FC2ブログ

teeth(2/2)

2015.02.11.Wed.
<前話はこちら>

※異物挿入、石膏プレイ

 勉強机に手をついて尻を突き出す格好を取らされた。背後の瀬上は俺の尻を左右に割ってその奥へ石膏のちんこを押し込んでくる。
 いつも入れられている瀬上のちんこより当然ながら硬い。そして冷たい。異物感ありありで怖い。

「わかるかい、君の中に君のものが入っているんだよ」

 歯を食いしばって頷く。俺のちんこ、けっこうでかいんじゃん。それとも石膏を突っ込まれる不安から体に力が入っているだけか。

「もうすぐ根本まで入る。どうだい、自分に犯される気分は?」

 楽しそうに言いながら瀬上は俺のちんぽを揉みだした。繊細な仕事をする指が、陰茎に絡みつき擦って扱いて来る。本当に指は五本なのかと疑ってしまうほど複雑な動きをする。

「はぁん……あ、あぁぁ……」
「もう先がヌルヌルだよ」
「あ……そこ、やだ…ぁ…」
「嫌だと言うわりに、涎が止まらないようだね」

 クチュクチュと音を立てて扱かれた。先走りがどんどん溢れて来る。
 瀬上はペニスを扱きながら石膏も出し入れし始めた。ローションでぬめるとは言え、本物の肉棒のような弾力がないので中を思いっきりゴリゴリと擦られて痛いほどだった。

「くぅ…あぁん…あっ……アァ…いや、ゆっくり……」
「君のカリ首が中を引っ掻いているのが感触でわかるよ。これで前立腺を責めてあげるね」

 クッと力の入れる方向を微妙に変えて、瀬上は的確に前立腺を当ててきた。そしてグチュグチュと小刻みに出し入れする。

「うっ、あっ、あぁぁんっ、だめっ、そんなに激しくっ…あっ、あぁっ! そこばっか…いやだっ、やぁ…んんっ!」
「本当に君はいやらしい子だね。ここを擦られたら女の子みたいに喘いでお漏らししちゃうんだから」

 ちんぽの先からはダラダラと我慢汁が垂れ落ちれ瀬上の指を濡らしていた。さらに陰嚢から太ももへと伝っていく。

「やっ、ん、だって……そこ、あ、あぁっ!」
「認めなよ。お尻をいじられるのが大好きな淫乱だって」
「いやぁっ、あっ、アァ…っ、ちがうっ、俺……淫乱じゃない……っ! やっ、やだ、手、止めてっ、出ちゃう! 出ちゃうから!」
「淫乱だって認めないとイカせてあげないよ」

 瀬上は根元をきつく握りしめた。直前で堰き止められて、圧縮された射精感でペニスが爆発しそうだった。

「やだっ、や、イカせて……こんな……つらいよ、やだぁ……っ!」
「だったら認めるかい? 自分は淫乱だって」
「う、うぅ……み…める…」
「聞こえないよ」
「認める……認めるからぁっ…お願い、もう手、はなして! イカせて……!」
「素直な子が大好きだよ」

 瀬上の手から力が抜ける。解放されたペニスから一気に精液が吐き出された。ドクドクと勢いよく飛んで机にかかる。

「自分に犯されてイッてしまったね」
「はあぁ…ん……」
「冷たい石膏だけで満足なのかい、君は」
「ん……や、やだ……」
「聞こえないよ。きちんとおねだりしてごらん」
「せ、瀬上さんの……勃起おちんぽ、入れて……っ」

 毎回、この瞬間は恥ずかしくて死にそうになる。最初は瀬上に命令されてねだる演技をしていた。だけど回を重ねるごとに、言わされる状況に感じるようになってきていた。体がゾクゾクとして、腹の奥のどす黒いものをかき乱されているような汚れた快感を得るようになってきた。

 瀬上の命令に従っているだけなのか。姉のためなのか。これは俺の本心なのか。もうわからない。

「よく言えたね。じゃあ君のいやらしいけつまんこに入れてあげるから、舐めてくれるかい?」

 瀬上はフェラが好きだ。フェラさせながら唇の裏に指を入れて歯列をなぞるのが好きだ。そんなのあるのか知らないけど、瀬上は歯フェチなんだろう。

 振り返って跪いた。石膏棒が中を圧迫して痛い。これを抜いて欲しい。これを入れられるくらいなら、熱くて太い瀬上のちんこのほうがましだと思える。

 瀬上の勃起したものに手を添えながら口に咥えこんだ。頭を前後に揺すって唇で瀬上を絞る。先端からぬめった液体が滲み出てきた。それを舐めとるとまた溢れてくる。すぼめた舌の先で啜り上げた。

