FC2ブログ

アガルタ(2/2)

2014.12.01.Mon.
<前話はこちら>

 母さんと妹に仏壇の前に呼び出され、そこで家族会議が開かれた結果、俺は仕事を辞めて大学受験することになった。

 もう父さんに医療費も介護費も必要なくなったし、生命保険がおりて生活に余裕が出たからだ。

 せっかく就職できたんだからと反対したが、妹から「お兄ちゃんが受験しないなら私もしない!」と脅されて、ありがたく受験させてもらうことにした。

 準備期間は半年ほどしかない。予備校に行くのはお金がもったいないから、自力で必死に勉強した。

 母さん一人を働かせてはおけず、バイトをしながらだったが苦でもなんでもなかった。勉強を続けさせてもらえるのが嬉してく、ただ受験を乗り切ることだけを考えて勉強していた一年前とは心境がまるで違った。

 大学選びも前より慎重になって色々資料を取り寄せ、ネットで調べ、休みの日には実際近くまで様子を見に行ったりもした。

 数か月が経った初冬、それまで自分から一度も連絡をしてこなかった中村からメールがきた。

 元気にしてる? と俺が煩く思わないように注意した控えめな文章だった。返事をしたほうが中村は安心するのだろうが、なんとなく出来ずに無視した。

 妹の冬休みが始まったある日、業を煮やした中村が自宅へ突撃してきた。

「いま実家に戻ってて。迷惑かと思ったんだけど、会いに来た」

 とわざわざ手土産を持参して。

 玄関先でどうしようと顔を見合わせあった。

「寒いんだから入ってもらったら?」

 好奇心丸出しで覗き見していた妹に言われ、追い返すわけにもいかなくなり中村を家に入れた。

 机に広げられた教科書や参考書に中村が気付いた。

「受験するの?」
「受かるかどうかはわかんないけど」
「応援する。橋本ならきっと大丈夫だよ」
「自信ねえわ」
「俺に出来ることがあったら言って。使ってた問題集がまだあるから、持ってこようか?」
「いや……。やっぱ借りようかな」
「明日持ってくるよ!」

 明日も来る口実が出来て中村は嬉しそうだった。

「まだ俺なんかが好きなわけ?」
「うん、好きだよ」

 顔を真っ赤にしてはにかむもんだから俺まで顔が熱くなってしまった。

 中村は夕方まで家にいた。勉強する俺の横で本を読みながら、俺が問題に手こずっていると助け舟を出してくれた。おかげで苦手な箇所も道しるべが出来たようにわかりやすくなった。

「また明日来るよ」

 との帰り際の言葉通り、中村は翌日もやってきた。

 自分も大学のレポートがあるらしく、それを持ちこんで俺と一緒に机に向かった。

 夕方近くに妹が俺の部屋に顔を覗かせ「中村さんも晩ご飯食べて行って下さい」と母さんからの伝言を伝えた。

 どうしよう? と問うように中村が俺を見る。俺は目を逸らしつつ頷いた。

 俺の家族と一緒に中村も夕飯を食べた。そのあと、母さんに押し切られて風呂にまで入った。湯冷めするといけないから、と泊まることを強要され、俺のトレーナーを着た中村は実家に外泊の連絡を入れていた。

「悪いな」

 電話を切った中村に詫びた。母親の暴走が息子として恥ずかしい。

「俺こそごめん。ちゃんと断ればよかったのに」
「それは別にいいんだけど。寝るのは俺の部屋でいいか?」
「……うん」

 俯いた中村の目元が赤くなっていた。それを見たら、俺まで緊張した。

 歯磨きをしている間に、母さんが俺の部屋に客用の布団を敷いてくれていた。落ち着かない顔で中村がその上に正座する。

「ほんとに急に泊まっちゃってごめん」
「いや、それはうちの親のせいだし」
「明日の朝、すぐに帰るから」
「まぁ、別にゆっくりしてけばいいんじゃない」
「うん……、橋本がいいなら……」
「……」
「……」
「……電気消すぞ」
「あ、うん。おやすみ」

 明かりを消して俺はベッドに、中村は床の布団に入った。暗闇に目が慣れる頃になっても眠気はやってこなかった。

 隣の中村は俺に背を向けて微動だにしない。もう寝たんだろうか。

「中村」

 後頭部に囁きかけると、中村はゆっくり振り返った。

「うん?」
「こっち来る?」

 数秒の沈黙のあと、布団を抜け出した中村が、俺のベッドに潜り込んできた。緊張した面持ちで目を伏せている中村を抱きしめてキスした。舌を入れたら、中村も俺に抱き付いてきた。

