FC2ブログ

楽しい合コン(2/2)

2015.04.06.Mon.
<前話はこちら>

 時間になり、カラオケボックスへ移動した。飲み物の食べ物を注文し、順番に歌をうたう。

 綾瀬は雪江とうまくいっているみたいで、よく笑いあって、触れ合うほど距離も近い。西山と梨香はもともと恋人同士だから隙間なくぴったりくっついている。
 こうして見るとお似合いの二人だった。梨香はもちろん、西山も楽しそうだ。

「私、この歌好きなんだ」

 端末を見ながら隣の遥が言った。

「どれ? あ、俺も好き」
「ほんと?! 学校で知ってる子があんまりいなくって」
「ちょっとマイナーだからね」
「でも祐太くんが好きだったなんて嬉しい! ライブのDVDは買った?」
「買ってない。持ってるの?」
「もちろん! 今度貸そうか?」
「いいの?」
「いいよ! あ、じゃあ、ライン教えてもらってもいい?」

 この自然な流れに驚きを禁じ得ない。実は相当遊び慣れてるのかなとIDをそらで言える遥の顔をこっそり見る。

「俺も教えてよ」

 西山が割って入ってきた。俺と遥の携帯にプリクラのシールを発見し、ちらっと俺に視線を送ってくる。お前だって撮ってただろうが。

 じゃあ俺らも、と便乗した綾瀬たちもスマホを取り出し、全員で連絡先を交換した。

「またこのメンバーで遊びに行きたいね。今度トリプルデートしようよ」

 梨香の提案に、遥と雪江も「いいね」と顔を綻ばせる。綾瀬なんかは願ってもない申し出に何度も頷いちゃってる。

 西山はあまり乗り気じゃなさそうな、微妙な笑い方をしていた。俺を見て咎めるように眉間を寄せる。お前にそんな顔する資格あるのかよ。
 睨み返してから目を逸らした。

 歌って、飲んで、食って、喋って。

 最初は強めの視線で絡んできた西山も、俺が無視し続けていたらだんだん気の弱い目になって、今では自信なさげに項垂れていた。

 綾瀬がトイレ、と席を立ったので俺もついて部屋を出た。案の定、西山も追いかけて来る。

 俺は綾瀬とばかり話をして西山を視界から追い出した。恨めし気な目が向けられる。冷たく見返したら、西山は途方に暮れた顔で肩を落とした。そんな顔したって知るか、二股野郎。

 手を洗ってトイレを出ようとする俺の腕を西山が掴んだ。

「綾瀬くん、先行ってて」

 俺を引き留めて西山が言う。綾瀬がきょとんと俺を見る。頷くと綾瀬はトイレを出て行った。
 俺は西山の腕を振り払った。

「なんだよ」
「怒ってる?」
「またそれかよ。怒ってねえって」
「俺、なにか悪いことした?」

 彼女キープしつつ俺のこと好きだのなんだの口説いてただろうが! 怒りが一気に込み上げて来たが、それを飲みこんで一息ついた。

「…………もうこういうのやめにしね?」
「こういうの?」
「お前にはちゃんと彼女いるじゃん。なのに俺ともって……おかしいだろ、常識的に考えて」
「梨香とは別れたって言ったよね」
「別れてねえだろ、距離置いてただけだろ」
「え――……あ、梨香はそう言ってたけど、俺は別れたつもりだ」
「別れても連絡は取り合ってたんだろ?」
「綾瀬くんに頼まれたからだよ。それまで一度も連絡してない」

 険しいほど真剣な顔をして西山が俺に迫ってくる。たぶん、嘘じゃない。西山は別れたつもりでいて、梨香は些細な痴話げんかだと思っていたんだろう。

 父親や梨香ほど詳しくない俺でも、西山が嘘をつかない奴だと知っている。この顔、この目が嘘をついていないとわかる。

「俺がまだ梨香と付き合ってると思ったから怒ってるの?」
「そんなわけねえだろ」
「じゃあ、今から戻ってちゃんと梨香と別れてくる。もう連絡もしない。もう会わないって言ってくるから」

