FC2ブログ

君が笑った、明日は晴れ(31/89)

2020.05.03.Sun.
1話前話

 先輩に引きずられるように階段をおりた。足がもつれて倒れそうになった時は、先輩の強い力で人形のように引っ張りあげられ、滑り落ちるように下までおりた。

 昼休みの終わりを告げるチャイムが聞こえたが、先輩は気にするふうもなく校舎を出る。

「あ、あの、先輩」

 僕の声も無視して、誰もいない中庭を突っ切り、裏手の体育倉庫に向かった。

 ようやく解放されたが、今度は体育倉庫の壁に体を押さえつけられた。

「ずいぶん舐めた真似すんじゃん」

 間近に目を覗きこんでくる。血の気のなくなっただろう顔で僕は先輩を見上げた。先輩は不気味に笑っていた。

「携帯出せ」
「は、はい」

  ポケットから携帯を取り出し、震える手で先輩に渡した。僕は心底びびりまくっていた。

 先輩は何度か携帯のボタンを押し、顔をあげた。

「この一枚だけか?」
「はい」
「本当か?」
「はい、本当です」
「河中君、覚悟できてるよね」

 またニッと笑う。先輩、完全にキレてる。

「ま、待ってください! 先輩だって悪いんですよ、僕を宮本さんに譲るとかそんな取引勝手にしないで下さい! 僕だって自分を守るためなら何でもしますよ!」
「ほぉ、この俺を脅すことも辞さないというわけね」
「そうです。先輩、どうして僕を宮本さんに譲るなんて言い出したんですか。そんなに僕が嫌いですか」
「嫌いじゃねえよ」
「えっ」
「お前が宮本に追い掛け回されてりゃ、俺のまわりも少しは静かになるんじゃないかと思って、思い付きで言っただけだ」

 思いつき……。力が抜ける。そんな理由で僕はずいぶん危険な綱渡りをさせられた。感情のことだけを言えば一度は死んだくらいのショックを受けた。それも全部思い付きの発言だったなんて、人を馬鹿にするにもほどがある。

「お前、タチってやつなんだろ。あいつもきっとそうだから、お前があいつに落とされるなんて思っちゃいねえし、まぁ、そうなったとしてもそれはそれで面白そうだしな」

 先輩は本当に楽しそうにニヤッと笑った。

 額に手をあて、僕は溜息をついた。

「先輩、もし、僕が宮本さんに襲われたら、僕は自分がタチだと説明します。そうなったら宮本さんは先輩がウケだと思うでしょうね。それでもいいんですか。今度は先輩が宮本さんに狙われるかもしれませんよ」
「ん」

 それは嫌だ、というふうに先輩は顔を顰めた。まったくこの人は。学校で僕と先輩はデキてるって皆から思われてると知らないのかな。見た目から僕がウケだと思われているみたいだけど、実際はその逆。僕が誰かに襲われたらそれが露見するんだって自覚、まったくないんだから。

「僕は自分の身を守るためなら先輩がウケだってこともバラしますからね」
「わかったわかった、そう怒るなよ」

 子供をあやしつけるように、僕の頭をポンポンと叩く。

「子供扱いしないで下さい」

 その手を振り払うと、先輩は肩をすくめてチラリと笑った。あ、今の笑いかた、好き。って見とれる場合じゃない。どうしてこんな状況なのに先輩の小さな動作にまでドキドキしてしまうんだろう。僕って本当に先輩にベタ惚れしてるなぁ。

「画像を消さずに残していたことと、それで先輩を脅したことは謝ります。でも先輩も、もう二度と僕を宮本さんにのしつけてやるなんて言わないで下さいよ」
「わかったって、しつこい奴だなぁ」

 先輩は壁にもたれ、穏やかな顔で空を見上げた。

 気のせいかな、さっきから先輩の機嫌がいいように見える。あんなことのあとなのに、どうしてだろう。僕の勘違いかな。

 戸田さんが、少しずつ先輩が僕に優しくなっていると言っていたけど、このことなのかな。

「先輩、怒ってないんですか」
「携帯のアレを見せられた時は頭に来たけど、必死なお前を見てるのは楽しかったよ」

 楽しかったんですか。先輩ってほんと、何考えてるかわからない。

「先輩、五時間目、どうします?」
「戻りたかったら戻れば」

 そ、それって僕も一緒にいていいってことだよね。嘘みたい。機嫌がいいせいか、先輩が妙に優しい。

「先輩、暑くなってきましたね」
「そうだな」
「もう、夏ですね」
「そうだな」
「先輩、好きです」
「ばーか」

 呆れたように笑う先輩に抱きついてキスしたい。

 今回のことで、先輩が僕に1ミリの好意も持っていないことがよくわかった。好きになったらやっぱり相手からも同じ気持ちを返してもらいたいと思うのは、ごく普通の感情だ。

 僕も先輩に好きになってもらいたい。心も体も全部、僕で占められるほど、僕のことを好きになってほしい。

 いま僕の新しい目標が定まった。



関連記事
スポンサーサイト
[PR]

新しいお楽しみ(3/4)

2020.05.03.Sun.


