FC2ブログ

元上司(1/2)

2014.10.14.Tue.
※NTR耐性のない方にはお勧めできない内容です

<前前話「旦那さん」はこちら>
<前話「元旦那さん」はこちら>


 キスしている時に電話が鳴った。彼は無視して続行しようとする。

「立橋くん…」
「基樹って呼んで」
「基樹くん、電話…」
「悠さんを食べるのが先」

 その言葉に顔が熱くなる。

 彼に出会うまでの僕は、マンションの一室でただ家事をこなし、妻の帰りを待っているだけの、淡々とした毎日を送っていた。
 稼ぎ頭の妻からは家政婦のように扱われ、男として不能扱いされてきた。夫として男として、自信もプライドも失っていた僕を彼が攫って行ってくれた。
 基樹くんと一緒に暮らすようになってから、僕は人に必要とされることの大切さを知った。求められることのありがたさを知った。
 いつ帰って来るともわからない妻と違い、基樹くんは帰る前に連絡をくれる。急いで帰って来てくれる。出迎える僕を見ると嬉しそうに笑ってくれる。「ただいま」と僕を抱きしめてキスしてくれる。体だけじゃなく、胸の奥がじんわりと熱くなる。
 二十近く年下の彼に、僕はすっかりのぼせあがっている。

 廊下の壁に押し付けられた。彼の膝が僕の足を割る。

「んっ…だめだよ、電話…」

 手探りで彼の背広のポケットから携帯電話を見つけ出した。顔の近くへ持って行くと、基樹くんは唇を尖らせた。

「今日、一緒にお風呂ね」

 いつもは食事の支度があるので先に一人で入ってもらっている。一緒に入るのは休日限定だ。
 拗ねたように言う彼が可愛くて、僕は頬を緩ませながら頷いた。
 僕に抱き付いたまま彼が電話に出た。

「はい、なに? どうした?」

 ぞんざいな口の利き方をする。

「またそれかよ。もういいって。俺は見合いなんかする気ないって。…兄ちゃんの事情なんか知らないよ。適当に断ればいいだろ。とにかく、俺は見合いしない。もう俺のことは放っておいて。んじゃね、いま忙しいから切るよ」

 耳から離したとき、かすかに女性の声が聞こえた。おそらく基樹くんの母親。

「お母さん?」

 問うと彼は頷いた。

「お見合い、勧められてるの?」
「兄貴の上司から話がまわってきただけだよ」
「お兄さんは結婚してるのかい?」
「大学出てすぐ。だからって俺に押し付けるなって」

 彼の手が僕の服の中に入ってくる。脇腹を撫でられてゾクリとなった。

「断ったらお兄さんの立場が悪くなるんじゃないかな」
「俺に見合いして欲しいの?」

 細められた目で睨まれた。

「僕はただ、お兄さんの…」
「そうやって兄貴のこと思いやれるなら、俺がいまどんな気持ちか考えてよ」

 叱るように言われて僕は口を閉ざした。確かに僕は無神経だった。

「ごめん」
「俺もごめん。悠さんは大人だから。俺ってガキだね」

 ぎゅっと抱きしめられた。僕も彼の背中に手をまわし、肩に頭を乗せた。
 僕は大人だから。
 彼との年齢差は永遠に縮まることはない。彼が僕と同じ四十代になったとき、僕は六十代になっている。初老の僕を彼はかわらず好きと言ってくれるだろうか。
 いやその前に僕に飽きてしまうかもしれない。枯れかかった僕よりも若くて元気な男の子に恋するかもしれない。
 この温もりが僕から離れ、知らない人のものになるなんて。
 想像しただけで切なくなってくる。いつの間にこんなに彼を好きになってしまったのだろう。僕はもう一人じゃ生きていられないほど、彼のことを愛してしまっている。

