FC2ブログ

続続・嫁に来ないか(3/3)

2019.09.17.Tue.


 玄関に入るなり中田さんにキスされた。

「ちょ、待っ……風呂!」
「終わったら一緒に」

 一蹴された。壁に手をつかされ、後ろから一気にハメられた。

「あっ……! そんな、きゅうに……っ」
「乱暴にしてごめんなさい、一刻も早く僕のものにしたくて……ッ」

 あんたのものになった覚えはないぞ。

 性急な動き。首元から聞こえる荒い息遣い。こんなに余裕のない中田さんを見るのは初めてだ。

「僕になんて興味ないと思ってました。セックスも、嫌々してるのだと」
「いっ……あっ、ああっ……!」

 なんの準備もしていない場所へむりやりの挿入。中で動かれるだけで痛いし苦しい。壁に爪をたて、必死に耐える。

「まさか嫉妬してくれるなんて」
「ち、ちが、うっ……!」
「店まで来たのは僕に会いにきてくれたんでしょ?」
「ちがっ、あ、あんた、を……おどろかそうと、思って……っ」
「違わない、同じことですよ」

 強い力で抱きしめられた。その直後、体の奥深くに熱いものが噴きあがる気配を感じた。終わったのにまだ固くて大きいものがずるりと俺の中から抜け出た。支えを失ったように膝がガクンと落ちる。中田さんが俺を抱きあげた。抱っこのまま寝室へ移動し、ベッドにおろされた。

「そうだ、さっきのレストランのオーナー代理の女性、大澤さんのファンなんだそうですよ。大澤さんが僕の仕事を手伝いに来る放送も見てたそうです。僕に声をかけてくれたのも、あの放送のおかげなんですよ」

 言いながら中田さんが服を脱いでいく。農作業で鍛えられた体が露わになる。

「大澤さんのファンだという女性を前に、初めて大澤さんを抱いたあの夜のことを思い出してしまって大変でした。本当の大澤さんはこんなにかわいいんだって、スマホに入ってる動画を見せてあげたくなりました。もちろんあれは僕だけのものですから、誰にも見せませんけどね」

 人の警戒心を解くあのいつもの優しげな笑みを浮かべながら、中田さんは俺の膝を押し広げた。その中心へ、いきり立ったままのものを突きさしてきた。

「ああっ……あ、あ……ッ」」
「こんなに色っぽい姿、僕以外の誰にも見せてやりません」

 さっきとは違って余裕のある動き。俺の様子を見ながらゆっくり抜き差しする。さっき中出しされた中田さんのものでスムーズに動く。奥までくるたび、それがグチュグチュと音を立てる。

 さっき出したばかりだと言うのに、中田さんは今日初みたいな大きさと固さを維持している。これすごく嫌な予感がする。

「先に謝っておきますね、今日、めちゃくちゃに抱いてしまうかもしれません」

 やっぱりだ。嬉しそうな顔しやがって。ぜんぜん謝る顔じゃない。

 小刻みに動かしていたかと思うと、大きなストロークを開始した。入り口付近まで亀頭が移動して抜けるんじゃないかと焦ったが、すぐ奥まで戻ってきた。それを何度もしつこく繰り返す。中田さんは自分のちんこで俺の中を解しているのだ。なんてやつだ。

 奥深くから浅い場所までカリで擦られてこちらはたまったもんじゃない。もどかしい熱がじわじわと下腹部から腰、体全体へと伝わってくる。

 もっと強く、という言葉がのど元まであがってくる。前戯というか、生殺しの意地の悪い愛撫だ。

「ああっあっもう、や……っ」
「大澤さんも僕が欲しいですか? ちゃんと言ってください」
「うるせ……んっああっ、もうっあっあっ……」

 俺を焦らすようにタンタンと単調に突いてくる。もっと強い刺激が欲しい。もっと感じる場所を的確に責めて欲しい。

「も、このっ……いじわる、するなよ…ぉ……!」
「だって大澤さんが嫉妬してくれたんですよ、浮かれちゃうじゃないですか」
「だから……っ、嫉妬じゃないって……!」
「照れ隠しもかわいいですよ」

