FC2ブログ

久しく為さば須らく(2/2)

2014.07.20.Sun.
<前話はこちら>

 車をおりた場所は、自然を利用したアトラクションが売りの地域密着型テーマパークの駐車場だった。看板には第四駐車場と書いてあり、舗装されず砂利のまま。ロープで区切る線がなければただの空き地にしか見えない。
 ここからはアトラクションが何一つ見えない。パークから相当遠いようで、日曜の昼下がりなのに車が2、3台しかとまっていない。

 ほとんど貸切の駐車場で守とキャッチボールを始める。ネルシャツのボタンは留めてはならない。腕を振る動作で胸がはだける。ぴったり肌にはりついたタンクトップ。乳首が透けている。意識すると余計にそこはしこった。
 格好はともかくキャッチボールという健全な遊びをしているのに、俺はずっと勃起させていた。ショートパンツが窮屈で仕方ない。物の形がくっきり浮かび上がっている。

 守の視線はそこへ集中した。ボールを投げながらにやついていた。わざと取れないボールを投げて俺に屈ませるようにした。ショーパンがどんどん食い込む。ボールを取るため守に背を向けて腰を折ったとき、半ケツ状態になった。俺は守の視線を意識していた……

「兄ちゃん、やばい」

 守の声に振り返ると、守は車の陰に隠れて手招きしていた。駐車場の外で犬の散歩をしている人が歩いている。
 俺も急いで車の影へ逃げ込んだ。車越しにその人が通り過ぎるのを待つ。一瞬こちらを見たようだが、俺たちに気付いてはいないのか顔を前に向けて歩き続ける。

「わっ!」

 突然尻を撫でられて思わず声をあげた。

「しーっ!」

 耳元で守が注意する。

「どこ触ってるんだよ」
「お尻。すっごいはみ出てる」

 外へはみ出た部分を守の手が触りまくる。むりやり生地と尻のあいだに指をこじ入れてくる。

「きついな。よくこんなの履けてるね」
「お前が履けって言ったんだろ」
「こっちもすごく窮屈そう」

 守の手が前へまわり、俺の股間に触れた。そこを触られるのは今日初めてだ。体が震えた。

「ねぇ、またここの毛、剃らせてよ」
「ばかっ…駄目に決まってるだろ、せっかく伸びてきたのに…」
「やっぱ毛がないほうが興奮すんだよね」

 円を描くように守は手を動かした。ズボンのなかでペニスがこねくり回される。逃げ場がないほど勃起して前がきつい。

「なぁ、兄ちゃん、また剃っていいだろ?この前みたいに、俺がちんぽ入れてるときにさ。兄ちゃんも剃られるの興奮してたじゃん」

 肩に顎を乗せてねちっこく囁きながら、先の潰れた勃起ちんぽの形をなぞるように触る。焦れったい。早く解放されたい。息子に外の空気を吸わせてやりたい。思う存分手足を伸ばさせてやりたい。もじもじと俺は腰を揺らしていた。

「剃るの、だけは…本当にもう勘弁してくれ」
「ちぇ、つまんねえの」

 守の手が股間から離れてしまった。機嫌を損ねたか、と慌てる俺の胸に手を当てて、タンクトップを尖らせる突起を探り当てるとそこを指で弄りだした。

「んんっ…」

 ビリビリッと神経が逆立つような快感に声が出た。

「すごいね」

 後ろで守が笑う。

「兄ちゃん、ここモロ感だよね。コリコリにしこってるよ」

 タンクトップの上から指で弾いたり引っ掻いたりする。

「んっ、ハァ……ぁ…あっ…」
「女みたいに声出しちゃってさ。いまもまだ彼女と続いてんの?」
「いっ…あっ…あぁ…っ!」
「返事もできない?さっきからずっと腰振っちゃって。ここ、剃ってもいいなら触ってあげてもいいよ」

 乳首は弄りながら、別の手で軽く股間をタッチする。それだけで先端から我慢汁が滲むのがわかった。触って欲しい。服の上からじゃなく、直接。

「あ…あぁ…守……っ」
「なに?剃ってもいい?」

 子供のように無邪気に聞いてくる。剃ればいいのか。剃れば触ってくれるのか。どうせ一回剃ってるんだ。彼女とは会う回数を減らして、セックスする前に帰れば……

「どうなんだよ、兄ちゃん」

 トントン、とノックするみたいに先を指で叩かれた。
 ――あっ、うそ、やば…!

「…ッ…!あっ!…あぁ…ああぁ……!!」
「えっ、なに、まじ?!」

 車のドアに手をついて、俺は体をビクビクと震わせた。
 守が確かめるためにショートパンツのチャックを下ろして中に手を入れる。

「うわぁ、イッちゃってるじゃん、兄ちゃん。そんなに溜まってたの?彼女とヤッてんじゃないの?」

 精液まみれのちんぽを守が外へ引っ張り出してくれた。やっと外気に触れたと喜ぶ余裕もなく、俺は無言でショックを受けていた。どうしてこんなに簡単にイッてしまったのか。絵美とのときは立たせるだけで精一杯だったのに。今日はコスプレの衣装を着たときから半立ちだった。運転中、守に太ももを触られているだけで完全に勃起した。触っていないのに乳首も勃起していた。
 その乳首を弄られながら、ズボン越しにちんぽをノックされただけであっけなく果てた。
 それはもう、なんの努力も必要とせずに、だ。
 なぜだ。なぜ絵美としてるときにそうならなかった。

