FC2ブログ

君が笑った、明日は晴れ(30/89)

2020.05.02.Sat.
1話前話

 開いた屋上の扉から先輩の姿が見えた。僕と宮本さんを見て驚いた顔をする。

「宮本さん、何してんの」

 口の端をあげて先輩が笑う。

「お前にはもう関係ねえだろ」
「そうだけど、無理矢理ってのはフェアじゃないね。こいつ、さっき悲鳴あげてなかった?」

 先輩、僕のこと少しは心配してくれたのかな。半ばそれを祈る気持ちで見上げる。

「おまえに会いたくないから屋上に行くのを嫌がってたんだよ。俺が何かしたわけじゃねえ」
「俺に会いたくない?」

 先輩がいぶかしんで僕を見る。

「先輩、僕が鬱陶しいから宮本さんに譲ったって、本当なんですか」
「本当だけど」

 首を傾げて先輩は笑う。どうしてそんな顔して笑えるんですか。そんなに僕が嫌いだったんですか。

「俺の言った通りだろ」

宮本さんが追い打ちをかける。

「お前も宮本さんにイロイロ教えてもらえよ」
「!」

  僕は弾かれたように顔をあげ、ニヤニヤ笑う先輩を見た。僕が先輩を犯したから僕も同じ目にあえばいいと思ってるんだ。それも楽しそうに笑いながら! そりゃ僕のしたことは許される行為じゃないけれど、だからって宮本さんにのしつけてまで僕を引き渡さなくたっていいじゃないか。

 あんまり怒りすぎて僕は一線を越えてしまった。開き直った、というべきか。

 悪魔の笑みを浮かべる先輩を静かに睨みながら、僕はポケットから携帯電話を取り出した。宮本さんが先輩のほうを見ている間に操作し、呼び出した画像を先輩に見せた。

 先輩がそれを見て、顔色をかえた。

「それ……っ!」

 宮本さんが振り返る前に携帯を後ろに隠した。静かにポケットにしまう。形勢逆転ですね、先輩。今度は僕が悪魔の笑みを浮かべる番だった。

「先輩、もう一度宮本さんに言ったこと、今ここで聞かせてくださいよ」

 歯を食いしばって先輩が僕を睨み付ける。

 さっき見せたのは、縛られて勃起した先輩の写真。この前携帯で撮った画像だ。

 僕はそれを一枚残したままでいた。こっそり僕のオカズ用に。それが今こんな形で役に立つなんて思わなかった。

「なんだよ、急に。二人ともどうしたんだ?」

 僕と先輩の態度がおかしいことに気付いた宮本さんは、わけがわからず間に立って首を左右に振った。

「河中、てめえ」

 食いしばった歯の間から呪詛のように僕の名前が紡がれる。もう怖くない。開き直った人間は恐怖を感じないんですよ、先輩。

「先輩の詰めが甘いせいですよ。きちんと確認しなきゃ」

 携帯の画像を消しておけ、としか先輩は言わなかった。ハイ、と返事をした僕の言葉を信じた。僕だってこんなふうに利用するつもりはなかったけれど、先輩がそういう態度でくるなら僕だって自衛しなきゃ本当に宮本さんに犯されてしまう。僕はタチだし、第一宮本さんはぜんぜんタイプじゃない。相手にしたって勃たないよ。

「先輩、僕を宮本さんに譲ったりなんかしませんよね?」
「何言ってる、河中。こいつはお前が鬱陶しくて仕方ないって俺に言ったんだぞ」
「宮本さんは黙ってて下さい。ねえ、先輩、宮本さんから僕を取り返してください。俺には河中が必要だって、宮本さんにはっきり言って下さい」
「はは、何言ってんだよ、河中……」

 一人事態が飲みこめていない宮本さんが力なく笑う。いきなり強気な発言をする僕の頭がおかしくなったと思っているのかもしれない。

 僕と先輩は宮本さんを無視してしばらく睨みあった。どちらが先に目を逸らすかはわかっていた。だから僕は余裕で先輩の視線を受けることが出来た。

「……くそっ」

 案の定、先輩が先に目を逸らした。

「てめえの勝ちだ、河中。お前がそこまでする奴だとは思わなかったよ」
「僕もです。自分で自分が信じられません」
「なんの話だよ?」

 きょとんと宮本さんが僕と先輩の顔を交互に見る。

「宮本さん、悪い、さっきのナシ」
「はぁ?」
「これはあんたにやれない。こいつはもうしばらく俺が預かる」

 完全に物扱いの言い方だけれど、先輩が口にするとなんだかゾクッとする。僕ってMの気もあるのかな。

「今頃何言ってんだよ。こいつが鬱陶しいから引き受けてくれってお前が言ったんだろうが」
「ちょっと事情がかわってね。俺もこいつに用事が出来たんすよ。それが済んだら煮るなり焼くなり犯すなり切り刻んで海に捨てるなり、あんたの好きにすりゃいい」

