FC2ブログ

保健室の先生(2/2)

2015.02.13.Fri.
<前話はこちら>

 ベッドに木下を寝かせて、膝を左右に開いた。小さなペニスがフルフルと健気に立ち上がり天を睨んでいる。雨に打たれたように全身びっしょりと濡らしながら。

 俺はそれを口に咥えた。

「あっ! 先生?!」

 肘をついて木下が頭をあげる。

「自殺しようとするほど悩んでいる生徒を放っておけるか。俺に出来ることならなんだってしてやる」

 舌で包み、ジュッと吸う。ため息のような声を漏らして木下は頭を下ろした。

「あぁっ……先生のフェラやばい……彼女よりぜんぜん気持ちいい」

 彼女がまだ勃たせていないと思い込んでしまったのも納得するほど、木下のペニスは小さくて咥えやすい。溶けて小さくなったアイスキャンディーでも頬張っているかのようだ。

 ジュルジュルとしゃぶっていたらまた木下がイキそうになったので休憩した。

 真っ青な顔で屋上の縁に立っていた頃とは違い、いまは血色の良い顔色だった。暑そうだったので制服のボタンを外してやると、木下は上も脱いで裸になった。

 体はほとんど大人の男のものだった。股間とのアンバランスさが奇妙でありつつ、妙にそそるものがあった。

「先生、続きやって下さい」

 濡れた表情でベッドに横たわる。ごくりと咽喉が鳴った。

「次は違うアプローチで試してみよう」

 俺はワセリンを取ってベッドに戻った。蓋をあけ、中身を指で掬う。

「自分で膝を持って広げて」
「はいっ」

 木下は言われた通り、大股を広げてアナルを俺に晒した。自分が何をされるかわかってるのかこいつは。

「少し冷たいぞ」

 木下のアナルは綺麗だった。そこにワセリンを塗りたくる。引くつく襞ひとつひとつに塗り込んで馴染ませ、指の腹で円を描くように周囲を撫でた。

 木下は顎をあげ、口で息をしていた。股間のものは一見萎んで見えるが、きちんと勃起している。

 様子を見ながら指を入れてみた。ツプリ、と第一関節まですんなり入る。

「ここを弄ったことはあるか?」
「ありません」
「前立腺ってところを弄ると勃起するらしい。今からそこを触るぞ」
「はい、先生」

 中で指を動かすとしこりのような盛り上がりを探り当てた。コリコリと押し付けると木下の呼吸が浅く早くなった。

「ここか」
「あぁ……先生、変な感じです」
「慣れが必要だからな」

 前後左右に指を擦って刺激を続けた。木下のペニスがピクピクと震える。しかし射精に至るほどの快感ではないらしく、きつく俺を締め付けてくる。

「もっと強い刺激が必要かな」
「あ、あっ、強いの、欲しいですっ」
「なにかわかっているのか?」
「はい、わかってます……だから早く……!」

 せがまれて思わず苦笑が漏れた。

「さっきまで死のうと考えていたやつが、まさかケツ穴を弄って欲しいとおねだりしてくるとはな」
「言わないで下さい」

 顔を真っ赤に口を尖らせる。もう自殺しようなんて考えないだろう。

「よし、じゃあ入れるぞ」
「はいっ」

 前をくつろげ、屹立を木下の穴にねじ込んだ。ワセリンがブチュウとはみ出す。

「ううぅ……」
「大丈夫か?」
「だいじょうぶ、ですっ」

 きついケツ穴だった。だが中は熱く熟んでヒタヒタと絡みついて来る。奥へと引きずり込むように全身を包んでうねっている。

 最高の感触に一気に奥までハメこんで激しくピストンしてやりたくなったが、苦痛に耐えて唇を噛みしめている木下を見て我に返り、はじめはゆっくり抜き差ししてやった。

 括約筋に絞られながら陰茎を扱くように腰を振る。徐々に深く突き差し、奥を開くようにカサを広げる。

「あっ、あっ、先生のが、中で……ッ!!」
「大きくなってるのがわかるか?」

 前髪を揺らしながら木下はコクコク頷いた。

「お前のなかが気持ちいいから喜んでるんだ」
「俺、気持ちいいですか?」
「あぁ、もうイキそうだ」
「……なんか、嬉しいです」

 頬を染めて恥じらう姿が可愛いかった。もう我慢する必要なんかないだろう。木下の膝を掬いあげてベッドに手をつき、上から叩き込むようにペニスで串刺した。

「あぁっ!!」

 パンパンと肌のぶつかる音を鳴らしながら腰を穿ちこむ。ベッドが軋んで悲鳴をあげる。

「あっ、ん、んんっ!! 先生……深い…ッ…奥まで、ズボズボ来る……!!」
「お前の一番奥を犯しているからな」
「ひぃっ、い、いっ、あぁぁん!!」

 髪を振り乱しながら木下は自分のペニスを扱きだした。しごくというより押さえ込むようなオナニーの仕方は短小が故か。その様が少し哀れで愛しさが込み上げてきた。

「木下、まだイクんじゃないぞ」
「えっ、や、いや…もう……イカせてっ」
「まだだ。一緒にいこう」
「アァ……先生……」

 顔を近づけると木下も頭を持ち上げて舌を突き出してきた。それを吸ってやると嬉しそうに鼻を鳴らして俺を締め付けてくる。

 体力も性欲も一番旺盛なときに、付き合っている彼女がいるにも関わらずセックスが出来ないなんてこんな不幸があるだろうか。抑圧された欲望が木下を淫らで浅ましくしているに違いない。

「できるだけ我慢しろよ」

 腰をグラインドしながらグチュグチュを奥を掻きまわす。

「はぁん!! あっ、あん! それや、だ!だ…め……せんせ……っ、でちゃいそっ…」
「もう少しだから」

 高速ピストンに切り替えて木下を穴を犯しまくる。泡立った液体がワセリンとともに周囲に飛び散る。

「せんせ…ぇ…もう俺、イキそう……イク、イッ……!!」

 俺をギュウッと締め付けながら木下は可愛いペニスの先から白濁を飛ばした。中が痙攣するように蠢く。
その熱く潤んだ奥へ俺もたっぷり精液を吐き出した。



 始業のチャイムが鳴ったあと、保健室の戸がガラリを開いた。

「先生、俺ちょっと熱っぽくて……」

 赤い顔をして入ってきたのは木下だ。すでに制服の上のボタンはいくつか外されている。

「オナニーのしすぎじゃないのか? 昨夜は何発抜いた?」
「先生を思って、2回」
「やりすぎると貧血になるぞ」
「我慢できなくて」

 木下は俺の胸にもたれかかると熱い息を吐き出した。

「そんなに毎日鍛えているなら、少しは大きくなったんじゃないのか? 見せてみろ」
「はい」

 言われる前にベッドの上に乗って裸になる。プルプル震える小さなペニス。親指ほどのかわいらしさだが、これが木下の最大勃起サイズなのだ。

「次のチャイムが鳴るまで射精は禁止だぞ」
「はい、頑張ります」

 期待に声を震わせながら木下が頷く。俺もベッドに乗って木下のペニスを咥えた。




関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する