FC2ブログ

嫉妬せいでか(2/2)

2014.07.13.Sun.
<前話はこちら>

 昼休みに大野さんからメールが入っていた。

『昼一緒に食えるか?』
『すいません、先に三影さんと約束してるんです』

 送信っと。実は大野さんと三影さんは同じクラスだ。俺はダッシュで二人の教室へ向かった。
 三年棟の2組。戸口で俺を見つけた大野さんはてっきり自分に会いにきたと思ったのだろう、パッと顔を明るくしたが、俺が「三影さん!」と言った瞬間、その笑顔を固まらせていた。

「なんだ優介、おまえほんとに来たのか?」
「約束っすからね~。ジュース奢ってくださいよ。ついでにメシも奢らせてあげてもいいすよ」
「調子に乗るな」

 ゴツンと拳骨を頭に落とされる。でもぜんぜん痛くない。その拳骨をつかんで「さっ、行きましょ」と三影さんと教室を出た。チラッと見えた大野さんの顔は無表情だった。
 そのあとなんだかんだ三影さんを引き留めてから教室へ帰した。帰りの遅い三影さんに、少しでも大野さんがヤキモキすればいい。いろいろ想像してたまらない気持ちになればいい。



 部活の練習が始まっても、俺は大野さんではなく三影さんに絡みに行った。大野さんは明らかに俺たちを意識していた。俺が三影さんの名前を呼ぶだけでぴくりと反応して顔をこちらへ向けた。じゃれあっている俺たちを無表情に見つめていた。少しは俺の気持ちがわかったか!

 キャプテンと話をしているときも浮かない笑顔で、どこか上の空って感じ。「どうした?」ってキャプテンが大野さんのおでこにおでこを当てる。ムカッときた俺は三影さんのストレッチを手伝うふりをしながらその大きな体に乗っかったり、膝に座ったりして密着する姿を見せつけた。大野さんの端正な顔が歪む。

 練習中、俺はできるだけ三影さんにじゃれにいった。後輩に慕われるのが嫌いでない三影さんはそのつど俺の相手をしてくれた。「仲いいなぁ、お前ら」と人から言われるほどに。

 精彩を欠いた大野さんは普段しないようなミスを犯して監督に叱られていた。キャプテンが自分の役割といいたげにすかさずフォローに入る。大野さんの背中に手を当て、監督に向かってなにか言っている。大野さんは両腕をだらんと垂らしたまま、俯いていた。
 少し、かわいそうになってきた。

 練習のあと、大野さんは監督に呼びつけられた。呼ばれてもいないのにキャプテンが一緒についていこうとする。大野さんはキャプテンを両手で押しとめ、首を左右に振って断っていた。
 部員のほとんどが着替えて部室を出る頃になっても大野さんは戻ってこなかった。心配そうにぐずぐず着替えるキャプテンを「俺が戸締りしときますんで。おつかれしたー!」と追い出し、俺一人で大野さんの帰りを待った。
 帰って来た大野さんは、部室にぽつんといる俺を見て相好を崩し、はにかむように微笑んだ。

「待っててくれたのか、優介」

 今日一日意地悪だった俺はつい、

「戸締りは一年の役割なんで」

 大野さんの反応を見る。

「そうか」

 悲しそうに肩を落とす。

「嘘っすよ。大野さんを待ってたに決まってるじゃないすか」
「ほんとうに?」

 いつだって自信たっぷりな大野さんが自信なさげに呟く。

「恋人の帰りを待ってちゃいけませんか」
「…優介…ありがとう」

 近づいてきて俺をぎゅっと抱きしめた。俺の体を抱きながら安堵したような溜息をもらす。

「ごめんな、優介…」
「なにがすか」
「お前が京也に嫉妬する気持ち、痛いほどよくわかった」
「…………」
「好きな奴が他の男とイチャついてたら、そりゃ腹立つよな。昨日は怒ってごめん」
「俺の方こそごめんなさい。ちょっとやりすぎだったかも」
「いや、あれくらいやってくれなきゃ、俺はわからなかった」
「大野さんはモテるから、嫉妬したことなんてなさそうですもんね」
「京也にもそれ言われたな」
「キャプテンにも?」
「好きな子が出来たから、関係終わらせようって言われたときに。応援するぜって言ったら、おまえは嫉妬したことがないだろって」
「それ…キャプテンは本気で大野さんのこと好きだったんじゃないすか?」
「どうしてそうなるんだ?」

 きょとんと聞き返してくる。本気でわかっていないんだ。きっとキャプテンは大野さんに嫉妬してもらいたくて、もしかしたら嘘をついたのかもしれない。ところが逆に応援されてさぞ落胆したことだろう。少しだけキャプテンが気の毒になった。でも恋敵には違いないので同情は禁物だ。

