FC2ブログ

惚れ薬(2/2)

2014.04.09.Wed.
<前話はこちら>

 沖田のペニスを一旦解放してやった。自分のずぼんをずりおろす。潤んだ目が俺の動作を見つめ、出てきた屹立に目を見開く。

「な…なに、してだよ…なんでそんなもん、出してやがる…」
「俺だって、出したい」

 使い込まれた沖田のペニスと俺の新品ペニスを二本まとめて握って扱く。精液まみれですでにベトベトしている沖田のペニスに擦れ、扱くたびにネチョネチョと音が立つ。俺の下で喘ぐ沖田に呼応するようにペニスの先から涙が零れる。それを伸ばし、全体になすりつけて擦り上げる。

「はぁっ…んっ…やめっ…アッ、あっ…たの…むっ…もう、苦し…触んなっ…!」
「でも、イカなきゃもっと苦しいと思うよ」
「ひっ、やっ、あぁっ…やめっ…あっ…あぅっ…う、うっ…あっ!」

 四度目の射精をする。でも俺はまだイッてないから手を休めず動かす。

「もっう…出ないっ…出ない、か、らっ…やめ、ろっ…ううっ、やめっ…やっ、あっ…」

 嫌々をするように顔を左右に振る。上気した頬、幾筋も涙を零す濡れた目、切なげに苦しげに自分をかき抱く腕、衝動を持て余して揺れる腰。あの沖田がこんな姿を俺に晒すなんて。

「もう、手で触らないほうがいい?」

 期待する返事を待ってごくりと唾を飲み込む。沖田はコクコクと何度も小さく頷いた。

「じゃあ…じゃあ、入れてもいい…?」

 え?と目で問うてくる。

「ここに、入れてもいい?」

 触った場所は沖田の精液が垂れおちて濡れていた。その中心へ指を押し入れる。

「はっ!あっ!やめっ…!てめぇ…どこ、触って…んんっ!」

 根本まで押し込むと沖田は顎を反らして射精した。五度目の射精で微々たる量。顔を戻した沖田は怯えた目で俺を見た。

「や、やだ…やめろ…やめて、くれ…」
「ここ、そんなに感じちゃうんだ?」

 中に入れた指をぐりぐりと回転させながら出し入れする。

「はぁぁっ!あぁっ!なかっ…擦んなっ…あっ、あぁっ…やめろっ…てっ…あっ、うあっ!」
「沖田くんのなか、すごく熱い…トロトロに蕩けて、俺の指に吸い付いてくる…」
「ばっ…ちげえっ…あっ、抜けっ…抜けよっ!もうっ、抜けよ!」
「全身で感じまくってるのに?」
「ひあぁっ…あっ、やっ…動かすなっ…も…やだっ…頼むっ…も、やめて、くれっ!」

 俺が指を抜くと沖田は強張っていた体から力を抜いてはぁはぁと息をついた。沖田の膝を持ち上げる。頭を持ち上げた沖田が、俺のしようとしていることに気付くと、ゆるゆると首を振った。

「やめ…やめろ…頼む…それだけは…」

沖田の懇願を無視して俺は自分の強直を突き立てた。

「ひぃぃっ…!」

 背を仰け反らせて沖田が悲鳴をあげる。鉤型に折り曲げた指が空を掴む。ペニスからわずかな精液が一塊飛び出して終わった。
 ずり上がるのを防止するため沖田の腰を持って抜き差しする。食いちぎられそうな狭窄感に腰が砕けそうになる。止められなくて何度も腰を打ち付けた。

「ひぃっ、あっ、あぁっ…!やめっ…ああぁっ…も…やっ…あ、あぁんっ…おかしく、なるっ…ううっ、アァ…あぁんっ!」
「あぁ…沖田、君のここ、すごく気持ちいいよ」
「いいっ…やっ…言う、なっ…!あっ!あんっ!もう、やめっ…!頼む、もう、やめてくれっ!あぁぁっ、あっ、あんっ、あんっ、また、いくぅ…っ!」