 踵を返す西山の手を慌てて掴む。

「ばかっ! そんなの言わなくていい!」
「じゃあ、信じてくれる?」
「違う……別れる必要がねえって言ってんの!」
「え?」
「だから! もう、終わりにしようって言ってんの」

 意味を探って考え込んでいた西山の眉間の皺がぎゅっと深くなった。

「それ……俺とのこと、言ってるの?」
「そうだよ」
「なんで?」
「男同士でこんなのいつまでも異常だろ」
「異常なんかじゃない! 好きになったら正常も異常もないだろ!」

 目つきを鋭くした西山が声を荒げる。練習以外でこいつの大声を聞くのは初めてかもしれない。

「一緒に住もうって約束したのに!」
「そんな約束してねえよ。お前が勝手に言い出しただけだろ」

 目を見開いて西山は息を吸い込んだ。信じられないって顔で食い入るように俺を見つめたあと、ゆっくり息を吐き出した。

「…………俺、なんかした? なんでそんなに怒ってるの?」

 まだ俺が一時的にへそを曲げてるだけだと思っているようだ。そう願いたいだけかもしれないけど。

「今日、女の子と一緒にいて、やっぱこっちだなって思ったんだよ。俺は男だから。抱かれるほうじゃねえから。お前といたら俺は異常になる。俺は正常がいい。だからお前とは無理。嫌だ」

 俺の言葉を聞いて西山が顔を歪める。見てられなくて俯いた。

「お前もいつか絶対そう思う」
「思わない」

 怒りのこもった力強い声が否定する。

「梨香、ちゃんが……、お前の誕生日にデートしたいって。なんか夜景の見えるホテル取って……とか、言ってた。やったな。俺じゃなくて、ちゃんと女の子の相手したら、すぐ目が覚めるから」
「覚めないよ。ここで一方的に終わらせられたら一生引きずる。俺を捨てるの?」
「捨てるもなにも、付き合ってもねえのに」
「祐太は恥ずかしがりやだから、はっきり好きだって言ってくれないだけで俺は付き合ってるつもりだった」
「好きじゃねえから言わなかったんだよ」
「じゃあなんで俺とあんなことしたんだ?」
「お前に無理矢理やられてたんだ」

 睨めあげると西山は一瞬たじろんだように顎を引いたが、すぐ言い返してきた。

「ほんとに全部、無理矢理だった? 祐太は嫌々俺に付き合ってくれてたのか?」
「合宿でよってたかって俺を押さえつけて強姦したこと、忘れたのかよ」

 ハッとして西山は口を閉ざした。きっとこれが西山の一番の負い目だ。その証拠に西山はなにも言い返せずに目を伏せた。

「もう二人では会わねえ。俺に触るな。俺たちはただの野球部の仲間。それだけだ」
「そんなの俺には無理だ」

 覇気のない声がか細く呟く。

「これ以上お前の好き勝手にやられるのは俺が嫌なんだ。友達なら、やめてくれるだろ」
「いまさら友達になんて」
「だったらもう、赤の他人だ」

 弾かれたように顔をあげた西山はほとんど泣きそうな表情だった。胸が締め付けられる。

「どうせお前はもう練習に出なくたっていいんだし、受験勉強に専念しろよ」

 三年間ベンチ外だった部員は、この時期になると練習には参加しなくてもよくなる。すでに何人かは受験に備えて顔を見せなくなっていた。

「部活に来るなってこと?」
「来たって球拾いと応援練習だろ」
「酷いよ」

 確かに俺は酷いことを言っている。だけどそばにいたらどうしたってお互い意識してしまうだろう。

「でもそれが現実だろ。受験に備えて勉強してるほうがよっぽど有意義だ。じゃ、そういうことだから」
「祐太」

 捨てられた子供みたいに俺の名前を呼ぶ西山を置いて、みんなの待つ部屋に戻った。

 遥の隣に座って他愛のない会話をしてすごく。しばらくして戻って来た西山は梨香が「どうしたの?」と声をかけるほど青い顔をしていた。

「なんでもないよ」

 力のない声で答えて、無理な作り笑いを浮かべる。綾瀬が事情を問う目を俺に向けて来たが、気付かないふりをして遥と会話を続けた。

 梨香はあいかわらず西山にべったりっくっついていた。何が何でも別れる気はないらしい。
 俺には関係ない。どうだっていい。
 相手が梨香なら、西山の父親も文句はないんだろう。

