FC2ブログ

耽溺(2/2)

2014.07.08.Tue.
<前話はこちら>

「先生の研究とやらはその後どうですか?新しい被験者を見つけて、今もまだ続けておられるのですか?」
「していない!私は、きみを愛していたんだ、だからあんなことを…!きみ以外の誰ともあんなことはしていない!」
「そのわりに慣れておいででしたね。あなたの口から愛と言う言葉を聞くとは思いませんでした。便利な言葉ですね。偶然ですが、僕も大地くんを愛しているのですよ。彼が愛しい。だから彼のトラウマを取り払ってやりたいのです」
「深見くん……、あの時のことは謝罪する。私はてっきりきみも私を愛してくれているのだと思っていたんだ。だがいま思い返してみれば少々強引なところがあったようだ。きみの怒りはもっともだ。私に出来ることならなんだってする。きみは高潔だ。下世話なことは聞きたくないだろうが、少しでも君の怒りをおさめられるなら、慰謝料というものを払わせてくれないか。ビデオの映像代込みで」
「お金ですか。大好きですよ」

 金で懐柔できそうな気配に、伊勢谷の頬が痙攣した。

「では出来る限りの金額を払わせてもらおう」
「一億」
「いっ…!」

 伊勢谷が目を見張る。

「大事な息子さんのためなら払えるでしょう」
「……深見くん、きみという奴は…」

 歯ぎしりしながら深見を睨み付ける。深見は微笑みを返した。

「払えないなら、僕の条件を飲むしかなさそうですね、先生」
「条件だと?」
「僕の研究に付き合って下さい」
「研究…?」
「父子で性的嗜好は遺伝するのか、また共有は可能なのか」
「何を言っている……」
「ではまず、その体を縛らせてもらいますね。入ってきなさい」

 深見が声をかけると、書斎の扉が開き、大地が中へ入ってきた。驚いて椅子から転げ落ちそうになる伊勢谷を、深見が押し戻した。

「だ、大地……」

 ひび割れた声。大きく見開かれた目が愕然と息子を見つめる。
 伊勢谷には、大地は母親と芝居を見に行ったと嘘を伝えておいた。滑稽なほど驚くので、深見は伊勢谷を押さえながらほくそ笑んだ。

「先生から聞いたよ。父さんが先生に酷いことをしてきたって。俺が学校の奴らにされてたようなことも、先生にしていたって」
「なっ、違うんだ、大地、こいつに何を吹き込まれたか知らないが、こいつはそれを悦んでいたんだ!」

 大地が引き攣った笑い声をあげたのを見て、伊勢谷は息を飲んだ。

「本当だ。先生も俺と同じだったんだね」
「そうだよ。僕も大地くんと同じ。酷いことをされながら喜んでしまっていたんだ。そんな自分が心底嫌だった。僕は本来淫らな人間なのかと何度も死にたくなった。こうして自分を律することが出来るようになるまで、大変な時間と努力が必要だったんだ」
「だから先生はあんなに親身になってくれたんですね」

 父親の見ている前で大地は深見にぴたりと体を密着させ、うっとりと深見を見上げた。
 深見は大地の頭を撫でながら頷いた。

「さぁ、きみのお父さんを縛ろう」
「はい」

 大地の手にロープが握られていた。逃げようと椅子の上で体をずり上げる伊勢谷を深見が押さえつける。大地は手際よく父親の腕を肘掛に括り付けた。

「大地……大地……っ!やめなさい、こんな…こんな狂った男の言うことを聞くんじゃない!」
「先生が狂っているならそれは父さんのせいだよ。それに俺も狂ってるってことになるね」
「狂気は伝染する。僕は先生の狂気にあてられたんだ」