 ハァハァと荒い息をしながら口づけた。ピチャピチャと濡れた水音を立てながら中を弄りあい、お互いの体を触りあった。

 股間に手を伸ばすとそこはもう固くなっていた。下着のなかに手を入れて熱い勃起を握った。

「あ──ッ」

 声を押し殺そうと中村は顎を引いた。

「あ、あ、だめ、橋本、あ、あぁ…」

 中村のペニスからたくさんの先走りが溢れてくる。手を動かすと布団のなかから粘ついた音が聞こえて来た。

「あ、やっ…、あぁ……っ」
「静かに」
「んっ、あ、だって…、気持ちい…っ」
「ほんとお前ってエロい奴だよな」
「ふぁっ…ンッ…そんなにしたら…出ちゃうから……」
「布団汚すなよ」
「じゃ、アッ、もう…止めてっ…!」

 布団を羽織るように体を起こし、中村の腰に跨った。中村を見下ろしながら扱きあげる。

「ふぅっ、んっ、あぁっ、やだ、あ、声…っ…!」

 両手で口元を押さえて必死に声を殺している中村が愛しく見えた。

 廊下を挟んだ斜め前に妹の部屋がある。聞かれてもいいという気になって扱く手つきを早くした。

「はぁっ、あんッ、あっ、あぁっ、だめ、や…っ」
「久し振りなのに、敏感すぎるだろ」
「あ、や…ん、んんっ…!」

 先端を擦っていたとき、指の間から生温いものが飛び出した。

 それは放物線を描いてビタビタと中村の腹に降りかかり、俺の指にも垂れ落ちた。

「ごめん…汚してない…?」
「大丈夫だよ」
「よかった」

 中村は起き上がり、枕元のティッシュで腹の精液を拭った。

「次は俺にさせて」

 囁いて俺の腰に手を回す。ズボンと下着をずらして飛び出したペニスを寝そべりながら咥えた。すぼまった口のなかをペニスが出たり入ったりする。

 親父が死んだあと、中村をホテルに呼びつけたときはぜんぜん反応しなかったのに、今日は気を抜くともう達してしまいそうだった。

 間抜けな音を立てて先端が中村の口から弾かれた。中村は愛しそうに下から上へと舐めあげる。

 いつも酷いセックスばかりだった。自分さえ出せば中村のことなんかお構いなしでホテルを出た。イクなと命じたこともある。根元を握りしめて、放してと頼む中村をイカせず帰したこともある。

 文字通り性処理の道具として扱ってきたのに、よく俺なんかを好きでい続けられたものだ。

 本当に物好きな奴だ。

「…っ…、出る……ッ」

 根本まで咥えむと中村は激しく顔を上下に揺すった。

 口淫に促されて精液を吐き出した。中村はそれを飲み込んだ。そうしろと俺たちが躾けた。

「今まで酷いことばっかして、悪かったな」

 言葉が勝手に口から出ていた。中村は零れるほど大きく目を見開いた。

「俺が田中たちに言わなきゃ良かったんだよな。女装させられてんの見て、やめろって言ってやりゃよかったんだよな。自分が大学行けないからって、お前に八つ当たりして悪かった。本当、ごめん」

 見開いたままの目から涙を零しながら、中村はゆっくり首を左右に振った。

「俺、橋本だったら何されても嬉しかったから……、そばにいられるだけで、俺を覚えててくれるだけで嬉しかったから……っ」

 顔を歪めると中村は声をしゃくりあげて泣き出した。大きく震える中村の肩を抱きよせた。首筋を中村の熱い吐息と涙が滑り落ちて行く。

 今度は俺が、泣き止むまで背中を撫でてやる番だった。

 ※ ※ ※

 三月。

 合格発表があった。母さんと妹に遠まわしに急かされながら、昼過ぎにやっとパソコンを開いて確認した。

 部屋に戻って中村に電話をかけた。直接会って伝える勇気がなかった。

 中村は数コールで電話に出た。『はい』と硬い声。今日が合格発表の日だと知っている。

「俺」
『うん』
「……今日発表だった」
『うん……』
「はぁ……。ね」
『うん』
「……なんとか……、受かった」
『良かった……っ!』

 電話の向こうから安堵の息遣い。

 重大発表はまだ終わったわけじゃないんだぞ。俺は居住まいを正して携帯を握りなおした。

「で、俺もそっち出ることになったんだけど、良かったら一緒に暮らさない?」

 中村が息を飲む音。それはどっちの驚きなんだろう。怖くて汗がにじみ出る。

「嫌ならいいんだけど」
『明日! 一緒に部屋探しに行こう!』
「明日かよ、さっそくだな」
『一日も早く一緒に暮らしたいから』
「うん。じゃあ、明日会おう」
『うん』
「……やっぱ今日会える?」
『会える!』

