FC2ブログ

連鎖(2/2)

2014.06.11.Wed.
<前話はこちら>

 俺は上から、灰賀が口を開けて、俺のちんこを咥えるのを見ていた。俺の太ももを掴んで体を支えながら、灰賀は下から迎えるように口に咥え、引っ張るように唇で扱く。

「慣れてんな。あのおっさんのも舐めてやってんのか?」

 口惜しさの滲む目が俺を見上げながら頷く。

「万引きバラされたくねえからっておっさんのチンポしゃぶるとか、お前、けっこう変態だな。昨日はローター入れて学校来たんだろ。もしかして、ケツもおっさんにヤラせてんのか?」

 灰賀は目を伏せた。どうやらヤラれているらしい。灰賀が犯されている姿を想像して、下腹部がさらに熱くなった。

「俺にもやらせろよ」

 えっ、とびっくりしている灰賀を立たせて後ろ向きにした。閉じている足を左右に蹴って開き、その間に膝を割り入れる。ベルトを外すと、ずぼんは勝手に膝まで落ちた。灰賀は黒のビキニを履いていた。

「おい、なんだよこれ」

 灰賀は耳まで真っ赤にした。

「いつもこんなの履いてんの?」
「違うっ…これは、あの人が……っ!」
「駄菓子屋のおっさんか?」

 うん、と頷く。
 前はちんぽを覆うだけの布で、後ろは割れ目に布が食い込んでいてほとんどTバックに近い。灰賀の普段のイメージとは真逆だから、本当に駄菓子屋のおっさんに無理矢理履かされたのだろう。
 引き締まった臀部を触ると灰賀はビクビク震えた。なぜだか無性に興奮した。こいつを履かせたまま灰賀を犯してやろう。
 小さな布にギリギリ隠されているちんぽを撫でるように触りながら灰賀の項にキスした。短く刈り上げた襟足から汗とシャンプーの匂いがする。耳を噛むと灰賀は肩を持ち上げた。

「や、やめ……嫌だ…いや……っ」
「駄菓子屋のおっさんにヤラせてんだろ。俺にもヤラせてくれたっていいじゃねえか。それともなにか、あのおっさんのちんぽじゃなきゃ嫌なのか?」
「ちが…そんなわけ、ないだろ!」
「だったらいいだろ」

 下着をずらしながら割れ目にそって指を入れた。灰賀がビクリと体を震わせる。

「い、いやだ…やめっ……っ、こんなこと…やめてくれ……っ!」
「あのおっさんのちんぽと俺のちんぽ、どっちがイイか、ジャッジしてくれよ」

 場所を探りだすと、俺はそこへ自分の勃起ちんぽをあてがった。逃げようと暴れる灰賀を壁に押さえつけつつ、俺は自身の凶棒で灰賀を引き裂いた。

「ひぃっ……!いっ…ぁあっ……やめて……んっ……んぁっ……!!」
「あー、すげえ、処女並にきっついな…あのおっさんにヤラれまくってんじゃないの?」

 体を震わせながら灰賀は首を左右に振った。ヤラれまくってるんじゃないと言いたいのか、これ以上は無理だという意思表示なのかわからない。まぁ別にどっちでもいいんだけど。
 灰賀の細い腰を持って、ゆっくり抜き差しを始めた。ほんとに食いちぎられるんじゃないかってくらい締め付けてくる。たぶんすごく痛いためなんだろうけど、抜くときにキュウッとされると抜かないでって言われてるみたいで興奮した。
 だけどあまりにきつすぎるので、動くのを休んで灰賀のちんぽを揉んでやった。可哀そうに怯えて縮こまっている。布越しに揉んでいると、だんだん灰賀も起たせてきた。こんな状況なのに男ってのはどうしようもねえ生き物だ。
 にょきにょき成長した灰賀の亀頭がビキニから顔を出した。手の平でこねるようにすると、灰賀は身もだえた。

「い、あっ……やめて……あっ……あぁっ……!」

 駄菓子屋で聞いたような色っぽい声になってくる。

「灰賀ぁ、お前、最高にエロいな」
「やっ……エロく、ない…っ…んんっ…んあ……っ!」
「お前のケツマン、すっげえ熱くなってきた……気持ちよくなってる証拠だろ」
「違う……っ、俺は…っ…ちが…あっ……ん、はぁ……ぁん…」

 さっきまではひたすら耐えているだけみたいにきつい穴だったのが、熱くなってうねるようになってきた。俺はいま動いてないっていうのに中に引っ張られる感覚がある。これ、誘われてるってことだろ。どんだけエロい体なんだよ。

