FC2ブログ

裏ドSくん(3/3)

2014.11.04.Tue.
<前話はこちら>

 触れ合った場所から伝わってくる斉藤の熱さが俺の判断力を鈍らせる。いまこの世に頼れるのはこいつしかいないという感覚に陥って斉藤にしがみついた。

「イッ…あ、イクッ、忍、もう、俺…!」
「わかってるよ」

 斉藤は俺の頭を抱いて、ポンポンと軽く叩いた。思いがけない優しい仕草に混乱しながら俺は射精していた。先端にかぶせていた斉藤の手に吐き出されたものが跳ね返り、二人のペニスをべっとり濡らす。

「気持ちよかったか?」

 アンバーの瞳に嘘をつけなくて頷いた。

「ずいぶんあっさり認めやがったな。これからが本番だってのに」
「え…っ?」

 射精の余韻に浸る間もなく裏返しに壁に押し付けられた。濡れた手が尻の間に入り込み、奥の窄まりに指を突き立てられる。

「ひっ、いっ、やめ…!」
「俺がまだイッてねえっての」
「いやだっ、いや…っ、それは、嫌だっ!」
「じゃあしゃぶってくれんのかよ?」
「なっ…! バカッ、変態っ! 誰がそんなこと!」
「だったらおとなしく掘られてろ」

 グチッ、と斉藤の怒張が押し入って来た。ぬめる感触は俺の吐き出した精液だ。斉藤は腰を押し進めながらペニスを扱いているらしく、背後から音がする。これ以上大きくするなよ。いまでも充分圧迫感があってきついのに。

「やめろ、いやだ、斉藤! ばかっ、死ねっ、抜けよこの野郎!」
「もう全部入った。エッロい光景。写メっとこ。あとでお前にも見せてやるよ」
「なっ?! 嘘だろっ、やめろっ、なに考えてるんだよ!」

 喚く俺を無視して斉藤は本当に写真を撮っていやがった。しかも複数枚。

「そんな締め付けんなよ、写真撮られて興奮したか?」
「そんなわけないだろ! あとで覚えてろ、絶対ぶっ殺してやる!」
「うわ、惚れそう。楽しみにしとくぜ、いまはこっちが先だけどな」

 俺の腰を掴むと斉藤が動き出した。俺のなかを目いっぱい擦りながら斉藤のものが出たり入ったりする。まじで斉藤に犯されている。男なのに。男に。

「声出せよ、つまんねえな。泣いてんのか?」
「黙ってやれ…っ、さっさと終わらせろ」
「俺はお前と違って早漏じゃねえからそんなに早く終わんねえよ」

 誰が早漏だ!
 調子づいた斉藤の腰つきが早くリズミカルになっていく。狭い個室に音が響き渡る。合間に濡れた音も聞こえて死にたくなる。この音が、俺のケツから聞こえているなんて。

「なか、熱くなってきたぞ」
「黙ってやれよ…!」
「気持ちいい?」
「死ねっ」
「図星?」

 確かめるように手を前にまわしてペニスを掴んだ。背中に斉藤の体温がかぶさってきて、耳元で湿った笑い声を聞いた。

「体は正直、ってな」

 壁についた手を握りしめた。奥歯を噛みしめて必死に声をかみ殺す。

「俺ら、体の相性最高なんじゃね?」
「最悪の間違いだろっ」
「これからもヤろうぜ」
「誰が、お前なんかと…っ」
「お前の許可はいらねえんだよ、俺のやりたいときにやるんだから。今日からお前、俺のもんな」
「なにっ…あっ…!」

 体の奥からゾクゾクッと震えがきて背を反らした。

「感じちゃった?」

 笑いの混じる声にすら感じる。

「耳元で、しゃべるな…っ!」
「敏感すぎ」
「は、アッ」
「そろそろイクぞ」

 そう宣言した斉藤に腰を引き寄せられた。頭の位置が下がり、尻を突き出した格好になる。

「おい、斉藤…っ」
「忍だって」

 いきなり最奥まで貫かれて息がつまった。まだ未開だった場所がこじ開けられている。その衝撃に慣れる前に引き戻ったものが再度叩き込まれた。

「ん、うっ、あはぁっ、あっ、ゆ…っくり、しのぶ…っ」
「中は悦んでるぞ」
「あっ、んっ…ちが、あっ、くるし…っ」
「うねって俺を引き込んでるぜ」
「いっ、あぁっ、んっ、違う、俺は…っ、あっ、あぁっ」
「気持ちよくってぶっ飛びそうだろ? 認めろ、淫乱」
「ひぅっ、ちが…あっ、あんっ、違う…っ!」
「てめえの体、見てろよ」

