FC2ブログ

君が笑った、明日は晴れ(32/89)

2020.05.04.Mon.
1話前話

 休み時間、教室にやってきた河中が、放課後先生に呼ばれたから待っていて欲しいと言ってきた。

 もちろん俺はそれを断った。どうして俺があいつを待たなきゃならないんだ。待ってやれという戸田と、不満そうな顔をする河中を完全無視した。

 今日は静かに帰れる。そんな晴れ晴れした気持ちで放課後、校舎を出た。

「山口さん!」

 しばらく歩いたところで呼び止められた。誰かと思って振りかえったらいつか屋上で宮本に迫られていた1年の浦野が駆け寄ってくる。

「俺も帰るとこなんで、一緒に帰りませんか」

 息を整えながら爽やかな笑みを浮かべる。頬は上気してピンク色。

「今日は河中は一緒じゃないんですか?」
「いつも一緒じゃねえよ」
「そっか、良かった。山口さん、この前のお礼をしたいんで良かったら家来ませんか? すぐそこなんですけど」

 この前の礼? 宮本のことか?

「そんなに気にすんなよ」
「一度山口さんとゆっくり話をしたかったんです。だから来てください。俺んち、そこなんです」

 浦野が指差した先にマンションが建っていた。本当に学校から近いな。

「いや、ほんとに俺は」
「いいから、いいから」

 浦野が俺の腕を掴んで引っ張って歩く。意外にこいつ強引だな。このあと特に予定も入ってないし、暇つぶしで浦野の家に寄ることにした。

 オートロックの入り口を通過し、エレベーターで一気に最上階まであがった。鍵をあけて中に入る浦野に続いてお邪魔する。差し出されたスリッパをはいて広いリビングに通された。

「適当にくつろいで下さいね。俺は着替えてきます」

 と浦野は自分の部屋へ行った。俺は鞄をソファに置いてベランダに出た。14階。目も眩むような高さだが、景色は抜群にいい。風が頬や首筋に気持ち良くて目を閉じた。どこかから野球部らしい掛け声やボールを打つ音が聞こえてくる。のどかだ。

「お待たせしました」

 着替えをすませた浦野がベランダにやってきた。Tシャツにジーンズ。前髪が短いせいか、まだ中/学生に見える。俺は今年中2になった弟を思い出した。

「お前って童顔な」
「あはは。よく言われます。そのせいで宮本さんに目をつけられたし」
「あの人、まだお前にしつこいの?」
「まぁ……」

 と浦野は苦笑した。

「あの人の噂は聞いてたんですけど、まさか自分が狙われるなんて思ってもなかったんでびっくりしましたよ。でも宮本さんの本命って河中なんでしょ?」
「さあ」
「だってこの前屋上の階段で宮本さんと河中を取り合ってたじゃないすか」

 ああ、あのやり取り、こいつ聞いてたのか。そういやこいつも屋上にいたもんな。筒抜けだわな。

「いや、あれは取り合ってたというか。色々事情があってな」
「途中から山口さん、態度おかしかったですけど、河中に何か弱みでも握られてるんすか?」

 こいつ、宮本より鋭いな。確かに俺は途中まではゲームを楽しむような感覚で河中を追い詰めていたけれど、あいつがジョーカーを切ってきたんで形勢が逆転した。あれがなかったら今頃どうなっていたか。今でもそれが悔やまれる。

「宮本に渡すのがかわいそうになっただけだよ」
「山口さん、本当に河中とは何も関係ないんですよね?」
「ねえよ」
「良かった。実は山口さんに相談があって今日来てもらったんです。とりあえず、中、入りませんか?」

 いったい何の相談だ? 嫌な予感がしたが、リビングに戻り、ソファに座った。

「お茶どうぞ」

 浦野がいれてくれたお茶を一口すすって、何を言い出すのか浦野を窺った。浦野は言いにくい様子で、手に持ったコップに視線を落としずっと黙っている。

「あの、山口さん」

 ようやく意を決したように浦野が顔をあげた。

「山口さん、俺、河中を好きになっちゃったかもしれないんです!」

 真っ赤になった顔でそんなことを言う。

「へぇ、あ、そう」
「え、リアクションそれだけっすか?」
「もっと驚いて欲しいのか? 俺も男子校に1年いて免疫できたみたいでさ。そういうの聞いてもあんまり驚かなくなったんだよ。それにあいつはあんな顔してるからな。驚くほどえもねえよ」
「そう、ですか」

 自分ではたいへんな告白をしたつもりだったらしい浦野は、俺の薄いリアクションに拍子抜けしたようで、気の抜けた顔で俺を見る。

「俺、ホモになっちゃったんでしょうか」
「さあな。卒業すれば目が覚めるんじゃないの」
「お、俺、どうしたらいいですか」

 知るか。そう言い捨ててしまうのが可哀相になるほど、浦野は困惑した顔つきで俺に助けを求めていた。俺の弟と重なってなんだか放っておけなくなる。

「お前はどうしたいの」
「俺は……」

 と俯いて自分の指先を見つめる浦野の顔がだんだん赤くなっていく。何考えてんだ?

