FC2ブログ

君が笑った、明日は晴れ(29/89)

2020.05.01.Fri.
1話前話

 先輩のクラスの人たちから質問攻めにあう僕を見かねたように、カンサイが声をかけてきた。

 ドサクサにまぎれて先輩に告白して、更には先輩の体に触れ、先輩のアレを口に咥えて飲みこんだ人。このクラスの中で戸田さん以上に嫉妬心を燃やしてしまう人だ。

 もう二度と先輩に対して変な気を起こさないで欲しいものだけど、先輩って案外流されやすい性格のようだから、この人が先輩に言い寄らないか心配で仕方ない。

 体育倉庫の外で盗み聞きした話では、カンサイは同じ部活の後輩とデキてるみたいだから、そっちとヨロシクやっててよ。

 イラついた気分で屋上への階段をのぼっていたら誰かが下りてくる足音が聞こえた。先輩だと思って顔を綻ばせたが、降りてきたのは三年の宮本さんだった。

「河中」
「どうも」

 横を通り過ぎようとしたら腕を掴まれた。

「お前、山口のところに行くつもりか」
「あ、はい」
「あいつのどこがいい?」

 眉間に皺を寄せ宮本さんが言う。

「憧れの人なんです」

 中学の時にスリーポイントを決めた時から僕は先輩が好きだった。あの時僕に見せた優しい笑顔は今も忘れることが出来ない。そういえばあの時くらいかもしれない。先輩が僕に優しく笑いかけてくれたのなんて。

「お前の憧れの人は、お前が鬱陶しくて仕方ないって言ってたぞ」
「え」
「だから俺にもらってくれってさ」
「そ……先輩がそんなこと本当に言ったんですか?」
「ああ、のしつけてくれてやるって。こんなこと言われてもお前はまだあいつがいいのか?」

 目の前が、真っ暗になった。

 先輩が僕のことを好きじゃないのは自覚してる。いつも教室にあらわれた僕を見た途端面倒臭そうに顔を背けるし、話しかけてもうるさそうで、煩わしさを隠さず短い返事しかしてくれない。戸田さんに見せるような気の抜いた表情を僕に向けたことは一度もない。

 ああ、そうか。心の中で、コトン、と何かが落ちた。急に合点がいった。

 僕、好かれてないどころか、嫌われてたんだ。

 そりゃそうか。だって先輩を縛って犯したんだものな。好かれるはずない。嫌われて当然。

 先輩が平気な顔して僕と接してくれたから思い違いをしてしまった。僕っておめでたいほどに馬鹿だなぁ。

「ふっ」

 笑ったつもりが顔が引きつって上手く笑えなかった。目が熱くなって鼻の奥がツーンとなる。泣きそう。

 引き返そうとしたが、宮本さんが僕の腕をしっかり掴んではなしてくれない。

「宮本さん、手を」
「あいつやめて俺にしろよ」

 なにを言い出すんだこの人は。目の前の宮本さんを宇宙人でも見るような気持ちで見上げた。

「俺、マジなんだよ。お前のこと忘れられねえんだよ。誰といてもお前と比べちまうんだよ」

 必死になって可笑しな人だな。僕はあなたにこれっぽちも気持ちがないんですよ。

「なぁ、河中、あんな薄情な奴忘れて俺にしろよ。俺、お前にだったら、や、優しくするから」

 顔赤くして何言ってんだか。

「宮本さん、冗談きついですよ。どうして僕が宮本さんの相手しなきゃなんないんですか。絶対ご免です。死んでも嫌です。僕にも選ぶ権利あるでしょう。ほんとに、可笑しくて笑える」

 腹を抱えて笑った。宮本さんの顔が青くなり、赤くなった。顔がピクピク引きつっている。神経オカシイんじゃないですか。

「河中」

 呻くように宮本さんが僕の名前を吐き出す。僕は挑戦的な気分で見上げた。

「うざいんです。僕に構わないで下さい」

 宮本さんが手を振り上げた。殴られる! 咄嗟に目を閉じ手で顔を庇う。

「なに……ヤケになって俺を挑発してんだよ」

 怒りを押し殺した声に目をあけた。振り上げた手を握り締め、宮本さんがすごい形相で僕を見下ろしている。

「あいつに言われたことがそんなにショックか? あいつのどこがいいんだ? 俺にはわかんねえよ」

 好きって感情に理屈も理由もつけられない。答えられず俯く僕の腕を引っ張って宮本さんが階段をのぼっていく。

 嫌だ、そっちには行きたくない。

 こんなこと思うのは初めてだけど、今は先輩に会いたくない。嫌われていると気付かずに、能天気にヘラヘラ笑っていた僕を全身で拒絶していた先輩に、どんな顔して会えばいいのかわからない。

 躍起になって宮本さんの手を解こうとしたけれど、強い力で握り締めた手はびくともしなかった。目の前に屋上への扉。

「い、嫌だ、嫌だ!」

 最後は悲鳴のように叫んだ。

 屋上の扉がゆっくり開く。



関連記事
スポンサーサイト
[PR]

新しいお楽しみ(1/4)