「お前の奥に俺のちんこぶっ込んでやるからな」

 灰賀の片足を抱え持ち、俺も壁に手をついた前傾姿勢になって突き上げた。灰賀の背がしなる。

「はぁぁん……!!だ、だめぇ…、そんな……に、おく……まで、だ、め……っ!!」
「ちんぽギンギンにおっ立たせてなに言ってやがんだよ」

 腰を打ち付ける動作に合わせて灰賀の勃起ちんこが揺れる。その動きでビキニがずり下がっていく。

「ひあっ、あっ、あんっ……だめっ、やっ……あ……あぁぁ……っ」
「こっち向け、灰賀」

 潤んだ目で灰賀が素直にこちらを向く。首を伸ばしてキスした。舌を差し込み灰賀の口のなかをベロベロ舐めた。

「んっ…ん、はぁ…ん……んむっ……んっ……」

 濃厚なベロチューをしながら灰賀のちんぽを扱いた。ビクビクと脈打って火傷しそうに熱い。

「ふぁっ……あっ、やぁっ…だめ……あっ、触らないで……もう、イく……!」
「あぁ……俺も、限界っぽい……」

 激しく腰を振った。トイレにパンパンと肉のぶつかる音と、ヌチャ、ネチャ、と濡れた音が響く。

「中に出すぞ、灰賀……ッ!!」
「あ……あっ、だめ、中出し…やっ…あんっ……あぁぁ…も……イク…イクッ……!!」

 トイレが一気に青臭くなった。

◇◇◇

 後始末をするためにトイレに残った。便器の上で足を広げ、熱く熟んだ場所へ指を入れて浅野の放った精液を掻きだす。

「うっ…ン……」

 ドロリと生温いものが指の間を伝い落ちていった。
 駄菓子屋で万引きをしたのはほんの出来心だった。レジ台の向こうにしゃがんだ店主がいるとも気付かず、三十円ほどの駄菓子をポケットに入れてしまった。店を出るなり呼び止められ、学校に連絡し、警察を呼ぶと言われた。受験のことが頭をよぎり、それだけは勘弁してくださいと頼んだのがいけなかった。
 学校にも警察にも言わないかわりに、と店の奥で裸を見せるよう要求された。鼻息の荒い変態店主に吐き気がしたが、これで終わるなら、と服を脱いだ。興奮した店主に体を触られ、ペニスをしゃぶられた。あの時、突き飛ばして逃げればよかったのだ。
 口の中でイクと、「これ、あそこの防犯ビデオに録画されているから」と白い精液を涎のように垂らしながら店主はニタリと笑った。醜悪な笑顔。俺は完全に蜘蛛の巣に絡め取られた蝶も同然だった。
 ビデオをネタに脅されると、どんどんエスカレートする変態的な要求にも従うしかなかった。
 そしてそれをクラスメートの浅野に知られてしまった。黙っているかわりに、と浅野は俺を犯した。
 これが悪夢なら早く覚めて欲しい
 
 個室を出て手を洗った。顔をあげたとき、鏡に人影が映っていた。驚いて振り返ると同じ学年の生徒が立っていた。名前は知らないが顔だけは知っている。

「お前って一組の奴だよな、確か。帰る前にトイレ行ったらエロい声が聞こえてくるからさぁ。隠れて聞いてたらほら、もうこんなになったぜ」

 俺の手を掴むと自分の股間へ押し当てる。硬いものが手にゴリと当った。

「相手の男がいなくなるまでずっと我慢してたんだ。俺にもヤラせろよ」

 男の手が伸びてくる。

 この悪夢はいったいいつまで続くのだろう……


泉係長の意地悪

スポンサーサイト
[PR]

連鎖(1/2)

2014.06.10.Tue.
 帰り道、同じクラスの灰賀を見つけた。
 こっちの道だったっけと不思議に思いつつ後ろを歩いていたら、灰賀はきょろきょろあたりを見渡したあと、逃げるように角を曲がった。その姿が気になって、俺はあとをつけた。
 そのあと同じように何度か角を曲がると、灰賀は一軒の駄菓子屋へと入っていった。
 なんだ、ただの買い食いかよ。
 こんなところまでついてきた自分を馬鹿らしく思いながら、駄菓子の一個でも買って帰るつもりで俺も店に入った。
 狭い店内に所狭しと細々とした駄菓子が並んでいる。だが灰賀の姿がない。こんな小さな店では見落とすはずもない。確かに店に入った灰賀はどこへ消えた?
 狐につままれたように呆然と立ち尽くしていると、レジの後ろ、木製の扉の奥から物音が聞こえることに気付いた。
 灰賀がいるとしたらここしかない。灰賀は店主と知り合いなのだろうか。
 なんとなく足音を忍ばせて扉へ近づき、耳を押し当てた。

「い…や…もう許して…ださ…」
「見せてごらん。どれどれ…ちゃんと朝から入れっぱなしにしてたかい?僕が見てないからって、来る直前に入れたんじゃないだろうね?」
「ちが…ます…っ…朝から…ずっと…!」
「本当に?本当にこのローター、朝からずっと入れて学校に行ったの?」
「行きましたっ…もう、抜いてください…!」
「授業中もずっと入れてた?どうだった?勃起した?何回イッちゃった?」
「イッてませ…ん…!」
「でもパンツが湿ってるよ。いやらしい匂いもする」
「やめてっ…もう、許して…!」
「我慢汁いっぱい出ちゃったみたいだね。君のおちんぽがベトベトしているよ」
「いや…!もういやだ、こんなこと…!」
「万引きする君がいけないんだよ。警察に言わないでって頼んできたのは君じゃないか。これくらいの罰で済んでありがたく思って欲しいくらいだよ。なんなら今すぐ警察呼んだっていいんだよ」
「ひぃっ…やめ…触らな…で…っ!」