 いつものおじさんに視線を戻すと、いつの間に出したのか手がローションまみれだった。その手が彼の股の奥を撫でる。濡れた感触に、彼はむりやりディープキスをされながら目を股間へ向けた。

「んめ……ん、ううぅ……やめろっ……んふぅ」

 舌を吸われてまともに喋ることもできない。喋れたとしても、おじさんたちがやめるわけがない。

 ローションまみれの手でおじさんは青年の肛門を弄っていた。見えやすいようにおじさんたちが青年の腰を高く掲げる。ケツの穴も丸見えだ。そんなところ他人に、まして大勢の知らない中年親父に見せたことなんか人生で一度もないだろう。そこをおじさんの武骨な指がクルクル円を描きながらローションを馴染ませている。皺の一つ一つにまで行き渡らせると、つぷり、と指先を入れた。

「やめっ……入れんな……ッ!!」

 青年は目を見開いた。ディープキスのせいで唇だけじゃなく顔中唾液まみれだ。

「こっちは初めてか?」
「当たり前だろっ」
「天国見せてやるからな」
「ふざけんな! あっやめ……入れんなっ、抜けよ! 離せ……あっ、くそっ……抜け、それ以上入れんな……!!」

 ずぷぷ、とおじさんの指が一本、根本まで入った。彼もそれがわかったのか一瞬情けない表情を見せた。

「キツキツだな。さすが処女ケツマンコだ」
「抜けよっ、ぶっ殺す、絶対ぶっ殺してやるからな!」
「いつまでそんな大口叩いてられるのか見物だな」

 おじさんたちは冷笑を浮かべた。

 ローションを注ぎ足しながらおじさんは指を出し入れする。他のおじさんたちもただ見てるだけじゃなく、乳首を弄ったりちんぽを扱いたりしている。俺だったらとっくに降参して泣きを入れてる。なのに彼はまだ悪態をつく元気があった。

「このっ……変態ジジイッ……あ、くっ……ざけなん……ッ」

 とは言え、刺激され続けた乳首はぷっくり立ちあがり、さっき射精したばかりのちんぽも再復活を遂げてそそり立っている。またそろそろイクんじゃないだろうか。彼は健気にもずっと怒りの表情で周りを睨みつけている。でも快感の波でその表情が崩れる瞬間があった。泣きそうに眉を下げ、弱音を漏らしそうに口がうっすら開き、許しを請うような目でおじさんを見る。その時の彼の表情は壮絶にエロかった。

「時間もないし、このくらいでいいか」

 呟くとおじさんは指を抜いた。それを解放を勘違いした青年の顔に安堵が浮かぶ。これが絶望にかわる瞬間はすぐに訪れた。おじさんが自分のベルトを外し、使いこまれた勃起ちんぽを出したからだ。それをぎゅっぎゅと扱く。まだ終わっていないこと、これからされることを悟って彼の目から光が失われた。

「嘘……だろ、いやだ、勘弁してくれよ……」

 弱々しく彼が言う。もう悪態をつく余裕もない。大きくなっていくおじさんのちんぽを、悲痛な顔つきで見ている。

 その顔を待っていたかのようにおじさんは満足げに笑った。彼の腰に手をそえ先端をあてがう。

「やめっ……まじでそれは……!」
「クソをひりだすしか使い道がなかったココを立派なオマンコにしてやるからな」
「嘘っ、やめ……やめろっ、そんなもん入れんな──ッ!!」

 おじさんは腰を引きよせながら容赦なく奥まで串刺した。彼が鋭く息を吸い込む。その重量感や圧迫感に目を白黒させる。

「さすが処女マンコだけあってきついな。遊んでそうに見えたが、こっちはちゃんと清純だ」

 おじさんの言葉にまわりから笑いが起こる。雄としてのプライドをズタズタに傷つけられた青年の目は真っ赤に充血していた。よく見ると睫毛が濡れて束になっている。

 おじさんが腰をゆさゆさ揺さぶる。おじさんたちに抱えられて宙に浮いている青年の体もそれに合わせて揺れる。

「俺の極太ちんぽは最初は苦しいだろうが、馴れたら我慢汁が止まらなくなるくらい良くなるからな。それまでは辛抱しなよ」
「んっ……うっ、うぅ……っ」

 彼は唇を噛んで呻いた。今は初めての挿入で異物感しかないだろう。優しいおじさんたちはそれを少しでも和らげてやるために乳首やちんぽだけじゃなく体中を愛撫してやった。

 しばらくすると嫌悪ではない腰のうねりを見せ、苦痛ではない声を聞かせるようになってきた。扱かれたり舐められたりしていたちんぽはバキバキに勃起していまにも爆発しそうだ。二度と射精しないと言った手前、射精したくてもできない葛藤が手に取るように伝わってくる。