 俺と西山はほとんど目も合わさず、会話に至っては一言も交わすことなく、夜になってカラオケボックスを出た。

「みんなこのあとどうするの?」

 西山の腕に腕をまきつけて梨香が俺たちの顔を見渡した。

「私は恵ちゃんと別行動するから、みんなも好きにしちゃったら?」

 はなからそのつもりらしい綾瀬と雪江が好都合とばかりに頷く。俺は遥に「どうする?」と小声で尋ねた。

「今日はもう疲れちゃったし、あんまり遅くなると……」
「そうだね。じゃあ、送るよ」
「ありがと、祐太くん」

 西山の視線を感じる。だけど俺が顔を前に戻すと同時に背けられた。

 カラオケボックスの前で俺たち三組は別れた。



スポンサーサイト
[PR]

楽しい合コン!(1/2)

2015.04.05.Sun.
楽しい合宿!楽しいお泊り!楽しい勉強会!楽しい初カノ!楽しいOB会!楽しいロッカールム!楽しい遊園地!楽しい入院生活!楽しい旧校舎!楽しいお見舞い!

※健全!エロなし

 練習が休みの今日、綾瀬に駅前のモスへ連れて行かれた。入り口のそばから「あの子どう思う?」と綾瀬はレジに立つ女の子を指さす。

「どうって?」
「可愛いと思わない?」

 確かに可愛いし、笑顔の接客も好感が持てる。

「可愛いと思うけど」
「だろ? やっぱそうだよな!」

 なぜか嬉しそうに俺の背中をバシバシ叩く。こんなにテンションあがってる綾瀬も珍しい。

「好きなの?」
「言わせんなよ馬鹿」

 自分が連れて来たくせに。全力でうざい。

「じゃ帰るか」
「待て待て。奢るから」

 と言うので、彼女のレジに並んでセットを注文した。二階席へは行かず、一階のカウンター席につく。

「あの子、S女の子なんだ」

 ポテトを口に放り込んだら綾瀬が言い出した。S女は俺たちの学校とは駅を挟んで反対側にある女子高だ。そこそこ偏差値も高く、通う女の子のレベルも高いと聞く。

「そんな感じの子だな」

 校則に厳しい学校らしく、レジで見た彼女は黒髪で化粧けもなかった。

「俺ら高3じゃん。夏の大会終わったら引退じゃん。そしたら受験じゃん。大変な時に励まし合える彼女がいたらいいなって思うだろ?」
「うーん、まぁ」

 いまはもうすぐ始まる地方大会に向けて毎日練習漬けだから、引退したあとのことなんてまだ考えられない。

「お前も、今度はちゃんとした彼女、欲しいだろ?」

 人の古傷をつつくなよ。無言で睨むと、綾瀬はレジの彼女に勧められて注文した季節限定のデザートを俺の前に置いた。プリンか。仕方ねえ。許してやる。

「だからさぁ、合コンしたいと思ってさ」
「すれば」
「お前も一緒に!」
「俺は当分いいわ。前ので懲りたし、いまは野球だけでいい」
「もうポテト食っただろ! デザートもあげただろ!」
「だったら返すよ」
「もう食ったから遅い!」
「他の奴誘えよ」
「俺の周りで一番人畜無害そうなのお前なんだよぉ! 男子校の野球部ってだけで絶対警戒されるじゃん! 野獣扱いじゃん! みんなもれなく下品で野蛮じゃん!」

 そういうお前も野球部だろうが。それに人畜無害そうって男としてどうなの俺。

「お前、彼女欲しくねえの? 野球部の連中とばっかつるんで童貞のまま卒業するの? 彼女いない歴=年齢でいいの?」

 なんでそこまで必死なんだよ。卒業までに彼女作らないと死ぬのかお前は。
 しかし綾瀬の言う通り、いつまでも野球部の奴らとつるんでばかりというのも問題だ。特に西山とは。

