FC2ブログ

再会(2/2)

2014.08.14.Thu.
<前話はこちら>

 斉藤に触れられるだけでそこから体が疼き始める。
 姫泣き油など不要で、俺は自ら体を開き、入れてくれと懇願した。

「ずいぶん慣らされてるな」
「誰のせいだ…っ」
「自業自得だろ」

 指が抜かれてかわりに斉藤のペニスがなかに入ってきた。顎が疲れるほどしゃぶって大きくしたものがメリメリと俺を引き裂き奥をこじ開ける。

「う…うっ…あ…!」
「喜んで中がビクビクしてるぞ」
「…るせ…あ…っ、はやく動けよ…!」
「いちいちうるさいお姫様だ」

 苦笑交じりに言うと斉藤は腰を動かした。一擦りに体が震える。全身が感じる。山城のときには得られなかった限界を超えた快感が恐ろしいくらいだった。山城のセックスと何が違うのかわからない。強烈な記憶を呼び起こす斉藤の低い声だろうか。無骨な手だろうか。

 刑務所のなかにいるとき俺は毎日斉藤を思い出していた。山城に犯されるたび、斉藤と比べていた。ただ憎いだけじゃないのはうすうす気づいていた。苦痛と表裏一体の快楽を俺に教えた斉藤を思い出しては焦がれていた。

「アッ、アァッ…いい…っ!…もっと、もっとしてくれよ!」
「おいおい、姫泣き油は塗ってないんだぜ」

 俺の足をつかんで左右に大きく開かせると、斉藤は激しく腰を振った。長大なものが俺の最奥に叩きこまれる。

「アァッ!!…うっ、アッ、あぁ…ん!当たってる…っ、奥まで…もっと、アァッ…!」
「すっかり淫乱な雌犬に仕込まれたようだな」

 山城にこんなふうにねだったことはない。山城は俺をレイプした最初の頃を除くと、抵抗しない俺に乱暴はしなかった。触手を伸ばして獲物を捕食する軟体動物のように、言葉や視線でじっくりじわじわと間合いをつめて俺をがんじがらめにしてから俺を抱いた。
 ねちっこいセックスだった。強い快感はあった。だが頭の芯まで痺れるほどじゃなかった。ところがどうだ。相手が斉藤だと、言葉で辱められるだけで先走りが滲み出る。少し触れられただけで乳首がピンと立ち上がる。
 斉藤のちんぽを進んでしゃぶり、煽るように足を開いて見せつけた。顔色一つかえない斉藤に見られているだけで、体がガクガク震えた。息遣いが荒くなった。斉藤にまつわる記憶が俺を狂わせたとしか思えない。

「はぁ…ん…!アッ、出るっ…あぁ…出る…!」

 自分で屹立を握って扱いた。勢いよく精液が飛び出す。それでもまだ収まらない。

「物欲しそうに締め付けるんじゃねえぞ。イッたばかりで欲張りな奴だ」

 笑う斉藤に見下ろされながら奥をガンガンに突きあげられる。布団の上で俺の体がずりあがっていくほど激しい。

「あぁっ、あっ、あんっ、あっ、あぁっ!気持ちいい…っ、あんたのちんぽ、気持ちいいんだよぉ…っ!ムショで他の奴にやられてても…ずっと、あんたのことばっか思い出してたんだ…っ…」
「可愛いことを言えるようになったじゃないか。俺のペットになるか?え、どうだ?」
「な、る…俺を、あっ、あんたのペットにして…っ、ペットでいい、から…!」
「出所祝いに、中に出してやるぜ」

 体の奥に熱いものが吹き上がるのがわかった。ビクビクと脈打つものから大量の精子が俺のなかに注ぎ込まれる。

「う…ん…あ、アァ…、イク…イクゥ…!」

 俺も二度目の射精をした。



 突然脇腹に痛みを伴う衝撃が与えられ俺は目を覚ました。すでにスーツに着替えた斉藤が、ネクタイを締めながら俺を見下ろしていた。起こすために俺の脇腹を蹴ったとみえる。ずいぶん乱暴な目覚ましだ。

「やっと起きたか。今日はどうする気だ」
「どうって…」
「家に帰るのか。このままここにいるのか」
「いてもいいのかよ」
「構わんが金目の物はなにもないぞ」
「もう盗みはやんねえよ」

 斉藤は無言でにやりと笑うと部屋を出て行った。真っ裸のままトイレで用を足して布団に戻り、俺はまた眠った。昼過ぎに目を覚まし、台所を漁って出てきたカップラーメンを食べるとまた眠った。
 物音で目が覚めた。部屋が薄暗いところを見るともう夕方のようだ。玄関のほうからガサガサとビニールの音がする。もう帰って来たのかと体を起こすと、コンビニの袋を手にした斉藤が部屋に入ってきた。

「今日は帰りが遅くなる」

 とテーブルに袋を置く。弁当のようだ。

「仕事?」
「ああ」
「女じゃなくて?」

 からかうつもりで言った言葉。斉藤に無言でじっと見つめられ、急に恥ずかしくなった。

「別に俺には関係ねえけど」
「嫉妬か」
「んなわけあるか」
「昨日の女とは利害の一致ってやつだ」
「はぁ?」
「昔の男に付き纏われているから俺に用心棒になってくれって頼まれたんだ。礼は自分の体で払うからってよ」
「あんたってほんとろくでもねえおまわりだな」
「そんな俺に惚れてんだろ」
「ぬかせ」

 はは、と笑った斉藤が俺に背を向ける。

「もう行くのかよ」
「あぁ、仕事中だからな」
「…俺も配達の仕事あるからこれ食ったら出てくよ」
「そうか」

 玄関で靴を履く斉藤の背中に抱き付いた。振り返った斉藤の口に吸い付く。音を立てて激しく舌を絡め合う。斉藤の腕が俺の体を抱きしめる。

「仕事だっつってんだろうが」

 ベルトを外す俺に斉藤が呆れたように言う。それを無視し、股間に顔を埋めた。嫌悪感とは反対の感情がわきあがってくるソレを咥えてしゃぶりつくす。立ち上がったものに跨り自ら腰を下ろした。
 斉藤が下から俺を突き上げる。

「盛りのついた犬みたいに、誰彼かまわず腰振るんじゃねえぞ」
「嫉妬?」
「馬鹿が」

 斉藤がにやりと笑う。
 憎い相手なのに…。笑みを浮かべる唇に自分の口を押し付けた。


恋のつま先

関連記事
スポンサーサイト
[PR]