 ※ ※ ※

 洗濯ものを取り込んでいると携帯電話が鳴った。この番号を知っているのは基樹くんと僕の親と、以前勤めていた会社の上司だけ。
 着信は上司の桜庭さんからだった。

「はい、小泉です」
『やあ、その後どうだ』
「えぇ、探しているんですがなかなか」

 一緒に暮らし始めてすぐ、基樹くんに働きたいと言ってみた。一瞬は何か言いたげに口を動かしたが、彼は快く承諾してくれた。それ以来、時間を見つけては仕事探しをしている。しかし年齢的な問題と、十年ほど主夫で無職だった経歴がネックとなり、どこも門前払いだ。
 そこで、主夫になるために仕事を辞めると言ったとき、僕を引き留めてくれたかつての上司に連絡を取った。恥を忍んで、妻と離婚し、仕事を探していると打ち明けた。
 大変だったなと慰められ、仕事がないか探してみると言ってもらえた。

 期待を押し込め、耳を澄ます。

『正社員としては難しいが、契約でならいけるかもしれない』
「それでも構いません。いえ、今の僕にはありがたい話です」
『詳しい話は会ってしよう。今晩、飲みながらでもどうだ?』

 頭に基樹くんの顔が浮かぶ。夜は一緒にいたい。

「夜は少し…」

 すらりと断れる自分に驚いた。働いていた頃には考えられないことだ。

『じゃあ…今から外回りがあるから、その前に少し会おうか』
「すみません、我が儘を言って」
『お前は今でも俺の部下だ。部下に甘えられるのが上司ってもんだ』

 桜庭さんに礼を言って電話を切った。待ち合わせ場所は会社から少し離れたホテルのラウンジ。たまに仕事で使っていた場所で懐かしくなる。
 スーツに着替え、部屋を出た。

 ※ ※ ※

 ホテルに現れた桜庭さんは、以前より少し痩せて、頭にも白いものが目立つようになっていた。

「久し振りだな」

 笑いながら僕の肩を叩く。その力強さはかわっていない。

「離婚してしょげてるのかと思ったら、案外元気そうじゃないか。むしろ一人になって悠悠自適って感じか?」
「そうですね、強がりじゃなく、離婚して良かったと思っています。それより今日はわざわざありがとうございます」
「堅苦しいのはあとだ。一杯やろう」
「このあと外回りがあるって…」
「少しくらい大丈夫だ」

 桜庭さんに背中を押され、ホテルの上にあるバーへと移動した。まだ開店したばかりで客は僕たちだけだった。

「じゃあお前もまた一人ってわけか」

 グラスを一杯空にして桜庭さんが言った。厳密には僕は一人じゃない。曖昧に笑ってごまかした。

「桜庭さん、ご結婚は…」
「してないよ。相変わらず一人」
「独身貴族ですね」
「五十過ぎると惨めったらしいだけだぞ。ただの行き遅れだ」

 お前も飲めよ、と酒を勧めてくる。仕事をしている時から酒は苦手だった。これも仕事のうちと割り切って少しは慣れたつもりだったが、久し振りにスーツで飲む酒は強くて頭がくらくらした。

「小泉が戻ってきてくれると俺も嬉しいよ」
「そう言って頂けると救われます」

 もちろん真に受けるほど馬鹿じゃない。しかし嘘でもそう言ってくれる人が一人いるのといないのとじゃ違う。感謝してもしきれない。
 グラスをあけた。桜庭さんはおかわりを注文した。
 このあとの仕事のことが気になりつつ、桜庭さんに付き合って酒を飲んだ。そろそろ夕飯の支度をしないといけない時間だったが、帰るとは言いづらい。
 桜庭さんがトイレに行ったすきに、基樹くんにメールをしておいた。

『前の上司と会っているので帰るのが遅くなるかもしれません。悪いけど、今日は外で食べてきて下さい。』

 戻って来た桜庭さんはフラフラと覚束ない足取りだった。支えるために立ち上がった僕も、綿を踏んでいるような感覚がしてふらついた。

「悪い、小泉。少し飲み過ぎたみたいだ。部屋まで連れて行ってくれないか」
「部屋?」
「ここに部屋を取ってあるんだ」
「このあと仕事があるんじゃ…」
「馬鹿、こんなに酔ってて仕事ができるか。頭まで主夫になっちまったのか?」
「そうですよね…」