「か、河中と……デートしてみたいです」

 デートだって。かわいいこと言うねえ。

「デートして、それからどうしたい?」
「え、あ、それは」

 浦野の顔はさらに真っ赤になった。からかい甲斐のある奴だ。

「あいつとエッチなことしたいって思ってる?」

 耳まで赤くなって浦野は俯いた。思ってるってことか。若い男だもん、そりゃ仕方ないよな。やりたい盛りだもんな。気持ちはわかる。

「でも、俺、男同士ってどうやるか知らなくて……」
「女とやるのとそんなにかわんないらしいよ」

 実際したことあるけど、それを言う必要はない。

「女とも、まだ」

 あら、こいつ童貞か。まぁ、まだ高1だからな。

「あ、あの、山口さん、俺にどうするか、教えてくれませんか!」

 いやに真剣な顔で浦野が言った。教えるって、何を? どうやって?




関連記事
スポンサーサイト
[PR]

新しいお楽しみ(4/4)

2020.05.04.Mon.


 青年はもう諦めたのか、抵抗する気力もないのか、なすがままに揺さぶられている。グズグズ鼻を鳴らす様子は幼くて、ちょっと可愛いなんて思ってしまった。

「へえ、小田信長くんって言うんだ? お父さんは織田信長のファン?」

 壁のおじさんは暇になったのか青年の鞄をあさり、財布から免許証を出して見ていた。

「小田信長なんて名前、俺だったらプレッシャーだな」
「自己紹介するとき恥ずかしくないの?」
「絶対からかわれるでしょ?」

 痴/漢されてレ/イプされた上、名前まで弄られるなんてちょっと同情する。俺も歴史の授業で戦国時代を習ったときは明智という名前のせいで「裏切者の」という枕詞が名前の前についた。だから気持ちは少しわかる。

 そういえば、大人になってからもそんなしょうもないことを言ってくる奴がいたな。あれはうちの部長だ。酒の席で「だいたい明智なんて苗字は信用ならないんだよな」と言ってきた。戦国武将好きで好きあらば戦国語りを始める。説教にも戦国武将を絡めてくるから女子社員からはかなり疎まれている。

 うん? あれ? 名前、なんつったっけ? 免許証を見せてもらった。小田信長。部長と同じ苗字。まさか、そんな偶然あるわけ……。

 眼鏡のおじさんは青年の腹に精液をぶっかけると三人目のおじさんと入れ替わった。おじさんは青年を後ろから犯した。

「ううっ、あっあっ、も……無理っ……やめ……ああっ」

 ブルンブルン揺れる青年のちんぽ。もしあれが本当に部長の息子だったとしたら? ブルッと体が震えた。武者震いだ。

 三人目のおじさんは青年の尻に精液をかけた。もうイカ臭くってたまらない。さすがに匂いで周りにバレそうだが、今はもうそんなこと気にしてられない。

 日頃俺をいびってくる部長の息子が彼だとしたら。俺にとってこれ以上の獲物はない。

 彼をこちらに向かせた。子供みたいに涙でグズグズの泣き顔。俺を見て不安そうにしゃくりあげる。

「お父さんに見せてあげたいね、君のこの姿」

 自然と言葉が口にでた。言葉責めなんかじゃなく、本心から出た言葉だった。息子がよってたかって男から凌辱されている姿を見て、あの部長はどんな反応を見せるだろう? こんな状況でも戦国武将に喩えられたら尊敬してやるんだけど。

 思わず笑った。唐突に笑った俺を青年が怯えた目で見る。

「俺のちんぽの味、どんなだったかお父さんに教えてあげなね」

 青年を前から犯した。すでに三本のちんぽで拡張されているにも関わらず、彼のなかはきついままだった。中は火傷しそうなほど熱く、奥はおじさんが出した精液が残っていて出し入れするたび絡みついて音を立てる。

 痴/漢グループの仲間に加わって半年。今まで手を出してきたどの男より彼が一番興奮した。

「もおやめっ……! ああ……あっ……!」
「こっち向いて。キスしよう」
「いやに決まってんだろ……!」

 顎を掴んで無理矢理口を合わせた。抵抗するだけ無駄だと学んだのか、舌を入れてもされるがままだ。内部と同じく熱い口腔内で、彼の舌を絡め取り強く吸った。

「んっ……ふう……ぅ……んぅ……」

 おじさんたちに乳首をつねられて中が締まる。ビクビク俺を締め付けてくる。

「気持ちいい?」
「……く、ないっ……」
「何回もイッてるのに? 俺と一緒にイこうよ」
「……に言ってんだよ……っ」
「かわいいね。君、すごくかわいい。酷いことしてごめんね」