「ん、もおっ……やめっ……う、あっ……」
「俺のザーメンをお前の奥にぶっ放してやるまで終わらねえよ」
「はあっ……あ、ああっ……もう……勘弁してくれよっ」
「やっと可愛いことが言えるようになってきたな?」
「くそっ……ちんこ触んな……っ」
「イッてもいいんだぞ? 大勢に見られながら無理矢理ヤラれるのが好きな変態マゾ野郎だって認めるんだな?」
「誰が……っ」
「いつまで強情はってられるかな」

 おじさんの腰の動きが大胆になった。ブチュグポッと音を立てながら高速鬼ピストン。彼の様子を見ながら微妙に角度や深さを変えている。苦痛の表情で耐える彼が見せたわずかな異変。ある場所を突かれるたび腰をピクンッと跳ねあげた。

「ここがお前のいいところか?」

 それを見逃すおじさんじゃない。見つけた場所を重点的に擦りあげる。

「んんっ、あっあっ、め……やめ、ろっ!」
「ここがお前の性感帯、前立腺だ。なんで男のケツ穴にそんなもんがあると思う? こうやってちんぽ突っ込まれて気持ち良くなれるようにだ。神様がそうしてくれてんだからお前も素直に感じとけ」

 おじさんが青年のちんぽを扱いた。

「やめっ! あっ、や……っ……くううっ」

 数回擦られただけで青年は射精した。無防備なイキ顔を晒しながら、ザーメンを撒き散らす。

「もう射精しないんじゃなかったのか?」
「俺たちに見られながら中年極太ちんぽで前立腺擦られてアクメ決めてんじゃねえよ」
「やっぱり変態マゾ野郎じゃないか」

 四方から辱めを受けて、さすがの青年も理性を保てなくなったようだ。口を震わせながら泣き言を漏らした。

「もお……充分、だろっ……離せよっ……はなせ……頼むよお……っ」
「まだまだ。第一俺がまだイッてないんだぜ。むしろ今から本番だ」

 おじさんが腰を振る。電車の走行音に紛れてパンパンと肉を打つ音が響く。おじさんたちの壁にその音は吸収される。彼の嗚咽も外へは漏れない。

「よおし、イクぞ、イクぞっ」
「覚悟しろよ。安さんのザーメンは量がすごいからな」
「嫌だっ……中は……やめ、勘弁してくれよおっ」

 安さんと呼ばれたおじさんは、青年の腰をがっちり抱え持ち、最奥へちんぽを突っ込むと動きを止めた。青年が歯を食いしばる。その目尻から涙が一滴零れた。

「一週間前にお前に逃げられてからずっと探し回ってたんだ。他の仲間に協力まで頼んでな。お前を見つけるまでオナ禁だったから、今日の中出しは格別だよ」

 おじさんはずるりとちんぽを抜いた。まだ穴が閉じ切らない精液まみれの充血した青年の尻穴は見ているだけで射精しそうなエロさだった。

「はあっ……はあ、はあ……も……い……だろ……っ……」

 息を荒くして、青年が息も絶え絶えの様子で言う。

「次は俺の番だ」

 眼鏡のおじさんが彼の前に立った。天を睨む長大なちんぽを見て青年が言葉を失う。見開いた目から大粒の涙が零れた。

「なんでっ……もう嫌だっ……勘弁しろよおっ……頼むから……お願い、お願いします!」
「お前も気持ちよかっただろ? 見ろよ、二回もイッたくせにまた勃たせてるじゃないか」

 おじさんの言う通り、青年のちんぽはそそり立ち腹にくっつきそうだった。自分でも信じられないのか認めたくないのか、青年はゆるゆると首を振る。

「俺を入れてあと三人。終わる頃には、ケツマンコにちんぽハメなきゃ物足りない体になってるよ」

 嘲笑うと眼鏡のおじさんはちんぽを突っ込んだ。近くにはもう一人の顔なじみのおじさんがいる。どうやら最初に彼に目を付けた俺たちを優先させてくれるらしい。あと三人ということは俺も頭数に入っているようだ。ラッキー!



関連記事