FC2ブログ

即位式(1/2)

2014.11.13.Thu.
※胸糞注意。無理矢理。複数。近親相姦。救いなし。

 ここはガルゾニア王国。明日は即位式とあって国中お祭り騒ぎだった。
 エドガーも例外なく昼間は仲間たちとつるんで酒を飲み、暗くなる頃恋人のサシャの部屋へ忍び込んで愛を紡いだ。
 時期国王が誰であろうと、どのような政策が敷かれようと、父親の商いを手伝うだけの若いエドガーにはどうでもよいことだった。

 事を済ませ、エドガーはサシャの部屋を出た。町の広場では音楽が流れ、それに合わせて踊る者、ご機嫌に酔っぱらっている者、すでに潰れていびきをかいている者などがたくさんいた。

「おい、エドガー」

 人混みをかき分けてやってきたのは、物心つく前からの友人、エイナルだ。

「サシャのところからの帰りか?」
「あぁ、そうだ」
「まさかもう帰るつもりか?」

 エイナルはエドガーの肩に腕をまわした。

「いや、まさか」
「そうこなくっちゃ」

 エイナルに誘われるまま酒屋へ行った。そこにはエドガーの父親もいた。

「おい、エドガー、俺は世界一の幸せ者だ。なんてったって、お前を息子に出来たんだからな」
「急になんだよ。飲み過ぎだぜ、親父」

 父親の前には空のグラスがたくさん並んでいた。足元にも転がっている。いったいどれほど飲んだのかと呆れながら、父親の大きな背中に手を当てた。

「いやいや、言わせてくれよ。おまえのおかげで商売は持ち直した」
「大袈裟だな。俺はただ店の手伝いをしただけじゃないか」
「それだけじゃねえ。お前のおかげで税金は一生免除。しかも養育費にと毎月金が送られてくる。その金があったからアネッテの病気も治せた」
「……なんの話をしてるんだ?」

 エドガーは話が見えずに眉を顰めた。
 アネッテはエドガーの妹だ。数年前に大病を患ったが医者に診てもらって完治した。

「この瞬間が一番楽しい時間だな」

 父親のそばで話を聞いていた赤ら顔の年寄りがニヤリと笑った。
 気付くと、酒屋にいる客が全員、エドガーたちを見ていた。酒を片手に立ち上がり、じりじりと距離を詰めて来る。

「親父、もう帰ろう。母さんも心配しているはずだ。エイナル、手を貸してくれないか」
「エドガー、まだいいじゃないか。さっきの親父さんの話で気になるところがあったんじゃないのか?」

 声のしたほうを振り向くと、向かいの家のベルントがいつもの意地の悪い笑みで暗がりから姿を現した。

「お前んちが一生税金免除だったなんて知っていたか?」
「そんな話、あるわけがない。酔った親父の戯言だろう」
「それが戯言じゃないんだぜ。王子を引き取った家は税金が免除されて、しかも国から金がもらえるんだ。毎回、すごい倍率で奪い合いになるのさ」
「なんの話をしているんだ、ベルント」

 店の客が集まってくる。エドガーを中心に輪を狭めて来る。息苦しさからエドガーは唾を飲み込んだ。

「飲み込みの悪い奴だなぁ。エドガー、お前はガルゾニア王国の王子だって言ってるんだよ」
「この俺が? みんな飲み過ぎていかれちまったんじゃないのか。俺の父親はこの飲んだくれだ。これが国王に見えるってのか?」

 エドガーは笑いながら周りを見渡したが誰一人笑いもせず表情も変えない。少しずつ間を詰ながら、エドガーを見据えて舌なめずりをしている。

「エイナル、幼馴染みのお前から言ってくれ。俺は貧乏商家の長男だって」

 店の入り口で腕を組んでいたエイナルはゆっくり首を振った。

「確かにお前は俺の幼馴染みだ。だがお前の父親はそこの酔っ払いじゃない。ガルゾニア国王がお前の本当の父親だ」
「お前まで! これはなんの遊びだ? 俺を騙して何があるって言うんだ?」
「遊びじゃないぞ、エドガー。あすの即位式の主役はお前だ。もっとも本番は今から始まるんだがな」

