FC2ブログ

君が笑った、明日は晴れ(34/89)

2020.05.06.Wed.
1話前話

 浦野が吐き出したものを手のひらに熱く感じながら、荒い息遣いを耳元に聞いていた。

「はっ、はぁ、山口さん……」
「なんだ」
「やっぱり俺、変だよ」

 余裕のない顔で、浦野が俺の目を見つめる。なんだか色っぽい表情だ。

「今度は何が変なんだ」
「俺、山口さんの、触りたい……」

 うっとり囁くようにいいながら、浦野は俺の股間に手を伸ばしてくる。

「いいでしょ、山口さん」

 布の上からぎゅっと握られたそこは、いつの間にか大きく膨らんでいた。

「お前に出来んのか?」
「うん、たぶん……」

 ファスナーをおろすと浦野は中に手を入れてきた。俺のものを握って「大きい……」と呟く。

「家の人、大丈夫なのか?」
「うん、夜まで親、帰ってこないから」

 口調まで俺の弟に似て来たな。

 浦野は恐る恐るという感じで俺のものを上下に扱いた。ぜんぜん気持ち良くない。

「下手くそ。そんなんじゃ河中に嫌われるぞ」
「そんな……」

 困った表情を浮かべる浦野の手に自分の手を重ね、上下に動かした。

「これぐらいやれよ」
「う、うん……」

 トロ、と先走りが零れてきた。浦野はそれを指に絡め、亀頭全体になすりつけて握った。指で作った輪でカリ首のあたりを上下に刺激する。

「んっ」
「気持ちいい?」

 俺の反応を窺うように見る。

「ああ、その調子」

 顔は緊張に強張っていたが、浦野はほっとしたように小さく笑った。

 コツを掴んだのか普段のやり方を思い出したのか、浦野の手つきが急に自信を取り戻して大胆になった。指で先を刺激された時はみっともなく声をあげてしまった。

「なんか、すごいね、山口さん」
「なにが」
「俺、宮本さんと同じ人種かもしんない。すっげえ興奮してきたもん」

 手を動かしながら浦野がキスしてきた。 舌を絡めながら、俺の顔を見ている。

「山口さん、色っぽい」
「ばか」

 そろそろ出そうだ。ティッシュを数枚引っ張り出し、先にあてた。

「出すの?」
「あぁ」

 浦野にじっと顔を見られながら射精した。 はぁ、と気だるく溜息をつき、 ティッシュで後始末をする。その間も、浦野は俺のことをずっと見ていた。

「なにをそんなに見てんだよ」
「あ、いや、男同士って出し合って終わりなのかなぁと思って」
「さーな。宮本のほうが詳しいんじゃないの」
「あの人に聞いたら何されるかわかんないよ」

 浦野が笑った。笑うとさらに子供っぽくなる。言葉使いもいつの間にか敬語じゃなくなっていたが、それが気にならないのはこいつの子供っぽい言動のせいだろう。

「まぁ、聞いた話だとケツに突っ込むらしいけどな」
「痛くないのかなぁ?」
「案外平気らしいぜ」

 俺はそんなに痛くはなかった。まぁ、河中が気を使って充分ほぐしたせいだろうけど。

「河中、入れても大丈夫かな。あいつ体細いし、壊れないかな」

 あー……、こいつもやっぱ河中を女役として捉えてるのか。実際はあいつ、タチなんだけどな。教えてやるべきかどうか。

「いやぁ、もしかしたらあいつ、入れるほうが好きかもしれないよ」
「えっ、河中が? まさかぁ。あんなに可愛い顔してるのにそれはないよ」

 顔に騙されるな。俺もあの顔に騙されて気を抜いた瞬間、ひどい目にあったんだ。

「そんなのわかんないだろ。俺から見たらお前だって充分可愛いツラしてるよ」
「そうかな?」

 浦野は両手を自分の頬にあて、キューっと唇を尖らせ変な顔を作った。

「ぶっさいくな顔」

 笑ってやった。浦野も笑った。なんだか本当に弟みたいに思えてきた。

 立ち上がって服装を整え、洗面所をかりて手を洗った。浦野も手を洗い、二人揃ってリビングに戻った。

「俺ね、 可愛い顔した奴がいるって聞いて河中を見にいった時から、妙にあいつが気になって忘れられなかったんだ。この前も屋上で宮本さんから僕を取り返してくださいって、河中が山口さんに言ってるの聞いて、なんか嫉妬しちゃって」

 それで河中が好きだと自覚したわけか。いつか戸田が、河中はモテると言っていたけど、本当なんだな。たった一目見ただけで惚れさせるなんて、たいしたもんだ。

「で、お前、どうすんの」
「どうしよう」
「どうしたいの」
「……デートしたい」

 ああ、そうね。

「じゃ、あいつを誘ってみるんだな。そうしなきゃ先には進めないぜ」
「あいつ、OKしてくれると思う?」
「さあね」
「山口さんから誘ってみてよ」
「俺から?」

 想像すると無意識に顔が険しくなった。俺から言い出したら怒り狂うんじゃないかな。どういうわけだかあいつ、偏執的なまでに俺にベタ惚れだからな。

「そういうのは自分で言え」
「うーん、そうだよね。だめもとで1回誘ってみる」

 全身に決意を漲らせる浦野を、俺はただ、微笑ましく思っていた。



関連記事
スポンサーサイト
[PR]