FC2ブログ

楽しいお見舞い!(2/2)

2015.04.01.Wed.
<前話はこちら>

 ジェルと指で解したとは言え、大振りな亀頭一つ入れるのも大変な負担がある。しかも西山のちんこはカリ高でカサも肉厚なので括れに到達するまでがとてもきつい。俺の括約筋は限界にまで広げられるのだ。

 そこを通過しても、今度は極太のサオが待っている。弾力のある亀頭と違い、鋼鉄のような硬さと女の腕ほどの太さがある。それがずっと続くのだ。

「くぅ……う、ううっ……あ、あっ……や……まだ……かよっ!」
「一昨日の晩から抜いてないからいつもより大きいかも」

 少し申し訳なさそうに言う。熱でオナニーどころじゃなかったのだろう。毎日抜いてるらしい西山にしたらたった一日しなかっただけでも相当貯まっているはずなのに、自制を効かせて慎重に腰を進めてくる。見上げた顔は興奮のために色づいて、額には汗が光って見えた。

「ばか、お前……熱あるってのに」

 額の髪の毛を梳くって汗を拭ってやると、その手にキスされた。小指を噛まれ、口に含んで舐められる。熱い舌が指にねっとり纏わりつくのが見える。やべぇ、エロい。

「俺も下の名前で呼んでいい?」
「だめ」

 反射的に断って西山がむっと眉を寄せた。

「なんで矢神くんは良くて俺は駄目なの?」
「だって、高校の奴らみんな苗字呼びだし」

 尻すぼみに声が小さくなる。反対する正当な理由なんてない。ただ俺が恥ずかしいだけだ。

「なおさら祐太って呼びたい」
「呼ぶな」
「祐太」
「呼ぶなっつってんだろ」
「怒った顔も可愛い」
「はっ? 頭おかしいんじゃね」
「顔、真っ赤だよ、祐太」

 にこにこ言われてますます顔が熱くなる。小中の親しい友達は下の名前で呼ぶ奴が多い。別になんとも思わなかったのに、西山に「祐太」って呼ばれると恥ずかしい。なぜかわからないけど、すごく気恥ずかしくて顔を隠したくなる。

「好きだよ、祐太」
「…っ……るせぇ……」
「寝てる間ずっと祐太のこと考えてた」
「考えんな」
「祐太がずっとそばにいてくれたらいいのになって」

 西山が身動ぎ、俺のなかをごりっと擦る。

「はっ! あぁ……んっ」
「だから一緒に暮らさない?」
「……え……えっ?」

 いまなんつった?

「毎日会えるのが当たり前だったけど、これって今だけなんだよ。だから卒業したら一緒に暮らそう」
「う、あっ、なに……言って…ン……だよっ」

 ぐぷっぐぷっと西山が抜き差しを始めた。話をしている間に大きさに馴染み、苦痛も少ない。それを俺の様子から感じ取った西山は徐々にスピードをあげていった。

「俺は本気だよ。本気で祐太が好きだ」
「お、まえっ……男……同士だぞ……っ…・…!」
「わかってる。同じものついてんだから」

 きゅっと俺のちんこを握って上下に手を動かす。

「い、やっ……あ、あっ、さわる……な!」
「こんな気持ちになったの、祐太が初めてなんだ。おかしくなりそうだよ」

 引いたものを一気に奥まで捻じ込まれた。

「ああぁっ!! んっ……や……あ、ああっ……!」
「料理上手な可愛い子と結婚して、子供も二人くらい作って普通に暮らしてくもんだと思ってたのにね」

 引きは浅く、押しは強く腰を振ってさらに奥までこじ開けられる。

「だったらっ……そ……しろよっ!」
「こんなに祐太が好きなのに、他の誰かに目が行くと思う?」

 俺に覆いかぶさりピストンを激しくする。ジュプッジュボッてジェルと体液が掻きだされる音がするくらい、極太ペニスが俺のなかを凶暴に擦りあげていく。

「はぁん! あっ……あぁ! いやぁっ、やっ、やだっ……そんな、に……すん……な!」
「祐太しか目に入らない。他の誰にも興味がない」
「あっ、や……う、そ……ばっか……」
「ほんとだよ」

 今まで見たことないくらい西山は優しく微笑んだ。冗談でも嘘でも場を盛り上げるだけの睦言でもないんだとわかる。

「俺と一緒に暮らそう、祐太」
「ん、はぁっ……やっ……名前…や…だ……呼ぶなって、ば……あ、んん……!」
「祐太がいてくれたら何もいらない。俺のそばにずっといてほしい」