 いくと言われて目をやれば、沖田のペニスからは何も出てこず、俺の動作に合わせて揺れるだけ。もう出すものがなくなったのか、ドライでイッちゃったのか。

「あっ、あひっ…いいっ…いっ、あっ、アァッ…なんでっ、また…また、イクッ…!」

 どうやら後者だったようで、沖田は俺が突くたびイキまくった。ビクンビクンと体を震えさせながらイク沖田がさすがに可哀相になって、終わらせるために腰使いを激しくした。

「あっ!あっ!やっ…やめっ…そんなっ…激しっ…いっ、いいっ…あぁんっ、あんっ、やっ、やだっ…やぁっ…んんっ、んっ!」
「ごめんね、沖田、もう終わるから、中に出すね」
「なかっ…あっ、なか、だしっ…いいっ…なかっ、早くっ、終わってっ…!」

 沖田の中へ盛大に吐き出した。


 ぐったりと横たわる沖田を見下ろしながら俺はこれからどうしようと青くなっていた。惚れ薬の効き目がどれくらいで切れるのか知らない。次目が覚めた時には切れているかもしれないし、まだ効いたままかもしれない。もし切れていたら俺の人生に終止符が打たれることになる。17年…短かった。童貞を捨てられたのは嬉しいが、相手が同性の沖田じゃ複雑な心境だ。いやそんなことより今は、なんとか半殺し程度に抑えてもらうよう何か考えねば。
 とりあえず視聴覚室を出てトイレからトイレットペーパーを持ち込み、ついでに水道で濡らしたハンカチも使って沖田の体の汚れを綺麗に拭き取ってやった。
 そのあと人目を避けつつ自動販売機でペットボトルの水を2本かった。一本を飲みながら沖田が目を覚ますのを待つ。顔には涙のあとが残っていた。腕で何度もこすったのか擦りむいたように赤くなっている箇所もある。罪悪感からそっと撫でた。すべすべと綺麗な肌をしていた。通った鼻筋がうらやましい。さっき散々喘いで泣き言をもらした唇は渇いてカサカサだ。顔を近づけてペロと舐める。何度も舐めていると潤って濡れた。半開きの唇にそっと舌を入れてみた。さっきは突然のことでファーストキスを味わう暇もなかった。意識を失っている沖田から当然反応は返ってこない。角度をかえて何度もキスの真似事をしていたらいきなり突き飛ばされて尻もちをついた。

「なにっ、てめぇっ…!」

 よろよろと手をついて体を起こし、沖田は混乱した状態のまま俺を睨み付けた。

「と、とりあえず、水飲んで」

 沖田の分を差し出す。警戒する沖田は俺を睨んだままペットボトルを受け取り、コクリと一口飲んだ。冷たい水を飲んで少し落ち着いたのか、深く息を吐いた。

「なんなんだよこれ…なんだって聞いてんだよ、おいこらてめぇ!」

 鼓膜をビリビリと揺るがす大声に体が固まる。

「なにって…俺のほうが知りたい…沖田くんがいきなり倒れて…」
「俺に変なもん飲ませたんだろうが!」
「飲ませてなんかないよ!あれは俺が飲むつもりのジュースだったし!それを沖田くんが勝手に飲んだんじゃないか!」
「なんだとてめぇ!」

 立ち上がろうとした沖田くんはよろめいて床に手をついた。体を支えようと近寄る俺を「触るな!」と突き飛ばす。

「くそっ…なにがどうなってんだよ…畜生、意味わかんねえよ…!」

 腰をおろし、三角座りで項垂れる。前髪をかき上げる動作とともに顔をおあげ、上目づかいに俺を睨む。その目元がほんのりと赤い。

「さっき…なんで俺にキスしてやがったんだよ…」
「えっ…えと…」
「なんでだよ!」
「わかんないよ!」

 そこに無防備な唇があったから、なんて答えたらぶっ飛ばされそうだ。

「なんの行き違いかしらねえけど…なんでお前なんかとあんなことヤッちまったのか全然わかんねえけど、このことは誰にも言うな。誰かに言ったらぶっ殺すからな」
「わっ、わかった。絶対誰にも言わない!」

 どうやら五体満足帰れそうだ。沖田の気がかわるまえに姿を消そう。立ちあがろうとしたら強い力で腕を掴まれた。やっぱり2、3発は殴られるのか?中腰のまま、固まった。

「どこ行く気だよ」
「ど、どこって…き、教室?」
「どうせ今授業中だろうが」

 時計をちらりと見やる。確かに昼休みは終わって授業の真っ最中だ。それでも戻ると言えば沖田を怒らせそうな気がして、俺は諦めて腰を下ろした。それなのに沖田は手をはなしてくれない。