 深見はポケットから取り出したハンカチで伊勢谷の口を縛った。歯をむき出した状態の伊勢谷が憎悪に血走った眼で睨んでくる。
 深見は微笑んだ。

「研究を始めましょうか、先生」



 録画ボタンを押したあと、深見は腕時計を見た。

「お母さんが帰って来るまであと三時間もないから、少し急ごうか、大地くん」

 母親が芝居を見に行ったことは本当だった。

「はい、先生」

 返事をすると大地は服を脱ぎ捨てた。
 伊勢谷は息子の裸体から出来るだけ顔を背けた。

「見てよ、父さん。この赤いの。先生が吸ってくれたところ。ほら、見て、たくさん」

 伊勢谷の膝の上に跨り、大地は自分の肌を父親に見せつけた。伊勢谷は千切れそうなほど首をねじって避けている。

「見てよ、父さん、俺の乳首、真っ赤でしょ」
「んぐぅっ、んんっ、んぐっ」

 尖った乳首を父親の頬に擦りつける。

「父さんは人を辱めていじめるのが好きなんでしょ?俺の初体験も聞きたい?」
「んんーっ!んっ!んんー!!」

 ぎょろりと怯えた目をしながら必死に首を振っている。

「俺の初体験は、学校のやつ。好きな子じゃないよ、俺をいじめてた嫌なやつ。ゲラゲラ笑いながら、他の奴らが見てる前で、犯されたんだ」
「ふぅん!んんっ!!んぐっ、んぐぅぅっ!!!」

 伊勢谷が深見に向かって何かを必死に訴えかける。ビデオの横で腕を組んでみていた深見は、その訴えを黙殺した。

「すっごく痛いのに、笑われて恥ずかしいのに、俺はちんぽ立たせてたんだよ。痛いくらい勃起してた。変態だって罵られて、泣きながらちんぽ扱いて一杯精液出した。逝っちゃいそうなくらい気持ちよかったなぁ。思い出しただけでほら、立ってきた」

 大地は自分のペニスを握り、伊勢谷の膝の上で扱き始めた。

「父さん、見てよ…父さんに話しただけでもう、こんなだよ…?淫乱な俺のこと、恥ずかしい言葉でいじめてよ…」
「ふぐぅっ、ううっ!んぐっ!んっ、ぐうぅっ!!」

 獣のように呻きながら伊勢谷は体を前後に揺する。そうすることで息子を振り落とそうとしていた。
 バランスが悪くなり、大地は膝の上からおりた。

「父さんの勃起ちんぽ、すごく大きいらしいね」

 大地は伊勢谷のずぼんのチャックをおろした。零れ落ちそうなほど見開かれた伊勢谷の目から涙が溢れる。鼻水も垂らしながら、許しと救いを求める目を深見に向けたが、穏やかな笑みに弾きかえされた。

 大地の手が父親のペニスを取り出した。においを嗅ぎ、熱に浮かされたように何か呟いたあと、それを口に咥えた。
 伊勢谷は咆哮をあげた。涙と鼻水を周囲にまき散らしながら髪を振り乱す。
 大地は一心不乱に父親のペニスをしゃぶっている。
 傍観している深見は冷静に残り時間を確認した。

 大きくなると、大地は口をはなした。

「うわぁ…すごく大きい…知らなかったなぁ、父さんのちんぽがこんなにでかいなんて」
「僕はそれでずいぶん泣かされたよ」

 苦笑を浮かべながら深見が口を挟む。

 やめてくれと泣き叫んでも聞き入れてくれなかった。伊勢谷は焦らすのが好きで、イキそうになると動きをとめた。射精は伊勢谷にコントロールされ、最後の最後、一回だけイクことを許された。気だけを何度もやらされた。狂いそうな快楽のなか、気を失った経験は数えきれない。
 あの常軌を逸したセックスから立ち直るのに、どれほど大変な思いをしたか。

 年上の男が苦手になり、子供相手の仕事についたのもそのためだ。忘れようと努め、仕事に打ち込んでいたら、受け持つ生徒のなかに伊勢谷の息子の名前があった。雷に打たれたような衝撃を受けた。体の震えが止まらなかった。
 復讐など考えていなかった深見に、誰かがそれじゃ駄目だと言っているような運命的なものを感じた。大地の学校での話を聞いたのが決定打になった。ならば僕は悪魔になろうと決意した瞬間だった。

 情けなく涙と鼻水を垂れ流す伊勢谷の上に大地が跨り、自身のなかに父親のペニスを収めていく。赤黒い男根が実の息子のアナルを犯している。

「はあぁ……ぁあんっ…!あぁ……っ、父さん、気持ちいいよ…!父さんの勃起ちんぽ、気持ちいい!!俺のケツマンコ千切れちゃう!!んあっ、あぁ、すごい…!いっ、いいっ…!」