 優しい言葉をかけてやると青年は窺う目を俺に向けた。他の中年親父たちとは違うと思ったのかもしれない。ちょろい。

「俺で最後だよ。だからもうちょっと頑張ろう?」
「ほんとに……あんたで、最後……?」

 怖々周りを見渡す。生温かい目で見守るおじさんたちは頷いた。青年の顔に安堵と希望。

「早く終わらせたいだろ? だったら、どこがどう気持ちいいのか正直に言って。そしたら俺も早く終わるし、君も気持ちよく終れる。わかる?」

 早く終わらせたい一心だろう。青年は頷いた。

「じゃあ、正直に、ね」

 ピストンを再開した。

「俺の首にしがみつてごらん」

 青年は戸惑いながらも素直に言葉に従った。俺の首にしがみつき、気まずそうに顔を背ける。その頬へキスする。

「キスしよう。俺、キスしながらだと早く終わるんだ」

 一瞬嫌そうな顔をしたものの、青年はおずおず唇を重ねてきた。薄く開いた口に舌を差し込む。

「俺らとシタときよりずいぶん素直じゃねえか」

 最初に犯したおじさんが面白くなさそうに鼻を鳴らす。

「そりゃ兄ちゃんもくたびれ中年より若い男のほうがいいもの」
「犯されまくって身も心も女の子になっちまったんだろ」
「ちんぽのでかさじゃ負けてねえぞ」
「ちんぽみてえな顔しやがって何言ってんだ」

 下品な会話に笑いが起こる。聞きたくないのか青年は一心不乱に俺の舌を貪る。両足を抱えあげ、駅弁スタイル彼を抱いた。重さを感じないのは、後ろのおじさんたちの協力のおかげだ。

 落ちないように彼が強く抱きついてくる。

「ふぅ、んっ、あっあっあっ」

 突き上げるたび可愛い声を漏らす。

「信長くん」

 名前を呼ぶとうっすら目を開けた。

「気持ちいい?」

 躊躇ったあと頷く。

「このへん?」
「んっ、ちがっ……」
「じゃあ、このへん?」
「うっ、んんっ、そこっ」
「ここかあ。じゃあここを目いっぱい擦ってあげる。だから信長くんも、おちんぽ気持ちいいって言ってくれる?」

 コクコク頷く。仕草まで幼/児返りしたみたいだ。部長の息子かもしれないっていうのに、可愛い。

「あっあっ、そこ……ッ、気持ち、いっ……」
「オマンコ気持ちいい?」
「気持ちいっ……おまん、こ……ああっ、あっ」
「俺のちんぽは好き?」
「好きっ……ちんぽ……うう、俺……イキそうっ……もう……イクッ」

 腹の間で彼のちんぽが爆ぜた。何度もイッたせいで量は少ない。さすがに疲労困憊の様子で、彼はぐったりと放心状態だ。

 顔にぶっかけフィニッシュと迷ったが、結局中出ししてやった。もう文句を言う元気もない彼は支えを失うと床にペタンと座り込んでしまった。

「ありがとう。気持ちよかったよ。最後にきれいにしてくれる?」

 残滓滴るちんぽの先を彼の口元へ持って行く。嫌がる素振りを見せたが「これで本当に最後だよ」と言うと、観念した様子で先端に口をつけた。チュッチュと啜って、亀頭をペロペロと舐める。部長の息子に生中出しして、お掃除フェラもさせてやった。当分ズリネタには困らないだろう。

 周りのおじさんたちは彼を引っ張り立たせると服の乱れを直し、つり革を掴ませてやった。次の停車駅で、彼を残して全員が下車した。

⋤⋥⋤⋥⋤⋥⋤⋥

「明智! またミスしてるじゃないか!」

 部長が大声で俺を呼ぶ。最近部長の機嫌が悪い。なんでもコネで入れた会社を息子がずっと休んでいるらしい。顔を潰された、とご立腹なのだ。

「すいません、すぐに訂正します」

 書類を受け取ろうとしたら、さっと上へ躱された。

「やっぱりお前には安心して任せられないから他の奴に頼む。名前からして信用できないんだよ、お前は」

 シッシと俺を追い払う。こんな扱いを受けても気にしない。

「そういえば、息子さんの信長くんは元気ですか?」
「知らん。ずっと部屋にこもってる。五月病にはまだ早いって言うのに、まったく。うつけの真似は学生の間で充分だ」

 おっと。勝手に頬が緩んでしまい、慌てて引き締めた。部長に頭をさげ、踵を返す。

「そういえばお前に息子の名前なんて教えたか?」

 振り返り、俺は満面の笑顔で頷いた。
 


関連記事