FC2ブログ

洞窟(2-2)

2014.02.22.Sat.
<前話はこちら>

 床がゴツゴツして痛いので、立ってヤルことにした。

 やり方がわからずテンパる俺に対し、矢野は案外冷静に「濡らすものがないから……驚くなよ」と跪き、俺のちんぽを咥えた。驚くなと言われていたからか、声はあげずに済んだが、矢野の行動は俺をたまげさせた。

 視界が悪いせいで他の五感は研ぎ澄まされ、俺のちんぽをしゃぶる矢野の舌の動きや唾液の流れ、息遣いが生々しく伝達される。

 こういう危機的状況だからか、もともと俺にそういう素質があったのか、今まで付き合ったどの女とヤル時より興奮していた。

 大きくなったちんぽから口をはなし、矢野が立ち上がった。壁に手をついて俺に背を向け「いいよ、きて」と言う。

 きてと言われても……

「本当にいいのか? 痛いんじゃないのか?」
「死ぬまえにちょっとした痛みなんか怖がってらんないよ。早くしろよ、決心が鈍る前に」

 矢野はとうに覚悟を決めているらしかった。男前だぜ、矢野。

 じゃ、と矢野の尻を掴んで広げながら、ちんぽをあてがった。場所を探していると「あっ、そこ」と言われたところで止め、ゆっくり腰を押し進めた。

 キツくてとても全部中に入れられるとは思えなかった。強張る矢野の背中にキスしながら、やっと亀頭を押し込んだ。

「どうする? やめる?」

 矢野は首を左右に振った。

 手を前にまわし、矢野のちんぽを掴んだ。柔らかい。揉んでいたら硬くなった。

「扱きながら入れると、痛みが和らぐだろ。この痛みすら、快感になってくる」

 矢野の耳元で囁きながら手と腰を動かした。全部が中におさまり、体がぴったり密着する。矢野が長い溜息をついた。

「入ったね」と矢野。
「あぁ、入った」と俺。

 矢野のちんぽを扱きながら、そのリズムに合わせて腰を動かした。矢野の先走りで手はヌルヌルだ。柔らかい亀頭の先をクチュクチュ揉むと、矢野が俺をしめつけてくる。

「は、あんっ……手、止めて……出るよ」
「出せばいいだろ、そのためにヤッてんだから」

 手付きを激しくして、腰も突きあげるように打ちつけた。矢野が壁にしがみつく。

「あっ、はぁ……んっ……あっ、あっ……!」
「あー……すげぇ、おまえん中熱くてトロトロだ……やらしい穴してるな」
「だって……俺、思ってたより……気持ちいい……」
「だったらもっと突きまくってやる」

 矢野を引き寄せながら腰を打ちつけた。パンパンという音が洞窟のなかで反響する。その合間に、グチュッグチュッという濡れた音と矢野の喘ぎ声が混じる。洞窟風のラブホテルを作ったらはやるんじゃないだろうか。

「あぁっ! あっ、やめっ……て……もうっ……んあぁ! あ! でる! あ、あぁぁぁ……!!」

 矢野が体を丸めて固まった。それと同時に俺のちんぽをキュウキュウに締めつけてくる。どうやらイッてしまったらしい。

「どうせなら死ぬほどやろうぜ」

 矢野の片足を腕に抱え、半身を翻した矢野とキスした。こんな状況で男同士だということは実に些細なことだった。

 くの字に体を折った矢野を後ろから突いた。突かれるたび、矢野は声をあげた。視界が悪い上、洞窟の中、自分が獣になったような気がする。気がつくと、鼻息荒く、夢中で腰を振っていた。

 ※ ※ ※

 目が覚めた時、辺りが明るくなっていた。見上げると、夜の気配がすっかり消え去った青い空が見えた。動いたことで起こしてしまったのか、俺の隣でもたれるように座って寝ていた矢野が頭を持ち上げた。

「朝?」

 目ボケ眼で言う。

「そうみたいだ……ん? なんだ、あれは」

 壁伝いに視線を下に落とすと、鎖が奥まで伸びているのが見えた。洞窟が明るくなったことで初めてその存在に気がついた。

 色や錆び具合からかなりの年代物のようだが、人為的なそれは途中で切れるほど痛んではおらず、俺の予想が正しければ、出口へと続いているはずだ。

「出られるぞ」

 矢野も神妙な顔で頷いた。

 予想通り、鎖は出口まで続いていた。外に出たときは嬉しくて泣きそうだった。天井のない空を見ながら何度も深呼吸した。スコップとツルハシを置いてきてしまったが、もう二度と洞窟には入りたくない。今回のことで、暗闇閉所恐怖症になったかもしれない。

 二人とも空腹で、山を下り、車を走らせ、見つけた一軒目の店にメニューも見ずに飛び込んだ。腹を満たし、俺の運転で家に向かった。

「今回も散々な目にあったな」

 欠伸をしながら隣で矢野が言う。

「あぁ、まったく。おまえといるとろくなことがない。宝の地図は誰にもらったんだ?」
「えーと、誰だったかな……知り合いの知り合いだったかな……」
「怒らないから正直に言え」
「……実はニセモノ」

 消え入りそうな小さな声で言う。

「やっぱりな。おまえが仕組んだことだったんだろ? 今回のことだけじゃなく、今までの全部。いくらなんでも、こう毎回毎回、危ない目に遭うはずがない。今回のでさすがの俺も気付いたぜ」
「し、仕組んだなんて人聞きの悪い」

 そういう矢野の頬がピクリと動く。

「危機的状況にあるとき、人は恋に落ちやすいってなにかで読んだな。恐怖や興奮で胸がドキドキするのを、いっしょにいる相手への恋心と錯覚するんだ。おまえはそれを狙ってたんだ、違うか?」

 でなければ、俺とあんなことしない。横目に睨むと、矢野はびっくりするほど顔を真っ赤にさせていた。

「まじで?」

 思わず聞いてしまった。

「ハメようってつもりじゃなかったんだ……俺、俺、ずっとおまえのこと好きで……おまえにも好きになってもらいたくて……」

 俯き、口ごもる。

 俺がずっと黙っていると、観念したように「ごめん」と吐き出した。

「こういう状況で結ばれた恋人同士は、すぐ別れるらしいぜ」

 顔をあげた矢野がじっと俺を見る。頬が赤くなるのを感じ、睨むように前を見ながらステアリングを握りなおした。

「それでも付き合ってみる?」

 次の瞬間、矢野が抱きついて来た。危うくハンドル操作を誤り、ガードレールにぶつかるところだった。心臓がバクバク鳴っている。もう危ない目に遭わなくたっていいんだから、とりあえず無事に家まで帰してくれ。




熱伝導

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する