FC2ブログ

続・ほんとにあったら怖い話(2/2)

2020.06.22.Mon.
<前話>

 夢と現実の狭間のような感覚のなか、父さんに抱えられて風呂場で体を洗われた。まだ熱を持つ肛門に指が入ったときははっきり覚醒して父さんにキスをねだった。

 勃起した俺のちんぽを父さんは優しく撫で、フェラでイカせてくれた。精も根も尽き果てぐったりする俺を父さんは寝室へ運び「おやすみ」と額にキスすると寝室を出て行った。リビングのほうから洗い物の音がする。あんなに激しいセックスをしたあとなのに家事をするなんて父さんはタフだ。

 ウトウトしていたら携帯電話が震えた。表示された「くそ野郎」という発信元を見てハッと飛び起きた。

 声をひそめ、電話に出た。

『明宏、考えてくれたか?』

 さっきまで体中を温めていた幸福感が霧散した。本当にただ忌まわしいだけでしかない。

「もう少し待ってよ。今日会ったばっかじゃん」
『向こうがゴネるなら、俺が出てやるからな』

 冗談じゃない。父さんとこいつを絶対会わせたくなんかない。でもこいつは俺がどんなに止めてもやってくるだろう。そして非常識なことを父さんに言うだろう。

 父さんに迷惑はかけられない。

「……ずっと血の繋がりのない俺を育ててくれたんだ。本当に優しくて良い人なんだ。傷つけたくない」
『優しいな、お前は』
「だから、なにも言わないで出てくよ。父さんが寝てから家を出るから……三時くらいにさっきの場所に迎えに来てくれる?」
『わかった。迎えに行ってやる』

 ニヤついた声を聞きたくなくて早々に通話を切った。家事の音に耳を澄ませながら鞄に荷物をつめ、机の下に隠した。

 ~ ~ ~

 0時過ぎになって父さんも寝室へやってきた。布団に入ると、寝たふりをする俺を抱きしめる。父さんの胸に飛び込んで思いきり甘えたいのを堪え、時間が過ぎるのを待った。

 父さんも疲れていたらしくすぐ寝息が聞こえてきた。俺を抱きしめる腕の力も緩む。その腕からそっと抜け出した。父さんの寝顔を見下ろす。

 母さんにも俺にも、もったいないくらいの良い人だ。優しくて、まっすぐで、人生に一点の曇りもない。そんな父さんに父との接点を持って欲しくない。そこから真っ白できれいな父さんが汚染されてしまう気がする。

 軽く揺さぶったり小さく呼びかけたりして、父さんが起きないか試してみた。静かに寝息を立てるだけで起きる気配はない。仕事のあと俺とセックスして家事までこなしたんだ。疲れていて当然。

 父さんを起こさないよう服を着替え、机の下に隠しておいた鞄を掴んだ。部屋を出る前に振り返り、父さんの顔を目に焼き付けた。
 人目を避けつつ夜の道を静かに移動した。約束の三叉路に、父はいた。

「近くのコンビニに車止めてるから、そこまで歩くぞ」

 とあくびをしなが先に歩き出す。

「コンビニって駅前の?」
「いや、携帯ショップのある角のコンビニ」
「そこならこっちの道の方が早いよ」

 父は俺の指さすほうを見て方向をかえた。

「荷物はそれだけか?」
「うん。あんまり用意する時間もなかったし」
「本当に何も言わずに出てきたのか? 気付かれなかったか?」
「大丈夫。父さんが寝てるときに出てきたから」

 俺は静かに鞄のチャックを開けてなかに手を入れた。

「あれか、お前ら。やっぱり一緒に寝てるのか?」
「えっ?」
「やっぱり俺が話つけてやろうと思って、夜になってからお前らの家に行ったんだ。そしたら妙な声が聞こえてくるから裏にまわってみたら……まあ驚いたなんてもんじゃなかったな。お前、いつからあいつと寝てるんだ?」

 振り返った父が俺に笑いかける。酒を飲み母さんと俺に暴力を振るったあと、興奮がおさまらない父が母さんを犯したときによく見せた顔に似ている。

「あれは昨日今日の関係じゃないだろ。ずいぶん仕込まれやがって。どこの淫乱かと思ったぞ。母さんが出てった本当の理由はお前らがデキたからじゃないのか?」
「ち───違う……」
「なにが違うんだ。聞いてるこっちが赤面するようなこと叫びながらイキやがって。あの男、案外最初からお前が目当てだったんじゃないのか?」

 俺の父さんをこいつの汚い言葉で穢されていく。目の前が真っ赤になったような気がした。

「調べたらあいつ、金は持ってるっぽいな。田舎だけど山も持ってるようだし。未成年者に手を出した慰謝料くらいもらっておかないとな」

 鞄から出した手を振りあげた。ニヤついた顔のまま父はそれを見上げ、何かわかると目を見開いた。俺は手を振り下ろした。鈍い感触と父の呻き声。陥没の形状が同じだと事故死だと思われなくなるかもしれない。だから今度は金槌の側面で父の頭部を殴った。

 頭を庇いながら俺から逃げるために父が後ずさる。俺は金槌を持って追い詰める。恐怖に歪んだ顔。そこへもう一発。父の体が大きく傾いで、消えた。見下ろすと、父は長い階段の下にいた。