 と中村は即答する。妙なことに俺の目はじんわりと熱くなってきた。眉間に力を込めてぎゅっと目を瞑った。

「好きだ」

 涙のかわりに通話口に吹き込んだ。



【続きを読む】
スポンサーサイト
[PR]

アガルタ(1/2)

2014.11.30.Sun.
<前話「クラスの地味男」はこちら>

※地味。シリアス。身内不幸ネタ。挿入ってない。

 いつになっても学生気分の抜けない馬鹿ってのはいるもんだ。

 卒業式のあと体育倉庫で中村を犯したあと、山本と田中は「こいつにウリさせね?」と俺に言ってきた。

「ウリ?」
「出会い系みたいので援交させてもいいし、店に登録させてもいいし」
「でピンハネするってか?」

 いい考えだろと言わんばかりに目を輝かせて二人は頷いた。こんな馬鹿でも通わせてくれる大学があるっていうんだから末恐ろしい限りだ。

「中村はやりたいって?」

 二人の背後でモソモソと自分のケツを拭っていた中村は俺の声に顔をあげた。

「こいつの意思なんかどうだっていいよ」
「男に掘られるの大好きだから、喜んでやると思うぜ」

 悲壮な顔つきで中村は小さく首を振る。

「やりたくねーってさ」

 田中と山本は顔を険しくして、体育倉庫で縮こまる中村に「ふざけんなよ」「ウリはお前の天職だろうが」と文句をたれている。

「もう卒業したし、これもそろそろ終わりにしねえ?」

 俺が言うと二人は目を剥いて振り返った。

「なんで?!」
「中村逃がしてやんのかよ?」

 そんな唾飛ばしてムキにならなくたっていいじゃん。なんだか友達だった二人に急に嫌悪が湧いた。身勝手な感情だと思うが。

「そんなに執着するって、お前ら中村に惚れたのか?」
「んなわけねえじゃん!」
「ただの性処理だよ。こんな肉便器野郎、誰が!」
「だったらもういいだろ。いつまでも男とヤッてたらお前らまでホモになるぞ」

 二人は顔を見合わせた。納得しきれていない顔。でもこれ以上言えば俺にまたホモ扱いされると思って黙っている。

「大学行ったら女作れよ。男なんか相手にしたてって仕方ねえだろ。何が楽しいんだよ」
「……そうだな。おっぱいねえし、チンコついてるし」
「俺らもこいつに構ってるほど暇じゃねえしな」

 ホモにはなりたくない、大学に行けば女が出来ると自分を納得させることで二人はやっと中村というおもちゃを手放す決心をしたようだった。

 制服を身に着けた中村が複雑な表情で俺たちのやりとりを見ていた。

 行け、と顎をしゃくった。警戒しながら中村は立ち上がると、物音ひとつで俺たちの気がかわると思っているのか、布ずれの音さえ立てずにそろそろと出口に向かった。

 田中の舌打ちに怯えながら中村は静かに戸を開いた。明るい光が差し込んでくる。俺たちに見守られながら、中村はその光のなかへ消えていった。

 ※ ※ ※

 卒業の少し前に父親が脳梗塞で倒れてしまい、半身不随となって仕事を辞めた。専業主婦だった母親はパートに出、俺は大学へ行くことを諦めた。

 両親はせっかく合格したのだからと進学を強く勧めてきたが、父親の医療費、昼間のヘルパー代や妹に今後かかる学費を思うと、長男の俺が働くしか道が残されていないのは、高校生の俺でもわかった。

 地元が嫌いだった。県外の大学、これが受験の絶対条件だったのに、結局俺は地元で就職し、残ることになってしまった。

 田中と山本は二人そろって上京した。あんな馬鹿が大学に行けるのに、どうして俺は行けないんだと腐りそうになる。

『俺らもこいつに構ってるほど暇じゃねえしな』

 どうせ勉強もしないで遊び惚けるだけのくせに、なにが暇じゃない、だ。ふざけるな。

 中村を逃がしたのは二人への腹いせだった。親の金で大学に行って遊ぶあいつらのおもちゃを取り上げてやりたかった。

 そんなことをしたって気が晴れるわけじゃなかったけど、あいつらの遊ぶ金を少しでも減らせてやれたことはいい気分だ。

 地元で高卒の働き手はそれなりにはあったが、就職組からは完全に出遅れていた。給料も待遇もそれなりの中小企業ばかりで気が滅入っている俺のそばで、あつらは中村をヤルことばかり話していて、その人間性にほとほと嫌気がさした。もう二度と会うこともないだろう。

