FC2ブログ

ピーキー(18/18)

2020.07.26.Sun.
1011121314151617

  午後になるとドラキュラ役から解放され生徒会室へ出向いた。先に来ていた松村と二人で学校の見回りへ向かう。ごみ拾いや揉め事の仲裁、使いっ走りなどの雑用で時間が過ぎていく。

 二年一組の前に来た。木村のクラスは喫茶店のようでずいぶん繁盛している。廊下にたくさんの女の子が行列を作って順番を待ちまでしている。

 中を覗くと女装姿の木村が客に愛嬌を振りまいているのが見えた。

「あんなデカイ女、いないっての」

 松村が苦笑している。俺も思わず笑ってしまった。

「でもあいつ、やたらウケてんだ」

 松村の言葉に納得する。この行列のほとんどが木村目当てで並んでいる子たちなのだろう。

 木村が俺たちに気付き、わざとらしい仕草で投げキスを寄越してきた。数人がそれに気付き、俺と木村を交互に見る。

「行こうか」

 好奇の目から逃れるように、俺は松村の背中を押してその場から離れた。

 一通り見回りも終わり、今日の活動は終わることにして生徒会室の戸締りをした。放課後、木村が来ると言っていたから、鍵はポケットに入れた。

 教室に戻り、今度はもぎりの仕事を手伝った。

 驚いた客があやまって壊したセットを放課後に修理し、そのあと急いで生徒会室へ向かった。一組の前を通ったが、もう誰もいなくなっている。

 生徒会室の前の壁に、木村がもたれて立っていた

「お疲れ」

 俺を見て言う。

「女装姿、似合ってたじゃないか」
「だろ。俺売れっ子なんだ、指名ナンバーワン」
「喫茶店じゃないのか」
「喫茶店だよ、でも指名されちゃうんだなぁ」

 満更でもなく笑っている。

 生徒会室の鍵を開け、中に入った。暗い室内。明かりをつける俺のあとに続いて木村も中に入ってきた。

「ここ来るの、久し振り」

 と呟く。木村が来なくなって二ヶ月が経っていた。

「俺がいなくて寂しかった?」
「別に」

 短く答えながら机に鞄を置いた。俺は嘘をついた。

「なぁ、一ノ瀬」

 木村が近づいてくる。また前みたいに抱きつかれるのかと身構えたが、木村は俺の真後ろで立ち止まった。

「おまえ、あいつに何かされたか?」
「あいつ?」

 振りかえった。木村は眉間にしわを寄せ、難しい顔つきで俺を見ていた。わからず首を傾げた。

「あいつ、サンジャイだよ」
「俺がサンジャイ先輩に何をされるんだ?」
「何もされてないよな?」
「何わけのわからないことを言ってるんだ」

 会話が噛みあわない。 木村は何のことを言っているんだ。

「前にさ、下駄箱んとこでおまえらに会った日さ、あいつが俺に、一ノ瀬を襲って自分のものにする、なんて言ってきやがったんだよ」
「先輩が? そんなことするわけないだろ」
「だよな」

 呟き、顎を掻く。目を細め、次第に苦々しい顔つきになった。

「あいつ、俺をはめやがったな」

 と舌打ちした。

 先輩は俺のことを心配してそんな嘘をついたのだろう。俺と木村のことに先輩を巻きこんでしまったことが申し訳ない。

「おまえをからかっただけだろ」
「あいつほんとに気に入らねえ。まぁ、今回はちょっと感謝だけどな。でも、ほんとにおまえに何かしていやがったらぶん殴ってやるつもりだった」

 物騒なことを真顔で言う。発言はともかく、こいういう顔をしていれば本当にいい男なのだ。

「中尾さんはいいのか」

 二人でいるところを何度となく見た。休み時間も下校の時も、木村の隣にはいつも中尾さんがいた。

「あぁ、中尾さんね、振られた」

 机に腰をおろした木村はなんともない風にさらっと言って俺を驚かせた。今日だって仲良くうちのお化け屋敷に来てたじゃないか。

「ど、どうして」
「おまえのせい」

 ふっと笑って俺に人差し指を向ける。

「これ」

 と、今度は自分の胸のあたりを指差した。制服に赤い汚れが見えた。

「あの時さ、おまえの口紅とファンデーションが俺の制服についたんだよ。それ見つかって怒られた」

 二人で棺に隠れた時か。俺は女子に白く塗られ、口紅までつけさせられた。 それがあの時木村の制服についたのか。普段そんなもの塗らないから、制服につくなんて発想がなかった。

