FC2ブログ

茶番(2/2)

2014.10.04.Sat.
<前話はこちら>

「どうして俺に構う」

 戸を閉めるなり俺に向き直って言う。

「森くんには構ってねーだろ。俺が構ってるのは直輝だけ。直輝って案外可愛いよな」
「俺に嫉妬させたいのか?」
「嫉妬? なんで別れた男に嫉妬させなきゃなんないの?」
「丹沢に絡んでも無駄だぞ」
「無駄じゃねえよ、俺が直輝のこと好きなんだから」

 好きって言葉に森は顔を引き攣らせた。

「……本気で丹沢が?」
「だって森が相手してくんねえから俺、溜まりまくってんだよ。けっこう可愛いし、この際丹沢でもいいかなぁって」
「貴様…っ!」

 森が手を振り上げる。その腕を掴んだ。

「なんで関係ない森くんが怒るんだよ」
「丹沢は俺の友達だ。関係はある」
「本当は嫉妬してんじゃないの? 俺が丹沢にとられちゃうって」
「そんなわけあるか!」

 森は自由な方の手も振り上げたが、そっちも俺に掴まれてしまい、唇を噛みしめた。

「もう素直になんなさいよ、森くん。ほんとは俺のこと大好きだって」
「離せ!」
「こんなとこに俺を連れ込んでさぁ。ヤッてほしいって言ってるようなもんじゃない」
「なっ!」

 森の足を払った。バランスを崩した森をマットの上に押し倒す。

「やめろっ! 触るなっ、どけ!」
「大きな声出さない方がいいんじゃないの? 丹沢が心配して探し回ってるかもよ。見つかったらややこしいんじゃない?」

 ズボンの上から森のちんこを揉みしだく。森は暴れていたが、俺の手の中でそれは確実に大きくなっていた。

「ほら、脱いじゃえよ。汚すぞ」
「い…や、だっ…、やめろっ、嫌だ!」

 森が大きく身を捩った拍子に、ベルトの金具で俺は指を切ってしまった。深くはないがぱっくり割れて血がぷくりと盛り上がる。
 それを見が森がはっとした顔で抵抗をやめた。

「あ、すまない…」
「だめっ、舐めなさい」

 人差し指を森の口元へ運ぶ。森は躊躇いつつ、口を開いて指を迎え入れた。舌を動かして傷口を探し出し、ぬるりと血を舐めとると、ちゅうと吸った。赤い顔で、困惑した目を俺に向けながら。…エロいわぁ、こいつ。

「ごめんなさい、は?」
「ご、ごめんらはい…」

 律儀に指を咥えたまんま言いやがる。俺の股間が暴れ出しそうだ。

「お仕置きだぞ、郁人」

 郁人と呼ばれて森は我に返ったように、目つきを鋭くした。

「なっ、どこを触ってるんだ!」
「ちんぽだよ、見りゃわかんだろうが」

 下着の中に手を突っ込んで森のちんぽを握った。熱く脈打っている。

「なんだよ、俺の指舐めて興奮したか? ガッタガチじゃねえか」
「違う……っ」

 前髪を揺らしながら横を向く顎のラインが最高に色っぽかった。森のちんこを扱きながら自分の前をくつろげ、勃起ちんぽを二本まとめて握った。

「あっ…やめろ…嫌だっ」
「嫌じゃなくて、気持ちいいこともっとしてっておねだりしなきゃ駄目だろ、郁人」
「もう、嫌だっ…俺を子ども扱いするなっ…俺は子供じゃない…!」
「あらあら、泣いちゃったか?」
「泣いてなんか…!」
「ほら、泣いてんじゃん。俺の手、ベトベトだよ」

 体液で粘つく手を森に見せた。森は顔を真っ赤にして目を逸らした。

「何が楽しいんだ、こんなこと…」

 と唇を噛みしめる。あら、ほんとに泣いちゃいそう。目が真っ赤だ。

「楽しいよ、郁人が怒ったり恥ずかしそうにしたり、俺にだけ、いろんな顔見せてくれるから」

 顎に手を添えてこちらを向かせる。潤んだ目を見られるのが恥ずかしいのか森は伏し目がち。そっと唇を合わせたら、森はちょっとだけ震えてた。

「俺が子供扱いしたら、7歳の自分に嫉妬したり。嫉妬深い森って大好き」
「わ、わざと…?」
「たりめーよ、俺、ショタじゃねえもん」

 愕然と目を見開いたと思ったら、森の目からポロリと涙が零れ落ちた。あら、ほんとに泣かせちゃった。
 俺の胸を引き寄せて、そこへ顔を埋めて「馬鹿、馬鹿野郎…」とか言っちゃってる。可愛い。可愛過ぎる。
 ニヤけながら頭を良い子良い子してやったら森の体から力が抜けて行った。