 就職先が決まったら連絡を寄越すようにと担任から言われていたので、三月末、学校へ行ってみた。最後の学生気分を少し味わいたかったのかもしれない。

 三年間通った校舎やグラウンドがもう懐かしく思える。卒業式という区切り一つで、自分は部外者だと強く感じた。

 地元の小さな電子部品会社から採用通知がきたので、担任にその報告をした。土壇場で進路を変更した家庭の事情を知っているので担任は「大変だが頑張れよ」と俺を励ました。

 そのまま帰ろうと思ったが、ふと思いついて教室に行ってみた。鍵が閉まっていて開かない。扉のまえでため息をついた。

 帰るか、と踵を返すと廊下に中村が立っていた。俺と目を合わせて「やあ」とはにかむ。

「橋本が階段あがっていくの見えたから」
「あ、そう。お前はなんで学校いんの」
「合格発表があったから報告に」
「どうだった?」
「なんとか」

 と、中村は襟首に手をやって俯いた。

「国立か。あんな目に遭ってたのによく入れたな」
「……橋本は大変だったね」
「ざまあねえって笑ってんだろ」
「そんなことないよ!」

 中村は顔をあげた。

「山本たちと一緒になってお前を犯ってたんだから恨まれて当然だよな」
「恨んでなんかないよ……」
「まさかまだ俺を好きとか言わないよな?」

 揶揄するように笑う俺から目を逸らして、中村は「そのまさかだよ」と小さく呟いた。

 田中と山本が犯すときより、俺に犯されているときの方が中村が喜んでいるのは一目瞭然だった。こいつは俺のちんこなら進んでしゃぶったし、一際大きな声をあげて中出しをねだった。

 山本たちに変態だと嘲笑われても、中村は何も言い返さずに切ない目を俺に向けてきた。その目がだんだん気に食わなくなってきた。

 日に日に膨らむ苛立ちと罪悪感。そんな時に父親が倒れて三日ほど学校を休んだ。休み明け、そんな気分じゃなかった俺を励まそうとする山本たちに強く勧められて中村を犯した。

 苛立ちが爆発して酷いことをした。苦しそうだった。辛そうだった。目に涙が浮かんでいた。だけど一番俺を苛立たせたのはその目だった。俺を赦し、同情する、中村の目だった。

 それ以来、機械的に腰を振って射精した。本当に中村をただの性処理として扱った。それでもまだ俺を好きだと言うのか。

「マゾだよな」
「違うよ」
「マゾでなきゃなんなの? 三人がかりで犯されたのにまだ足りねえの?」
「違うってば!」
「犯って欲しけりゃしゃぶれよ」

 中村は口を閉ざした。

 一丁前に傷ついた顔するんじゃねえよ。

「俺が好きなんだろ。早くしゃぶれ」

 ベルトを外してジーンズを下げた。下着をずらしてペニスを引っ張り出し、中村に向ける。

 中村は例の俺を苛つかせる目で俺を見ていた。小さく息を吐き出して一歩一歩近づいてくる。目の前で立ち止まり、跪くと俺のペニスを咥えた。舌を広げ、唇をすぼめてしゃぶりながら顔を前後に揺する。

 勃たないだろうと思っていたのに、あっさり勃起した。俺の感情と真逆の反応を見せる。すぐに上り詰めてもう射精しそうになった。

 中村の頭を押さえ込んだ。痙攣するのどの奥に吐き出して引き抜いた。

「俺の専属で使ってやる」
「えっ……」
「連絡するから、呼び出したらすぐ来いよ」

 廊下に膝をついたままの中村を残して校舎を出た。

 ※ ※ ※

 先輩社員と一緒に新規の取引先を探し回った。何度も頭を下げた。何度も「すみません」と言った。自社製品の説明が出来ず、出向いた先の社員に馬鹿にされた。車に戻れば先輩社員からもっと勉強しておけと叱られた。営業なんてクソだ。

 ささくれた気持ちで中村を呼び出すメールを送った。その夜、中村をホテルに連れ込み犯した。自分の快楽だけを求めた一方的なセックスだ。ホテル代は中村に任せて帰宅する。こんなことをもう何度か繰り返していた。