「すまない」
「いいよ、別に好きで付き合ってたわけじゃねえしさ」

 表情を消した顔で木村が俺を見つめてくる。静かな間があいた。

「ほんとはあの時、おまえをつれてゴールしたかったんだぜ」
「あの時?」
「体育祭の借り物競争。俺の相手はおまえしかいないだろ。でもおまえは怒ってるし、サンジャイとイチャイチャしてやがんし、俺も頭くるでしょ」
「イチャイチャなんかしてない」

 俺と先輩をそんな風に見ていたのか、こいつは。

「してたろ、 こないだも肩抱き合って帰ってたじゃねえか、見せつけやがってあの野郎」

 こないだ? いったい何の話をしているんだ? 先輩と肩なんか抱き合って……、あぁ、あれか。木村と中尾さんに偶然会った放課後、確かに校舎から出る時先輩は俺の肩を抱いた。でもあれは俺を慰めようとしただけで、イチャイチャしていたわけじゃない。こいつは何でもかんでもすぐそっちに結びつける。

「本当にサンジャイ先輩とは何でもない」
「……じゃあ、ちょっとは俺が好き?」
「どうしてそうなる」
「今日、なんで俺を引き止めた?」
「あれは、謝りたくて」

 木村が立ち上がり、近づいてくる。

「ほんとにそれだけ?」
「そうだ」
「じゃ、なんで俺に抱きついてきたのかな?」
「あれは、隠れるために、仕方なく」

 言いながら顔が熱くなっていく。

「俺、勘違いしちゃうよ」

 木村に抱きしめられた。

「おまえには理性的でいられねえんだ。みっともないくらいおまえの事しか考えられないし、嫌んなるくらい他の奴らに嫉妬しちまうし、サンジャイの挑発には簡単に乗せられちまうし、ストーカーみたいにいつもおまえの事見てたし」

 思わず吹き出してしまった。こいつの隠し事のない性格が羨ましい。俺も似たようなものだった。ずっと木村のことを考えていたし、木村の姿はすぐに見つけられた。木村の噂には耳聡くなったし、中尾さんと一緒にいるところを見たら嫌な気分になった。

「笑うなよ」

 拗ねたように言う木村と目が合った。どちらともなく顔を寄せ合い、唇を重ねた。

「好きでもない奴とキスすんの?」
「何言ってるんだ。こんなの手を繋ぐのとかわらない、おまえがそう言ったんだ」

 俺の言葉に木村がニヤリと笑った。

「そうだった。じゃ、もう一回、仲直りの握手」

 二度目は、もっと長く。

(初出2008年)

【続きを読む】
スポンサーサイト
[PR]

ピーキー(17/18)

2020.07.25.Sat.
10111213141516

 生徒総会もおわり、次は創立記念日に行う文化祭の準備に忙しくなった。秋は行事が目白押しで、俺は木村を忘れて慌ただしく動いていた。

 クラスの出し物はお化け屋敷に決まった。女子が衣装と小物担当、男子は大道具担当。当日の役割も決まった。 午後は生徒会の仕事があるので俺は午前中にドラキュラの格好をし、来た客を脅かすことになった。

 文化祭まであまり日はなく、連日遅くまで作業に追われた。なんとか前日までには完成したが、絵の具の乾き切っていない場所や、立て付けの悪い道具なんかがあったりして心配は残る。

 文化祭当日。俺は朝からドラキュラに変身させられた。タキシードにシルクハット、黒いマントを身にまとい、顔を白く塗られ、口紅まで塗られた。必要だろうか?