「とにかく俺が嫉妬する気持ち、わかってくれてよかったっす」
「うん、ちょっと京也とベタベタしすぎてたかもしれない」
「かもじゃなくて、ベタベタしてたっすよ」
「それを言うなら今日の優介だって三影とイチャつきすぎだぞ。あいつが勘違いしたらどうするんだ」
「そんなにたくさんホモはいないっすよ~」
「おまえの可愛さに気付いて目覚めるかもしれないだろ」

 冗談じゃなく真顔で言うもんだから返す言葉が見つからなくてアタフタしてたら、大野さんのキスが降って来た。



 昨日と同じ体位で俺たちは繋がった。違うのはベンチにしがみつて腰を掲げているのが俺のほうだってこと。

「んあぁっ…アァ…っ!」

 大野さんのちんぽが動くたび、俺は喘ぎ声を漏らした。いつもよりでかいっすよ、大野さん。興奮してるんすか!

「あんまり大きな声を出すなよ、優介。近くに誰かいたらバレる」
「だって…大野さんのちんぽ、気持ちよすぎっす…!」
「優介のちんこも良かったぞ」
「また、俺にヤラせてくださいよ…」
「いつでもいいぜ。お前専用なんだから」

 体位をかえた。対面座位で大野さんがキスしながらゆっくり俺を突き上げる。俺もベンチに足を乗せて腰を回しながら上げ下げした。

「優介、本当に三影のこと、なんとも思ってないよな?」
「俺面食いっすから。三影さんはタイプじゃないっす、俺がカッコイイと思うのは大野さんだけ」
「顔だけか?」
「ちんこも好きっす」
「エロいもんな、優介は」

 大野さんは後ろでベンチに手を突くと、ガクガクと腰を振った。

「んっ…あっ、あぁっ…!!気持ちい……っ!!」
「可愛いぜ、優介、俺の優介…!」
「はぁっ、んっ、アッ、アアッ…好きっす、大野さん…好きっ!」

 ガンガンに突かれながら自分でちんぽを扱いた。
 大野さんに終わりの気配。俺も手つきを速めた。

「はぁんっ、ああぁ…中に下さい…っ、大野さんのザーメン、中に…」
「っとに優介は中出しされるの好きだな…!!」

 激しい腰使い。ベンチがガタガタと音を立てる。ギシギシ軋む。ぶっ壊れっるんじゃないかと心配するくらい。

「いくぞ、優介」
「はぁ、いっ、あっ、俺もいくっす…!」

 体の奥に大野さんの精液が吐き出される。自分以外の人間の体温。それを感じながら俺も手を動かして射精した。射精しながら、大野さんとキスした。



 嫉妬する苦しさ醜さに気付いてくれたのは良かったが。

「おーい、優介!俺のスポドリ頼む!」

 誰かがコートの中から俺に声をかけるだけで、大野さんから鋭い視線が飛んでくるようになった。誰かと話していると間に割って入ってきたり。

「近づきすぎじゃないか?あいつ、おまえに気があるのかも」

 なんてちょっと思い込みが激しすぎたり。

「お前は可愛いから襲われないように注意しろよ」

 とか本気でくだらない心配したり。いくらなんでも贔屓目過ぎる。
 ちょっとお灸が効きすぎたみたいで、俺としてはこれ以上大野さんの心配性が進まないことを祈るばかりだ。


スポンサーサイト
[PR]

嫉妬せいでか(1/2)

2014.07.12.Sat.
<前話「目は口ほどに」はこちら>

※リバ注意

 誰もいなくなった放課後の部室に大野さんと閉じ込もる。

「優介、なに怒ってるんだよ」
「今日、キャプテンとイチャついてたじゃないすか」
「京也と?いちゃついてなんかないよ」

 練習のあと、監督とキャプテンが話し合っているところへ大野さんも呼ばれて行った。監督の言葉にキャプテンと大野さんが同時に頷いたり、身振り手振りでお互いの足りない部分を補足しあいながら何かを伝えて二人の息はぴったり。
 突然三人が笑い声をあげた。もういいって感じで監督がシッシッと手を振る。キャプテンは笑いながら大野さんの肩に腕をまわし、大野さんはキャプテンの腰に腕をまわしていた。

 たぶん、今までなら仲のいい二人にはよくあるスキンシップだと何とも思わずにいられただろうに、大野さんとデキちゃった俺の目には、キャプテンが大野さんに未練を持っていて、大野さんも満更ではないって感じに見えてジェラシーを燃やしてしまったのだ。恋人なら普通だろう。
 それを言えば大野さんは「そんなこと」と笑い飛ばした。