「上手になってきたね」

 瀬上は指を口に入れてきた。歯の表面を擦るように撫でる。開かれた唇の隙間から唾液が零れて顎を伝う。

「おいしそうにおしゃぶりしてくれて嬉しいよ。今日はこのまま洋一くんの口に出そうかな」

 以前口に出されたときは、精液をためたまま口を開かされ、指で掻きまわされた。そのあとまたちんこを突っ込まれて出し入れされた。瀬上の口への執着は異常だ。

 苦しいし臭いし吐きそうになるから、また同じことをされるのは勘弁してほしい。
 だから俺はねだってみせるしかないのだ。

「や……やだ……入れて……俺の中に……」
「君のどこに?」
「お、俺のけつ、まんこ…に……」
「君のけつまんこに入れてどうしてほしいの?」
「いっぱい突いて、中、グチャグチャに掻きまわしてほしい……」

 瀬上は満足げに微笑んだ。

「そこまで言われたら仕方がないね。入れてあげるから後ろを向いて」

 立ち上がって机に手をつく。ズルッと石膏が抜かれて腰が砕けそうになった。

「はあぁぁんっ!」
「さぁ、こっちのお口でも美味しくおしゃぶりしてくれるかい?」

 言うや、瀬上はちんぽを入れてきた。無機質だった石膏とは違って内壁に張り付くような吸着力がある。こちらのほうがより隙間なく密着している感じがして、内壁全部でビクビク感じてしまう。

「…ッ…うぅ……くっ……!」

 机に置いた手が震えた。

「トロトロに蕩けてるよ。そんなに君のペニスはよかったかい?」

 俺は首を振った。

「よ、くない…っ、瀬上さんの勃起ちんぽのほうが……いいっ…」
「可愛いことを言うね。さっきは嫌がっていたくせに」

 するりと服の下に手が入ってきた。

「乳首がピンと立ってるよ」

 クスクス笑いながら突起を摘まんでいじくられる。腰骨に電流のような痺れが走る。

「あ、くぅ……んっ……」
「もっと気持ちよくしてあげるからね」
「あぁぁ……早く……」

 瀬上が腰を動かし始める。下から上へ、抉るように突き上げる。乳首を爪の先で弾き、項にキスをしてくる。

「うっ、あぁんっ、すごい……奥まで当たって……っ、おちんぽっ、奥まできてるっ!」
「気持ちいいかい?」
「はぁっ、はあぁぁんっ、気持ちい……気持ちいいっ、瀬上さんの勃起ちんぽ、気持ちいいよぉっ!」

 ちんぽを扱きながら俺は自ら腰を振って瀬上を締め付けた。まさにフェラをするときのように肛門を締めて陰茎を扱いた。

 石膏を押し付けられたジンジンとした痛みが和らぎ、瀬上の熱さと摩擦で蕩けていく。
 理性は焼き切れ、快楽を得るだけの器官になってひたすら貪る。

 脅されているのか、求めているのか。
 演技なのか、本音なのか。
 姉への後ろめたさなのか、快感のスパイスなのか。
 嫌悪なのか、汚れた悦びなのか――。



 二人でリビングに戻ると、談笑中だった姉と母が笑顔で振り返った。

「勉強は終わったの?」

 勉強をみるという口実で俺の部屋にやってきたらしい。
 瀬上はにこりと笑って「洋一くんは優秀だから志望の大学にも行けると思うよ」と俺の肩を抱く。姉の目の前で。
 何も知らない姉は「良かったわね」嬉しそうに微笑む。

「あの話、洋一くんにもしたら?」

 瀬上が言うと姉は「そうね」と手を叩いた。

「あのね、私たちの新居が、洋一が行きたがってる大学に通いやすい場所だから、洋一も一緒に住んだらどうかって言ってくれてるの。そのほうがお金もかからないし、一人暮らしさせるより安心だろうからって」

 とんでもない話が俺の知らない所で進んでいたようだ。

「そっ、そんな……新婚の二人の邪魔は出来ないよ……!」

 焦って断ると、瀬上の指先が肩に食い込んだ。

「遠慮はいらないよ。君は僕の弟になるんだから。男同士なんだし、これからも仲良くしよう」

 唇を左右に吊り上げて瀬上が笑う。白く綺麗な歯が見える。
 俺の口から熱い息が漏れる。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

teeth(1/2)

