FC2ブログ

7歳の高校生(2/2)

2014.03.18.Tue.
<前話はこちら>

 森は怯えと興味とがないまぜになった表情でそれを握っていたが、俺が「上下に動かして」というと、先ほど俺がやっていたことを見様見真似でやり始めた。さすが、7歳になっても維持している高い学習能力。

「お兄さん、気持ちいい?」
「あぁ、気持ちいいぞ。早くお前のケツマンコに入りたいって言ってる」
「入れていいよ」

 どこに入れるか知りもしないでそんなことを言っている。

「じゃあ、解さないとな」

 森の腹の精液を指ですくい、肛門になすりつけた。

「えっ、えっ…お兄さん…?」

 驚いた森が目をパチパチ瞬かせる。

「ケツマンコはここの奥にあるんだ。ここに俺のチンポを入れて、そこに精液ぶちこむんだよ。そうしたら赤ちゃんができるかもしれないぞ」
「いいよ、お兄さんのチンポ、僕のケツマンコに入れて?」

 その言葉だけで軽くイキそうになった。

「あぁ、言われなくても入れてやるよ」

 指を出し入れし、中を充分解す。ギュッと目を瞑る森は少し辛そうだったが、中にある小さなコブをこすると、ビクンビクンと体を跳ねあがらせた。

「さぁ、そろそろいいかな」

 指を抜き、ペニスを押し当てる。赤い顔をした森が潤んだ目で俺を見上げている。壮絶に色っぽい。あの森にこんな色気があったなんて驚きだ。

「いくぞ」

 ブズリ、と中に押し込んだ。森は顎を持ち上げ、背を反らした。想像以上にきつく、少し動かしただけで食いちぎられそうだった。

「大丈夫か、郁人」
「だ…い、じょうぶ…っ…」

 あまり大丈夫そうじゃない。痛みを和らげてやるために、くたっとなっているペニスを扱いてやった。なかなか立ち上がらなかったが、時間をかけるとそれは再び隆起した。その頃にはだいぶ楽に腰を動かせるようになっていた。

「はぁっ、アッ…アッ、アンッ…あっ、ん…」

 郁人の声も苦痛だけじゃに音色にかわっていた。

「アァ、ンッ、んあっ…そこっ…やっ…あんっ、あぁ、ん…あ、やだっ…そこ、グリグリって…しちゃ…やっ、だぁ…ぁんっ…ンっ…お、兄さん…っ、やだ、やめて…そこ…また、出ちゃう…僕また…出ちゃうぅ…か、らっ…あ、んんっ…」
「出していいんだぞ、気持ちいいんだろ?」
「いいっ…お兄さんのチンポ…僕のなか…グリグリって…出たり、入ったり…いっぱい…アッ…なか…熱くて…僕、どっか、ンッ…飛んでっちゃう…」
「俺もすげえ気持ちいいぞ」
「嬉し…い…っ…僕といっしょ、だね…っ…」
「あぁ、気持ちよすぎてもうイッちまいそうだ。お前のケツマン、トロトロだぜ。最高にいい締り具合だ。お前の中に出していいか?」
「うん…欲しい…っ、僕、お兄さんのセーエキ欲しいの…ッ…僕のケツマンに…お兄さんのセーエキ、いっぱい欲しいの…っ、いっぱい入れてっ…!」
「お望み通り、中出しで種付けしてやるよ!」

 腰を掴んで打ち付ける。パンパンと音が鳴る。結合部からはグチュグチュと聞こえてくる。森の口からは喘ぎ声が止まらない。

「いやぁっ、お兄さんっ!やっ、やあぁっ、だめっ、気持ちいいっ、出ちゃう…あんっ、あっ、やだ…やっ…やだっ…出ちゃうっ…また!セーエキ、出ちゃうっ…!僕また、セーエキ出ちゃうよぉぉっ、あああぁぁぁんっ、やん、やだっ、や、やだああぁぁぁっっ!!」

