FC2ブログ

ひみつのドSくん(2/2)

2014.11.01.Sat.
<前話はこちら>

 男の子の性器から得る快感は当然私には未知の領域で、先を擦られるのが気持ちいいと思った矢先、全体を擦られると腰が砕けそうになったりして、完全に斉藤くんの掌の上だった。

「…あっ、あぁ…んっ、忍、なんか、変…あっ、クルの…奥から…なんか、クル…!」
「そう簡単にイカせねえよ」

 というと斉藤くんは責めるポイントを微妙にずらした。体の奥から上昇してきていたものが、すうっとさがっていく感じがした。
 きっと私、射精しそうだったんだと思う。女の子なのに、射精しちゃうんだ。どんな感じなのか、怖いような知りたいような。最後は好奇心が勝った。

「お願い、忍…さっきのとこ、して…」
「今日はやけに素直だな」
「い、イキたい…から…」
「別人みてえだな」

 探るような目で見られて内心焦った。変身していることがバレたら一大事だ。

「だって、忍のこと、好きだから…お前は、俺のこと、好きじゃないの?」

 はっと斉藤くんが目を見張る。私、なにか変なこと言った?

「女と付き合えって言った口がなに言ってんだ?」

 そういえば私さっき振られたんだった!

「俺の種、全部お前の腹んなかに入れてやるって決めてんだよ。くだらねえクソ女に無駄打ちできるかよ」

 私はくだらないクソ女か。それだけ中崎くんに惚れてるわけですか。だからあんなに不機嫌になってたんですね。はいはい。ご馳走さま。

「もっかい聞くぞ。ほんとに俺に、女と付き合って欲しいのか?」
「う…ほしく、ない」
「だったらくだらねえこと言ってんじゃねえ」

 険のある顔つきだったのが、少しだけ和らぐのを見た。すっごく上からで俺様なくせに、中崎くんにあんなこと言われてほんとはちょっと不安になってたみたいだ。

「可愛いね、忍って」

 つい本音を漏らすと、斉藤くんは「ああ? てめぇ、誰に向かって言ってんだ?」とまた顔を歪めてしまった。せっかくの綺麗な顔が。

「その余裕、根こそぎ奪い取ってやる」

 そう言い放った斉藤くんは私を非常階段に連れて行き、そこで後ろ向きにさせると階段に手をつかせた。

「ちょ、なに、忍…っ」
「黙ってろ、このド淫乱」

 後ろから覆いかぶさってきて、私が穿いてるズボンを下着ごとずらした。
 ド淫乱と言われた言葉の衝撃も忘れるほどの羞恥が私を絶句させた。

「なっ……なっ……!」
「やり殺してやるからな」

 物騒なことを囁きながら、斉藤くんの手が私の股間に伸びて来る。まだ立ったままのものを掴み、音を立てながら扱き始めた。
 やり殺すって…! えっ、ヤッちゃうの?! ヤラれちゃうの私! 斉藤くんに! 中崎くんの体で?!
 もうどうしていいかわからない四面楚歌の孤立無援で絶体絶命の処女喪失状態なのに、私の口からは拒絶じゃなくて、甘い声ばっかり出て来る。

「…あ、あぁっ…や、忍…あぁ、んっ」

 手で擦られてると腰がジンジン疼いて、手は痺れたみたいに力が入らなくなる。甘えるみたいに首を後ろに倒して斉藤くんの顔に顔を擦りつけている。

「やぁっ…あっ、だめ…、また…クル…忍…、これ…あっ、い、イクの? 私、イッちゃうの…?」
「ラリってんのか、てめえ」

 斉藤くんがクツクツと笑いながら私の耳をベロリと舐めた。ゾワッと全身が震えて、

「ひっ…い、あ、あ――ッ」

 下腹部から熱い塊が込み上げて来て、斉藤くんに扱かれながらドクッとそれを吐き出していた。

「あ、あぁ……」

 出し切ったあとは凄まじい脱力感があって、手足で自分の体を支えるのも大儀だった。
 これが射精か。おそらく人生で二度と経験することはないだろう出来事に、感慨深く思いを馳せていると、斉藤くんの指が私のお尻の奥を探り当てた。

「ひゃうっ!」
「なんつう声出してんだよ」
「なっ、なに、なんでそんなとこ…!」
「指じゃ物足りねえってか? すぐにもっと太くて硬い俺のチンコ突っ込んでやるから待ってろ」

 いや、そういうことじゃなくて!
 やっぱりヤラれちゃうの? お尻の穴で?! っていうか、この格好、獣スタイルってやつなんじゃ。

「やっ、やだ、これ…恥ずかしい…っ」
「バックでガンガンに突かれるの、好きだろ、お前」

 そうなの中崎くん! いつも斉藤くんの暴言のフォローをしてる優しい苦労人のイメージだったのに!