 俺が「郁人」って呼んで子供扱いしたら、森が不安そうにしてるのはとっくに気付いてた。俺が好きなのは高校生の自分じゃなく、7歳の自分なんじゃないかって気にしてることも。だからわざと子供扱いしてたんだけど、まさか泣き顔見られるなんてなぁ。ちょっとやり過ぎちゃったけど。この償いは体でさせてもらいますよ。

 キスしながら森の制服のボタンを外す。森はちょっと恥ずかしそうだったが抵抗はしなかった。
 ぷっくり立ち上がった乳首を口に含んで中で転がすと、森は俺にしがみついてきた。

「んん…あ…それ、いやだ…」
「嫌じゃないでしょ、正直に言いなさい」

 子供を叱るみたいに言うと、森は「ばか」と小さく呟いた。やばっ。いまの「ばか」で射精してしまいそうだった。
 乳首をチュウチュウ吸いながら森の後ろへ手を伸ばし、肛門の周囲を指でくるくる撫でた。そこがヒクヒクし始める。つぷ、と指の先を入れた。収縮する動きが俺の指をどんどん奥へと導く。根本まで収まると、軽く指を曲げながらグリグリ中で掻きまわした。

「アァッ! あっ、んっ……っ、そんなに、動かすな…っ!」

 とか言いながら森の内部は嬉しそうに蠢いて湿りが増して潤ってきているぞ。

「指なんかじゃ、物足りないんだよね、郁人は」
「ばかっ…くそっ……んっ、ん、はぁっ…あんっ…はやく、入れろ…!」
「何をかなぁ?」

 ぎろっと下から睨まれた。にやりと笑い返してはみたが、俺もそうとう限界近くて正直余裕ぶっこいてる暇はない。早く入れたくて仕方がないんだけど、森を虐めるのが楽しくてやせ我慢している。

「おまえの…はやく…」
「俺のナニ? おちんぽでしょ? ほら、言ってごらん」

 森の吐く息が震えていた。見ると半開きの唇もプルプル震えている。森の葛藤がよくわかる。

「ほらほら、早く。お兄さんのおちんぽ、ハメハメしてって」

 森の目が細められたので、また泣くかな、と焦ったが、森は泣かずに口を開いた。

「……お、ちんぽ、ハメて……」

 嫌々って口調なんだけど、色欲にまみれた目っていうの? そういう濡れた目に見られながら言われたもんだから軽くイキかけた。けしからん。これ以上エロくなったら俺が優位に立てなくなるじゃないか。

「よく言えたね、郁人。ご褒美だよ」

 誰へのご褒美なんだか。急いで森の腰を抱え持つと、その中心へ待ち焦がれて泣きっぱなしの勃起ちんぽを突っ込んだ。

「はあぁ…あんっ!」

 森が体を反らせる。ぎゅうっと中で締め付けられた。イクッ! やばいと思って腰を引こうとしたけど、気持ちいいことを優先する本能に逆らえず、俺は腰を振って射精していた。

「えっ、あ……相崎…」

 いきなり中に吐き出されたもんだから、森が戸惑って俺を見つめている。三擦り半を地でやっちゃった。お前のなか、気持ち良過ぎなんだよ。

「どうだった、俺からのご褒美」

 と誤魔化しながら再び前後運動を開始する。一回射精したくらいで俺の自慢の息子は衰えないのだ。しかも中の精液のおかげで滑りがよくなって突きやすい。 
 俺に突かれるたび、森の足がガクガク揺れる。たまに乳首やちんぽを弄ると森は乱れに乱れた。

「ん…はぁ……ん、あんっ…あっ、あぁっ」
「気持ちいいか? 郁人」
「き…もち、いい……はっ…ぁあっ…気持ちいい…っ!」

 森がちんぽを握ったので、その手を振り払って俺が扱いてやった。森は俺に扱かれて喘ぎっぱなしだ。俺を咥えこんでるところも、感極まった感じでキュンキュンに締め付けて来る。これもうすぐイキそうだな。

「イクときはイクって言えよ」
「えっ…あっ、はぁんっ、あっ、んっ」

 気持ち良過ぎてもう深く考えられないみたい。森は俺の腕に指を食い込ませた。

「あっ……い、イクッ……!」

 言いつけ通り、絶頂宣言しながら森は射精した。

※※※

 仲良く二人で教室に戻った。心配顔の丹沢が森に駆け寄る。何やってたかなんて説明できるわけがない。森は丹沢の顔を見ずに、制すように手をあげながら首を振っている。恥ずかしがっちゃって可愛い。