 耳を塞ぎたいほどだった。西山の声で紡ぎ出される言葉一つ一つが俺の心を愛撫していくのだ。ほだされるとはこういう感覚なのかもしれない。セックスの最中聞かされるとこっちの理性が乱されてどうにかなりそうだ。

「い……っ、あ、い、いいっ……でる……っ」
「俺の全部祐太にあげる。だからずっと俺のそばにいて」
「もぅ……や、あ、あぁっ……西山ぁ……もっとして……おく……してっ……きもち、いいっ……もう、出ちゃ……から……もっと、こすって……イカせて……!」

 まともじゃいられないくらい、気持ちよかった。女みたいにあんあん声あげて、もっととねだりながら西山を締め付けていた。

 俺の要求にこたえて西山もピストン運動を激しくする。西山も限界に近いのがわかる。一緒にイキてえ……なんてゲロ甘いこと考える俺がいる。

「あっ、あっ! イク―――ッ!!」 
「俺から離れられなくなればいいのに」

 射精する瞬間、目を細めながら西山が呟く声が聞こえた。



 36.8度。もう一度計ったら36.7度。興奮収まって下がってきてるじゃねえかよ。

「お前、ほんとに熱あった?」

 ベッドに全裸のまま寝そべる西山を見下ろす。西山は目を逸らした。

「朝はあった」
「俺が来たときは?」
「朝は39度あった」
「ふらついたのは演技か?」
「昨日は立つのも辛かった」
「また俺を騙したのか?」
「……イチゴ渡したらすぐ帰りそうだったから」

 毎度のことだし、いい加減学習しないで騙される俺にも問題がある。メシ平らげて盛る元気があるんだからもっと早い段階で気付けたはずだ。

 いやでもやっぱ腹立つけど。

「トイレ借りる」
「あっ、じゃあ」
「お前は来るな」

 こいつが来たら余計に時間がかかる。西山は残念そうな顔で一度持ち上げた頭を再び枕に戻した。

 さすがにフルチンでウロウロはできないのでパンツをはいてシャツを着た。部屋を出て階段をおりる。広くて静かな家。あいつがここで一人きりだったのにかわりはない。それに同情だけじゃないのは、俺自身、もう隠せなくなっていた。

 精液をあらかた出してからトイレを出た。外国みたいに広い洗面所で手を洗って上へ戻ろうとしたら、リビングの明かりがついていることに気付いた。

 そういえば下に来たときも明るかった気がする。電気の消し忘れだろうかと何気なく近づいて、かすかに香るにおいに違和感を覚えた。

 香水の匂い。初めて嗅ぐ匂い。西山は香水なんてつけないから、いったい誰が――。

 固まっていたら肩を叩かれ飛び上がった。

「あぁ、ごめん。驚かせたかな?」

 振り向くと、大柄な男が一人立っていた。柔和な笑みを浮かべる男は西山にとてもよく似ていた。後ろへ撫でつけた髪や、落ち着いて余裕のある笑みは別人だが、目尻の優しさや、凛々しい眉と顎の形はそっくりで、父子なのだと初対面の俺でもすぐにわかった。

 西山の親父さんは仕事帰りなのかワイシャツにスラックスのままだった。

 いったいいつ、帰って来たのだろう。熱を出して寝込む息子を心配して、帰宅してすぐ部屋に様子を見に行ったかもしれない。

「あ、俺――僕、えっと」

 自分がシャツにパンツ姿だと思い出し、カアッと顔に熱があがった。

「恵護は元気になったようだね」

 意味深に笑みが濃くなる。やっぱり全部バレているんだ……! 羞恥が限界を超えて卒倒してしまいそうだった。
 西山の親父さんは「ふふっ」と息子そっくりな笑い方をした。

「僕にも覚えのあることだから、そんなにあたふたしなくたっていいよ」
「す、は、あ、すいません……」
「男子校にはよくあることだよ。それこそ一過性の発熱みたいなものだ。若くて経験の少ないうちはそれを本気だと勘違いしてしまうけれどね」

 笑顔のまま冷たい眼差しで射すくめられて血の気が引いた。

「君だって遊びだろう? まさか本気だなんて馬鹿なこと言わないだろうね?」

 親父さんはソファの背もたれに腰をおろし首を傾げた。俺は何も言えずに俯いた。膝が震えているのが見える。

「あれはね……、恵護はああ見えて非常に頑固でね、自分で決めたことは意地でも曲げない奴なんだ。だけど、人を傷つけられない優しい奴でもある。だから、君から恵護をフッてやってくれないかな? 君の言うことならきくと思うから。今ならまだ、ありきたりな若気の至りで済む話だよ」