「兄ちゃんさ、実は俺とヤルの、癖になってんじゃないの?」

 守の二ヤついた声。

「車のなかからずっと勃起させてさ、物欲しそうに俺のこと見ちゃってさ、女じゃ満足できなくなってんじゃないの?」
「違う、そんなこと…!」
「ないって言いきれる?」

 ずるっとズボンが下げられた。尻を撫でる手が秘孔へ達すると、俺はそれだけで膝が崩れそうになった。肛門の周囲を焦らすように守の指がくるくる弧を描く。

「言ってみなよ、ここに守の勃起おちんぽ欲しいって」
「なっ、馬鹿なこと、を」
「ここは待ちわびてるみたいだよ、ヒクヒクしてる」

 爪先がクイと中に入れられた。ゆっくりゆっくり、弧を描く動きを続けながら中に入ってくる。

「ん…はぁ……ぁん…」
「そんなエロい声出しておきながら、まだ強情張るの?兄ちゃん」

 中ほどまで入った指が引き返していく。抜かれてしまう、と思ったら咄嗟に尻を締め付けていた。

「ほら。はやく中に入れてもらいたがってる」

 クスクスと守が笑う。出しかけた指を再び奥へ向かって入れてくる。中で指を曲げ、出っ張った関節の部分で俺のある場所を押し込む。打たれたように俺の体が跳ねた。

「あぁっ!……ん、あぁ!」
「守の勃起おちんぽちょうだいって言って。兄ちゃんのケツマンコに、守の極太おちんぽ注射してって」

 言うたび言葉かわってんじゃねえか!誰がそんなくっそ恥ずかしい台詞言うか。

「ほら、ほら……指だけでまたイッとく?」

 ぐっぐっと前立腺を刺激され続ける。まだ乾いていない俺のちんぽがゆらりと頭をもたげた。ばか、立つな!

「な…んで、今日は……俺なんだよ…っ…!これ、なんのキャラなんだよ…!」

 そうだ。兄ちゃんなんて呼ぶな。キャラの名前で俺を呼べよ。

「これね、アメリカの農場の息子でアンソニー君だよ。兄ちゃんって金髪でも青い目でもないから、アンソニー君にぜんぜん見えないんだよね」

 当たり前だ!お前も毎朝鏡で東洋人丸出しの顔見てんだろうが!

「それに最近、キャラに乗っけなくても興奮できるようになってきたんだよね。俺も兄ちゃんに慣らされちゃったのかなぁ。おっさんの体なのに、勃起する」

 ぐっとケツに熱くて太いものが押し当てられた。勃起した守のちんぽ。キャラ関係なく、俺に興奮して立たせた守の。
 指で弄られている場所がキュンキュンしている。

「ゆ、指、もう、抜け…っ」
「んー?」
「早く、入れろ…!」
「なにを~?」

 間延びした声で意地悪く訊ねる。

「ま、守の……ぼ……き、おちんぽ……」
「俺の勃起おちんぽ?」

 とても繰り返すことはできずに、コクコクと何度も頷く。

「兄ちゃんのケツマンに俺の極太お注射して欲しいの?」
「し、して欲しい……」
「恥ずかしくて死にそうって顔してる兄ちゃん、かわいいと思うよ」

 嬉しそうに言うと、守は指を抜いて熱くて太い注射針を突き刺した。

「ひぅっ……!ん、はぁっ、あ、ん……!」
「もうトロットロだ」
「んぅ…んっ、あぁ……んっ、あぁ……っ!!」

 窓ガラスに映る淫らな自分の顔つき。守のちんぽをぐっぽり咥えこんで喜んでいる。とても直視できない。
 尻に深く穿たれる。守が激しく腰を振る。

「はぁっ、あっ…あぁ……、ま…て……あっ、あぁっ、ゆっくり……ッ!」

 リズムに乗ったピストン運動が繰り返される。
 車にしがみついた。引けた腰を守が引き寄せる。昼間の屋外で俺は弟とセックスしている。

「気持ちいいね、兄ちゃん」
「あっあぁ…んっ……いいっ、あっ、いいっ……あぁん……ッ!」
「イキそう…イクよ…ッ、なかに出すよ…!」
「あっ、なか…っ!」

 絞るように守を締め付ける。奥に熱い迸りを感じて体がゾクゾク震えた。

「えっ、わ、きつ……っ」

 守の焦った声を聞きながら俺もまた射精していた。飛び出したものが黒い車を白く汚す。

「兄ちゃんもイッたの?触ってないのにすごいじゃん。もうこっちでなきゃイケないんじゃないの?」

 無邪気に指摘されるまでもなく、俺はその可能性に気付いて戦慄していた。もし次、絵美と会ったとき、微塵も興奮することなく、一ミリも立たせることが出来なかったら。
 とても自信がない。絵美に会うのが怖い。
 もしかして俺はもう、男とでないと――。

「兄ちゃん、やっぱこの毛邪魔だから剃ろうよ」

 さわさわと守が陰毛を触る。俺は守に翻弄されている。心が揺れている。口蓋に張り付く舌を引きはがした。

「い…っ…いえに、帰ったら……」
「兄ちゃんならそう言ってくれると思ってた」

 そんな手軽な言葉に満足を得る。守の毒が俺の体に行き渡るのも時間の問題だ。


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する