 確かにその通りだが、外回りの前に会うと言っていたのは桜庭さんのほうだ。というか最初から酔いつぶれるつもりで部屋をおさえておいたのか? もやもやしたが、それ以上に、頭まで主夫になっちまったのかという言葉のほうが気になった。

 男が主夫をしているというと好奇の目で見られることが多かった。中にはあからさまに見下してくるものもいた。桜庭さんにこんな態度を取られるのはショックだった。


【続きを読む】
関連記事

ニコニコドッグ2(2/2)

2014.10.10.Fri.
<前話はこちら>

 佐賀野は本当に俺に飽きたのだろうか。だからこんな残酷な遊びを思いついて、それを平気な顔で見ていられるのだろうか。これから俺は佐賀野ではなく、こいつらにかわるがわる犯される日が続くのだろうか。
 鼻の奥がツンと痛んだ。目の表面が熱くなり、じわりと涙が滲むと、鼻水も垂れてきた。

「変態店長さん、しゃぶりながら泣いてるんですけど」

 潤平が俺を指さしながら笑う。顔を覗きこんだ佐賀野もくすりと笑った。嗚咽が漏れた。
 後ろでは三木が荒々しく腰を振っている。摩擦で周囲が熱い。いまだに大きさに慣れず痛みが強い。力を抜こうとしても体が強張って言うことをきかなかった。確実に中が傷ついている。

「店長、どうですか? 気持ちいいですか?」

 いいわけない。泣きながら首を振った。俺の頬を佐賀野の指が伝う。睨み付けると、なぜか佐賀野は優しい目で俺を見ていた。

「あぁ…イキそう…佐賀野、中に出していいの?」

 荒い息遣いで潤平が佐賀野に許可を求めていた。佐賀野は無言で頷いた。直後に、大量の精液が口の中に吐き出された。
 気持ち悪くて吐き気に顔が歪んだ。むせながら飲み込んだが胃が拒絶して暴れまくっている。込み上げてきて手で口を押えた。

「吐いちゃ駄目ですよ。ちゃんとごっくんしてください」

 俺のそばに屈みこんで佐賀野が言う。涙と鼻水とヨダレまみれの汚い顔で佐賀野を見つめながら、俺は咽喉を鳴らして飲み込んだ。それを見届けた佐賀野の目が細められる。

「よく出来ました」

 と口の端から零れるヨダレだか精子だかを指で拭った。

「すげえよく仕込んでるな、佐賀野」

 感心したように潤平が言った。

「お前が最近ぜんぜん俺らと遊んでくんないの、わかるわ。だってこんないいオモチャがあるんだもん」

 佐賀野は少し自慢げな笑みを見せると、

「もうすぐ三木も終わりそうだな。そのまま中に出していいぞ」

 とラストスパートをかける三木に声をかけていた。猛然と三木が腰を振る。
 俺は目を瞑り、歯を食いしばって痛みに耐えた。三木は呻きながら達した。

※ ※ ※

 二人を先に帰した佐賀野は事務所の掃除を黙々としていた。トイレから戻った俺を丸椅子に座らせ、自分は床に飛び散った体液を拭き取っている。

「血が出ちゃったんですね」

 ティッシュについた赤い染みを俺に見せる。俺は顔を伏せた。

「今日は店長の大好きなちんぽをたくさん嵌めてもらってどうでした?」

 ゴミをゴミ袋にまとめて佐賀野が振り返った。

「どうもこうも…酷過ぎる」
「でも店長、男のちんぽ大好きでしょう? 俺のちんぽ咥えながら、いつも喜んでケツ振ってるじゃないですか」
「あれは…」

 お前だからだ、と言おうとして慌てて口を噤んだ。佐賀野だからなんだと言うんだ?