2020.05.01.Fri.
<前作「朝のお楽しみ」>

※痴/漢。無理矢理。複数。

 すっかり顔なじみとなってしまったおじさん4人の痴/漢グループ。今日の標的を決めたのか、混雑している電車のなかでおじさんたちは素早く目配せし合った。入ったばかりの俺にも、今日のかわいそうな生贄が誰なのかわかった。

 さっきからシャカシャカと音漏れさせながら音楽を聴いている若い青年。まだ学生臭さが抜けないところを見ると新卒社会人。生意気にも仕立ての良いスーツを着ているが成人式ぽいコスプレ感がある。つけてる腕時計はそれなりに値が張るブランド物。

 きっと裕福な親に甘やかされて育ってきたんだろう。

 妬みや嫉みから、彼に対するわずかながらの同情はすぐに消えた。結局相手が貧乏学生であっても俺は躊躇なくこの集団の輪に加わり楽しんで痴/漢行為を働くだろう。

 カーブで電車が揺れた。そのタイミングでおじさんたちが動いた。新入社員と他の乗客の間にさりげなく入りこみ取り囲む。駅に停車すると乗客の出入りに乗じて彼を車両の奥へ押しやった。出遅れないよう、俺もおじさんのグループにくっついて奥へ進む。

 電車が動きだす。その揺れを利用しておじさんたちは青年と密着した。新入りの俺の役割は他の乗客から彼らを隠すこと。背中を壁にして俺も距離を詰めた。

 シャカシャカ聴こえる音楽。激しめなロック。そんな大音量で聴いていたら頭が痛くなりそうだ。

 新入社員の彼は、中年親父に密着されて露骨に顔を顰めた。軽蔑の眼差しをおじさんの横顔へ無遠慮に注ぎこむ。中年親父は見下していい対象だと無意識下に思っていそうな目だった。彼は口の中で何か呟いておじさんから目を逸らした。

 青年の肌は若くてハリがあった。鼻筋が通っていて目も大きくぱっちりした二重。睫毛が長くて男前の部類だ。髪の毛も注意されるかどうかギリギリの明るさの茶髪。学生の頃は女と遊びほうけていたに違いない。

 こんなくそ生意気な新卒野郎、早くやっちゃえよ。

 俺の思いが通じたのか、おじさんたちが動いた。隙間へ入り込むために猫背だった背中が伸び、肩先を張り出した。お互い隙間なくくっついて、真後ろにいる俺からもおじさんたちの手元は見えなくなった。

 次の停車駅で電車が止まった。おじさんたちはもうほとんど青年に抱きつくほどの至近距離。

「ちょっと……っ」

 彼が抗議の声をあげた。

「ああ、すいません」

 おじさんの一人が謝罪する。彼は他の場所へ逃げようと視線を彷徨わせたが、乗り込んできた客を見て仕方なく諦めた様子。移動したって百戦錬磨のおじさんたちから逃げられるわけがない。

 電車が動き出す。少しして、彼はぎろっとおじさんを睨んだ。眉間には深い皺。イヤホンを片耳外し、「おい」ドスの効いた低い声で彼はおじさんに声をかけた。

「鞄、当たってんだけど」

 これだけで、彼が好戦的であるのがわかる。

「すいません、もう動かせなくて」

 おじさんが気弱そうに謝って言い訳する。青年は不愉快そうに舌打ちしたが、この混雑状況では仕方がないと一応理解はしたらしく、それ以上は何も言わなかった。

 またしばらくして、「ちょっと、ほんと勘弁しろよ」と彼は怒りの声をあげた。

「えっ? なんですか?」

 とぼけるおじさん。俺から手元が見えないので何が行われたのかがわからない。青年は両耳からイヤホンを外した。

「あんたの鞄、さっきからずっと俺に当たってんだよ。わざとかよ?」
「違いますよ。ほら、手を離しても落ちないでしょ。もう取ることもできないんですよ」

 おじさん同士の連携プレー。お互いくっついて鞄が宙に浮いている状態。両手をフリーにするためと、痴/漢行為を隠すためだと思っていたが、どうやら今回はこの鞄を使って彼の局部を責めているらしい。

 彼は苛立たしげに大きく舌打ちして、むりやりおじさんたちに背を向けた。馬鹿だな。後ろを向いたら好き放題されるだけだっていうのに。

 そろそろ本番が始まる。特等席を確保するために、加齢臭漂うおじさんたちの背中にくっついた。肩の間から下を覗きこむと、意図的に突出させたのだろう鞄の角が見えた。あそこで彼の股間をこねくり回したんだろう。

 今日の相手は思ったことをすぐ口に出すタイプだ。男が男に痴/漢されたなんて恥ずかしくて言えないことを利用して好き勝手やってきたおじさんたちにしたらやりにくい相手。でも諦める様子はない。

 電車が大きく揺れた。おじさんの鞄が彼の尻の割れ目めがけて突っ込む。青年は怒りの表情で振り返ったが、乗客が全員バランスを崩しているのを見て憎々しげに前に向き直った。突っ込んだのは鞄の角だけじゃなかった。いつの間にかおじさんの足が青年の足の間に入り込んでいた。

