FC2ブログ

終わらない夜(2/2)

2016.10.22.Sat.
<前話>

 おずおずと隆二の背中に手をまわした。

「好きだよ、隆ちゃん」

 沙紀の言い方を真似た。隆二は沙紀の名前を呼びながら俺に口付けた。腕の力とは逆に優しいキスだった。啄むように唇を重ね、湿り気を帯びた頃にやっと舌を入れて来た。遠慮がちに侵入してきた舌を俺から吸った。

 隆二の頭を抱えて深く口を合わせる。隆二の手が俺の体をまさぐる。俺は隆二の服に手をかけた。シャツのボタンを外して、中のカットソーを脱がせる。上半身裸になった隆二の体にクラクラと眩暈がする。

 隆二はどこかぼんやりとした眼差しで、自分でベルトを外し、ズボンをおろした。ボクサーブリーフの前は大きくテントを張っていて、先端部分には染みが出来ていた。

 震える手を伸ばし、隆二の下着をおろした。ペニスが勢いよく弾き出る。直接口で迎えに行こうとしたら「いいよ」と止められた。

「沙紀はそんなことしなくていい」

 優しい口調で沙紀へ話しかける。俺に沙紀を投影している。双子だと言っても性別も見た目も違う。かなり酔っている証拠だ。

 隆二は俺の服をひとつずつ脱がせていった。露わになる肩に、平たい胸に、色気のない背中に、いちいちキスを落としていく。本当ならば沙紀にしたかったことを俺にしている。

 下着を脱がせた時は、あるはずのないものを見て眉をひそめていた。素面に戻ってしまうんじゃないかと心配したが、隆二は俺の体を裏返すことで想像の世界を守った。

「俺なら沙紀を大事にするから」

 耳元で囁きながら、隆二は奥の窄まりへ指を入れて動かした。

「一生、沙紀を守るから」
「んっ……ぅ、あ……」

 肩甲骨を舐められて上ずった声が出た。尻に隆二の勃起が当たって擦れる。あれを俺の中に入れるつもりだ。想像しただけで胸が一杯になって泣きたい気分になる。初めてなのに、不安も恐れもない。早く隆二を受け入れたい。

「隆二……、隆ちゃん、もういいよ、きて」
「でもまだぜんぜん濡れてない」
「平気だから、隆ちゃん、お願い」

 沙紀の真似をしてねだる。プライドなんか、この期に及んで何の役にも立たない。

「痛くなったら言うんだぞ、沙紀。すぐ止めるから」

 うんと頷いて、隆二へ腰を突きだした。指が抜けた場所へ隆二の先端があてがわれる。隆二は沙紀を気遣って、ゆっくりそれを埋めて来た。ピリッと裂ける痛みは想定内だ。内臓を押し上げるような圧迫感は、想定外だ。

 嘔気に似た感覚がこみあげて来て、俺は手で口を押さえた。

「痛いか? 大丈夫か、沙紀」
「大丈夫だから……、全部入れて、隆ちゃん」
「もうすぐで全部入るからな」

 励ますように、労わるように、俺の背中を大きな手で撫でる。

 隆二の言葉通り、ほどなくして全部が俺のなかに納まったようだった。尻たぶに隆二の腹がぴたりとくっついていた。

「沙紀、俺たち、ひとつに繋がったんだ。沙紀のここ、俺の全部を飲みこんでる。感動だ」

 と結合部を指でなぞる。その感覚に背筋がゾクゾクと震えた。

「気持ちいい? 隆ちゃん」
「ああ。沙紀の中は熱くて気持ちよくて蕩けそうだ」
「動いていいよ」
「沙紀のことも良くしてやるからな」

 俺の腰を掴んで隆二はゆっくり抜き差しを始めた。俺の中を長大な隆二が動く。最初は苦痛でしかなかったのに、何度も中を擦られているとだんだん慣れてくる。隆二の先走りと腸液とでぬめりも出て引っかかりなく動きがスムーズになる。