「ほんとにもう、あいつとは終わってるんだって。いまはなんにもない」

 付き合いだしてすぐ、俺はキャプテンとのことを聞いた。
 キャプテンと関係を持ったのはほんの短い期間だった、と大野さんは教えてくれた。好きとか嫌いとかの恋愛関係じゃなく、ただ性欲の捌け口としてお互いの利害関係が一致した結果だったと。

「じゃー、大野さんはヤリたくなったときに、ヤラせてくれる奴がいたら、誰とでもヤッちゃうってことっすか。そういや俺ともある意味そうですもんね」
「ばか、そんなわけないだろ。優介のこと、本気で好きなんだから」
「さー、どうすかねー」

 と俺が口を尖らせれば「嫉妬してくれるのは嬉しい」とそのあとめちゃくちゃ激しいセックスをして、文字通り足腰立たなくさせられた。
 大野さんは俺が好き。そう実感できる瞬間はたくさんあれど、目の前で昔の男といちゃつかれると当然嫉妬するし、自信が揺らいでしまう。俺に心配させるようなことをしないで欲しいが、同じサッカー部なので近づかないでというわけにもいかない。
 俺が嫉妬しているのに、あっけらかんとする大野さんも大野さんだ。話すなとは言わない。でもベタベタはしないでほしい。もうちょっと俺の気持ちを考えてほしい。

「大野さん、俺のちんぽしゃぶってください」
「優介」
「俺が好きならできるっしょ」

 仕方ないなというふうにため息をついて、大野さんは俺の足もとへ膝をついた。
 ベルトを外してズボンをおろす。下着越しにそこの匂いを嗅いで「すごいにおい」とニッと笑った。
 パンツをずらすとちんぽが弾かれたように飛び出た。大野さんはムレて湿っているだろう俺の玉袋から舐め始めた。口に含み玉を転がす。根元を舐め、つぅーっと舌のさきで陰茎を舐めあげると亀頭を咥えた。俺の太ももを持ちながらジュポジュポと顔を前後に揺する。大野さんフェラ顔もかっこいい。

「キャプテンとしてるとき、大野さんは突っ込まれるほうだったんでしょ。今日は俺に入れさせてくださいよ」

 本気?と上目使いの目が俺を見る。本気です、と俺は頷いた。チュポッと音を立てて口をはなすと、大野さんは「いいぜ」と自分のワイシャツのボタンを外した。



 ベンチに跨るように大野さんをうつ伏せに寝かせ、尻を持ち上げる。俺はベンチを跨いで立ち、突き出された大野さんの尻を左右に広げた。キュッと固く口を閉じているそこへジェルの代用品としてワセリンを塗り込む。大野さんがいつも俺にやることを思い出しながら指を出し入れした。

「キャプテンのちんこってでかかったすか?でかそうっすよね」
「もう…忘れたよ」
「俺のじゃ大野さんを満足させてあげられないかも」
「しつこいと怒るぞ」

 怒っているのは俺のほうなんだけど。でもこれ以上言うのは確かにみっともないので俺は口をつぐんで指を動かすことに集中した。
 セックスの最中、大野さんに教えてもらった前立腺をマッサージするように指でこする。ここを押されると強制的に勃起させられる。大野さんも気持ちいいみたいで、ピクピク体を震わせながら小さな声を漏らした。

「いい具合にトロトロになってきましたよ」
「入れてくれ、優介…!」

 と俺に尻を突き出す。ワセリンでベトつく手でちんぽを扱き、大野さんの肛門に押し込んだ。ブチュウ、とワセリンをはみ出させながら、俺の亀頭が大野さんのなかへ埋められていく。幅の太いゴムで絞られているような感じだ。
 大野さんの括約筋が俺の形のまま広げられている光景はすごくエロかった。腰を前後に揺すってみる。大野さんの中を俺のちんぽが出たり入ったりする。物理的にも視覚的にも最高にエロくて気持ちいい。

「どうすか、大野さん」
「んっあぁ…気持ちいいぜ、優介」
「ほんとすか?俺も超気持ちいいっす」
「あぁっ…あぁ…優介のちんぽ…気持ち、いい…っ…!」

 下の口で俺のちんぽをおしゃぶりしながら、必死にベンチにしがみついている。キャプテンとは何回ヤッたんだろう。この部室でもヤッたことがあるんだろうか。
 キャプテンに組み敷かれる大野さんを想像したら頭に血がのぼった。

「あぁぁっ!あっ!優介…っ…そんな、強く…っ!」

 奥を突きあげた。大野さんは俺のものだ。キャプテンには絶対やらない。優しくて強くてかっこいい大野さんが、男のちんぽでこんなによがって悦ぶなんて俺だけが知っていればいい。なのに。
 大野さんの最初の男が俺じゃないなんて…!
 腰をつかんで激しく叩きこむ。奥を穿つ。嫉妬に目が眩んで怒りをコントロールできない。

