FC2ブログ

息子さんを僕にください(1/2)

2014.07.24.Thu.
<前話「秘め事」はこちら>

 母親から二三日有休を取れないかと打診されて訳を聞くと一彦の身にトラブルが起こったと言う。詳しい話は向こうへ行ってから聞いてくれと言われた俺はすぐさま有給休暇の申請をし、着替えをつめた鞄を持って静岡へ向かった。

 駅で一彦が俺を出迎えてくれる。会うのは三週間ぶりで人目など構うものかと抱きしめようとした俺の視界に、駅前の車から手を振る一彦のおばさんの姿が映り、俺は子供みたいに両手を振ることで衝動を誤魔化した。一彦が苦笑している。
 暖房の効いている車中で一彦の身に起こっているというトラブルを聞き出した。
 一彦はいまストーカーのようなものに付き纏われているらしかった。

「最初は部屋の前に手紙付きの食べ物が置いてあったんだ。手紙は恋人に宛てたような内容で、人違いかもと思ったんだけど、僕の名前だし、その日僕のしたことが細かく書いてあったりして、あぁ、人違いじゃないんだ、って。それが2ヶ月くらい前」
「2ヶ月?! なんでもっと早く俺に言わなかった?!」

 この2ヶ月の間に3回は顔を合わせているし、電話だってしょっちゅうしているのに、一彦はそんなこと一言も俺に言わなかった。
 責めると一彦は「ごめん、心配させちゃうかもと思って」とすまなさそうに謝った。

「それで、相手は?」
「最近になってわかったんだけど、稲葉さんっていううちの派遣の人」
「そんな奴との契約切ってもらえよ」
「相談したら大事になりそうだし、それにまだ実害は出てないし」

 なんて悠長に構えている場合か。
 就職と同時に家を出た一彦は、毎日届けられる手紙と夜食が気持ち悪くていまは実家に身を寄せているらしい。

「そしたら稲葉さんがうちまでやってきて」
「追いかけてきたのか?!」
「そうなのよ。びっくりしちゃったわよねぇ」

 おばさんものんびり笑ってる場合か。

「夜にいきなりやってきて、一彦さんと交際させて頂いています稲葉と申します!って。私たちもストーカーの話は聞いてたから、中には入れないでとりあえず玄関で話聞かせてもらってね」
「すぐに通報しなきゃ駄目でしょ」
「女の人だし、お父さんもいたしね。一彦はご覧のとおりあてにはならないけど。それでね、話を聞いたら稲葉さんはこの頼りない感じが好きなんだって。線が細くて中性的っていうの?そういうのに母性本能がくすぐられるのかしらねぇ。一目惚れでしたって。一彦さんを本当に理解できるのは私しかいません、交際を認めて下さいって言われてもね」
「そもそも交際してないでしょうが」
「僕もその場でそう言ったんだけど、稲葉さんは聞く耳なくて」
「警察には?」
「この前相談に行ったんだけど、一彦が相手のお嬢さんに、気を持たせるようなこと言ったりしたんじゃないかって言われてね。うちの息子は奥手なんですって警察署で言うわけにもいかないからね。頭きちゃうわよ、ほんと」

 おばさんはハンドルをギリギリ握りしめる。俺も膝の上で握り拳を作った。

「それで、なんで俺が呼ばれたわけ?」
「事実を受け入れてくれないから、一彦には恋人がいるってことにしようと思ってね」
「あぁ、一芝居打つわけね。でも危険じゃない? 逆上した女が、彼女役の子に危害を加えたら大変だよ」
「私たちもそう思ったからたっくんに来てもらったの」
「ボディガードになれってこと?」
「違う違う、たっくんに一彦の恋人役になってもらうの」

 おばさんの言葉に絶句した。バックミラーに映るおばさんはニコニコ笑っている。隣の一彦は下を向いている。

「お、俺が一彦の恋人…役…?」
「そう! 相手が女の子だったらストーカーは逆切れするかもしれないけど、相手が男だったらどう考えても自分には見込みがないって思いそうでしょ?」
「思う……かな……?」

 隣の一彦をもう一度見る。俯いたまま。耳まで真っ赤にしている。

「なんで俺なの?」
「体大きいし強そうだしね。適役の男の人って考えたら真っ先に頭に浮かんだのがたっくんだったのよ。小さい頃一彦の面倒よく見てくれたしね。お礼はするから、頼めない?」

 ミラー越しにおばさんと目が合う。まさかおばさんは俺たちの関係に勘付いているのか?だからこんなことを…?いやまさか。まさかな…。冷汗が流れる。
 しかしはたしてこんなお粗末な作戦がうまくいくだろうか?嘘だとバレたとき、ストーカー女は逆上して一彦に危害を加えたりしないだろうか?