「なぁ? 俺のチンコに奥突かれまくって、いつも泣いて喜ぶじゃゃねえか。いまさらカマトトぶってんじゃねえよ」
「いやっ、せめて、ゴ、ゴムつけてよぉ」
「はっ?」

 一瞬、斉藤くんはほんとに呆気にとられた顔をしたが、次の瞬間爆笑していた。

「俺がそんな優しい男じゃねえって、忘れちまったのか?」

 楽しそうに、私のお尻のなかで指をグリグリ掻きまわしている。ドSだ。性格悪いのはみんなが知ってたけど、こいつドSの鬼畜ヤローだ。中崎くんはこんな奴のどこが好きなんだろう。理解に苦しむ。

「やぁ…あ…っ、抜いて、それ…やだ、もう…抜いて…っ」
「焦んなよ、いまお前の大好物、食わせてやるから」

 指が抜けてホッとしたのもつかの間、ピトッと柔らかなものがそこに押し当てられ、私は息を飲みこんだ。斉藤くんが私のなかをこじ開けて来る。強靭な芯をもつそれがグッグッと私を押し開く。初めて味わう感覚に、目を閉じ歯を食いしばった。

「く、う…うぅ……くる…し……っ」
「ハッ、相変らず、きっついな……」

 掠れた斉藤くんの声。

「あ…あぁ…いや、や…だ…動かないで…」
「お前の動くなは動けって意味だろ」
「ちがっ、あっ、あぁぅっ」

 斉藤くんが引いていったかと思うと、また奥まで深く貫かれた。指先にまで達する衝撃に息がつまる。
 始めはゆっくり動いていた斉藤くんも、馴染んできたとみるやいなや、速度をあげて、激しく腰を打ち付けてきた。パンパンという音が私の羞恥を一層煽った。

「ひぃっ、いっ、あぁっ、あんっ、やっ、だぁっ…忍、いやっ、ゆっくして…お願い…っ!」
「今日はずいぶんしおらしいじゃねえか。悪いもんでも食ったか?」
「ちが…あっ、あぁっ、そんな…激しく…しな…いれ…!」

 乱暴な摩擦だというのに、体の奥から熱くなってきて、彼の一擦りごとに私の理性は一枚ずつ剥がされていった。

「ひゃっ、あんっ、あぁっ…やだ…やっ、おかしく、なっちゃう…っ」
「なっちまえよ」

 私の腰を抱きかかえ、さらに激しく短い間隔で突き上げてきた。奥をガンガンに責められて、声の止まらない私の口からは涎が零れいた。獣姦スタイルにふさわしい浅ましい姿だ。

「やぁっ…あっ、あんっ、あぁんっ、また、出ちゃうっ…イッちゃう、やだ、怖い! やめてっ、忍、お願い、だからぁっ!」
「喘ぎっぱなしで俺のちんこキチキチに締め付けてよく言うぜ」
「あぁっ、あっ、だめ…だめっ…出ちゃうっ…やっ、ああ、アァッ……!!」

 頭を真っ白にしながら私は射精していた。その間も斉藤くんはピストン運動を繰り返している。

「中に出すぞ!」
「…え…えっ、だめっ、中に出さないでぇ…っ!!」

 妊娠しちゃう!!
 今の自分の姿も忘れて慌てる私の中に、斉藤くんはたっぷり吐き出した。

「や…あ…酷い…どうして…やだって言ったのに…!」
「こっち向け」

 顎を掴まれ、強引に斉藤くんの方を向かされた。泣いてる私の顔を見て眩しそうに目を細めた。

「エッロい顔。俺以外の誰かに見せたら殺すぞ」

 階段にくたりと座り込む私に、斉藤くんが言葉とは裏腹な優しいキスをする。太ももに、生温かい感触が流れ落ちた。

※※※

 斉藤くんを好きだという気持ちは、彼とセックスしたことで昇華できたような気がする。たとえ偽りの姿であったとしても、私は満足だ。それに斉藤くんの相手は私には無理だということもよくわかった。それはいろんな意味で。

「斉藤くん、これ私が作ったお弁当なんだけど、味見してみてくれない?」

 そんなこと言ったらどんな辛辣な言葉が返ってくるか…。学習しないのか、めげないのか、心美がお弁当箱を持って斉藤くんに近づいていく。
 中崎くんとお昼を食べていた斉藤くんが心美を見ると面倒臭そうに舌打ちした。

「手作りとかきもくてぜってえ無理。吐きそう」
「えー、大丈夫だよ、ちゃんと手を洗って作ってるから」
「いや、お前の存在が無理だから」

 犬を追っ払うみたいにシッシッと手を振っている。心美、ざまあ。

「おい、忍」

 それを中崎くんが咎める。

「悪い、こいつ、妙に潔癖なとこあって」

 と心美にフォローをしている。それを見て斉藤くんがニヤニヤしている。
 本当に潔癖な人が非常階段でセックスしますかね。お尻の穴にあれを突っ込んじゃいますかね。

「そーそー、飯がまずくなるから、早く消えろよ」
「忍!」

 はぁ、と中崎くんはため息をついた。でもあなた、いつも斉藤くんとあんなことして、ド淫乱とか言われちゃってんですよね。爽やそうな顔して、ほんとは乱れちゃう人なんですよね。

 やべ。私もニヤケ顔が止まらない。


可愛いひと


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する