 つい先日、西山の親父さんにヤッてることがバレてしまった。しかも、俺が誘ったみたいに疑われて、さっさと関係を終わらせろと迫られた。あの時、あんたの息子が俺を襲ったんだと言ってやればよかった。今頃になってムカムカしてくる。

 あの時はバレた焦りと恥ずかしさでテンパッて頭が真っ白になってしまったのだ。

 何も知らない西山は以前通り俺にベタベタ構ってくる。気まずさから無意識に突き放してしまうと「怒ってる? 俺なんかした? 熱があるって騙したから? 一緒に暮らそうって言ったから? 俺重い?」と、大雑把な性格のくせに不安がって聞いて来る。

 俺が悪いことをしているみたいじゃないか。

 俺が優柔不断な態度を取り続けるうちは、西山との関係はいつまでもずるずる続きそうだった。
 親父さんの言う通り、このあたりが潮時で、俺から終わらせる必要があるのだろう。

 最近ティッシュの減りが遅いなと思って、原因が西山とセックスしてるからだと気付いたときの衝撃を思い起こす。
 自慰が減るほど俺は西山と……男とセックスしているのだ。健全な男子高校生にあるまじき非常事態だ。
 男子校で周りに女がいないからだ。たまには女子と触れ合ったほうがいいかもしれない。

「まぁ……いっか、合コンくらい」

 俺が言うと、綾瀬は顔を明るくした。

「来る? 来てくれる?!」
「うん、行く。っていうかどうやってS女のあの子と合コンセッティングするんだよ?」
「大丈夫、アテがあるから!」

 というわけで合コンすることになったのだった。

 ※ ※ ※

 いや別に彼女とかすぐ欲しいと思ってないし。よく見られようとか。かっこいいって言われたいとか。モテたいとか。彼女出来るかもとか。そんな下心のためにファッション雑誌立ち読みして、前の晩から着ていく服選んだわけじゃないから。

 身だしなみだし。あの高校の生徒だせえって言われないためだし。普段面倒くさがってしない髪のセットを頑張ったのも、たまたまドラッグストア行ったらワックス安かったからだし。

 っていちいち自分に言い訳を並べながら支度して、待ち合わせ場所に十五分前に向かったらすでに綾瀬がいた。

 綾瀬も気合の入った格好をしていた。なにそのお洒落眼鏡。お前視力悪くないだろ。真っ青なカーディガンとか。お前の普段着黒ばっかだろ。

 お互いの格好を無言でチェックし合って、意味もなく笑い合う。

「で、綾瀬の目当ての子、来るの?」
「来る! らしい。絶対呼んでって頼んであるから」
「誰に?」
「西山」

 と綾瀬が指さした先に、手を振ってこっちにやってくる西山がいた。

「……なんであいつがいんの」
「西山に頼んだからな」
「なんで」
「あいつの元カノがS女なんだよ。知らなかった?」

 そういえばいたな、と思い出す。西山のちんこがでかすぎるから最後までさせてくれなかったという彼女が。
 そうか。元カノに連絡取って合コンセッティングしたのか。っていうかまだ連絡は取り合ってたんだ……。

「早いね、二人とも」

 やってきた西山は、服装も髪型もまったく普段通りだった。なんの変哲もない薄手のグレーのセーターから白い襟を出してカーゴパンツをはいているだけなのに、タッパがあるからいやに様になっている。西山がモデル体型だったことを俺たちは今になって思い出し、敗北感から唇を噛んで下を向いた。