「あぁっ、あっ、やめ…ん……っ!優介…!ゆっくり…頼む、あっ、あぁっ…!苦しい、から……っ!!」
「どうせ俺はキャプテンとは違いますよ!」

 ギュウッときつく締め付けられた拍子に俺は達した。

「抜け…っ!この馬鹿野郎!」

 ベンチの上で大野さんがバタバタ暴れる。体を起こしてベンチから立ち上がると、大野さんは怒りの形相で俺を殴りつけた。手加減の感じられるパンチだったが、バランスを崩した俺はベンチに足をひっかけて床に尻もちをついた。

「いつまで京也のことを言ってるんだよ!いま俺が好きなのはお前だって言っただろ!」
「だって!…大野さんとキャプテン、イチャイチャしすぎっすよ!」
「まだ言うのかよ。イチャイチャなんかしてないだろ」
「してるっす!」
「じゃあ俺は京也と話もしちゃいけないのか?友達なのに?!チームメイトなのに?!そんなの無理に決まってるだろ!いい加減にしろ!お前が気にしすぎなんだ!」

 俺が気にしすぎなのか?腰を抱くのも友達なら普通なのか?キスするのかってくらい顔を近づけて話をするのも友達なら当たり前なのか?仲が良かったらセックスするのも普通だって言うのか?

「…くそ…なんでこんなことに…お前とはもっと楽しい付き合いが出来ると思ってたのに。そんなに嫉妬深い奴だったなんてがっかりだ」

 制服を身に着けると、大野さんは「戸締りしとけよ」と怒った先輩口調で言うと先に帰ってしまった。どうせ駅で一緒になるんだから待っててくれてもいいのに。
 強制的に引き抜かれたペニスはクタッと萎えていたが、射精の途中だったので零れたものが内ももと床に垂れていた。イッた瞬間殴られるとか。
 床に座り込んだまま、俺はしばらく動けなかった。



 朝練が始まる前、大野さんがそっと近づいてきて「昨日はごめんな」と小声で言った。

「殴ってごめんな。痛かっただろ」
「痛くなかったすよ。だって加減してくれてたから」
「ケツやられてるときに京也のこと言われてカッとなったんだ。俺が本気で好きなのは優介だけなんだぜ」
「わかってるっす。俺も好きですから大野さんのこと」
「だったらもう嫉妬なんてくだらないことするなよ?」
「はい、もう嫉妬しないようにします」
「そうだよ、京也のせいで俺たちが喧嘩するなんて馬鹿げてる」
「おーい、大野」
「キャプテンが呼んでますよ」
「悪い。またあとでな」

 大野さんはキャプテンのもとへ駆けて行った。今日の練習メニューの相談だろうか。二人の顔から笑みが消えることはない。体が近づく。キャプテンの手が大野さんの背中に当てられる。大野さんは当然のようキャプテンの腰に手をまわし、頷いたり楽しそうに笑い声をあげたり。
 嫉妬深い恋人が見てるとわかってるこの状況で。
 男の嫉妬を舐めないでもらいたい。

「三影さーん、俺とダッシュの勝負しましょうよー!」

 大野さんにも聞こえる大きな声で言いながら、三年の三影さんのそばへ近よった。大野さんはキャプテンとの会話に夢中。

「おー、優介、俺に勝負を挑むとは百年早いぞ」
「勝ったほうが負けたほうにジュース奢るってことにしましょうよ」
「普通逆だろ」

 ツッコミ入れたあと、俺の頭をワシワシと撫でる。三影さんは身長が190㎝もあってか、自分より小さいやつを子ども扱いするところがある人で当然俺もその例外ではない。

「いいじゃないすか~」

 頭を撫でられながら三影さんの腰に抱き付く。横目に素早く見ると、大野さんがやっと気付いて俺たちのほうを見ていた。
 アルカイックスマイルの大野さん、初めて見た。

 本気でやったダッシュ十本勝負で俺は負け、三影さんにジュースを奢ってもらう約束を取り付けた。

「昼休みに三影さんとこ行くから、絶対奢ってくださいよ!」
「わーったって。三年に集る一年なんて見たことねえぞ」
「三影さんのこと慕ってるんすよ」
「調子いいこと言いやがって」

 とヘッドロックされる。俺は笑顔で腕をタップする。大野さんの視線を感じる。あの人も少しは嫉妬するほうの気持ちを知るべきだ。

「ギブギブ!」

 三影さんの腕の力が緩んだすきに抱き付いて脇腹をこしょばした。

「わあっ!この馬鹿!」
「あはははっ」

 他の男とイチャつく恋人の姿をよく見るがいい。


かえるの王子様


【続きを読む】