「……あっ……はぁ……ん」
「辛くないか?」
「だいじょう、ぶっ……気持ち、い……っ」

 腰を動かす速度があがった。快感よりも、隆二のペニスで体を貫かれているという事実に酔いしれた。

「ああっ、あっ、もっと、奥まで来て」
「こうか?」

 隆二が奥深くまで俺を突きあげる。ずり上がりそうになり、俺は畳みに爪を立てた。

「気持ちいいっ、隆ちゃん、気持ちいいっ」
「俺もだ、沙紀」

 肉と肉のぶつかる音が狭いアパートに響く。俺の頭は白熱したままで、痛みと苦痛は麻痺していた。隆二はギンギンにいきり立っていたが、俺のペニスは小さいままだった。

「もう、イキそうだ」
「だめっ、そのまま……中に出して!」

 隆二が腰を引く動作を見せたので、俺は慌てて止めた。

「でも、それじゃ……」
「隆二だったらいい、隆ちゃんの子供だったら産みたいっ」
「俺も、沙紀に俺の子供を産んで欲しい」

 隆二は腰を振り続け、最後は俺の中に射精した。決して妊娠することのない、男の俺の体へ。



 まだ夢見心地に俺のことを沙紀と呼びながら髪の毛を撫でつける隆二に寝間着を着せ、布団に寝かせた。沙紀も一緒に寝ようと腕を広げて待っていた隆二は、俺がトイレから戻る頃には眠りに落ちていた。

 泣きつかれた子供みたいな、無邪気な寝顔だった。

 隆二に抱かれた畳の汚れを拭いて、テーブルの上を片付けた。このまま帰ろうかと思ったが目を覚ますまで残ることにした。

 かなり飲んだ隆二が朝起きられるか心配だったのと、昨夜の出来事を隆二がどう処理するつもりなのか、見届けたい思いがあった。

 実らない片思いを何年も続けてきた。この先何年も続けていくのは辛い。俺だってそろそろ決着をつけたい。駄目なことはわかっているから、未練の残らないほどに、こっぴどく振って欲しい。

 壁にもたれて、たまに寝返りを打つ隆二をずっと眺めていた。明け方頃になって隆二は呻きながら目を覚ました。暗闇で自分を見つめる二つの目に驚いたように体を起こし、頭を押さえて顔をしかめた。

「……何時?」
「まだ4時過ぎ」
「俺、いつ寝たっけ」
「日付が変わる少し前くらい」
「そうか……覚えてないな」
「何も覚えてないの?」

 上目遣いに隆二は俺をチラッと見た。

「沙紀が結婚するかもしれないって話なら、覚えてる」
「それは酔う前に話したからね。酔ったあとのこと、何も覚えてない?」
「何かしたか?」

 本当に覚えていないのだろうか。信じられない思いで隆二を見つめる。隆二も不安そうに俺を見つめ返す。

「ずっと沙紀のことが好きだったって、俺に言った」
「俺、そんなこと……そうか、驚いただろう」
「うん、まあ」
「他に俺は何かしたか? 例えば、その、沙紀に電話したりとか」

 何も覚えていないとしても、こんな時まで沙紀のことを気にかけるのか。苛立ちより、ただひたすら悲しい。

 慌てふためいて、必死に謝罪して、沙紀だと思って抱いたのだと、おまえのことなんか少しも好きじゃないのだと、決定的な言葉で突き放してほしかったのに。

「そんなことはしなかったよ」
「それなら良かった」

 安心したように溜息まじに隆二は言ったが、どことなく、残念そうでもあった。酔った勢いで告白していれば、もしもの可能性もあったと期待があったのかもしれない。

「俺は帰るよ」

 壁から背中を離して立ちあがった。

「こんな時間に?」
「タクシー捕まえるよ」
「泊まっていけばいいじゃないか」
「布団、ひとつしかないじゃん」

 隆二は見送りのため玄関までついてきた。俺が沙紀だったら夜道は危ないと言って決して1人で帰さなかっただろう。俺は男だから、1人でも平気だと思われている。実際、平気だ。

「隆二、俺の名前覚えてる?」
「なんだ急に。当たり前だろう」
「言ってみてよ」
「直紀だろ」

 覚えてたんだ。ずっと沙紀沙紀ばっかりで、一度も俺の名前を呼ばれなかったから忘れられてると思っていた。

「また今度食事にでも行こうよ」
「ああ、そうだな」
「おやすみ、隆ちゃん」
「ああ、おやすみ──え、えっ?」

 ハッとした顔をする隆二ににこりと笑いかけ外へ出た。

 隆二に抱かれた。沙紀の身代わりであってもこの事実はかわらない。来た時とは違う体になったのに、案外なにも変わらないものだ。




【続きを読む】
関連記事
スポンサーサイト
[PR]