 視線の先には俺の勃起したペニスが、斉藤の動きに合わせて揺れていた。先から透明なものが糸を引いて垂れ落ちている。

「あっ、いやっ、だ…っ、あっ、あぁっ」
「中に出してやるから、じっくり味わえよ」
「いやっ、やめろっ、いやだっ…!」

 俺の制止なんか聞かないで、斉藤はたっぷりと吐き出してくれやがった。

※ ※ ※

「初めてだってのに、お前、感じまくって結局何回イッてたよ?」

 意地悪い顔でのぞき込みながら斉藤は手を動かす。斉藤の胸倉をつかんで引き寄せ、肩口に顔を埋めた。斉藤の匂い。麻薬みたいに癖になる。

「黙れよ、おしゃべり野郎」
「あの日の写メ、まだ残ってるんだぜ。見るか?」
「消せって言っただろ!」
「パソコンにも保存してるから」
「まじで死ね! 変態!」
「自分が一番の変態じゃねえか」
「俺のどこがっ」
「今の自分の格好見てもわかんねえの?」

 トイレで勃起したペニスを男に扱かれている。確かに人のことは言えない。
 あの日から斉藤は宣言通り、自分がやりたくなったとき、俺を無理矢理抱いてきた。最初は抵抗しても最後は流されてヤッちゃってる俺もどうかしている。

「俺が女と話してんの見て嫉妬したか?」
「するわけないだろ、自惚れ屋」
「素直んなれよ、俺が好きなんだろ?」
「そんなわけあるかっ、捕まらないならとっくにお前のこと殺してる」
「殺したいほど俺を独占してえか? 安心しろよ、俺の種、全部お前にくれてやるって言っただろ」

 そんな話、聞いたことねえよ。誰と間違えてるんだよ。俺以外に、そういうこと言う相手がいるのかよ。

「お前みたいなド腐れ野郎のDNAを欲しがる女がいるなんて驚きだ」
「てめぇ、孕ませるぞ」

 斉藤の目つきがかわる。剣呑な目。本気の眼差し。獲物に噛みつこうと構えるウルフアイ。
 背筋がぞわりと逆立つ。

「やってみろよ、ほんとに出来たら、お前の子供産んでやる」

 斉藤の眉間に皺が寄る。目元がひきつっているのは、斉藤が興奮している証だ。

「メチャクチャにやられてえみてえだな」

 顔が近づいてくる。苦しいほど脈打つ鼓動の音を聞きながら、俺はそれを受け入れた。


春の音

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント
( ゚д゚)ハッ!
いま確認のために読み返したら、中崎の名前を1つも出していませんでした…
「俺」は中崎です。1話目に注意書きしてるからわかるよね…ッ!´⌣`;
リクエスト
はじめまして!
様々なジャンルがあり、いつも楽しみながら読ませて頂いております。
お忙しいかと思いますが、もし可能でしたらリクエストをしてみたいなと思いコメントを送らせて頂きました。
よろしくお願い致します。
お返事
紫陽花さん

はじめまして!ありがとうございます!
リクエスト頂戴いたしますよ~!
どういうものをご希望かまた教えてくださいねi-179
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
お返事
紫陽花さん

了解しました!e-461
リクエストに追加しておきますね。できるだけご希望に沿うかたちで書きたいと思っております!
痴漢ものは書きたいんです。王道シチュだし限定されるので一回書いてしまうと「またか」ってことになりそうでなかなか次が…!でもリクエスト頂いたので堂々と書けます^^
こちらこそリクエストありがとうございました!

管理者にだけ表示を許可する