 俺がイクのと森が射精するのはほぼ同時だった。


 隣で人の動く気配で目が覚めた。見ると森が体を起こして固まっている。

「どうした?郁人」
「郁人…だと…?」

 鬼の形相で森が振り返る。あらら?いつもの見慣れた森郁人学級委員長だ。

「記憶、戻っちゃったのかよ」
「どういうことだこれは。どうして俺たちは裸なんだ?!」
「覚えてねえの?俺たちセックスしたんだよ」
「馬鹿なことを言うな!俺が貴様と、そのような不埒なことするはずがない!」

 顔を真っ赤にして怒鳴ってるけど、事実だし。

「階段から一緒に落ちたのは覚えてるか?」
「階段から…」

 森は難しい顔付きで考え込んだ。眉間に皺なんか作っちゃってさ。さっきまで「お兄さん、好き」って言ってかわいかったのになぁ。勿体ない。

「その時おまえ、頭ぶつけて、記憶飛んじゃったんだよ。七歳のころに」
「7歳?」

 ハッと弾かれたように顔をあげる。

「そう。7歳。そんなお前を教室に戻すわけにいかねえからここに連れ込んで、いろいろ話してたらこういうことに」
「あれは…夢じゃなかったのか…」

 赤い顔を今度は青くした。どうやら覚えていたらしい。目が覚めると同時に記憶を取り戻したみたいだから、今までのを全部夢だと思い込んでしまったんだな。

「俺は…貴様に…貴様と…あんなことを…」

 と頭を抱える。

「もっかいお兄さんのセーエキ欲しいって言って?」
「なっ…貴様…!!」

 またまた怒りと羞恥で森の顔が真っ赤になる。おかしいな。もう7歳じゃないのに、森がとてつもなく可愛く見える。

「俺はお前のこと好きだぜ。つうか好きになった。今度はもとに戻ったお前とちゃんとセックスしたい。お前は?」
「ばっ…馬鹿な…そんなのは一時の気の迷いだ…!」
「気の迷いでもいいんじゃねえの?俺たち、体の相性抜群なんだからさ」

 森を抱き寄せた。俺の胸にポスンとおさまる。森は怒って腕をつっぱらせていたが、俺がキスすると、次第におとなしくなった。

「お前にとっちゃ夢だったかもしれねえけど、俺にとっては現実だったんだよ。現実にお前は俺のこと好きだって言ったし、俺の赤ちゃんが欲しいとまで言ってくれたんだぜ。あの気持ちに嘘はなかったんだろ?」
「子供の無知につけ込むなんて最低な奴だ」
「子供はできねえけど、俺の精子、欲しいだろ?」

 耳元で囁く。俺の股間がムクリと起き上がる。

「……ッ……馬鹿な…っ」
「お前のなか、グリグリってチンポで掻きまわして欲しいんだろ?」
「……っ!」
「ぶっ飛ぶくらい気持ちよくて俺が好きなんだろ?」
「……………………………………………………そ……………だ……」

 消え入りそうな小さな声。

「えっ?」
「だから!そうだと言ったんだ!聞こえているくせに意地悪をするな!」

 あらあら。開き直っちゃったよ。まぁ、そういうとこも可愛いんだけどね。

「じゃあ、今からエッチしようぜ」
「なっ…?!何を言っている!授業に戻らないと…!」
「ばーか。もうとっくに終わってるよ。いま何時だと思ってんだよ」

 とっくに下校時間を過ぎている。生まれて初めて授業をサボッてしまったのか、森は時計を見てショックを受けていた。

「これで心置きなくできるだろ」

 ガバッと押し倒すと、森は諦めて溜息をついた。

「お前の精液が空になるまで絞りとってやる」

 もしかしたら森なりの脅し文句だったのかもしれないが、俺には挑発的な煽り文句だった。ビンとチンポが完全おっき。

「俺の全部、お前の中に注ぎ込んでやるよ」
 俺たちはキスからやり直した。

スポンサーサイト
[PR]

7歳の高校生(1/2)