2015.02.10.Tue.
※異物挿入、石膏プレイ

 階段をあがってくる足音が聞こえた。
 足音は部屋の前で止まった。俺は扉を見つめた。
 コンコン、とノックされた。ひくっと咽喉が鳴る。

「洋一くん? 開けるよ」

 歌うように言って中に入ってきたのは姉の婚約者の瀬上だ。歯科衛生士の姉が勤務している歯科医院の跡取り息子で、技術も接客も一流だと評判の歯科医らしい。

「どうして下にこないの?」

 患者に安心を与えるはずの優しい笑顔が今の俺には恐ろしい。

「もしかして、僕が来るのを待ってたのかい?」
「ち、違うに決まってるだろ」

 俯く俺の顎に手を添えて自分のほうへ向かせると、瀬上は目を覗きこんできた。涼しげな目が瞬き一つしないで俺を見つめる。

「口を開けて」

 躊躇したあとおとなしく口を開いた。瀬上はポケットからペンライトを出して俺の口のなかを見る。この変態野郎。

「うん。綺麗だ。歯並びも、歯の形も、噛み合わせも、まるで模型みたいに完璧だ」

 感心したように言うとキスしてきた。
 ぬるっと舌を入れて歯列をなぞり、裏側にまわって口蓋を舌先が這う。

「ふぅ……んっ……」

 腰を引き寄せられて下腹部を密着された。瀬上の股間はすでに熱く硬くなっていた。

「や、やめろよ」
「嫌じゃないだろう?」
「嫌に決まってるだろ!」

 瀬上は意外そうに目を見張った。そしてクッと目を細め、口の端に笑みを滲ませた。

「そんなことを言うなら、お姉さんとの婚約を破棄しようかな」
「!!」
「お父さんとお母さんは僕のことを気に入ってくれているし、何よりお姉さんは僕に夢中だ。弟の君に反対されたから結婚を取りやめると言ったら、家族全員が悲しむんじゃないかな?」
「……卑怯者……!」
「卑怯者が命令しよう。お尻を出しなさい」

 瀬上は上着の内ポケットに手を入れるとある物を取り出した。

「今日はこれを使うために来たんだ」

 白くて長くて、特徴的な形のそれは、前回瀬上が来た時に型を取ったもの。俺の、勃起したちんこだ。
 わざわざ歯科治療に使う道具を持ちこんでこんなものを作った。石膏を流して次回持って来ると言っていたが、まさか本当に持ってきたとは。

 裏筋や血管まで見事に再現されてている。これが俺の勃起ちんこ。竿はまっすぐだしカリ高だし、意外に整って綺麗じゃんとか思ったりしてたら、

「そんなに物欲しそうに見つめなくても、いまから挿れてあげるよ」

 石膏の勃起ちんこに頬ずりして瀬上は言った。

 瀬上は石膏ちんこにゴムをはめると、それにローションを垂らして全体に馴染ませた。俺はと言えば、姉の婚約を盾に、命令通りジーンズと下着を脱いで下半身丸出しになった。

「おや。もう勃ってるじゃないか。やっぱり本当は期待してたんだろう」

 瀬上に言われて頬が熱くなる。俺の馬鹿息子は頭をあげて口に涎を滲ませていた。



 瀬上に脅されこういう関係になったのは、三ヶ月前に姉が瀬上を家に連れて来てすぐ。俺の口元に釘付けになった瀬上に、口のなかを見せて欲しいと二人きりの部屋で迫られたのが最初だ。

 いつも持ち歩いてるのかと呆れたペンライトを取り出して「美しい。綺麗だ。完璧だ」と興奮して口のなかを眺めまわした。一通り見終わった瀬上の頬は上気していた。

「こんなに完璧な歯列は見た事が無い。モンソンカーブも最高だ。歯頚部のラインも揃って綺麗だ。エナメル質の輝きも見事だ。洋一くん、君の歯は素晴らしいよ」

 歯医者だからかと納得しかけた瀬上の情熱も、股間の膨らみでただの変態だと考えがかわった。

 そして次に瀬上が要求してきたのは俺の体だった。当然拒否した。姉の婚約者。何より相手は同性の男。部屋を飛び出し、下のリビングにいる姉にあんな奴と別れろと言うと姉は泣き出した。

「あんないい人とこの先出会えるかわからない。頼りない私のことを一生守ると言ってくれた人を、洋ちゃんはどうして嫌うの?」

 姉には小さい頃からいろいろ世話になった。共働きで両親不在の間、姉が母親にかわって甲斐甲斐しく世話を焼いてくれた。宿題もみてくれたし、お昼のおやつも作ってくれた。

 昔からおっとりとしておしとやかで優しくて人を疑うことをしない姉だった。学校や職場ではいつも癒し系のポジションだった。それをよく思わない一部の女から嫌がらせをされたことは一度や二度じゃない。

 そんな姉を一生守ると誓った瀬上の本性がただの変態ホモ野郎だったとバラしたら、どれほど傷つき落ち込むか。
 葛藤する俺の耳元で瀬上が囁いた。

「言う通りにしないと、お姉さんとの婚約、破棄するよ」

 俺の選択肢は一つしか残されていなかった。

 それ以来、姉が瀬上を家に連れてきたときや、瀬上から呼び出されたときに二人きりで会った。毎回、まず俺の口のなかを褒めて、そのあと事に及ぶ。

 瀬上はバイなのだそうだ。姉のことは本当に愛していると言う。だけど俺にも惹かれていると厚かましくものたまう。瀬上が惹かれているのは俺の歯と、言いなりになる体だけじゃないか。

 一ヶ月に2、3度のペースで瀬上と関係を続けてきた。姉への後ろめたさが半端ない。自分の体への嫌悪感が募る。いつまで続くのだと先の見えない恐怖に包まれる。



片恋コネクト