 ベルントは酒を一気飲みするとグラスをテーブルにドンと置いた。零れた酒を袖で拭いながら舌なめずりする。

「つかまえろ」

 ベルントの一声でまわりの連中が一斉にエドガーに飛びかかった。咄嗟に逃げようとしたエドガーを羽交い絞めにし、暴れられないよう手足を押さえこんで衣類を剥ぎ取っていく。

「何をするんだ! お前たち、気でも狂ったのか?!」
「ガルゾニアの昔話は聞いたことがあるだろう?」

 赤ら顔の年寄りが口を開いた。
 もう二百年以上も前、悪政に虐げられていたガルゾニア国民が反乱を起こし、三日三晩戦い続けてとうとう城にまで攻めこんだ。当時の王はそこでやっと目が覚めて、自分が悪かったと非を認め、これからは国民の幸福を第一に考える良き王になることを約束して国民と和解した、というものだ。
 それはガルゾニアの国民なら誰もが知っている昔話。

「それがなんだっていうんだっ」
「あれは子供向けで、事実はこうだ。ろくでもねえ王はその場で斬首、当時十七だった王子を即位させ、弟妹たちは人質として平民のあいだで育てることにしたのさ。何かあったときのスペアの役割もあった。以降、それが代々続いているってわけよ。王家に生まれた子供はすぐ、いろんな条件をクリアした俺たち平民の家族のところへ運ばれ、その家の子供として役割がくるまで育てられることになってるんだ。お前は第一継承者だ。国王がとうとうイカれちまってな、お前に役目がまわってきたってわけよ」

 エドガーは今の話が理解できずに混乱した。小さい頃に聞かされた昔話にそんな真実が隠されていたことにも驚きだし、自分が王家の息子だったなどとはにわかに信じられるはずもなかった。

「俺はいまの国王が事実を知らされ、平民から王族に戻る瞬間をこの目で見届けた。あれの息子が同じ目に遭う瞬間に立ち会えるなんて、長生きして良かったぜ」
「お、同じ目…?」

 いきなり足を払われてエドガーは床に手と膝をついた。頭髪を掴まれて上を向かされる。
 にやついたベルントがズボンをずりおろし、下着の中からペニスを引っ張り出していた。

「ずっとこの瞬間を待ってたんだぜ、俺たちは。王族の人間を俺たち平民が嬲り者に出来る日をな」
「なっ……ん!」

 ベルントのペニスが口に押し付けられてエドガーは唇を固く閉じた。左右の男たちに頭を押さえつけられて逃げられないのをいいことに、ベルントはエドガーの顔中にペニスを擦りつけ、先走りを塗りたくった。

「あそこで飲んだくれてるほうじゃねえお前の本当の親父も同じ目に遭って国王になったんだ、お前も次期国王としてしっかり俺たちの相手してくれよ」
「んっ、んん、やめっ、やめろっ! エイナル! なんとかしてくれ! 俺たちは兄弟同然に育った親友だろう!」

 助けを求めたエイナルはエドガーのそばに屈みこむと、顎を掴んで持ち上げた。

「いいや、それは違うよ、エドガー。お前は俺が失恋して落ち込んでいる時、一晩中ずっと一緒にいて慰めてくれたよな。俺のことを国で一番のいい男だと、その良さがわからない女のほうがおかしいんだと。俺は嬉しかったよ。あの日から俺はお前のことが好きだった。俺もずっと、お前を抱けるこの日を待ち焦がれていた。だから親友じゃない」