2014.03.17.Mon.
 授業なんてかったるいものはサボるに限る。俺が教室を出て歩いていると「相崎!」と呼び止める声。振り返らなくても、その声が誰のものかはわかっていた。我らが学級委員長、森くんだ。

「おい、相崎、止まれ!貴様、また授業をさぼるつもりか!」

 貴様ってどこのお武家さまだよ。森は厳格な家に生まれ育ったらしく、品行方正が行き過ぎてて堅苦しいくらいだ。もっと肩の力を抜いて生きればいいのに、真四角張って真面目一辺倒でまったく面白みに欠ける。

「止まれと言っているんだ!」

 森にグッと腕を掴まれた。グラリとバランスを崩す。運悪くここは階段の上。

「あっ……!」
「相崎!」

 俺と森はどこぞの映画よろしく二人仲良く階段を転がり落ちた。咄嗟に掴んだ手すりのおかげでまっさかさまに一番したまで落ちることは免れたが、体のあちこちをぶつけて擦りむいてしまった。

「ってえ……大丈夫か、森」

 もとはと言えばお前がお節介焼いて俺を追いかけてくるからだぞ。

「う、うぅん……」

 森が頭をおさえて起き上がる。頭ぶつけちゃったのか、やばいなこいつ。

「大丈夫か?」

 顔をのぞき込む。ぼんやりと俺と目を合わせた森は…

「お兄さん、誰?」

 きょとんと首を傾げやがった。

「……ええええええぇっ!!!!うっそ!冗談だろ!?記憶喪失かよ?!おまえ、名前は?」

「森郁人です」

 はぁ…なんだ、覚えてんじゃん。おどかすなよ……ん?森郁人です…モリイクトデス…デス…デス…

「です?!お前が俺に?なんで敬語?!」
「えっ、なんでって…年上の人には敬語で話しなさいって…」
「俺が年上…?」
「はい」

 こくりと頷く。普段見ないかわいい仕草。かわいいというか…幼いというか…。

「郁人くんは何歳かな?」
「七歳です」
「七歳!!!!!!」

 はいキターーー!これキタよ!記憶喪失に準ずるものだよ。途中から記憶消えちゃってんじゃん!どうすんのコレ!どうすんだよコレェ!!!
 パニックになってる俺の耳に休み時間終了を告げるチャイムの音が聞こえた。

「やばい。こいつ、やばいぞ。どうすっかな…とりあえず立て」

 森の腕をつかんで引っ張り起こした。すると森が「わっ」と驚いたように俺にしがみついた。

「どうした?」
「いつもより高い…あれっ、どうして僕、お兄さんと背が同じくらい…?どうして?あれ……?僕の体、大きくなっちゃってる?…どうして?どうして?!」

 半泣きになって俺に縋り付いてくる。いつもなら絶対見られない光景。絶対見られない森の表情。

「大丈夫だ、郁人、これは夢だからな、お兄さんに任せとけ」
「うん」

 俺の腕を両手でつかんで必死にコクコクと頷く森が…ちょっと可愛かった。


 教室に戻るわけにもいかず、俺は森を空き教室に連れ込んだ。物置代りに使われている教室で去年の体育祭や文化祭に使った大道具がここに仕舞われている。隠れる場所はたくさんあるので、授業をサボるときはよくここを使う。

「僕、どうしてこんなに大きくなっちゃったんだろう」

 マットの上に三角座りしている森が不安そうに呟く。こいつが普段俺を「貴様!」とか「この怠け者!」とか罵倒してくる森なのかと思うと不思議な感情がわきあがってくる。

「大きな体は嫌か?」
「嫌じゃないけど…自分じゃないみたい」
「全部触って確かめたら実感わくかもよ?」

 そうかもしれないね、と見た目は大人頭脳は子供の森は俺の言葉に素直に従い、自分の体をペタペタ触りだした。だけど肝心な場所は触りゃしない。

「ここも触ってみろよ」

 つい悪戯心が起こって、森の手を股間へ押し当ててやった。

「やだっ…いいよ」

 やだっ…だって。可愛いい声、出しやがって。いつもこんなだったらいいのに。…いいのに?なにがいいんだ?