 親父さんの言う通りだろう。今ならまだ笑い話で終わらせられる。

 西山に一緒に暮らそうと言われた時、そんな未来を少し想像して、あいつと一緒なら楽しいだろうなと思った。あいつが馬鹿をやって、それに俺が怒って、だけど、なんだかんだでうまくやっていけるんじゃないかって……。

 でもきっとそれは子供同士だから成立する話なんだ。現実はそんなに甘いもんじゃない。もうすでに父親から反対されている。俺の親だって、俺たちがしていることを知ったら猛反対するだろう。あれほど西山を気に入っていた母親だって、二度と会うなと言ってくるに違いない。

「恵護は女の子が好きだったはずなんだけど、君は」
「僕も、そうです」

 奥歯を噛みしめた。恥ずかしい。そして、西山を誘ったのは俺からのように言われて屈辱的だった。

「なら、未練なんか感じずに、恵護と別れられるね?」
「もともと付き合ってませんから」

 顔をあげ、西山の父親を睨む。親父さんは薄く息を飲んだ。

「そう。じゃあ、わざわざこんなこと言う必要もなかったね」
「失礼します」

 一礼して背を向ける。

「あぁ、待って」

 腕を掴んで引き留められた。

「恵護のことで困ったことがあったら連絡をして」

 と名刺入れから名刺を一枚出した。これこそ必要ねえよ。

「……お邪魔しました」

 ひったくるように名刺を受取ってリビングを出た。こめかみがドクドク脈打っていた。頭が痛い。きっと香水のせいだ。
 部屋に戻って深呼吸した。西山はベッドの上で大の字になって寝息を立てていた。

「すっきりした顔しやがって」

 学校じゃふざけたことばかりやる奴だけど、根は優しいし、めったに怒らないし、顔だっていい方だ。背も高いし、本来の身体能力は優れているほうだし、成績だって悪くない。他校の子が告白してきたこともある。男子校でなければ、きっともっとモテてただろう。

 若気の至り――――口の中で呟く。

 愛だの恋だの言ったって、卒業して身近に女がいる環境になれば西山も我に返って目を覚ます。俺がさんざん言ってきたことだ。男同士でありえないって。

 何度も肌を合わせて、何度も好きだと言われて、言葉でも行動でも好意を示され続けて、感覚が麻痺しちゃったんだな。ほだされかけてほんと馬鹿みたいだ俺。

 西山が目を覚まさないよう静かに服を着て部屋を出た。親父さんに捕まりたくなくて、それこそ尻尾を巻いて家から逃げ出した。



主従な同級生

スポンサーサイト
[PR]

楽しいお見舞い!(1/2)

2015.03.30.Mon.
楽しい合宿!楽しいお泊り!楽しい勉強会!楽しい初カノ!楽しいOB会!楽しいロッカールム!楽しい遊園地!楽しい入院生活!楽しい旧校舎!

 学校から戻って晩飯を食べていたら、

「たまには西山くんに遊びに来てもらったら?」

 と母親がまた言い出した。

 盲腸の時以来、うちの母ちゃんは西山のことを気に入って、ふと思い出しては「西山くん、元気? 最近、遊んでるの?」と言ってくる。はいはい、と普段は聞き流すのだが、珍しく西山が熱を出して昨日から欠席していたらしいので、そのことをついポロッと漏らしてしまった。

「熱?! あら、大変! 大丈夫かしら。あ、そうだ、田舎から送ってきたイチゴ、あれ、持って行ってあげなさい」

 そう言うと母ちゃんはイチゴを取りに椅子から腰をあげた。先日箱で届いたイチゴはご近所に配ってもまだ3パック余っている。毎日食卓に並び弁当にも詰められて家族全員イチゴにはもう飽きて消費が鈍っていた。