 やるな、おじさん。

 まだ電車が揺れる。今度は大きいカーブ。強い遠心力がかかる。隣のおじさんが青年に覆いかぶさった。

「なにすんだよっ」

 青年の声。それを消すように「すいません」とおじさんが謝る。乗車率百パーセントを越える車内。一度体勢を崩したら立て直すのは困難。横のおじさんにのし掛かれ、青年は片方に重心をずらした無理な体勢を強いられた。

 いまにも爆発しそうな怒りを溜めた横顔。その頬が痙攣した。よく見ると横のおじさんの鞄が青年と壁の隙間に入り込んでいる。位置的に股間直撃の場所だ。また鞄の角で彼のちんぽを刺激しているんだろう。

 前と後ろを鞄の角で突かれて、彼の顔がみるみる赤くなっていく。いつ怒鳴りだしてもおかしくない。沸騰寸前の笛吹ケトルだ。

 だが彼は怒鳴らなかった。何度も舌打ちし、逃げ場を探して身を捩った。そこはおじさんたちのほうが上手で、彼が動けば動くほど、おじさんたちが痴/漢をしやすい状況へ悪化していった。

 青年の足の間に入りこんだおじさんの足。よく見ると電車の揺れに合わせて微妙に動いている。足が閉じないよう奥深くに入り込み、彼の陰嚢に太ももを押し当て、上下左右に揉みしだいている。

 隣の眼鏡のおじさんは、吊り広告を見ながら器用に鞄を動かして青年のちんぽを的確に責める。

「……んだよ……くそっ」

 彼はもう身動きひとつできない狭い空間で必死に身を捩った。その拍子にちらりと見えた彼の股間は前と後ろからの刺激に反応して大きくなっていた。

 青年は隣のおじさんを睨みつけた。

「やめろよ、てめえ」

 さっきみたいに低い声だが迫力は半減している。満員電車で勃起させちゃ、大きな声で抗議はできないわな。

「なにかな?」

 隣のおじさんは吊り広告から彼に視線を移し、首を傾げた。青年は視線で股間に当たる鞄を退かせとおじさんに伝える。おじさんはニヤリと笑った。

「ああ、悪い悪い。当たってた?」
「なっ……にしやがるっ」

 慌てた青年の声。おじさんはわざと鞄を強く青年のちんぽに当てた。そしてさきっぽに狙いを定めながら角で上下にコスコスと擦りあげる。

「静かにしないと、他の人にバレちゃうよ。君がちんぽおっ立たせてること」

 ほとんど口を動かさないでおじさんが囁く。

「なに言ってんだよっ」
「こんなにしておいて、ほんとに最近の子は口のききかたがなってないな」
「あっ?! やめ、何するんだよっ」

 青年の声をごまかすために俺は咳き込むふりをした。こいつはおとなしく痴/漢されるような奴じゃない。今日の相手は不味い。中止したほうがいいんじゃないか。俺の心配をよそにおじさんたちの手が青年へ伸びる。

 慌てる青年をよそに、あれよあれよと彼のベルトは外されてズボンも膝まで下げられた。黒いボクサーパンツに包まれた形のいい尻。それを鷲掴む手。指先はしっかり肛門に押し当てられている。

「ちょっ、待っ……! どこ触ってんだ!」

 直立しか許されない狭い空間。彼の下半身はがら空きの触り放題。ボクサーの上から尻を揉まれ、指先で尻穴を突かれ、前は前で激し目にちんぽを揉まれている。

「んだよこれっ……! お前ら……ッ……クソッ!」

 悪態をつく彼の顔は羞恥と怒りで赤く染まっている。自分が見下している中年親父に尻とちんぽを好き勝手揉まれ、意思に反して勃起させてしまうなんて彼には屈辱以外のなにものでもないだろう。

「あんまり大きい声出さない方がいいよ。先走りで染みがついた勃起パンツを他の人に見られたくないだろ?」
「はなせよ……ッ……くそったれっ! こんな真似してただで済むと思ってんのか変態野郎!」
「威勢がいいな。一回イッとくか? 電車のなかでザー汁撒き散らしたら少しはおとなしくなるか?」
「なっ……!! そんなこと、するわけねえだろっ」

 青年の声がだんだん大きくなっていく。隠しきれず、こちらをチラチラ見はじめる乗客が出てきた。それはおじさんも気付いているはずだ。これ以上はだめだ。今日はもう中止にしないとバレる。

 おじさんたちに目で訴えかける。おじさんたちは顔色ひとつ変えないままパンツのゴムに手をかけた。やばいって!

 ブレーキ音を軋ませながら電車が停止した。揺れる車内。おじさんたちの鉄壁に緩みができる。青年はズボンを引きあげながら隙間をこじ開け、他の乗客を突き飛ばすように車両から逃げだした。

 動き出した電車の窓に、振り返ってこちらを睨む青年が見える。その表情には怒りとわずかな怯え。お互い最悪の事態は免れたが、あの生意気な面が泣き歪むのを見られなかったのは残念だ。




【続きを読む】
関連記事