 言い終わるとエイナルはエドガーに口付けた。エドガーの目が驚愕に見開かれる。誰の目にもわかる深い口付けだ。

「あっ」

 突然エイナルは声をあげてエドガーから離れた。口元を手でおさえ、血の付いた手を見て顔を顰めた。

「まあすぐに受け入れてもらえるとは思っていないさ。明日から俺はお前とともに城に入り、お前の一番の側近として遣えることになっている。だから時間はたっぷりある」

 立ち上がったエイナルはエドガーの後ろへまわり、前をくつろげるとペニスを取り出した。

「やめろ、エイナル!」
「これが王として生まれたお前の運命なんだよ、エドガー」

 唇から血を滴らせながらエイナルは薄く笑い、躊躇なくエドガーを引き裂いた。エドガーの口から悲鳴があがる。暴れるエドガーを周りの男たちが押さえつけて抵抗を封じ込めた。

「俺たちの国王だ、丁重にな」

 激しく抜き差しをするエイナルのペニスには血がついていた。

「よく言うよ」

 ベルントは呆れたように肩をすくめた。

「じゃあ、そろそろ俺たちも儀式をおっぱじめるか」

 エドガーに向かって無数の手が伸びた。

※ ※ ※

「んっ、あっ、あぐっ!」

 仰向けにされたエドガーの顔にベルントが跨っていた。エドガーの口に膨張したペニスを押し込み、腰を振っている。
 のどの奥を突きさされたエドガーはさっきから涙を流して何度も嘔吐いてはのどを痙攣させていた。

「歯を立てるんじゃねえぞ。そんなことをしたら今より何倍も酷い目に遭わせてやる」
「あっ、うぐっ、ううっ」
「ほら、手を動かせよ、ぜんぜん気持ちよくねえぞ」

 エドガーは両手に男たちのペニスを握らされていた。ショック状態でろくに手も動かせないエドガーにしびれを切らし、エドガーの手ごと自分でペニスを扱きだす。
 股の間ではエイナルが腰を振っていた。

「ベルント、あまり乱暴にするなよ。苦しがるたびエドガーが千切れるくらい締め付けてくる。ただでさえきついってのに」
「初物をお前に譲ってやったんだ、これ以上文句言うな」

 王子を最初に犯すのはそれまで育てた父親の役目だと決まっていた。中には愛着がわいて手を出せない者もいたが、エドガーの育ての親の場合は酒で酔い潰れたのと、エイナルの執着をみなが知っていたからというのがある。キスさえ、自分が一番だと譲らなかった。

 エイナルが眉を寄せて息を詰めた。エイナルは射精した。

「んっ、あ…っ、あ、エイ…ナル…っ」

 奥に浴びせられた熱を感じとってエドガーが意味もなくエイナルの名前を呼ぶ。

「エルナルが王子に種付けしてさしあげたようだぜ」
「ビクビク震えて喜んでるじゃねえか」
「よし、エイナル、かわれ」
「まだだ、まだ収まらない」
「おいおい、あとがつかえてるんだぜ。朝には城に送り届けなきゃならないんだからな」
「ま、城に入ったって、国民と同じ目線でいつでも面会可能な国王さまだから、いつでもやれるんだけどな」
「確かに」

 まわりの笑い声を聞きながら、エドガーはこれが夢でもたちに悪い冗談でもないのだと、いまやっと認めることが出来た。
 幼いころからなにかと突っかかって来たベルントのペニスをしゃぶらされているのも、親友だと思っていたエイナルに犯されているのも、すべて現実で、そして明日以降、ずっと続くのだということも。

「出すぜ、王子さま」

 口の中にベルントの精液が溢れた。その臭気と味にのどがひっくり返ってエドガーは咳き込んだ。飲み込めない精液が口から零れて頬を伝って落ちる。その時、握らされていたペニスが離れ、眼前に突き付けられたと思ったら生温い白い液体が顔にかけられた。
 それを見て男たちがまた馬鹿笑いする。

「王子、よくお似合いですよ」
「俺たちの精液で、そのお体、清めてさしあげますからね」

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する