 灰賀の引き攣った声のあとに、男の笑い声が続いた。
 俺はごくりと咽喉を鳴らした。こめかみから汗が流れ落ちる。全速力で走ったあとのように心臓がバクバクしていた。
 いまの会話でだいたいのことはわかった。灰賀がこの店で万引きをし、それを店主に見つかり、警察に呼ばないかわりに、灰賀はローターを「どこか」へ入れて今日一日過ごしてきたのだ。どこか…そんなの決まってる。

「ほら、いっぱいお汁が出てきたよ。きみはいやらしい子だね」
「やめっ…違う…!ちが…ひっ、い…っ…あぁ…あぁんっ…!」

 クチュクチュと小刻みな濡れた音が聞こえた。おそらく男が灰賀のちんぽを扱いているのだ。
 俺はハァハァと呼吸を荒くしながら、痛いくらい勃起した自分のものを握った。灰賀の声を聞いていただけで硬くなっていた。
 灰賀の悲鳴のような声が次第に色付いて喘いでいるようなものにかわってきた。

「あっ…ん…やだ…っ、そんなに、しない…で……っ!」
「イキそう?」
「イ…ッ、イキそう……!はっ…あぁん…っ、だめっ…そんなにされたら……!」
「イッちゃう?」
「イッちゃう…っ!イッちゃうから…や…っ、だめ…、もう…あっ、あ…っ!」

 聞き耳を立てながら俺はちんぽを扱いた。店の外をバイクが走り去る。びくりと一度は手をとめたが、誘惑には勝てずに再び手を動かした。
 扉の向こうから灰賀の喘ぎ声が漏れ聞こえてくる。嫌がっているような声とは思えなかった。普段おとなしい灰賀が、こんな声を出すなんて。どんな顔をして男に扱かれているのだろう。想像したら余計に興奮した。
 手つきを速めた。

「ハァ…ハァ…あ、あぁ…灰賀…灰賀…」

 ドクッと大量の精液が飛んだ。ベタリと扉についたそれがゆっくり垂れ落ちる。
 俺は慌てて店を出た。



 翌日、灰賀は普通に登校し、普通の顔で授業を受けていた。昨日はずっとローターを入れていたらしいが今日もそうなのだろうか。あんな澄ました顔をしながら、ローターの刺激に疼きっぱなしなのだろうか。パンツに我慢汁をしみこませているのだろうか。
 俺の方が勃起した。
 放課後になり、俺は灰賀に声をかけた。

「昨日の帰りに灰賀を見たんだけど」
「えっ…あぁ、そう」

 灰賀は目に見えて動揺していた。

「道が違うからおかしいなって思いながらあとつけたんだ」

 灰賀の顔から表情が消えていく。

「あの駄菓子屋でなにしてたの?」

 完全に顔色を失った灰賀は、一点を睨むように見つめたまま固まった。瞬き一つしない。

「気になって店のなか入ったんだけど、ありえない声が聞こえてきてさ」

 灰賀の体が小刻みに震えだす。

「駄菓子屋のおっさんとあんなことしちゃうのって、どうなのよ?」

 泣きそうな顔で灰賀は唇を噛んだ。

「今日もお尻にローター、入れてんの?」

 見開いた目が詰るように俺を見る。
 俺は灰賀に笑いかけた。

「見てあげるから、トイレ、いこっか?」



 灰賀はおとなしく奥の個室に入った。ときたま悔しそうに唇を噛みしめたり、泣きそうに顎を震わせたりしている。トイレの鍵をかけると、怯えた顔を向けるのがなんともそそられた。

「いつからあのおっさんとヤッてんの?」
「お前には関係ないだろ…」
「そんなこと言っちゃっていいの?昨日のお前の声、録音しといたんだけど、明日クラスの奴らに聞かせてやろうか?」

 咄嗟についた嘘だったが灰賀は信じたようだった。背けていた顔をこちらに向けて、ギリギリ歯を噛みしめている。

「いつからあのおっさんにヤラれてんの?」
「…と、十日、くらい、まえ…」
「なんで真面目なお前があんな店で万引きなんかしたんだよ?」
「たまたま寄り道した店で…誰もいなかったから、つい…」
「で見つかっておっさんにエロいことされてんの?馬鹿じゃん」

 馬鹿だと言われて灰賀は目を伏せた。充血して真っ赤な目。今にも泣きそう。
 俺はベルトをゆるめた。

「黙っててやるかわりに、舐めて」
「なっ……」
「みんなにお前のエロい喘ぎ声、聞かせてやってもいいんだぜ」

 一瞬顔を歪めたあと、灰賀はその場へ跪いた。やけくそって手つきで俺のズボンと下着をずりおろして、半立ちのものを掴んだ。


よろこびは腕の中