「はい、持ってって!」

 丸々手つかずの2パックを入れた袋をテーブルに置く。

「いや、いいよ。ただの熱なんだし」
「ビタミンCが豊富なんだから!」

 だからなんだよ、風邪じゃねえんだよ。と言いたいところだが、ゲロまみれの俺を助けてくれた恩があるのは確かなので、夕飯のあとバイクを走らせ、西山の家に向かった。

 家の人か、お手伝いさんにイチゴを渡して帰ろうと思っていたのに、チャイムを鳴らして聞こえてきたのは西山の声だった。

「中根くん、どうしたの?」

 声は意外と元気そうだ。

「イチゴ。田舎から送ってきたやつなんだけど。親が持ってけって」
「いま開けるから」

 キィと自動で開いた門からバイクを押して中に入った。スエット上下の西山が玄関から出て来る。

「大丈夫か、お前」
「うん、ちょっと頭がぼーっとするけど」
「早く寝とけ」

 イチゴの入った袋を押し付け帰ろうとしたら、西山が覆いかぶさって来た。

「おいっ、熱あるんだろっ」
「ちが……ふらっとして……」

 と額に手を当てて言う。

「何度?」
「えと……さっき測ったら39度だったかな」

 思っていたより高熱だ。体を支えて玄関のなかに入った。

「家の人は?」
「いないよ」
「お手伝いさんは?」
「もう帰った」

 じゃあ今日はほんとに家に一人きりかよ。

 こんな状態の西山を見捨てて帰るわけにもいかない。仕方なく部屋まで連れて行ってやった。
 重い体をベッドに下ろす。はぁ、と辛そうに息を吐き出す西山の目はよく見ると少し充血していた。

 ベッドのそばに小さなテーブルがあり、その上に空になった食器がいくつか並んであった。お手伝いさんが作った食事だろう。平らげる元気はあるようだ。

「イチゴ、食う?」
「食べさせてくれる?」
「……今日だけな」
「じゃあ食べる」
「洗ってくるから待ってろ」

 部屋を出てキッチンへ行き、イチゴを洗って適当な皿に移してから部屋へ戻った。
 部屋に現れた俺を見て西山は弱々しく微笑む。口で息をしていて辛そうだ。こんな時に一人だなんてさぞ心細いだろう。

「病院には?」
「かかりつけの先生に来てもらった」
「薬は?」
「飲んだ」
「お手伝いさんに残ってもらえなかったのかよ」
「熱くらいで」

 と西山は笑った。

「子供じゃないんだし。それに一人には慣れてるから」

 なんて寂しいことを笑顔で言うもんだから胸が痛くなる。俺の場合は母ちゃんがずっと専業主婦で家にいたから、ちょっとの熱や風邪でもつきっきりで看病してもらっていた。盲腸で入院したときだって毎日世話をしにきてくれたし、退院したあともなんだかんだ手伝いをしてくれた。

 そんな自分と比べると、こんな広い家に一人きりで苦しんでいた西山が可哀そうになってくる。

「そんなに親がいないことは多いのか?」
「母さんは海外だし、父さんも仕事あるし」
「なんの仕事してんの?」
「母さんは国連職員で、父さんは自分の会社があるから」

 国連職員に会社経営かよ……すげえな。でもそのために小さい頃から両親不在が当たり前になり、高熱におかされても「熱くらい」と一人で耐えて過ごすなんて寂しいだろうな……。

「俺のこと、可哀そうって思ってる?」
「べっ、別にそんなこと」
「優しいね、中根くん」

 手を握られた。熱のせいかしっとりしている。

「イチゴ、食べさせて」
「あっ、ああ……」

 一個摘まんで口元へ運んでやる。頬張り、大儀そうに咀嚼する。一粒が大きいから、切ってやったほうが良かったかもしれない。

 西山は長い時間をかけてやっと一個を食べ終わった。

「切ってくる?」
「ここにいて」

 掴んだままの手を引かれた。今まで一人で本当は心細かったのかもしれないと思ったら、子供みたいなことを言うなと振り払えなかった。

「でも、でかいだろ?」
「中根くんが噛んで小さくして」
「えっ」

 渋ると西山は潤んだ目を向けてくる。捨てられた仔犬みたいな目だ。

「こっ……こういうの、ほんとに今日だけだからな」
「うん」

 途端に子供みたいに嬉しそうに笑う。
 仕方なく、イチゴを半分口に入れて歯を立てた。

「口移しで」

 さらに調子に乗った注文が追加される。睨み付けたらまた捨て犬の目で見上げてくる。あぁもう! 元気になったら覚えとけよ!