 聞く耳もたない嬉しそうな顔。そうだ、この人、思いこみ激しい人だった。

 ぐい、と中田さんの亀頭が天井を擦った。狙い定めたように前立腺をピンポイントでごりっと抉られて、俺のちんこの根本から先端までびりびりと刺激が走り抜けた。

「僕ばっかりじゃ申し訳ないから大澤さんも一回イッときましょうか」

 楽しげに言うと凶暴な責めが始まった。俺の弱い場所を重点的にこれでもかと肉厚なカリが擦りあげる。

「ひっあっあぁっ、やぁっやだっあぁんっやだっ、やめっ、なかたさっ……や、一回、やだっ、やめっ」
「大丈夫、このままイッていいですから」
「やあっあっああっ、あんっ、そこゴリゴリすんの、やだぁ……ああっああぁん!」

 強制的な射精。勢いよく飛び出した精液が俺ののど元にまで降り注ぐ。安堵の息をつく間もなく、中田さんのピストンは続く。

「もうやっ、なかたさん……! ああっ、あ、やめ、俺イッたばっかりっ……やんっああっあああ──ッ!」

 目の前が真っ白になった。つま先から頭のてっぺんまで、鋼鉄の杭で串刺しにされたように体が硬直する。

「う……わ……、大澤さん、ドライでイキました? 中が収縮して、すごくキツイ……ッ」

 心配になるくらい体のほうはカチカチに硬直しているのに、頭のなかは麻薬物質出まくりの浮遊感があってやばかった。射精していないのに、射精以上の快感。これがドライオーガズムなのか。

「もっとすごいの、いきましょうか」

 中田さんが何か言った。理解する前にペニスを握られ、乳首を吸われた。全身に絶頂の余韻が残っているいま、三点同時責めは地獄の快楽だった。

「い、ヒィ──ッ……! あ、ああ──ッ! だ、ア、ア、ああっ……!!」

 ペニスを軽く扱かれただけで射精した。乳首を吸われただけでまた達した。もう言葉も出ない。思考できない。開きっぱなしの口から出てくるのは涎と獣みたいな呻き声と熱い息だけ。

 なにをされても、されなくても、イキっぱなしの感覚が続く。これは駄目だ。頭が馬鹿になる。人間じゃなくなる。全身が性器になった生き物みたいだ。

「ああっ……い、あ、アアッ、あ、イッ──ッ!!」
「またイキましたね」

 前後不覚の感覚が恐ろしかった。温かく柔らかな声だけが頼りだった。必死にしがみついた。狭い視界に優しい笑みが見えた。子供みたいに泣きじゃくりながら、数えきれないほどの絶頂を迎え、最後は失神した。

 ◇ ◇ ◇

 いつ覚醒したのかもはっきりしない。気付いたら薄暗い部屋の天井を見ていた。夢と現実の区別もつかない。頭に靄がかかったように、何もかもがはっきりしない。

「大澤さん」

 控えめに呼びかける声がした。目だけを動かすと、ベッドに腰かける中田さんがいた。

「大丈夫ですか?」
「……なんか……ケツのあたりが冷たいんだけど」
「ああ、それは」

 照れたように中田さんは頭を掻いた。

「大澤さんがお漏らししちゃったからですよ。バスタオル敷いてるんですけど、やっぱり冷たいですよね。いまシーツは洗ってるんですけどマットレスにまで染みちゃって。僕のせいなので弁償します」

 どっと汗が噴き出た。思い出した。全部、思い出した……! 記憶と感触が一致した。

 枕を握って中田さんに投げつける。中田さんが「あはは」と笑う。なに幸せそうな顔してんだ!

「あ、あんたもう、出てけよっ」

 大声を出したはずがカッスカスに掠れた。寝起きだからってだけじゃない。散々喘いで泣かされたからだ。

「一緒に風呂入る約束でしょう。大澤さんが起きるの待ってたんですよ」
「そんな約束してないし一人で入るし。ていうかいま何時?」
「もうすぐ6時です」
「うわ……俺今日、8時には出なきゃいけないのに」
「じゃあ早く支度しないとですね」

 よっ、という掛け声1つで中田さんは俺を抱きあげた。触れ合う肌が、数時間前のセックスと繋がる。まだ俺のなかに中田さんが入ってる感覚も残ってる。心身ともに疲れ切ってるのに、もう間もなく別れる温もりが惜しいと思ってしまった。これは相当毒されてるな。



10年目の初恋1


関連記事
スポンサーサイト
[PR]