「わかったよ、一彦は俺が守るから」
「ありがとう、たっくん、こんなこと頼めるのたっくんしか思いつかなくてね」
「だったらもっと早く教えてくれたらよかったのに」

 隣の一彦を横目に見る。頼りにされなかったことが悔しかった。俺の知らないところで一彦になにかあったらと考えるとたまらない気分になる。

「ごめんね」

 すまなさそうに謝る一彦に何も言えなかった。

 一軒の家の前で車は速度を緩めた。おばさんが窓から顔を出し、何度もハンドルを切りかえしながら駐車場に車を入れようと悪戦苦闘している。

「巻き込んじゃってごめんね、たっくん……、僕はとめたんだけど、いいアイデアだって母さん聞かなくて」
「もっと早く教えてほしかったけどな。俺はおまえのなんなんだ?」
「…っ…たっくん……」

 怒られたと思って一彦がシュンとなる。その手をこっそり握った。

「お前のことは絶対に俺が守るから」
「…うん…」

 一彦の頬が紅潮した。



 客間もあると言われたが、一彦の部屋でいいと、荷物をそこへ運び込んだ。
 最初の手紙が届けられた時点でなぜ俺に言わなかったと部屋に入って聞けば一彦はまた「ごめん」と申し訳なさそうに言った。

「相手が女だからって油断してたら痛い目にあうぞ」

 細い体を抱きしめる。目を合わせた。顔を近づけ合い、キスした。俺の背中を一彦の手が這う。

「お前の恋人役になれって言われたとき心臓止まるかと思ったぞ。まさか俺たちのこと、バレてるんじゃないよな?」
「まさか。僕も最初聞かされたときは何言いだすんだって驚いたけど。僕を同性愛者にすれば稲葉さんが諦めると思ってるみたい」
「実際、そうなんだけどな」

 一彦の尻を撫でまわす。生地の上から尻の割れ目にそって指を食い込ませ、あたりをつけた場所を指先で押した。

「たっくん…、駄目だよ、下に母さんが…」
「だから声、出すなよ」

 俺は一彦の足元へしゃがむと、ズボンとパンツをずりおろしてペニスを口に咥えた。

「あっ……!」

 声を漏らした一彦が慌てて自分の口を塞いだ。手で陰嚢と陰茎を持ち上げながら、その指先で奥を探る。

「だめ…あ、たっくん…」

 しゃぶりながら指先を入れる。一彦が俺の肩をつかんだ。立ってられないと訴える一彦を床に横たえ、再びペニスをしゃぶる。

「僕にもさせて…」

 体の向きをかえ、一彦の顔の上に跨った。ジーンズの前が開かれ、中のものを一彦が口に含む。熱く潤んでいる。
 一彦の足を開き、その中心に指を入れる。出し入れしながら時間をかけてそこを解した。

「ん…はぁ……ぁ、ん…や…」

 一彦の声が濡れて色っぽくなってきた。体の向きをかえ、開いた一彦の足の間に腰を進める。

「はぁ…あっ…あ、きて、たっくん…!」
「好きだぞ、一彦」
「僕も…っ」

 怒張で一彦を貫く。何度やっても初めてのときのようにきつくて狭い。中は熟んで温かくペニスに絡みついてくる。

「ふぅっ…んっ、あっ、あぁっ」

 一彦の内部を掘削する。顎を逸らし咽喉を晒して一彦が喘ぐ。白くて細い体が朱に染まって妖しくくねる。

「あいかわらず感じやすいな」
「だって…あっ…ん…んん…ぁんっ…」
「一彦の声好きだけど、おばさんに聞こえるぞ」
「ううっ…んっ、んん……っ」

 唇を噛んで声を我慢している。でも俺が突きあげると押し出されるように声が出てしまう。一彦は自分の手を噛んだ。

「ばか、痛いだろ。俺の手を噛んでろ」

 口許へ手を持っていくと一彦は嫌々と首を振って自分の手を噛み続けた。

「う…ん!あっ!…んん…っ!」

 いじらしい姿に愛しさが込み上げてくる。腰を回すようにゆっくり動かした。

「はぁ…あ、たっくん……っ!」

 赤く潤んだ目が俺を見つめる。あぁ、もうイキそうなんだな。一彦の望んでいることがわかる。キスしてやった。首にしがみついてくる。一彦のペニスを扱きながら舌を絡める。脈打つペニスから白濁が吐き出された。
 射精の衝撃に一彦の中が痙攣している。蠕動するように絞られて俺も精を放った。


ひとりじめマイヒーロー


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する