 西山は雛鳥みたいに口を開いて待っていた。ベッドに手をついて顔を近づける。腰に西山の手がまわされる。

 西山の舌がイチゴを迎えにやってきた。俺の唇を舐め、舌をかすめて、イチゴを奪って行く。

「おいしい」

 瑞々しい音を立てながら咀嚼する。濡れた唇を舐めて「もう一個」と催促してくる。

 同じことを何度か繰り返すうち、口移しはただの口づけにかわっていった。イチゴの味がする唾液を交わらせながら、舌を絡ませ、荒い息を吐き出した。

「中根くん……」

 色の付いた声で呼ばれて我に返る。西山の手はもうすでに服の中だ。

「ばかっ……お前、熱……」
「次は中根くんを食べたい」
「なに言って……ンっ!」

 脇腹を撫でていた指の先が乳首にあたった。指の腹で潰され、こねくり回される。

「んっ、ぁあ……やめ……っ」
「食べてもいい?」
「や……っ……だめ、やだ……っ」
「こんなに尖って……おいしそう」

 クニクニと指で摘まんで引っ張られる。

「ばか……やっ、あっ、やだ……ぁ……」

 服を首元までたくしあげられた。ベッドの上で体をずらした西山が胸に吸い付く。口の中で乳首を舐められ吸い上げられる。

「んあ……あっ…やっ、に……し、やまっ……!」

 胸をしゃぶりながら西山の手は下半身へ移動してジーンズの隙間から侵入してきた。直に尻を掴んで揉み上げる。人差し指が尻の中心に当たるのはきっとわざとだ。

「やっ、やめ……ろっ……ばかっ、触る、なっ……!」

 体を抱えられてベッドの上を反転する。いつの間にか俺が西山を見上げていた。

「熱、あるんだろ、お前……っ」
「好きな人がそばにいたら余計熱があがるよ」

 西山は俺の手を自分の股間に押しつけた。柔らかなスエット生地を押し上げる固くて熱い存在。

「ちょ……なに立たせてんだよ!」
「中根くんが来てくれたから喜んでるんだよ」

 腰を曲げて乳首にしゃぶりついてくる。チュウチュウと音を立てて吸いながら、器用に手を動かして俺を全裸に剥いた。あっちこっちにキスしながら徐々に西山の頭が下がっていく。

「これ、盲腸のあとだ」

 手術痕を舐められてゾクゾク震えた次の瞬間には、足の付け根に舌を這わされため息みたいな声が漏れた。

「やだ…っ……にし、やま……ぁあ……」
「触ってないのに、もうこんなだよ?」

 ふぅと息を吹きかけられた。ぶっちゃけ、イチゴを口移しで食べさせていた時から半立ちだった。それは西山も気付いているはずだ。

 竿にキスされた。食むように唇でなぞられ、チロチロと舌の先で舐められる。

「んっ、あぁっ……、あっ、あっ……」
「中根くんのって、しゃぶるのにいいサイズだよね」

 ナチュラルに男を傷つける言葉を吐きながら西山は先端を口に含んだ。熱い口腔内。熱がある病人だったと思い出す。

「あっ、や、だめ……だ……っ、西山、だめ、はなせ……!」
「いやら」
「やぅ、ん!!」

 咥えたまんま喋んじゃねえよ!

 俺の制止を聞かないで、西山はたっぷり唾液を絡めるとジュボジュボと顔を上下に揺すった。本当にしゃぶりやすいお手頃サイズなのかと思うほど、いとも簡単に根本まで咥えこみ、のどの奥で俺を締め付ける。

「あ、あっ……やだ……ぁん……んっ、んん、やだ……っ」

 射精を促すように尿道をこじ開けて啜り上げられる。自分でもカウパーが溢れて止まらないのがわかる。もう先走りなんかじゃなく、精液を垂れ流しているんじゃないだろうか。

「新しいの、買ったんだよ」
「……?」

 何かと思って頭をあげれば、西山の手に見覚えのある小さな容器が握られていた。潤滑剤だ。噛んで先端の蓋を取ると、それを俺の尻の穴に差し込む。

「やっ……あっ、やだ! にしやま……っ! や、やだって……ッ!!」

 冷たい液体が吐きだされるのを感じる。容器が抜かれたあと指が突っ込まれて中をぐちゃぐちゃと掻きまわす。指がある一点を押し込んだ。

「やぁぁっ! あっ、あ、だめ…っ…いや、だ……そこ……いやっ……!」

 指で前立腺をぐりぐりを擦り上げられて、マタタビを与えられた猫みたいに腰から力が抜ける。さらにアイスでも頬張るようにちんこもしゃぶられて声が止まらない。

「ひやぁっ、や…やだ……ぁんっ……んっ、あっ、あぁっ……っ!」

 西山の指が内壁を押し広げながら出し入れされる。ジェルと体液とでそこがすっかり潤って卑猥な水音が立つ。

「ふ、あ……あぁん……んっ…や……あ、ああ……そんな、にっ……したら……あっ……ああっ……でる……も、お……でる……っ!!」

 追い立てるように強く吸われてたまらず射精した。西山の口のなかで自分の吐きだした精液に包まれる感触がする。隙間から漏れたものが陰茎を伝い落ちていく。

 口に残ったものをごくりと飲みこんで西山は体を起こした。自分でズボンをずらし、逞しく育ったペニスを俺に見せつけるように扱く。相変わらず馬鹿でけぇ……。

 西山は俺の足を掴んで左右に開いた。その中心の窄まりに亀頭を宛がいゆっくり身を沈めてくる。