 伊勢谷の肩に手をおいて、大地が腰を振っている。伊勢谷の極太のペニスが出たり入ったりしているのが見える。

「ふぐぅっ、ううっ、うぐぅっ、ぐっ、んぐぅっ」
「やぁぁ、あぁんっ、あっ、父さんも、いいっ?……俺の淫乱ケツマンコ、気持ちいいっ?!ねぇ!俺は気持ちいいっ…父さんのちんぽ、大好きぃ…!」

 口を縛るハンカチはいろんな体液を吸って色を変えてしまっている。その汚らしい口元を大地が舐めまわし、顔中唾液まみれにしていた。

 実の父子によるおぞましい性交をビデオに映しながら、深見は口の端を歪ませて笑った。
 復讐は、始まったばかりだ。


スポンサーサイト
[PR]

耽溺(1/2)

2014.07.07.Mon.
※ハピエンじゃない。胸糞注意。

<前話「家庭教師」はこちら>

 きみのトラウマを克服するための記録だよ。
 そう言うと伊勢谷大地は疑いもせずカメラを回すことを許した。

「見てて…先生…」

 ベッドの上で、全裸の大地がカメラに向かって足を開き、ペニスを握って自慰を始めた。
 羞恥で顔を赤く染めながらもまっすぐカメラを見据えている。録画されることでいつもより興奮しているのだろう。早い手つきで擦られたそれから先走りが出てくるのはすぐだった。

「気持ちいい?ちゃんと言わなきゃわからないよ」

 カメラの横から深見が声をかける。

「あっ、…気持ちいいです…」
「どこがどんな風に気持ちいいのか言ってごらん。自分の気持ちを人に伝える練習だよ」
「俺の…勃起チンポ…シコッて…すごく気持ちいいです…我慢汁もいっぱい出てきて…手がベトベトです…」

 先っぽを絞るようにしたあと、大地は手を広げて見せた。濡れ光っている。

「僕に見られながらオナニーなんて恥ずかしくはないの?」
「は、恥ずかしいです…でも、学校行ってるときはいつもやらされてたから…それに先生なら、見ていて欲しい…先生に見られてると俺、すごく興奮するから…」
「どうして?」
「変態淫乱マゾの俺に優しくしてくれるから」
「大地くんは変態淫乱マゾなの?」
「うん、俺、学校でいじめられて…オナニーさせられたり、ちんぽしゃぶらされたり、ケツマンコにちんぽ突っ込まれたりして…でもそれが気持ちよくなってきて…もっといじめられたくて…」
「大地くんはいじめられるのが大好きなんだね?」
「うん、虐められるの大好き。でもそんなこと誰にも言えなかった。学校の先生にも、親にも。だけど先生は俺の話聞いてくれたから。ちんこ立たせる俺を軽蔑しないでいてくれたから。そんな俺の相手をしてくれる先生も、大好き」
「大地くんが学校でされてきた酷い体験を乗り越えられるなら、僕はなんだってしてあげるよ」
「嬉しい、先生…」

 大地の手つきが早くなる。先端を重点的に扱く。

「イキそう?」
「う、うんっ、イクッ…イキそう…!」
「イクときはいつもなんて言っているんだっけ?」
「あっ、あっ、先生っ…変態マゾの大地は先生に見られながらイッちゃう…っ!先生見てて!俺が射精するところ!淫乱精子飛ばすところ見てて!!」

 睨むようにカメラを見ながら大地は四肢を突っ張らせて射精した。
 勢いよく噴き出たものも、カメラにばっちり記録されている。

「はあ…はあ…気持ちいい…先生に見てもらいながらオナニーして射精するの、すごく、気持ちいいです…」
「前を弄るだけで満足なのかい?」

 深見の問いかけに大地は顔つきをかえた。まだ15とあどけない顔のなかに、淫蕩な色香を滲ませてつつ物欲しげに深見を見つめる。

「先生の…勃起ちんぽ欲しいです…」
「なぜ?」
「先生の勃起ちんぽで俺のケツマンコをずこずこって突いて欲しいからです…」
「どうしてそんなことをして欲しいの?」
「ケツマンコにちんぽ入れられると気持ちよくなるからです」
「オナニーより?」
「はい…俺は淫乱ホモだからお尻の穴がすごく感じます。先生、俺のケツマン、犯して下さい…」
「大地くんのためなら仕方ないね。舐めて大きくしてくれるかな?」
「はい、俺、先生のちんぽしゃぶるの大好きです」