「あれは? なんですか?」

 屈んだ佐賀野が俺の膝に手を乗せる。下から俺を見上げて首を傾げる。

「淫乱店長は、ちんぽなら誰のだっていいんじゃないんですか?」
「……違う」

 佐賀野の視線から逃れられる場所がない。なんとか言葉を押し出しながら、顔が赤くなるのを止められなかった。

「じゃあ、俺のちんぽだけ特別ってことですか?」

 迷う。正直に答えるべきだろうか。だが答えて痛い目に合うのが怖い。

「今日は店長、一回もイケなかったですね?  いつもはギンギンに勃起させて、先走りも出しまくってるのに。どうしてですか?」

 意地の悪い質問だと思った。佐賀野にはすべてお見通しなのだ。
 佐賀野が俺の胸に手をあてた。

「心臓がすごくどきどきしてますよ」

 ふふっと笑う。その吐息が肌にかかる。ぞわりと何かが体を這いあがる。

「店長…立ってきましたけど? どうしてですか? さっきは全然、反応していなかったのに」

 笑う佐賀野にちんぽを掴まれる。温かい手に安堵すると同時に、息遣いが乱れる。

「ねぇ? これで店長もわかったんじゃないですか? 店長が好きなのは俺のちんぽだって。俺以外の男じゃ駄目なんだって」

 確かに、その通りかもしれない。潤平や三木にされたことがレイプだからとかじゃなく、単純に、佐賀野以外の男には触りたくも触られたくもなかった。

「店長は淫乱な体をしてるから勘違いしてるんじゃないかと思って、今回は手荒な方法でわからせることにしました」
「じゃあ、俺に飽きたんじゃないのか?」
「飽きてませんよ」

 朗らかに笑う。俺はまた鼻の奥がツンとした。

「飽きたって言われてショックでした?」
「うっ、ばか野郎…」

 佐賀野の首にしがみついた。
 年下の高校生は、よしよしと俺の頭を撫でながら、頬にキスしてくれた。

※ ※ ※

「なぁ、佐賀野」
「はい、なんですか、店長」
「もしかして俺のこと好き?」
「店長の淫乱な体は大好きです」
「ちゃんと答え…ンッ!」

 営業時間がとっくに終わった店の中、奥の4番テーブルの上で大股を広げている俺のちんぽを佐賀野が咥えている。唾液を絡ませながらジュルジュルと音を立ててしゃぶる。

「あっ、ん…佐賀野…アァ…」

 器用に玉を揉みながら奥の穴をツンツンと刺激してくる。それだけで俺の腰は浮いてゆらゆら揺れる。

「佐賀野…っ、もう…やっ…待てない…早く、入れて、くれ…っ」
「ちゃんと言って下さい、店長」
「佐賀野の勃起ちんぽ、俺に突っ込んで…っ、中に…ちんぽ汁いっぱい…グチャグチャってしてくれ…っ!」
「フルコースですね、了解」

 テーブルに佐賀野が乗り上げる。俺は期待にゾクゾク震えた。



関連記事

ニコニコドッグⅡ(1/2)

2014.10.09.Thu.
<前話「ニコニコドッグ」はこちら>

 佐賀野に命令され、俺は夜の事務所で佐賀野のチンポをしゃぶりながら、自分でケツ穴を解していた。
 丸椅子に腰かける佐賀野は携帯電話を弄っている。口の中の勃起チンポはいまにも爆発しそうなくらい張りつめているのだが、佐賀野の表情は一ミリの揺らぎもない。淡々と友人とラインのやり取りをしている。