「お前…新田が好きなのかよ?」

 いきなりの話題に面食らう。

「えっ、いや、べ、別に」
「ほんとかよ?ほんとに好きじゃねえのかよ」
「う、うん、別に」
「じゃあ俺…俺のことは、どう思ってんだよ」
「えっ」

 何を言い出すんだ沖田は。

「さっき俺にキスしてただろうが。人の寝込み襲いやがって。どういうつもりだよ」

 沖田の腕に力がこもる。手加減が知れる痛みのない強さは俺に何かを伝えたがっているようだった。

「最初に俺にキスしたのは、沖田君、だけど…」
「嫌がって逃げたじゃねえか」

 そりゃあの状況でいきなりやられたら誰だって逃げるよ。沖田は不満そうなふくれっ面で俺を睨み続ける。

「い、今だったら、逃げないよ」

 俺を睨む目が一瞬弱まり、動揺して泳ぐ。
 床に手をついて、体を乗り出した。逃げるように沖田が顎を引く。でも腕をつかむ手は離れない。もっと身を乗り出して顔を近づけたら、沖田も恐る恐る近づいてきた。伏せた睫毛がいじらしく震える。それを見ながら口づけた。唇が触れ合った瞬間、沖田が俺に抱き付いてきた。

「なんでっ…くそっ、なんでお前なんか…なんでだよっ!」

 俺の肩口で混乱する心情を吐露する。俺はペットボトルに一滴垂らした惚れ薬の効果に感心しながら、沖田の背中を撫でた。

童貞教室

スポンサーサイト
[PR]

惚れ薬(1/2)

2014.04.08.Tue.
 突然だが俺は惚れ薬を手に入れた。塾帰りの高架下で怪しげな占い師から千円で買い取ったものだ。媚薬入りで一滴飲ませれば効果覿面だとその占い師の婆は笑った。嘘かほんとか、一丁試してやろうじゃないか。
 テニス部の新田さんがいつも飲んでいるピーチソーダを自動販売機へ買いに行った。そこへ惚れ薬を垂らす。一滴なんて言わず10滴以上を缶のなかへ入れた。
 それをなんとかして新田さんの缶とすり替えればいい。その「なんとか」が難しい。間違って買っちゃったからあげるよ、なんて俺が言おうものなら「きもい」と辛辣な言葉が返ってくるのは目に見えている。普段便所飯で教室にいない俺が昼休みに教室にいるだけで怪しまれるかもしれない。缶をすり替えるのはなかなか難易度が高いぞ…
 自販機から教室へ戻る途中の渡り廊下でふと我にかえり立ち止まった。惚れ薬を手に入れたところで、これを新田さんに飲ませる方法がない。

「なにボサッと突っ立ってんだよ、邪魔だろうがボケ」

 いきなり大きな声をともに突き飛ばされた。手にしたピーチソーダが反動でちょびっとこぼれる。振り返ると、同じクラスの沖田が険悪な顔つきで俺を睨んでいた。中学のころから問題ばかりおこしていた悪いと有名な沖田は、その噂を自慢するようにシルバーアッシュを逆立て、耳にはピアス、周囲の人間を威嚇するように練り歩いては、目が合ったやつは上級生だろうがなんだろうが因縁をつけてまわるような、非常にタチの悪い生徒だった。
 そんな沖田が俺を睨んでいる。沖田のようなタイプの人間に一番嫌われ、馬鹿にされるのが俺のような人種だ。おとなしく、影が薄く、自己主張せず、モブ以下の、それこそ便所虫やゴミ屑同然とみなされている俺。人間扱いなどされるはずがない。背筋に冷たいものが流れた。