 迷路の中程、壁に立てかけられた棺の中に隠れる。ここが俺の持ち場だ。

 棺は正面から見ただけではわからないが、後ろは板がないので、窮屈そうに見えて実は広い。気を抜くとマントが後ろからはみ出して見えてしまうので、そこに気をつけねばならない。

 しばらくして客が入ってきた。最初の脅しに悲鳴と笑い声があがった。なかなかウケているらしい。だんだん客が近づいてくる。タイミングを見て棺から飛び出した。客が驚いて声をあげた。恥ずかしくてすぐ中に戻った。

 30分くらい、そんなことを繰り返した。また客が入ってきた気配。聞こえてくる声で男女二人組らしいとわかる。

 女の悲鳴が聞こえた。男は無反応だ。気配が近づいて来る。俺は外に飛び出した。

「あっ」

 二人組みを見て思わず声が出た。客は木村と中尾さんだった。

 中尾さんは悲鳴をあげて木村にしがみついている。木村と目が合った。木村も俺を見て驚いた顔をしていた。俺は急いで棺に戻った。驚かせる立場の俺が逆に驚かされた。まだ心臓がどきどきする。

 5分ほどしてまた誰か入ってきた。正直なところもう出たくなかった。今度は一人らしい。うちのクラスに知り合いがいるようで、中に進んで来ながらお化け役の男子と話をしているのが聞こえた。それでも出なくちゃならないのか。暗い棺の中で溜息をつく。

 棺の蓋をノックされた。そんなことは初めてで、何かトラブルだろうかといぶかしみながら蓋を開けると木村が一人で立っていた。

「似合うな、それ」

 俺の姿を上から下まで見て木村は笑った。咄嗟に何も言い返せず、馬鹿みたいに木村の顔を見つめた。暗い室内で、木村は目を細める。

「口紅塗ってんの?」
「あ、あぁ、女子に塗られた」

 木村が小さく笑う。入り口で客が入ってくる声がした。もう次の客がここにやってくる。 まだ木村と別れたくない。

「誰か来たみたいだな、じゃ、俺行くわ」

 片手をあげ、木村が出口に向かって歩き出す。俺は反射的に木村の制服を掴んでいた。驚いた顔で木村が振りかえる。悲鳴がすぐそこの角から聞こえた。

 木村は俺の肩を掴むと一緒に棺の中に入ってきた。前から見えることはないだろうが、それでも身を寄せ合って息を潜めた。

 足音が前を通過し、遠ざかっていく。

「行ったみたいだな」

 木村が囁き、俺は頷いた。顔を見合わせ、思わず吹き出した。慌てて口を押さえる。

「嬉しかった」

 木村が小さな声で言って俺を抱きしめた。

「さっきおまえが俺を引き止めてくれて嬉しかった。死ぬほど嬉しかった」

  木村とのこういうスキンシップは本当に久し振りだった。俺は木村の肩に顔を寄せ、背中に手をまわした。

「お、おい、おまえほんとに一ノ瀬か?」

 驚く木村に顔を覗きこまれる。見られたくなくて肩口に顔を埋めた。木村のにおいがする。懐かしいと思うほど、木村は俺のそばにいた。そして急にいなくなった。俺があんなことを言ったから。

「顔を見たくないなんて言って悪かった。本心じゃない」

 ずっとこの事を謝りたかった。

「いいってそんな事。 俺だっておまえのこと裏切ったしな」

 と優しく俺の頭をポンポン叩く。

 また客が入って来た。今度は女子二人組のようだ。悲鳴が近づいてくる。木村に強く抱き寄せられた。2人で息を潜める。足音が前を通り過ぎ、出口へ向かっていく。いなくなっても木村は俺をはなさなかった。

「今日終わったあと、生徒会室行っていい?」

 木村の囁き声に頷いて返事をする。

「じゃ、あとで」

 木村が棺から出て行った。ふわりと匂いも離れていく。おそらく外で中尾さんが待っているのだろう。中尾さんのもとへ戻っていく木村の後ろ姿を見送っていたら切なくなった。



ピーキー(16/18)