「俺に黙って行くつもりだった?」

 西山が俺の肩を掴む。顔をあげると、口は笑ってるのに目は笑っていない西山が俺を見下ろしていた。

 あ。こいつ怒ってるかも。

「最近俺のこと避けてない?」
「……別、に」

 心当たりがありすぎて声が固くなった。

「綾瀬くんに頼まれたんだろ? 俺も行くから」

 とにっこり笑う。やっぱこいつ怒ってる……。



 時間ちょうどに女の子3人組がやってきた。前に見たレジの彼女もいる。フリフリのピンクのスカートが可愛くて、隣の綾瀬は言葉も失って惚けている。

「お待たせ、恵ちゃん」

 真ん中の髪の長い子が西山に笑いかける。この子が西山の元カノだろう。三人の中で一番目鼻立ちがはっきりした美人だった。どこでこんな子と知り合うんだ。

 元カノは「私は梨香」と名乗ったあと、レジの彼女を「こっちは雪江」、もう一人を「こっちは遥」と紹介した。
 俺たちも簡単に自己紹介し、カラオケボックスが入っている近くのビルへ移動した。

 綾瀬が受付をして戻ってきた。混んでいてあと一時間待たなければならないことを告げる。ビルの一階がゲームセンターなのでそこで時間を潰すことになった。

「恵ちゃん、久し振りにプリクラ撮ろうよ」

 元カノの梨香が西山の腕を引いてプリクラコーナーへ消えていった。久し振りってことは以前も撮ったことがあるんだろう。
 そういえば、遊園地の観覧車でキスもしたことあるんだよな。それ以上のことも……。

「私たちはどうします?」
「えっ?」

 いきなり真横で声がして見下ろすと、ショートカットの遥が立っていた。
 綾瀬はいつの間にか雪江とクレーンゲームを始めている。

「すでに二組、出来上がってますよね。私たちってついでに呼ばれたみたい」

 と苦笑する遥ちゃんが可愛くて胸がどきどきする。

 それに、こうして誰かを見下ろすのってちょっと新鮮だった。女の子ってこんなに小さいんだ。西山が俺を見下ろすくらいの角度がある。

「綾瀬があの子に一目惚れしたみたいで」
「雪江には内緒だけどって、梨香に聞きました。梨香も、西山くんに会えるから喜んでました」
「別れた彼氏に会うのって嫌じゃないの?」
「あの二人、別れてないですよ?」
「えっ?」

 西山は別れたと言っていたぞ?

「喧嘩はしたみたいですけど、しばらく距離を置こうって話になって、それから梨香は連絡がくるのをずっと待ってたんです。だから西山くんから電話があって、すごく嬉しかったみたいですよ」
「あー……そうなんだ……」

 てことは、二人は別れたわけじゃなかったのか。西山は梨香をキープしつつ、ずっと俺を口説いていたのか?

 出来上がったプリクラを手に西山たちが戻って来た。梨香の手は西山の腕に絡みついている。確かにあんなことが出来るのはラブラブな恋人同士でしかありえない。

「遥さん、俺らもプリクラ撮らない?」
「遥でいいですよ。私も祐太くんって呼んでいいですか?」
「うん。敬語も必要ないから」

 俺が手を出すと、遥はちょっと驚いたあと、恥ずかしそうに手を繋いだ。
 西山の視線を感じつつ、俺たちもプリクラコーナーへ向かった。

 俺はわけがわからないので、遥が全部ボタンを押してあとはポーズをとるだけ。二人で落書きをし、出来上がったプリクラを店のハサミで半分に切り分けた。

 遥は一枚をスマホのケースに貼りつけた。そんなとこに貼ったら学校とか家で人に見られるじゃん。いいのか、見られても。別にやましくないし。たかがシールだし。知り合いになった記念だし。じゃあ俺も、とスマホの裏に貼った。うっわ、恥ずかしい。

 戻ると西山たちはクレーンゲーム、綾瀬はエアホッケーをやっていた。完全に3組にわかれている。
 梨香の腕には地縛霊になった猫のぬいぐるみがある。次は白い狛犬を取るつもりらしい。

「あーん、だめだめっ、行き過ぎだよ、恵ちゃん!」
「さっき梨香が言ったところでとめたら駄目だったじゃん。俺のほうがうまいんだから見てろって」
「絶対取ってよ、恵ちゃん」