 あのあと、森のケツの中にある二回分の精液を出す手伝いをしてやった。わざと焦らすようにゆっくり動かして、前立腺に指の腹を擦りつけていたらまた森が勃起しちゃったんで、口で抜いてあげた。
 唾液を掻き集めると森の精子の味がする。それを味わいながら森を見つめていたら、視線に気づいた森が俺を見た。唾液を貯めた舌を出す。意図に気付いた森が恥ずかしいっとばかりに手で顔を覆い隠した。
 普段真面目な学級委員長が、さっきまで空き教室で男に抱かれてよがっていたなんて、ここにいる誰も思いもしないんだろうなと思うと、ニヤニヤが止まらない。


スポンサーサイト
[PR]

茶番(1/2)

2014.10.03.Fri.
<前話「7歳の高校生」はこちら>

 腰に手を添えながら尻を振る。俺のちんぽが森のケツのなかを出たり入ったり。摩擦でどんどん気持ちよくなっちゃう。もうイキそう。

「んっ、はぁっ……あんっ、あっ!」

 四つん這いの森もマットに額を擦りつけて気持ちよさそう。

「郁人、出すぞ」
「えっ…あ、待て…中には…出すなっ!」

 森の声を無視して思いっきり中出しする。全部吐き出してやった。ふうと一息つきながら、森のちんぽに手を伸ばし扱いた。あれっ?

「お前、もうイッてたの?」
「うるさい……っ、なかに出すなと言ったのに」
「だって中出し最高なんだもん。お前だって気持ち良くてイッちゃったんだろ。どんどん淫乱な体になってくな、お前」
「誰が淫乱だ!」

 がばっと体を起こして俺を睨み付けるのはお堅い学級委員長の森郁人。仲良く階段を転がり落ちたのをきっかけに俺たちは付き合い始めた。
 今日も放課後の空き教室に森を呼び出しセックスしていたわけだ。

「ケツこっちに向けろよ、中の掻きだしてやるから」
「自分で出来る」
「ならここでやって見せてよ」
「こっ…ここで?!」

 森は驚きながら顔を赤くした。

「できねえの?」
「どうしてそんなもの、見たがるんだ」
「森が困った顔しながらいやらしいことするのが見たいから」
「変態じゃないか」
「今頃?」

 森の膝を掴んで左右に開いた。森が慌てて前を隠す。いまさらなのに。

「俺の精子お持ち帰りしたいならいいけど、お前、なかに入れっぱなしだとすぐ腹壊すじゃん。早く出した方がいいんでない?」
「う、うるさい、言われなくてもわかってる!」

