

「剃って……ねぇ、よ……、産毛、だけ……」
「中根くん、体毛薄いもんな」

 熱い息を吐き出しながら舌なめずりすると、西山は大きな手で俺の口を塞いだ。それと同時にズボンをずり下げて先端を口に含む。

「ン――ッ!!」

 静かに、というように西山が横目で俺を見る。だったら病院のなかでこんなことおっぱじめるんじゃねえよ!

 溢れるカウパーをちゅちゅと啜り上げ、準備運動するみたいに亀頭部分を口の中に入れたり出したりして徐々に深く咥えて行った。

「んんっ、んふぅ…ッ…! ん! んんっ!」

 気道確保さえ怪しいほど西山の手がしっかり口を塞いでくれているので声は漏らさずに済んでいるが、西山の咽喉の奥深く、根本まで粘膜に包まれた時は腰が蕩けてどうにかなってしまいそうだった。

「んぅっ……ンッ、んっ、んん……っ!」

 西山が顔を上下に動かすたびに、ぐちゅ、ぐちょ、ぐぼって音がする。

 隣からしわぶきが聞こえてぎょっとした。わざとか? 気付いてんのか?!
 確か隣の人はイヤホンを繋いでテレビを見ていた。聞こえていないはずだが……実は聞き耳立ててんのかも。

 もうひとりの相部屋の人はさっきから物音ひとつしない。寝てるか起きているのかもわからない。もし起きていたら、こちらの妖しげな気配に勘付いてるかも。

 そんなことに動揺も頓着もしない西山は唾液を絡めて激しくしゃぶりあげる。もうプロの称号を差し上げたいほど絶妙なフェラテクだ。あっという間に限界がきた。

「っ! あふっ、んんっ! んっ、んんぅっ……!」

 ビュルッと飛び出したザーメンを西山は難なく飲み干した。最後のお掃除フェラまでやってから顔をあげ、俺の口から手を退けた。

「わ、ごめん、力入れ過ぎたみたい。口許、赤くなっちゃってる」
「はぁッ…はぁ……はぁ……ばか、おまえ、ほんとばか」
「ごめんごめん」

 って笑いながら俺にキスしてくる。今度はチョコ味じゃなく、精液の味が口の中に広がる。西山は毎回これを飲んでいる。

 俺がゲロにまみれた汚い体だろうと躊躇なく抱き上げて、自分の上着が汚れるのも厭わず敷物がわりに使ってくれた。俺のちんこをしゃぶって、くそまずい精液を飲むのも、西山曰く「俺のことを本気で全部を愛して」くれているからなんだろう。でなきゃただの友達同士であんなこと無理だ。

 愛とか。男同士なのに。愛とか。こっちが恥ずかしくって赤面することを西山は平然と口にするから参る。
 俺はそんなの人に言われたことないから、免疫なくてどうしていいかわからないってのに。

「退院して元気になったら続きしよう」

 キスのあと、鼻をこすり合わせたまま西山が言ってくる。
 うん、って返事してやってもいいかなって思っちゃった俺相当やばい。助けられたことにかなり恩義感じちゃってんだな。一時の感情ってやつに流されて承諾したらあとでとんでもないことになりそうだったから、「いやだ」って返事をしておいた。

 だってどうせ俺が拒否ったところで最後にはやることやっちゃうんだし。

※ ※ ※

 来るなと言ったのに西山は翌日もやってきた。好青年みたいな顔して俺の母親と談笑中だ。なので俺が帰り支度をしなければならなかった。一応手術したばっかなんですけど。

 三人で病室を出た。母ちゃんが会計に行き、俺たちはソファで待つことにした。

「お前、なんで来るんだよ」
「お母さん一人じゃ大変だろうと思って」
「お母さんて言うな」
「このあと一緒にご飯どうぞって誘われてるんだけど、いいよね?」

 いつの間に!

「母ちゃんの前で絶対くっついてくんなよ」
「もちろん。今は気に入ってもらえるようにいい子でいるよ」

 やけに西山がニッコニコなのでなんだか嫌な予感がした。

「お前、なに考えてる?」
「息子さんをくださいって挨拶しに行く日がくるかもしれないだろ。だから印象良くしておこうと思って」
「おっ、お前なに言ってんの?! 誰がお前のもんになるか!」
「中根くんも長男なんだよね。そこはおいおい二人で考えよう」

 長男とかおいおい二人でとかまったく意味がわからない。こいつどこまで本気でこんなこと言ってるんだ? まさか全部本気? 何年先まで俺たちの関係が続くと思ってるんだ?! 

 心臓に蔦が這うような苦しさが胸を締め付ける。指先どころか髪の先まで西山に絡め取られるイメージが頭に浮かび、西山の本気を少し見くびっていたことに俺はやっと気付いた。



関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
お返事
Nさん
冷静になって踏み込んでいける攻めは器がでかくていいなぁと思ったりします。
一途ですよね~。なんでそこまでと書いてる本人もなぞなので、いつかそこらへんも考えたいです^^;
うちで最長のシリーズとなりましたがあと4話か5話くらいで終わりそうな感じです。10話超え!!

本の購入、検討してくださってありがとうございます!
長期出張って響きがカッコいい(><)ご家族と離れて寂しいですよね。すみません。
大人になって自分が死んだときのこと考えると私も薄い本になかなか手が出せず…開かずの引き出しに隠すように入れています笑
いつも来て下さる方のために、面白い話を書けるように頑張りたいです!!ありがとうございます!

管理者にだけ表示を許可する