 レバーを握る西山に梨香がベタベタ纏わりつく。どっからどうみても恋人同士。誰がどう見ても一線越えた恋人同士。彼女が痛がって未挿入らしいけど。……想像したらなんか胃がムカついてきた。

「あ、可愛い~」

 遥の声に振り返る。遥は背中にチャックのあるクマを見ていた。

「それ、欲しいの?」
「昔から好きで集めてるんだよね」
「取ってあげるよ」

 五百円を投入しレバーをにぎる。無造作にただ寝そべっているだけの30センチ越えのクマの胴体を狙う。調整して降下ボタンを押す。うまく胴体を挟みこんだが重すぎて持ち上がらない。

「頭からずらしていったらどうかな?」

 遥の助言を参考にもう一度。今度は頭を狙う。頭がでかすぎてアームの幅におさまりきらず顔に刺さった。

「やだっ、お尻からのほうが良かったのかな?」

 じゃあ今度はケツから……。持ち上がったが、やっぱり頭が重くてアームから滑り落ちた。
 ほんとにこれ取れるのかよ!

「苦戦してるね。俺がやってみるよ」

 腕に梨香をくっつけた西山が隣にきて、硬貨を投入した。

「祐太は短気で一回で落とそうとするから駄目なんだよ。こういう大きいのは数回にわけてスライドさせるんだ」
「知らねえよ」

 西山はクマの足にアームをひっかけ、体をすこし横にずらすことに成功した。

「すごーいっ! 動いた!」

 まだ落ちていないのに遥が手を叩いて喜ぶ。どうせ俺は短気で下手糞だよ。

「ねぇ、中根くん」

小さな声で呼ばれて振り向くと、梨香が服の裾を引っ張っていた。「こっち」と手招いて、少し離れた場所へ俺を連れだす。

「恵ちゃんと仲いいんでしょ?」
「別に……他の奴らと同じくらい」

 心にやましいところがあるので声が裏返りそうになる。

「実は、恵ちゃんが好きな子がいるって言い出したんだけど、心当たりない?」

 首を傾げてじっと俺を見上げる。目が怖い。ほんとは俺のことだってわかってんのか? 西山の性格を考えたら「相手は中根くんだよ」と平然と告白していそうな気もする。この女、俺だとわかった上で牽制しにきたのか?!

「絶対に恵ちゃんの勘違いなの。エッチなことさせてくれるから好きだと思い込んでじゃってるだけなの」

 梨香の言葉がグサリ、と心臓に刺さる。的を射ているというか、それが真実だと思う。彼女に拒絶されていた時に、ヤレる俺を見つけて夢中になっているだけ、性欲を好意と勘違いした典型的な思いこみ。

「ずっと我慢させてた私も悪いんだけど……。でもちゃんと仲直りできたら、させてあげようかなって思ってて」

 頬を赤く染めながら梨香は体をくねらせた。

「来月、恵ちゃんの誕生日なのね。その時に夜景が綺麗なホテルの最上階の部屋で、仲直りデートしようって計画してるから、中根くんのほうから説得してあげてくれない? 変な女と遊んでばかりいないで、ちゃんと彼女を大事にしてやれって」

 有無を言わさぬ強引な目が俺を見つめる。俺のことだと知っているのかわからないが、その目に見つめられると身を焼かれるような恥ずかしさが込み上げて来た。

 梨香は自分が本命の彼女だと自信を持っている。西山が浮気していようが、それくらいで心を揺らすこともなく、またやり直そうと考えている。

 そんな自信の前に、俺は自分がとても卑しい存在に思えてきた。まるで、正妻の前に引っ張り出された愛人のような気分だ。

「そういうのは西山に言ってよ」
「恵ちゃん、ああ見えて頑固で意地っ張りだから」

 西山の父親と同じことを言って梨香はにっこり笑った。それだけ西山のことをよくわかっているというわけだ。

「仲がいい中根くんのことなら、恵ちゃんも耳を傾けるかもしれないし」

 お願いね。
 そう言って俺の手を握った。俺は蛇に睨まれた蛙のように、こくりと頷くしかなかった。