「ここもしっかり大人になってるんだぜ。ほら、見てみろよ」

 ベルトを外し、ズボンをずりおろしてやった。ぽろんと森のペニスが外へこぼれ出る。ほぉほぉ、これが森のチンポか。まじまじ見つめると、森は顔を真っ赤に恥じらっていた。

「恥ずかしいか?」
「うん」
「大人になったら、こんなこと出来るんだぞ?」

 森のペニスを掴んで扱いた。言動と真逆の大人の手触りは当然のもので、それは次第に熱と硬さと角度を持ち始めた。

「ヘン、だよ…お兄さん…僕の…なんだかジンジンする…」
「勃起しちゃったんだよ」
「ボッキ?」
「そうだ。気持ちよくなったり、エッチな気分になると、男はみんなチンポが勃起するんだ」
「僕、ボッキしちゃったの?」
「勃起だけじゃねえぜ、先走りが出てきたぞ」
「先走り…?あっ、先っちょ、そんな風に触っちゃ、やっだ…あ…」

 亀頭の先をぬめりを利用して親指でクルクルと円を描くと、森は体をくねらせた。

「気持ちいいか?」
「う、んっ…気持ち…いいっ…なんだか…胸が苦しいけど…気持ちいい…っ…ふっ…んっ…あっ、気持ちいいっ…お兄さん…僕、そこ…クルクルって…気持ちいい…っ…あうっ…」

 頬を上気させた顔、切ない目で、森は俺を見つめてくる。なんだろう。鬱陶しいだけの学級委員長が、たまらなく…エロい…。俺はゴクリと唾を飲み込んだ。

「もっと気持ちいいこと、しようか?」

 俺は森にキスしていた。軽く肩を押しながらマットの上に押し倒す。薄く開いた唇に舌を割り込ませ、奥で震えている舌を絡め取った。今までした誰よりも甘いキスだった。
 服をたくしあげ、現れた小さな乳首を柔く噛み、強く吸う。膨らんでもいない真っ平な胸なのに、異様に興奮した。その間も休めることなく手を動かし続けた。

「やぁっ…そんなっ…吸っちゃやだっ…僕のおっぱい…、吸わないでっ…ぁあっ、あっ、アンッ、やだっ、やっ、僕、変になっちゃう…やだっ、やぁんっ、もうやめてぇ…出ちゃうっ…僕、おしっこ、出ちゃうっ!…ぅあぁっ、あんっ、やだぁ、お兄さん、出ちゃう、出ちゃうよぉ…!」

 ギュッと腕を掴まれた。同時に、手の平にドクドクとした脈動を感じた。森はイッていた。森の臍のあたりに小さな白い水溜り。ハァハァと荒い息遣いをしながら、森は放心状態だった。

「おしっこじゃねえよ、これは精液だ」
「セーエキ…」

 ぼんやり俺の言葉を復唱する。

「これをマンコに入れたら、子供ができる」
「マンコ…?赤ちゃんができるの?」
「あぁ、お前のケツマンコに入れてやろうか?」
「僕のケツマンコにお兄さんのセーエキ入れたら赤ちゃんできる?」
「やりまくったらできるかもな」

 いや、できねえだろ。しかし悪いお兄さんは否定しないで頷くのだ。

「僕、お兄さんの赤ちゃん欲しい。僕のケツマンコにお兄さんのセーエキ欲しい」
「どうして俺の赤ちゃん欲しいんだ?」
「だって僕、お兄さんのこと好きだもん」

 とはにかむ。ズキューンと俺の胸を撃つ微笑。心臓が絞られたみたいに痛い。

「郁人はやらしいな」
「やらしい?」
「あぁ、最高にどスケベでエロくてそそる」
「よくわかんない」
「勃起するって意味」

 森に俺のちんぽを握らせた。

溺れる