2020.07.24.Fri.
101112131415

 体育祭で木村が連れてきた一年生の女子は中尾さんと言うらしい。翌日には木村の新しい彼女としてその名前が全校生徒に知れ渡っていた。

 今まで一切木村と接点のなかった中尾さんだが、体育祭の大抜擢で一躍有名人になった。

「あんな子がロンの新しい彼女に選ばれるんなら一ノ瀬君が彼氏のままでいてくれたほうが良かったのに」

 ある日クラスの女子に言われた。前は早く木村を解放しろと言われたような気がするが。

 女子生徒の大半はこの意見と同じようなものらしい。生徒会の岡田さんも、

「中尾さんて子、すっごい自慢しまくってるらしいの。なんか見てて腹立つっていうか、早く別れちゃえっていうか。どうして木村君は中尾さんを選んだのよ」

 俺に聞かれても困る。

「そんなことより岡田さん、これコピーお願い、40部ずつね」

 サンジャイ先輩から書類を渡され、岡田さんが立ち上がってコピーをとる。その間もずっと文句を言っていた。

 9月は体育祭と学力テストがあってバタバタしたためまともに仕事が出来ず、今は10月の生徒総会の準備に追われていた。

 先日行われた学力テストは上位30名までが張り出された。俺は1位だったが、木村の名前はやはりなかった。

 夕方に作業を切りあげた。あとは専門委員から提出される予算をまとめれば終わりだ。

 松村と岡田さんを先に帰し、俺とサンジャイ先輩は後片付けと戸締りをしてから帰った。職員室に鍵を戻し、下駄箱へ向かう。

 そこで話し声に気がついた。こんな時間まで残っているのは部活動をしていた生徒だろう。そう思って気を抜いていたせいで、声の主が木村と中尾さんだとわかった時、みっともなく動揺して靴を落としてしまった。その音で二人が振り返る。 俺は急いで靴を履きかえ、立ち去ろうとした。

「木村じゃないか」

 サンジャイ先輩が木村に声をかけた。

「最近生徒会室に顔出さないんだな」
「もう行く用事がなくなったからな」

 ぶっきらぼうに木村が答える。

「みんな寂しがってるんだ、また遊びに来いよ」
「俺の顔を見たくないって奴がいるんだ、行けねえよ」

 と俺をチラと見た。

「そういうのを気にするタイプとは思わなかったけどな」
「そんなこと言って、本当は俺にチョロチョロされたくないんじゃないの」
「まぁな、 俺も今いい感じだからおまえに邪魔されたくないんだ」

 木村は無言で先輩を睨みあげた。一触即発の気配に見ているこちらがハラハラする。

「邪魔してるのはそっちでしょ!」

 突然中尾さんが大声を出した。

「私たちの邪魔しないで下さい、一ノ瀬さんも、もうロンに構わないでっ」

 中尾さんは木村の前に立ち、俺から隠すように両手を広げた。

 構うな。また言われた。前は長野に言われた。次は中尾さんに。俺は木村を構っているつもりはない。木村に避けられているのに、どう構えと言うんだ。

「先輩、行きましょう」

 サンジャイ先輩に声をかけた。頷いた先輩は、すれ違い様、木村に何か耳打ちするのが見えた。

「なっ」

 驚いて絶句する木村の肩を叩き、先輩が俺の隣に並ぶ。

 校舎を出たところで先輩に肩を抱かれた。

「頼むから、そんな泣きそうな顔するな」

 と弱りきった顔で俺に言う。俺はそんな顔をしているのだろうか。そんなつもりはなかったが、先輩がそう言うなら、泣きそうな顔をしていたのだろう。




ピーキー(15/18)

2020.07.23.Thu.
1011121314

  保健室のベッドで横になる俺の耳に、体育祭が終わり解散になった声が聞こえてきた。本当ならこのあと片づけをしなくてはならないのに俺はベッドの上。生徒会のみんなには申し訳ない。

 誰もいない静かな保健室。天井をぼんやり眺めながら、リレーのあとで見た木村の顔を思い出していた。

 優しい笑顔だった。木村はいつもあんな顔で俺に笑いかけていたのだろうか。思い出せない。つきまとわれている、そんな意識が強すぎて、俺は今までまともに木村と向き合ってこなかった。そんなことにいまさら気付いても仕方のないことだ。

 俺は手を抜いた木村が許せなかった。そのことで怒った俺を木村は許せなかった。 そして今までの妙な関係が終わった。ただ、それだけのことだ。そう自分に言い聞かせた。

 突然保健室の扉が開き、サンジャイ先輩が入ってきた。

「大丈夫か」
「はい、片付け出来なくてすみません」
「いいから寝てろ」

 起き上がろうとする俺を手で制す。 俺はまた横になった。

「最後のはすごかったな、おまえ」
「夢中でした」
「あいつのためか?」

 先輩の探るような目。あいつとは木村のことだ。

「わかりません」

 素直に答えた。ただ、木村にだけは絶対勝たなくちゃならない、そう思っただけだ。先輩は何も言わずにただ微笑んだ。

 また扉が開いた。今度は木村だった。サンジャイ先輩を見た途端険しい顔つきになり、舌打ちをする。

「邪魔して悪かったな」

 不機嫌に言い放ち、扉を閉めた。 足音が遠ざかっていく。

「なんか、タイミング悪かったな」

 先輩が頭を掻いた。

「あいつ、すごい目で俺のこと睨んでいきやがった。噂じゃ、おまえたちは別れただのなんだの言ってるけど、あいつまだおまえに未練タラタラじゃないか。おまえと入場門に行った時も俺を睨んできたしな」
「そんなことありませんよ。借り物競争であいつの紙になんて書いてあったか、先輩も知ってるでしょう」