 俺の手を振り払うと森は膝立ちになって足を軽く開いた。後ろへ手を伸ばし、躊躇して俺の顔を窺う。

「本当に、見たいのか?」
「見たい。郁人が俺の精液を股の間から垂れ流すとこ、すっげえ見たい」
「黙れ、ド変態」
「褒め言葉ですありがとうございます」

 森は俺から目を逸らした。指を中に入れたのか苦しいような泣きそうな顔で唇を噛みしめる。
 内ももをつうっと白い液体が伝った。

「出てきたよ」
「わかってる、いちいち言うな!」
「すっごくエロいよ、郁人」

 森の頬が紅潮する。俺は手を伸ばした。脇腹に触れると森は息を飲みこんだ。

「触る、な…くすぐったい…」
「触るなって言われたら余計触りたくなる俺の性格知ってるだろ。誘ってんのか?」
「ちがっ…」

 脇腹から乳首に移動した。森の乳首は立っていた。それを指で弄ぶ。森の息遣いが乱れる。薄い腹が波打つ。

「やめろ…、触るな…っ」
「僕のお尻の穴、舐めてって言ってみな、郁人」
「なんでっ……!」

 泣きそうに歪んだ森の顔を見ながら乳首を口に含んだ。頭の浮いたちんぽを握って擦ると嬉しそうに育っていく。

「やめ…あ…やめろ…っ」
「僕のお尻の穴、舐めてって、ほら、郁人、言ってごらん」
「嫌だっ…俺を子供扱いするな…!」

 森は腕で顔を隠した。その隙に森の後ろへ手をまわし、俺は尻の間に指を入れた。びくんと森が反応する。

「ちゃんと出さないと、またお腹痛くなっちゃうぞ」

 中指を奥へ潜り込ませる。熱い内部は俺の精液でぬめっていた。関節を軽く曲げて指を出し入れした。指を伝って精液が外へ出る。

「や、めっ…自分で出来ると言っただろう!」
「お前は下手糞だから俺が出してやるよ」

 乳首を噛んだ。森がきゅっと俺の指を締め付けてくる。俺は笑った。

「力抜かなきゃ駄目だろ。そんなに俺の精子出したくないのか?」
「指を抜けっ、ばか! 貴様……っ!」
「じゃあ四つん這いになってお兄さんにお尻向けてごらん」

 腕を下した森が愕然とした顔で俺を見る。

「俺は、子供じゃない……」

 と呟きながら首を振る。

「わかってるよ、お前はもう7歳じゃない。わかってるから、俺のことお兄さんって呼んでみな。お兄さん、僕のお尻のなかの精子、全部出してってお願いしてごらん」

 森は顔を歪めた。

「い、嫌だっ、そんなこと言いたくない! 俺は子供じゃない…!」

 と泣きそうになりながら俺の胸を押してくる。森の目が赤くなっている。あぁ、虐めすぎたかと俺は口元を緩めた。

「悪い悪い、からかっただけだって」
「嘘だ、違う、お前は…ただヤリたいだけで、俺のこと、本当は好きじゃないんだ」

 抱きしめた腕の中で潤んだ目が俺を見つめる。うわぁ、可愛い。あまりに可愛いので、慰めるつもりが違う言葉が口を突いて出た。

「お前だって気持ちよくヤリたいだけじゃないの?」

 サッと顔色を変えた森は俺を突き飛ばした。立ち上がり、制服を手繰り寄せる。

「帰んの?」
「そうだ」
「俺の精液まだ中に残ってるぜ」
「ここでお前といるくらいなら腹を壊したほうがましだ」
「腹壊しておもらしする郁人も見てみたいかも。すっげえそそるだろうな」

 森が唖然と俺の言葉を聞いていた。理解できないというふうに首を振ると、制服を身に着けて教室の戸に手をかける。

「お前とはもうこれっきりにする」
「俺と別れるってこと?」
「あぁ、そうだ」
「なんで? 俺が好きだろ?」
「お前は違うだろう」

 歪な笑顔で言うと、森は空き教室を出て行った。

※※※

 俺に別れを切り出した森は一切話しかけてこなくなった。俺が遅刻しようがサボろうが、何も言ってこない。以前はいちいち目くじら立てて鬱陶しいくらい注意してきたのに、いまは無関心無反応。
 無視されるのがこんなに面白くないとは思わなかった。

 いま森は仲のいい丹沢と話をしている。お堅くて品行方正な森も友達と話をするときは笑顔を見せる。俺の前じゃ、あんまり見せてくれなかったけど。
 だんだんむかついてきて俺は席を立った。二人に近づき「ちょっと」と間に割ってはいる。森はむっと笑顔を消し、丹沢は普段しゃべらない俺の登場に戸惑う目を向けてきた。

「なぁ、森、あのあと腹、壊さなかった?」

 俺の揺さぶりにほんの少し顔を赤くしながら森は「俺に話しかけてくるな」と言い放つ。

「いつまで怒ってんの、郁人ちゃん?」

 肩に腕をまわすとそれを振り払われる。

「馴れ馴れしく下の名前で呼ぶのもやめてくれないか。君とはただのクラスメイトだ」

 氷みたいに冷たい顔と声だった。
 事情を知らない丹沢が困った顔で俺と森を見比べる。こんな冴えないがり勉とつるんで何が楽しいんだ。

「ただのクラスメイトでも名前で呼んでいいじゃんね、丹沢ちゃん」
「え、うん、まぁ…でも、森が嫌なら呼ばない方がいいじゃないかな」

 目立たずおとなしい丹沢のくせに、一丁前に俺に意見するのかこいつ。気に入ったぞ。

「丹沢の下の名前なに?」
「えっ、俺? えっと、直輝だけど」
「直輝かいい名前だ。直輝って呼んでもいい? いいだろ?」
「え…まぁ、いいけど…」
「よし、直輝、今日から俺たちマブダチな!」

 丹沢の肩を抱いてほっぺにチュウする。丹沢以上に、森のほうが驚いて目を見開いていた。

「お話し中邪魔して悪かったな、モリ君」

 森は俺を睨みながら歯軋りしていた。

※※※

 休み時間の度、俺は丹沢のもとへ行った。丹沢に、くだらない話を一方的に繰り広げる。たまに質問を挟んで丹沢の意見を聞いてみたりする。本当は迷惑だろうに、丹沢は律儀に答えてくれる。
 森は俺がいるから丹沢のところへ来なくなった。何も言わずに睨んでくるだけ。
 無視されるよりずっといい。

「今日一緒に帰ろうぜ。そうだ、俺んち来いよ、直輝」
「えっ、相崎の家に…?」

 丹沢は助けを求める目を森のほうへ向けた。森が立ち上がってこちらへ向かってくる気配がした。

「話がある」

 肩を叩かれた。振り返ると、目を吊り上げた森がいた。

「なんだよ、郁人。あっ、ただのクラスメイトだから下の名前で呼んじゃいけないんだったな。なに、森くん?」
「いいから、顔を貸せ」

 森は俺の胸倉をつかむと、むりやり俺をひっぱり立たせた。

「ボタン、千切れたらどうしてくれんの、森くん」

 森は胸倉をつかんだまま、例の空き教室へ俺を連れ込んだ。