 ベッドからおりると、大地は深見の前に跪き、取りだされたペニスを頬張った。カメラには深見の局部と、そこへ顔を埋めてペニスをしゃぶる大地のアップが映されている。カメラが気になるのか、大地は時折カメラへ視線を向けた。

「もういいかな。いつものようにおねだりできるかい?」
「はい、先生。俺の淫乱ケツマンコに、先生のぶっとい勃起チンポ突っ込んで、奥までズボズボって掻きまわしてください」

 ベッドに上体を突っ伏して、自ら尻を左右に割り、肛門を深見に広げて見せる。
 深見は大地の背後から覆いかぶさった。きつい穴をこじ開けて、強靭なペニスで中を犯した。大地は苦痛と快楽と両方の悲鳴をあげた。

「ひあぁっ…アっ、アンッ…あぁっ…先生のちんぽ…!おっきぃ……!俺の奥まで届いてる…!奥!あっ、あたって…!あっ、はぁっ、あぁん……!!」
「どう?奥まで犯された感想は?」
「あぁっ、あっ、あぁん!気持ちいいです…ッ!先生のちんぽ、すごく、おっきくて熱い…!あぁっ、あっ、気持ちよすぎて…変にな…ちゃう…っ!」
「きみのこんな姿を見たらご両親は驚くだろうね」
「いや…っ…あぁっ…父さん、母さ…んっ…ごめ、なさ…いっ!…俺…淫乱で……っ!先生のちんぽ、気持ちいいの……っ!男の勃起ちんぽ大好きで、ごめ……なさい…!」
「本当にいやらしい子だね、大地くんは」

 深見は激しくピストンした。泡立った液体が結合部から飛び散る。肉のぶつかる音が部屋に反響する。

「あっ、あんっ、ああっ!すご…いっ、いいっ、いっ、先生…あぁっ、また…イッちゃう…っ!ちんぽで俺…イッちゃう…!!」



 深見はリモコンを操作し、映像をとめた。

「ご子息のトラウマは相当根深いようですよ、伊勢谷教授」

 能面のように静かな表情を伊勢谷へ向ける。
 耐えられなくなったのか、伊勢谷は途中から手で顔を覆い、息子の乱れる姿を見ていなかった。それでも構わない。耳で息子の淫らな声は聞こえていただろうから。

「あなたが家庭を顧みず、一人息子が不登校になったのを恥じるような人間だったから、大地くんはここまで堕ちてしまったのですよ、先生。大地くんが学校で性的ないじめを受けていたことも、僕が大地くんの家庭教師だということも知らなかったでしょう?」
「……なんてことを……なんてことを大地に……息子に手を出さないでくれ……」

 手で顔を隠したまま、伊勢谷は声を絞り出した。

「あなたのような人でも子供は大事なんですね。ご安心下さい、僕は大地くんのトラウマを克服する手伝いをしているだけです。あの頃のあなたと同じやり方で」

 深見の手が項に触れると、伊勢谷はびくりと体を震わせた。



 深見の入った大学に伊勢谷がいた。
 なにかと用事を頼まれて研究室へ行くことが多かった。日頃の手伝いのお礼だと食事に誘われ、慣れない酒を飲まされて、気付けばホテルのベッドの上だった。

 なかなか深見をイカせない拷問のような責めを嬉々として施しながら、伊勢谷は深見の性体験の話を聞きたがった。
 初めて性を意識したのはいつ、精通は何歳、初めての自慰は、オナネタは、週に何度、どんな風に、初体験は何歳、どんな相手と、どんなセックスを、どんな会話を――。

 イカせてもらえないもどかしさに涙を流す深見から事細かに聞き出した。それを聞いて伊勢谷は興奮していたようだった。
 事のあと、黙っているかわりに二度と近づくなと深見が言えば、伊勢谷はポケットからICレコーダーを取り出して、喘ぎ声を漏らしながら途切れ途切れに性体験を話す深見の声を再生した。
 青ざめる深見に、伊勢谷は「これも研究の一環なのだ。協力してくれたまえ」と粘りつくような笑顔で言った。

 それから伊勢谷に呼び出されるたび、深見はいたぶるような愛撫に泣かされ、強要された恥ずかしい言葉で伊勢谷の赤黒いペニスをねだって犯された。
 卒業するまで深見は伊勢谷のおもちゃだった。


暫定、恋人

【続きを読む】