 競技のあと、それがマイクで読み上げられたのだ。だから木村が今回誰を「恋人」として選んだのか全校生徒が知っている。

「ほんとにあいつ、あの子が好きなのかね。俺にはそう思えないけど」
「でも、もう俺じゃないことは確かですよ」
「一ノ瀬はそれでいいのか」
「もちろん」
「じゃ、どうしてそんな顔してる」

 目を細めて先輩が俺を見る。伸ばされた先輩の手が俺の頬に触れ、涙を拭った。

「なんでですかね、わかりません」

 笑おうとして失敗した。なぜ涙が出るのか自分でもわからない。 先輩は困ったような顔で俺の頭を撫でた。

「まったく、俺の可愛い後輩を泣かせるなんて、 木村の奴、許しちゃおけないな」

 と冗談めかして言う。俺は涙を拭いながら笑った。



馬鹿とハサミ

ピーキー(14/18)

2020.07.22.Wed.
10111213

 長い夏休みが終わり、新学期が始まった。

 俺に木村のことを話してくる奴の数はだいぶ減った。次の噂は、木村の新しい相手が誰になるか、ということのようだった。

 木村はあれから一度も俺の前に姿をあらわさない。廊下ですれ違うことは何度かあったが、木村が顔を背けるので正面から顔を合わせたことはなかった。

 久し振りの生徒会室にはサンジャイ先輩がいた。 今まで留守にしがちだったがこれからはちょくちょく顔を出す、と先輩は笑った。少し寂しい笑顔だった。

 9月にある体育祭の準備で生徒会も忙しくなる。生徒会室で行われるミーティングには今までのメンバーの他に、体育祭実行委員会から二人、保健委員から一人が加わった。それぞれの役割や実行についての打ち合わせを何度か行い、あっという間に体育祭当日がやってきた。

  生徒会は体育祭実行委員会と同じテントの下に席を構え進行を手伝った。

 学年選抜100メートル走で木村の姿を見つけた。金髪が黒髪になり以前より目立たなくなったはずなのにすぐわかる。

 遠目で表情は見えないが、順番を待ちながら他の奴と話をしている。

 木村の番が来て、外野から歓声があがった。学年、性別を超えた声援だ。こいつはこんなに人気があったのかと改めて気付かされる。木村は両手をあげてそれに応えていた。

「すごい人気だな」

 隣に座るサンジャイ先輩が感心したように言った。

 合図が鳴り、木村が走り出した。近くで顔を見なくてもわかる、あいつは本気を出していない。まわりと速度を合わせながら結局二着でゴールした。

『周囲はあいつに過度の期待をしてしまった。中学に入ってあいつは一度壊れた。口がきけなくなったんだ』

 長野の言葉を思い出した。今の木村と重ならない過去。あの笑顔の下には繊細な心の木村がいるというのか。期待されないように、自分を守るために、今も実力を隠し続けているというのか。そんな生き方をあいつは選んだのか。苛立つのと同時に少し胸が痛んだ。

 昼休みに入り、生徒会の面々と午後の打ち合わせをしながら昼食をとった。午後の競技では俺もグラウンドに出て作業することになっている。競技を終えて戻ってきた生徒を誘導する旗持ちだ。

 いくつか競技が終わり、次は障害物競争。入場門から入ってくる生徒の中に木村を発見した。目ざとく見つける自分に嫌気がさす。

 何人か走って木村の番。俺は遠くから木村の姿を見つめた。

 スタートの合図で走り出した木村は軽々と障害物を突破していく。外野からは相変わらずの大歓声だ。それに笑顔で応えながら木村は最後の障害物エリアに到着した。長テーブルに置かれた紙を一枚拾い上げる。最後は借り物競争。眼鏡とかハチマキだとか妥当な借り物の他に、物理の何某先生と言ったものまである。難問だったのか、内容を確認した木村は困った様子で頭を掻いた。

