FC2ブログ

君が笑った、明日は晴れ(33/89)

2020.05.05.Tue.
1話前話

 なんか、変な展開になってるな。

  隣に座る浦野が赤く染めた顔を俺に向け、目を閉じている。睫毛が細かく震えていた。

 まずはキスの仕方から教えて欲しい、と浦野が言い出したのだ。……おかしくない? 河中が好きなら、河中相手に練習すればいいんじゃないか?

 頭が混乱する。ここは教えてやるべきか、断るべきか。

「は、早くしてください。俺も恥ずかしいです」

 目を閉じたまま浦野が言った。うーん、ま、いっか、キスくらい。なんて思ったことを俺はのちのち後悔するはめになるのだが、今はそんなこと知らずに、浦野を引き寄せてキスをした。

 舌入れるのかな? 柔らかな唇の感触を確かめながら思っていると、浦野がうっすら口を開いてきた。入れろってことか? こいつ、けっこう大胆だな。

 舌を入れながら薄目をあけた。浦野は固く目を閉じている。ふっと笑うとびっくりしたように浦野が目を開いた。

「息しろよ、窒息するぞ」
「あ、忘れてた」

 かすかに笑った浦野にまたキスした。

「んっ」

 浦野の体が強張った。舌を入れ口腔内をまさぐる。奥で怯える舌を絡めると浦野の吐息が乱れた。

 こんなもんかと顔をはなした。浦野は放心状態でぼうっとしている。

「浦野?」
「あ、はい」

 我に返ったように俺を見た。その途端、真っ赤になって俯く。初心な反応が微笑ましい。律子とキスしたってこんな反応返ってこない。

「こ、今度は俺からしてもいいですか?」

 ずいぶん勉強熱心だ。

「まあいいけど」

 顔をあげた浦野が俺の口元をじっと見つめる。そんなに真剣に見られると恥ずかしい。ゆっくり近づいてきた唇が俺の唇に触れる。こいつ、震えてる。ほんとに今までしたことなかったんだろう。

 ぎこちない舌の動き。そんなんじゃあの河中は満足させられないぞ。浦野を押し倒し、深く舌を絡めてやった。

「ふぅ、んっ」

 浦野の鼻腔をくすぐった声が漏れた。

「ん、あっ」

 俺の胸を押す浦野の腕を掴み、音を立てて更に濃厚なキスをした。

「あっ、や、山口さんっ」
「ん? こんぐらいしないと練習になんないだろ」

 浦野は恥ずかしがって両手で顔を覆った。

「山口さん、俺……」

 震える浦野の声。

「どうした?」

 泣いてないよな? こんなことぐらいで泣くなよ。

「俺、俺……、恥ずかしいです」
「お前が教えてくれって言ったんだろ」
「そうじゃなくて」

 浦野が俺を見る。目は潤んでいるが泣いてはいなくてほっとした。

「どうしたんだ?」
「俺……、勃っちゃった」

 言ってまた両手で顔を覆う。なるほど、それは恥ずかしいな。浦野の股間を見ると確かにそこは膨らんでいた。

「まぁ、よくあることだ。気にするな」

 キスだけで勃起させるなんて俺には嬉しい反応だ。

「山口さん、キスうまいんですね」
「そんなこと言われたのは初めてだけど」

 やっぱり上手いのかな。悪い気はしない。 

 浦野は起き上がってソファの上に座りなおした。正面から俺を見つめてくる。

「も、もう1回、いいですか」
「いいよ」

 浦野が俺の肩に手をおいて顔を近づけてくる。俺も目を閉じ、首を傾けて顔を寄せた。浦野のぎこちなさは相変わらずだが、必死な様子が伝わってきて胸の底に温かいものが灯る。

 ずいぶん長い時間キスしていたが、唐突に浦野が離れていった。

「い、痛い……」

 とパンパンに盛り上がった股間を触って言う。思わず吹き出してしまった。

「出してみ。俺がやってやる」
「でも……」

 前かがみになる浦野の股間に手を伸ばし、ファスナーをおろして中から猛ったものを取り出した。すでに先走りでぬるぬるになっている。ずいぶん我慢していたようだ。

「河中としたいんだろ。これぐらいでうろたえんなよ」

 柔らかな先を揉みしだくように扱いた。

「ふあぁっ」

 浦野はびくっと体を震わた。手を動かしているとだんだん息遣いが荒くなっていく。

「あっ、んっ、ん」

 耐えるような表情を浮かべて、浦野が俺を見つめる。可愛い、単純にそう思ってキスした。浦野もそれに応え、舌を絡ませた。

「山口さん、俺、変……」
「何が?」
「すっげえ、気持ちいい……」

 俺の首に抱きついて夢見るように言う。

「変じゃないだろ。しごかれて気持ちいいのは男なら当然の反応だよ」
「でも俺……おかしくなりそう」
「そんなにいいのか」
「うん、人にしてもらうの、初めて、だから……あっ」

 素直な反応を見せる。

「あぁ、山口さん、俺、もうイク……」

 首に巻きつく腕に力がこもる。

「イッちゃえよ」
「あぁっ、あっ」

 ドクンと大きく脈打ったあと、浦野の精子君たちが勢い良く外に飛び出した。咄嗟に手をかざしたが、わずかに手から零れて浦野のTシャツを汚した。



関連記事
スポンサーサイト
[PR]