「ああ?てめぇ何俺のこと睨んでんだよ?」
「にっ、睨んでなんか…」
「口答えすんな!」

 大声で怒鳴られ身がすくむ。

「ピーチソーダとか女みたいなもん、飲んでんじゃねえよ。これ、いつも新田が飲んでるやつだろ。もしかしてお前、新田と同じやつだから買って飲んでんのか?」

 一番知られたくないことを知られたくない奴に気付かれてしまった。意外に勘が鋭い。というか、新田さんのピーチソーダ好きを知っているなんて、もしかして沖田も…

「あれ、俺の前の女だぞ。嫉妬深いからすぐ別れたけどよ」

 二人が付き合っていたなんて知らなかった。衝撃の事実だ。新田さんが、こんなヤンキー男がタイプだったなんて…。

「お前、まだ童貞か?お前みたいな根暗でも、女のこと思ってマスかいたりするわけ?新田のこと考えながらシコんの?」

 と軽く握った手を上下に擦る仕草をする。カッと顔が熱くなった。

「しっ、しない…そんなこと…」
「おめえのオナニーしてる姿想像したら気持ち悪くなった」

 オエと舌を出した沖田は俺の手から缶を取り上げるとゴクゴクと喉を鳴らして飲んだ。

「あ……」

 飲んじゃった…飲みやがったこの馬鹿野郎…どうなっても知らないぞ。

「こんな渡り廊下のど真ん中でシコんじゃねえぞ」

 突き返された缶は軽くて、中身の半分はなくなっていそうだった。
 俺に背を向け沖田が歩きだす。2歩、3歩、4歩、5歩目で「うっ」とうずくまった。

「んぐっ…うぐぐっ…」

 膝をついて胸を押さえながら呻いている。

「お、沖田…?」
「はぁうっ…ううっ…なん…これ…」

 ゆっくり振り返った沖田の顔は真っ赤だった。

「なんだ…これ…なに、毒…?」
「しっ、知らないよ!」

 しらばっくれなきゃ命がない。

「はぁっ、はぁっ…あぁっ…あぐっ…」

 苦しそうに喘ぎながら俺に向かって手を伸ばしてくる。惚れ薬だと聞いた。あの婆は確かに惚れ薬だと言った!まさか本当は毒だったんじゃ…ッ
 駆け寄り、伸びた手を掴んだ。

「大丈夫?ほっ、保健室、いく?」
「…いいっ…」

 顔を歪めながら首を横に振って、目は何かを探すように動く。

「し…視聴覚室…連れてけ…っ」

 さっきまでの威張った声じゃなくて、しんどそうなかすれ声。本当に保健室に行かなくていいんだろうか。救急車呼ばなくていいんだろうか。死んじゃったらどうしよう。俺のせいで沖田が死んじゃったらどうしよう!
 怖くて震える俺の肩に、沖田は自分の腕をまわしてよろよろ立ち上がった。その体を支えながら、俺は沖田を視聴覚室へ連れて行った。


 視聴覚室へ入るなり、沖田は崩れるように床に転がった。ただ立っているだけでも相当辛いようだ。

「どうしよう…病院…行った方が…」
「い、らね…いいから、こっち…来い!」

 苛立ったように手招きされる。恐る恐る近づいてそばで膝を折ると、胸倉をつかんで引き寄せられた。ぶつかると思って咄嗟に手をつく俺の口に、沖田はなんと自分の口を合わせてきた。びっくりする俺の首に腕をまわし、頭を掻き抱いて強く引き寄せる。より深く密着する唇に濡れた感触。沖田の舌が中へ入ってきて俺の中をまさぐった。

「ふがっ、ふっ、んんっ!おきっ…待っ…!」

 両手をつっぱってなんとか隙間を作った。沖田は、赤い顔、荒い呼吸で俺の首にぶら下がるようにしがみついたまま。

「なっ…んで…?」
「知るかっ!知る…かよ!くそっ…なんで俺が…お前なんか…クソッ…どうなってんだよ、俺!」

 沖田は本当に混乱しているようだった。困惑と怒りとで顔が泣きそうに歪む。

「…なんで俺にキスし」
「言うな!言ったらぶっ殺す!」

 充血した目が俺を睨み付ける。恫喝されているのは俺なのになぜか沖田のほうが立場が弱いと感じる。はぁはぁと呼吸が荒いのも、顔が赤いのも、目が潤んでいるのも、もしかしてこれ全部惚れ薬の効果なんじゃ…。婆の嫌らしい笑った顔が頭に浮かぶ。媚薬入りで一滴飲ませれば効果覿面。俺は何滴入れた?調子に乗って10滴以上入れてしまった。沖田がこんな状態なのはそのせいなんじゃないか?
 確かめずにはいられない。