 後半、先輩の願望じゃありませんでしたか? このあと僕、殺されるかもしれない。

「なんだよ、用事って。お前らなんか様子おかしいぞ」
「悪いね、宮本さん。河中、来い」

 先輩が僕の腕を掴んで階段を下りて行く。指先が腕に食い込んで痛い。怒ってる。先輩、めちゃくちゃ怒ってる。

 思わず助けを求めるように、振りかえって宮本さんを見てしまった。



自惚れミイラとり 1

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

新しいお楽しみ(2/4)

2020.05.02.Sat.
<前話>

 仕事をしていても、ふと思い出すのは逃がした新入社員の彼のことだ。あいつのちんぽを扱いてイカせたかった。俺のちんぽを突っ込んでめちゃくちゃ突き上げて泣かせたかった。

 この一週間、毎朝電車のなかで彼の姿を探したが、同じ時間の同じ電車には乗っていないようだった。あんなことがあったのだから当然だろう。妙なのは痴/漢グループのおじさんたちもあれ以来見かけなくなったことだ。

 青年が仲間を連れて報復にくる可能性を考えて、おじさんたちも時間をズラしているのかもしれない。狭い満員電車を一歩出たら、おじさんたちはうだつの上がらない中年男性に成り下がる。恐れ知らずの陽キャの反撃にあったらひとたまりもない。

 俺もしばらく退屈な通勤電車を我慢するしかなさそうだ。

「明智! こっちへ来い。この書類、数字がおかしくないか?」

 小田部長に呼ばれて慌ててデスクへ駆けつける。指摘された場所は確かに数字の入力ミスがあった。逃した魚のことを考えながらしていたせいで、つい打ち間違えてしまったようだ。

「ちゃんと見直したのか? いまだにこんな初歩的なミスをして給料満額もらう気か? この程度、新入社員だって間違えないぞ。俺の息子も今年新社会人になったんだが、お前より使えるよ。給料泥棒だって言われないように、せめて新入社員よりは仕事してくれよ」

 皆に聞こえるような大声で嫌味を言う。こいつは何かと俺を目の仇にする。性格が悪くて人望がない。上に取り入る能力だけで部長になったような奴だ。こいつのほうこそ給料泥棒じゃないか。

 謝罪し、さらなる嫌味を背中に受けながら自分のデスクへ戻った。むしゃくしゃする。なにかで発散しないとおさまらない。明日は俺一人で痴/漢してみようか。おじさんたちのやり方は見ていた。1人でもうまくやれるはずだ。

 ⋤⋥⋤⋥⋤⋥⋤⋥

 明朝。獲物を物色しながら電車を待った。やってきた電車に乗り込むと馴染みの顔がいた。眼鏡のおじさんは俺と目を合わすとついて来いと小さく顎をしゃくる。こんな合図を俺に寄越してきたのは初めてだ。心躍らせながら言われた通り扉付近に立つ。他のおじさんの姿はない。どこだ?

 次の駅についた。おじさんが電車を降りたので俺も慌ててあとを追った。ホームを歩きながら「遅刻することになるがいいか?」と小声で言う。俺は頷いた。ストレス発散のためなら多少の遅刻なんか気にしない。

 乗り換えの通路を他の通勤通学の客たちに紛れて歩く。××線のホームに出て、おじさんは俺に目配せした。次にやってきた電車に俺たちは乗りこんだ。

 乗車してすぐ気付いた。いつものおじさんたちがいる。今日は別の路線に出張痴/漢するらしい。獲物は誰だ? 見渡すと、驚きの顔があった。

 一週間前に逃がした魚。音漏れの新社会人。痴/漢されないようにわざわざ路線を変えたらしい。なのにおじさんたちに見つかってしまうなんて不運というか、見つけ出したおじさんたちの執念には舌を巻く。

 青年に再会できた喜びで気付くのが遅れた。青年の顔色が悪い。怯えたような目を周りに向け、唇を強く噛みしめている。もう始まっているようだった。

 いつの間にか眼鏡のおじさんは青年の横へ移動していた。俺も近づきたいと人波をぬって進む。なぜかすんなり道が開いて青年のそばまで来られた。

 おじさんたちにぎゅうぎゅうに囲まれた青年は、もうすでにズボンをずらされ、ボクサーパンツ越しにちんぽを扱かれていた。今日は紫のボクサーだ。いつから揉まれていたのか先っぽのあたりは大きな染みができている。

「はな、せ……よッ……クソッ、やめろっ」

 腰をくねらせ身を捩る。青年は両手を後ろの誰かに拘束されていた。突き出した胸にいつものおじさんの手が伸びる。

「乳首、触られるのは好きかな?」

 シャツ越しに乳首のあたりをツンツンと突く。彼は腰を引いた。殺しそうな目でおじさんを睨みつける。

「触んな変態!」
「この前は逃げられちゃったけど、今日は逃がさねえからな」

 ひとつずつボタンを外し、ワイシャツをはだけさせた。アンダーシャツの下から現れた青年の肌は日焼けしておらず白い。そこにポツンと佇む小さい乳首。おじさんは指先でそれを弾いた。