「もういいかな」

 携帯を横に置いて佐賀野が言った。
 俺は口を離した。佐賀野が立ち上がる。

「今日はちょっと遊んでみませんか?」
「えっ…遊ぶ?」
「手を縛りますね」

 机の引き出しから佐賀野はガムテープを探し出すと、俺の手首をそれでグルグルに固定した。試しにぐっと左右に力を入れてみたがびくともしない。頑丈な手枷だ。

「なかなかそそる姿ですよ」

 佐賀野が笑う。俺はたまらなくなって目を伏せた。

「お尻をこっちに向けて下さい」

 言われた通り、事務机に縛られた手をついて佐賀野へ尻を向けた。尻の間に肉の感触。それが尻を割って奥へと入ってくる。さっき俺が指で弄り倒した場所をこじ開けて来る。

「んん……っ、はぁあ、あっ…」
「気持ちよさそうな声ですね、店長。そんなに俺の勃起ちんぽはおいしいですか?」
「はぁっ…ん…い、しい…っ」
「えっ? もっとはっきり言って下さいよ」
「おいしい…佐賀野の、勃起ちんぽ、おいしい…っ」
「すっかり淫乱になっちゃいましたね」

 腰を振りながら佐賀野が嘲笑う。
 頭の片隅に追いやられた理性が違うと叫んでいる。だが俺の体のほうはそんな思いと裏腹の反応を見せている。
 佐賀野にフェラをしているときから俺のちんぽは立ち上がっていた。指で尻を弄りながら、このあと挿入される佐賀野の極太ちんぽを待ち焦がれていた。ぶっちゃけ、閉店した店に二人きりになった時から、俺の胸はざわついて股間に血液が集まり始めていたのだ。
 すっかり佐賀野に慣らされてしまっている。突っ込まれる快楽の虜になっている。これじゃ俺は女みたいだ。
 佐賀野の手が前にまわってきて俺の乳首を摘まんだ。指の先で引っ掻いたり、クニクニと潰したりする。

「乳首責め好きですよね、店長。俺のちんぽ、すっごい締め付けてきましたよ」
「あ…はぁんっ、アッ、アァッ…やめっ…」
「すげぇ…中がビクビクしてる。店長ってほんとにいやらしい体してますね」
「んんっ、あっ、誰の…せいでっ…あっ、アンッ!」
「えっ、俺のせいですか? 先に未成年に猥褻なことしてきたの、店長のほうじゃないですか」

 佐賀野がクスクスと笑う。佐賀野にフェラしてもらった記憶がよみがえる。佐賀野の口に自分のちんぽを出し入れして、射精したあの日のことが。
 俺が佐賀野のちんぽをしゃぶった回数は数えきれないが、逆に佐賀野にしゃぶってもらったのはあの一件以来一度もない。あのことを黙っていてもらうかわりに、俺は佐賀野のおもちゃになることを選ぶしかなかったのだ。

「店長、俺のちんぽミルク、今日はどっちのおくちでごっくんしたいですか?」

 あぁ、悪趣味な奴め。と思いながら、頭の片隅でどちらが良いかを天秤にかけている俺がいる。

「な、か…っ、中出し、して…佐賀野の、ちんぽ汁、いっぱいっ!」
「ほんと、救えないっすね」

 掠れた声で俺を侮辱しながら佐賀野は腰つきを早くした。手首を縛られているので机をつかめずに俺の体がガクガク揺さぶられる。

「ひっ、いっ、アァッ、アンッ、あっ…佐賀野…っ、ゆっくり、し、てくれ…アッ、アァッ、頼む」
「それじゃあお望み通り、下のおくちでごっくんしてくださいね!」

 佐賀野は俺の中に射精した。体の奥で生温いものが吐き出されるのを感じる。佐賀野の体温が俺の中にある。ゾクゾクと体が震える。

「さ、がの…俺も、イカせてくれ…」

 手首を縛られたままでは扱きにくい。先からはカウパーが出まくりで糸を引いて地面に垂れ落ちているのにもどかしくて仕方がない。
 俺の中から抜け出た佐賀野は、ティッシュで後始末をすると身なりを整えた。

「佐賀野…」
「イクのはもう少し待って下さい。お遊びはこれからなんですから。…あ、来たみたいだ」

 佐賀野は事務所の出口を振り返った。

 来た? 誰が?!