 木村の顔がこちらを向いた。目が合ったような気がしたが、木村はすぐに横を向いて、トラックの向こう、外野席に走った。

 歓声のあがる一年の生徒の中から一人の女子生徒を引き連れて走ってくる。他の走者は借り物にいまだ奔走中で、二人が一着でテープを切った。

 俺は気後れしながら二人のそばに行き、木村が無言で差し出す紙を確認した。

『恋人(いない人は友達でも可)』

 紙にはそう書かれてあった。一瞬目の前が真っ暗になったような気がした。俺は本部に「OK」サインを作って見せた。

 定位置に誘導する俺のあとを、女子と一緒に木村がついて来る。木村に連れてこられた女の子はとにかく大興奮で、ずっと「嘘みたい」「やばい」を連発していた。

  他の完走者をそれぞれの順位の位置へ誘導しながらどうしても木村の姿が視界に入ってしまう。その隣には女の子が。

 競技の間、木村は一度も俺に話しかけてこなかった。顔を背けたまま、一度も俺と目を合わさなかった。

「どうした、真っ白な顔してるぞ」

 テントに戻ってきた俺を見てサンジャイ先輩が驚いて椅子から立ち上がる。

「何でもありません」
「木村に何か言われたのか?」
「いいえ、何も。次のリレーに出なきゃいけないんで行ってきます」
「俺も出るんだ、一緒に行こう」

 心配そうな顔をするサンジャイ先輩と並んで入場門の手前の集団に加わった。さっき競技を終えたばかりの木村もそこにいた。すぐに見つけてしまう自分に嫌気がさす。

 木村がこちらを見ていた。鋭い目付きで睨みつけている。思わぬ敵意にうろたえたが、すぐに目を逸らされた。もう俺には睨む価値もないというわけか。

 一年、二年、三年の順で入場し、列に並ぶ。一年生が走り、次に俺たち二年の番がきた。

 中学の時に陸上をやっていたという理由で俺はアンカーをまかされている。 二つ隣のクラス、一組のアンカーは木村だった。

 第一走者がスタートした。順位は一組、四組、三組、二組だったが、二人目で三組が追い上げ二位になった。三人目、順位は変わらず。四人目の俺と木村はスタートラインに立った。

 俺たちが並んで立っていることに気付いた外野がざわざわと騒ぎだす。

「木村と木村の元彼対決だ」

 誰かのそんな声が聞こえた。無視して集中した。

 一組と三組、接戦で競り合い、バトンを渡したのはわずかに木村の一組が先。一瞬遅れて俺もバトンを受け取った。最初から全力を出した。

 すぐに木村に並んだ。お互いの腕が当たる。チラと木村が俺を見た。まだこいつは本気を出していない。俺は負けない。負けるわけにはいかない。絶対勝つ。陸上経験者を舐めるな。

 俺が少しリードした。木村が顔色をかえるのを感じた。そうだ、本気を出せ。出せる力以上の全速力で木村を追い抜いた。木村が俺に追い縋る。ゴール直前まで横一直線、俺がわずかに前に出て先にテープを切った。最後は経験と意地の差だった。

 俺はそのままトラックの中に倒れこんだ。息が苦しい。酸素が足りない。肺が痛い。パンクしそうだ。

 俺の隣に座りこんだ木村も俺と同じように荒い呼吸をしていた。久し振りにまともに木村の顔を見た。黒い髪が似合っている。コンタクトをしていない黒い瞳がまっすぐ俺を見つめている。口元に優しい笑み。

「おまえ、そんなに速く走れんのかよ」

 荒い呼吸の合間に言う。俺に向かって声をかけてくるのは一ヶ月以上なかった。

「何でもおまえが一番だと思うな、誰もおまえに敵わないなんて思いあがりだ」
「くっそ、 おまえがそんなに速いなんて聞いてなかった」
「お互い様だろ」

 顔を見合わせ笑った。たったこれだけの事に涙が出そうになった。

 このあと、ちょっと無茶をしすぎた俺は担任の畑中先生とサンジャイ先輩に担がれ保健室に運ばれるという醜態を晒したが、それでも満足だった。