「やめろって言ってんだろ!」

 青年が声を荒げる。慌てて周囲を見渡した。取り囲む乗客が全員こちらを見ていた。まずい。今度こそバレた。俺は焦りまくってるのに、おじさんは楽しげな表情で青年のネクタイを外している。こいつらと一緒に身の破滅はごめんだぜ。逃げ道を探す俺の目の前で腕が一本伸びてきた。それが青年の口を塞ぐ。

「出すのは可愛い喘ぎ声だけにしてくれよ」

 無関係だと思っていた乗客の一人が言った。まさかこいつも仲間?!

「大きな声出しても無駄だぞ。お前のまわりにいる連中、全員俺たちの仲間だからな」

 いつものおじさんがニヤリと笑った。青年が大きく目を見開く。彼を取り囲むおじさんたちの数は二十人以上。心得た手練れたちは他の乗客から俺たちを見事に隠していた。

 一瞬は茫然とした彼だったが、すぐ我に返って力の限りに抵抗した。手の拘束が緩んだが、かわりに羽交い絞めにされただけだった。

 アンダーシャツはたくしあげられ、観客に見せつけるようにゆっくりパンツもおろされた。完全に勃起したちんぽがおじさんたちの目に晒される。これで何人の女を泣かせてきたのか、立派な勃起ちんぽだった。

 くぐもった声で彼がなにか叫ぶ。怒りと羞恥で顔は真っ赤だ。そんなに興奮したら血管が切れるぞ。

 彼は羽交い絞めにされているのを利用して足を浮かせた。その足でまわりの痴/漢共を容赦なく蹴りつける。この状況でも諦めない気の強さ。早くちんぽを突っ込んで泣かせてやりたい。

「じゃじゃ馬め」

 初めて見る顔のおじさん2人がヤレヤレって呆れ顔で青年の足を掬いあげた。俺だったら恥ずかしくて死ねるご開帳スタイル。こんな展開は予想外だったようで青年は狂ったように身を捩った。

「わかったわかった、一回イカせてやるから。な。そしたらおとなしくしろよ」

 いつものおじさんは大開脚している青年の前に立つと萎れかけのちんぽを口に咥えた。

「んんんっ!!!」

 目玉が零れ落ちそうなほど青年は目を見開いた。泣きそうに顔を歪め、嫌々と首を振る。AVみたいに、おじさんはジュボジュボ音を立てながらちんぽをしゃぶった。唾液に陰茎が濡れ光っているのが見える。あんまりうまそうにしゃぶるから、俺もちょっとしゃぶってみたくなった。

 ちゅぽん、と口から出したと思ったら、今度は竿を手で扱きながら鈴口に舌の先を捻じ込ませた。トロトロ溢れるカウパーをチュッチュと啜りあげ、また亀頭全体を口に含んで高速で上下にフェラピストン。

「んんんっ、んふうぅっ、うううっ」

 苦しそうに眉間にしわを寄せて青年が呻く。あんなフェラされたら嫌でも出しちゃうよな。ちょっと羨ましく思いながら、彼の射精の瞬間を待った。

「んふうぅっ、ううっ、んんんっ……!」

 ぎゅっと彼の体に力が籠る。強く閉じた目。震える睫毛。暴れるせいで真っ赤に上気した頬。射精し終わったのか、うっすら目を開けた彼は自分の股間に吸い付くおじさんから目を逸らした。さっきまでの威勢は消えている。もう騒がないと判断したのか、口を塞いでいた手が離れていった。強く押さえられていたらしく口周りが真っ赤になっている。

 青年が出した精液を一滴もこぼさず飲みこんだおじさんは、口を舐めながら青年の頭を撫でた。

「知らないおっさんにフェラされて一発出した感想はどうだ?」
「知るかよッ」

 目を背けながら吐き捨てる。でも声は小さく、顔には怯えの色がはっきり浮かんでいる。

「あんなに嫌がってたくせにすぐイキやがって。大勢に見られながらむりやりヤラれるのが好きなのか?」
「そんなわけねえだろ!」
「ほんとか? じゃもう射精すんじゃねえぞ」
「するかよ!」

 おじさんたちのフォーメーションが変化する。青年の足を持っているおじさんたちはさらに足を開かせた。両脇で待機するおじさんは彼の体を支えつつ乳首を指でこねたり舐めたりする。眼鏡のおじさんは青年の顎をつかんでむりやりキスしようとした。頑なに口を閉じているので顔中ベロベロ舐めている。

「んんっ、やめっ……やめろっ……!!」

 逃れようと必死に顔を背けているが、鼻の穴まで舐められてこらえきれずに声をあげた。その隙を見逃すおじさんじゃない。すかさず舌を入れて彼の口のなかを舐め回した。



関連記事