 突然の呼び出しにもかかわらず中村は必ずやってきた。そして文句ひとつ言わないで俺と別れた。その従順さに苛ついた。だから毎回乱暴に扱った。

 たまに山本と田中から連絡があった。電話の向こうのあいつらはまだガキのままだった。TPOをわきまえない大声で学生生活を語ってくる。東京の夜は楽しいから休みの日に出てこいよと誘ってくる。

 携帯電話を耳から少し話して適当に相槌を打ち、最後は「また今度電話する」と言って通話を切る。

 心がざらついた。胸がキリキリ締め付けられた。俺だってあいつらと同じように地元を離れて遊んでいられたのに。加齢臭のする親父共に頭をさげないでいられたのに。

 荒んだ気持ちで荒んだ生活を送って半年が経ったある日、営業車のなかでサボッていたら妹から電話がかかってきた。

「お父さんの様子がおかしいんだけど! お兄ちゃん、どうしたらいいの?!」
「ばか、病院だ! 救急車呼べ!」

 車を出て会社に戻った。上司に事情を説明した。嫌な顔をされたが早退の許可をもらって急いで帰宅した。

 動転していたのか家の鍵は開いたままだった。父親がいつも寝ている和室を覗くと、乱れた布団だけがあった。手をあてるともう冷たい。

 妹に電話をかけた。留守電に繋がったので母さんにかけてみた。電話に出た母さんはまだ仕事中なのか声を潜めて「あとでかけなおす」とだけ言って電話を切った。

 しばらくして折り返しがあって、父さんが運ばれた病院を教えてもらった。頼まれた荷物を持って病院に向かった。

 父さんは意識不明だった。今度は脳出血だった。医者と話し合った母さんが危篤状態だと教えてくれた。

「でもまだ持ち直す可能性だってあるんだろ」
「覚悟はしておいて」

 妹は泣き崩れた。

 ※ ※ ※

 葬式のゴタゴタが一段落ついた夜、中村を呼び出した。顔色のよくない俺を見てどうしたのかと心配顔で訊いてくる。

「舐めて立たせろ」

 それだけ言ってベッドに腰を下ろした。何か言いたげな表情で近づいてきた中村は、俺の足の間に膝をついて股間に顔を埋めた。

 どんなに長い時間、口淫を受けてもピクとも反応しやがらない。

「もういい」

 声をかけると中村は立ち上がった。

「なにかあった?」
「親父が死んだ」

 中村の表情が固まる。

「それは……、大変だったね」
「脳出血だって。脳梗塞の予防薬があだになって出血量が多かったらしい」
「辛かったね」

 中村はそっと俺の頭を抱きしめた。乾いていた感情が急に湿り気を帯びて、涙腺を刺激した。胸元からせりあがってくるものがあって、それを我慢していたらどんどん涙が溢れてきた。

 嗚咽が漏れた。

「橋本」

 中村の腕に力がこもる。胸に顔を押し付けながら俺は泣きじゃくった。

 中村は俺が泣き止むまでずっと背中を撫でていてくれた。



 目覚めたときに、自分がぐっすり寝ていたことに気付いた。親父が危篤になってから今日までろくに眠れなかったのに、今日は満足感のなか瞼を開くことが出来た。

 俺は中村の腕の中にいた。一緒のベッドに入り、ホテルの一室で朝を迎えていた。

 枕元の時計を見るために頭をあげると、中村も目を覚まし「おはよう」と微笑んだ。

「悪かったな、昨日は」
「ぜんぜん」
「仕事だから俺、行くわ」
「……うん」

 布団から出てシャワーを浴びた。頭も体も覚醒していく。久しぶりの清々しい気分だった。

 浴室を出たら中村も顔を洗っていた。

 鏡の前で中村と隣あって髪を乾かし、歯を磨いた。中村はなにも言わない。同情も、労りの言葉もなく、控えめで優しい眼差しを向けて来る。それが面映ゆく、目を合わさないまま身支度を整えた。

「行くぞ」

 俺の声に中村も鞄を拾ってやってくる。俺が部屋の支払いをして、ホテルを出た。

「また連絡してよ」

 駅に向かって歩いていると、数歩後ろから中村が遠慮がちに言ってきた。

「さあ、わかんね」
「待ってる」
「こういうのも飽きてきたな」
「いつでもどこでも、すぐに飛んでいくから」
「お前も物好きだな」
「橋本のためなら、なんだってしたいんだ」
「やっぱマゾだよ、お前」
「橋本に会えるなら、もうなんだっていいよ」

 どこかいじけたような、投げやりな呟きに口元が緩んだ。

 駅の改札で中村と別れた。向かいのホームから、電車に乗って駅を離れるまで付き纏う中村の視線がこそばかった。