「俺のこそ、好き、とか?」
「…っ!ばっ、か、言ってんじゃねえよ!ぶっ殺すぞ!」

  耳まで赤くなった顔じゃ迫力がない。

「ちょっと、ごめん」

 片手を伸ばし、沖田の股間をさわっと触ってみた。

「ああぁぁっ!」

 沖田の大声にも驚いたが、触ったそこはテントを張ってビンビンになっていた。

「さわっ…なっ…馬鹿…てめぇ…」

 俺を睨む目には涙が滲んでいた。あの沖田が。威張ってばかりいる沖田が。俺のことなんか人間扱いしない沖田が。みんなに恐れられる沖田が。新田さんと付き合っていた沖田が。あの沖田が、俺を、好き?
 一度はびびって引っ込めた手を、再び沖田の股間へ押し付ける。布越しにでも、そこがドクドク脈打っているのが感じられる。同じ男として、痛いほど張りつめているのがわかった。

「だ、大丈夫…?」
「はぁっ…あ、さわ、な…で、る…っ!」
「えっ、うそっ、待って!」

 急いでベルトを外し、沖田のズボンを脱がせた。あの沖田がおとなしく脱がされているのも、腰をあげて協力するのも、信じられない姿だった。
 現れた沖田のペニスは赤く膨れ上がって今にも爆発しそうだった。これをもしかしたら新田さんに…なんて考えていたら、つい手で触っていた。
 俺が触るとそれはビクンと震えた。

「ふあっ…あっ…あっ…」

 他人の勃起状態のものを触ったのはこれが初めてだ。しかもそれがあの沖田だなんて。沖田は俺が少し動かすと「うっ、あっ」と面白いほど反応した。

「も…出る…出る…!」

 自分の制服をぎゅっと強く握りしめて沖田は射精した。手のひらに、管の中を勢いよく飛び出す精液の流れをはっきり感じた。沖田が俺の手でイッた…その証が、沖田の下腹部を汚している。
 沖田は半開きの口でハァハァと依然荒い呼吸のまま、俺を見上げていた。乾いた唇を舐めて潤し、なにか言いたそうに歯の向こうで舌を動かす。

「沖田…?」
「まだ…治まんねぇんだよ…は…っ…あ…まだ…」

 戸惑いの限界に達したのか、沖田の目尻から涙が一滴零れ落ちた。それを腕で隠して唇を噛みしめる。
 射精したばかりの沖田のペニスは先ほどとかわらない体積と硬度を保ってそそり立っていた。さっき出した残滓か、いま新たに零れているのかわからない白い液体が、先端から滔々と垂れて腹にくっつく。
 フルフルと震えるペニスを握ると、沖田は「はぁんっ」とため息のような声を漏らした。
 沖田がこんな状態になってしまったのは俺のせいだ。普段偉そうだからって、見捨てるわけにはいかない。死んじゃったら困るし、見捨てたあと元に戻ったら仕返しが怖い。できるだけ体が楽になる手助けくらいはしなければ俺に命の危険がある。
 ゆっくり扱いてみた。ほんとうに軽く扱いただけなのに沖田はあっという間に2度目の射精をした。

「あぁっ…あっ…もっ…くそっ…なんでっ…もう、やだよ…!」

 泣き言を漏らすのも納得で、沖田のものはまだフル勃起に近い状態だった。

「大丈夫、全部、出しちゃえばいいんだよ」

 握って扱く。

「あぁっ、はっ、あっ…やめっ…感じすぎて…苦し…あっ、あぁっ」

 顎を反らして喉を晒しながら、聞いたことのないような声をあげる。男相手なのに、しかもあの沖田なのになんだか色っぽく見えてきて、俺まで変な気分に引きずり込まれた。
 もともと着崩した制服の前をはだけるのはわけないことだった。赤く染まった体に跨り、手を動かしながら乳首を一舐めする。

「んあっ!ばっ…なに、しや、がる…!」

 小さな乳首。ぺったんこの胸。俺が触りたいと思った新田さんの胸とは正反対の男の胸。なのに異常なほど俺を興奮状態にさせる。俺まで呼吸を荒くしながら、ペロペロと舐め、口に含んだ。

「はぁぁん…んっ、アッ…やめっ…あぁっ、くそっ…やっ、出るっ…!」

 ビュクッと白濁が飛び出す。構わず手で擦り続けると、沖田は痛い、苦しいと訴えた。

「はっ、あっ、もう…やだっ…こんなっ…なんで…止まんねえんだよ!」

 腹立たしそうにもどかしそうに、沖田は声を荒げてまた涙を零した。暴力による制裁を厭わない、むしろ喜んでやるような粗暴で冷酷な沖田の初めて見る姿。俺の股間まで熱を持ち始めた。

睨めば恋