「佐賀野っ」
「大丈夫、俺のツレですから」

 慌てる俺に笑いかけて佐賀野は事務所の戸を開けた。俺も心臓をバクバクさせながらそっちを見つめた。暗闇の中から二人の青年が姿を現した。年は佐賀野と同じくらい。
 二人は俺を見るなり、驚いた様子で目を見開いたがその口許には笑みを浮かべていた。

「なんだよもう初めてんじゃんか」

 赤いパーカーの男が口を開く。

「お前ら待ってる間ヒマだからさ。ヤリやすいように手首縛っておいたから」
「気がきくな」

 190㎝はありそうな大きな男が俺を見下ろす。

「潤平と三木って言うんですけど、こいつらが今日は相手してくれますから。たっぷりサービスしてやってくださいよ、店長」
「なっ、なんで…そんな、嫌だ、やめてくれ、頼む、佐賀野…こんなこと…っ」
「淫乱店長はちんぽ大好きでしょ?」
「そっ…それは…」

 今までの痴態を思い出し、否定できずにモゴモゴ口ごもると、佐賀野はフンと鼻で笑った。

「ぶっちゃけると俺、そろそろ店長に飽きてきたんですよね。だから今日はレイプごっこしましょう」

 佐賀野の言葉に頭が真っ白になった。ショックで何も言えない俺の尻を佐賀野は「頑張って」とパチンと叩いた。

※ ※ ※

 赤パーカーが潤平、大男が三木という名だった。潤平は早速ジーンズを下ろすと、半立ちのちんこを俺の口に押し込んできた。

「噛むなよ、変態店長さん」
「んっ、んぐうう」
「佐賀野から話は聞いてるんだぜ、あんたさ、佐賀野のちんぽ大好きなんだろう? こうやって毎日佐賀野のちんぽ咥えてしゃぶって悦んでんだって?」
「ち、ちらう…っ」
「こら、歯を当てんじゃねえよ」

 潤平が俺の頭を叩いた。

「おい、うちの店長いじめるなよ」
「へへっ、だってこいつさぁ」

 佐賀野が注意をすると潤平は取り繕うように笑った。だんだんこの三人の力関係が見えて来る。
 潤平が俺の口で腰を振り始めると大男の三木が俺の腰をつかんで尻を割った。

「突っ込んで大丈夫なのか?」

 と佐賀野に確認している。

「病気は持ってないよ」
「いや、そうじゃなくて…」
「あぁ、大丈夫、店長、俺のちんこで慣れてるから。さっきまで大喜びで俺のハメてたしね。中出ししたからヌルヌルだと思うよ。あ、それが嫌だったら出させるけど?」
「そのままでいい」

 そんなやり取りをしたあと、三木は俺の尻に極太のちんぽを突っ込んできた。

「……っ! いっ…あっ、あぁっ…!」

 恐怖と緊張で体が強張っていたせいで、裂ける痛みに悲鳴が出た。目尻に涙が滲む。

「あははっ、三木のデカチンだからなぁ。さすがの店長もきつかったみたい」

 佐賀野がのんきに笑って言う。横目に睨むと、佐賀野は「ん?」と首を傾げた。

「なんで俺を睨んでるんですか? 店長、ちんぽ大好きでしょ? 今日は上と下のおくちでいっぱい味あわせてあげますよ」

 そう言って俺のちんぽに手を伸ばす。すっかり萎れて縮こまっているのがわかると眉をあげた。

「あれ、さっきまでガッチガチに勃起してたのに」
「佐賀野、こいつフェラ下手糞なんだけど」

 不平の声を潤平があげる。

「今まで一対一しか経験ないから、大目に見てやってよ。店長もほら、頑張って下さいよ。うちのオススメは店長だって教えちゃったんですよ。いつも俺にやってるみたいに、うまそうにおしゃぶりしてください」

 俺の顔の横で佐賀野が笑っている。無邪気な笑顔だ。

「い、嫌だ…やめさせてくれ、佐賀野…」
「駄目ですよ。最後までちゃんと接客してください」

 手を伸ばすと佐賀野はそれをかわしてさっきの丸椅子に腰を下ろした。足を組んで軽く首を傾げるようにして俺たちを見ている。



嵐のあと




【続きを読む】
関連記事