 素早く階段を駆け下り父の傍らに膝をついた。鞄から出した軍手を手にはめ、父のポケットを探る。見つけた携帯電話。着信履歴やメール、データフォルダを確認する。俺への着信があるだけで、父さんとのセックスを記録したデータは出てこなくて安心した。着信履歴には××ローンとか○○金融といった怪しげな名前が並んでいた。俺や母さんへの愛情じゃなく、金に困って会いに来たのだとわかってこれも安堵した。いまさら親子の情に目覚められても迷惑なだけだ。

「んっ……ううっ……」

 呻き声がして驚いた。てっきり死んだとばかり思っていたのに父は生きていた。虫の息だ。放っておいてもいずれ死ぬ。でも不安は取り除いておくにこしたことはない。あたりを見渡し、誰もいないことを確認してから、もう一度金槌を振り下ろした。

 ~ ~ ~

 朝から振り続いた雨は夜になっても止む気配がない。

 今日は父の通夜だ。最後だから、と祖父母に言われて父の死顔を見た。あの夜血だらけだった顔は修復されて綺麗になっている。ただ生気がないだけ。

 父の遺体は朝になって犬の散歩をしていた通行人に発見された。コンビニに車を置きっぱなしにして、別れた元妻の家の近くで死んでいたからうちにも警察が聞きとりにやってきた。母さんがいないと知って警察は一瞬表情を変えたが、半年もまえに男を作って出て行ったと聞くと同情にかわった。

 俺は学校帰りに父に会ったこと、その時連絡先を交換し、その夜電話がかかってきたことを話した。母さんを探しているようだ、本当は家にいるんじゃないかと疑っている、ずっと見張ってるからな、と言われたと警察には話した。

 通話記録は残っているからうまく嘘と真実を織り交ぜないといけない。アリバイ確認をされたときは父さんが憤慨して警察に抗議してくれた。身内の証言は意味がないと知りつつ、一晩中俺は家にいたと胸を張って言いきってくれた。

 俺はその間、突然の実父の訃報に驚きショックを受け、まだ現実が飲みこめず茫然とする子供を演じた。警察が引きあげる頃に、ようやく父の死を実感したように泣いてみせた。

 警察は、金に困った父が元嫁を頼ってやってきたのだろう、と思っているようだった。元嫁を見つけだすためにコンビニに車を置いて家の周辺を探っていたら暗い夜道で階段を踏み外し、転落死したと。

 俺が警察から話を聞かれたのはその一度だけだ。でもまだ安心はできない。どこに綻びがあるかわからない。

 警察が帰ったあと、どうして父に会ったことを黙っていたのかと父さんに少し責められた。一緒に暮らそうと誘われたことを知ったら、父さんは俺を追い出そうとするんじゃないかと思うと怖かった、と話した。これは本当だ。父に会って、俺があんな奴の息子だと知ったら嫌気がさすんじゃないかと怖かった。

 父さんは「そんなことあるわけないだろう」と、怒ったように言って俺を抱きしめた。何があっても一生離さない、とも言ってくれた。

 俺が父を殺したとは疑っていないようで安心した。

 通夜が終わり、葬儀場の近くに取ったホテルへ父さんと戻った。

 部屋に入るなり父さんに抱きついてキスした。こんな時に不謹慎だと怒られるかもと思ったが、どうしても父さんが欲しくなった。

 父親を亡くした俺が悲しみ動揺しているせいだと思ったようで、父さんは殊更優しく俺を抱いた。

「もう俺には父さんしかいない」

 俺と父さん、2人きりだ。まったく悲しみはない。むしろ、その逆。

「大丈夫だよ。母さんの分も、明宏のお父さんの分も、僕がいっぱい愛してあげる。一生そばにいて守ってあげるから」
「ほんとに? 約束できる?」
「ああ、約束する」

 何も知らない優しい父さんを騙すのは心苦しいけれど本当のことは絶対言えない。俺は一生父さんから離れない。父さんを離す気もない。もし父さんが俺を捨てて他の女や男を取ったら、その時は──。

「もし嘘ついたら、その時は殺してやるから」



拒まない男1


スポンサーサイト
[PR]

続・ほんとにあったら怖い話(1/2)

2020.06.21.Sun.
<前話「ほんとにあったら怖い話」>

※残酷描写あり、犯罪系

 学校からの帰り道、「明宏」と俺の名を呼ぶ声に振り返った。三叉路にある電信柱から姿を現した男を見て、忌まわしい記憶が次々頭のなかに蘇った。酒の匂い。割れる皿の音。母さんの悲鳴。打たれた痛み。血の味。

「久し振りだな」

 はにかむような表情にも嫌悪しか感じない。

「いまさら何の用」
「ずいぶんな言い草だな。父親が実の息子に会いにきちゃいけないのか」

 酒を飲んだら家族に暴力を振るって離婚されたような男がいまさら父親面なんて笑わせる。離婚してからこっち、ずっと音信不通だったくせに。

「母さん、再婚してたんだな」
「いつの話だよ」

 まさかヨリを戻したいなんて言い出すんじゃないだろうな。

「知らなかったんだ。誰も教えてくれなかったから。まあ、俺の自業自得なんだけど」

 一応、自分が離婚の原因だってことは理解してるらしい。

「俺も反省してあれから酒をやめたんだ。そりゃ仕事の付き合いで一杯飲むくらいはあるけど、それだけだ。もう昔とは違うってことをお前たちに知ってもらいたくてな」

 と誇らしげに胸を張る。酒を辞めたからって、過去の暴力が帳消しになるとでも? そんなことを言われてもなんの感情も湧いてこない。

「それで、母さんは元気か? 再婚相手の男は良い奴なのか?」
「父さんはすごく良い人だよ。酒もたばこもギャンブルもしないし、家族に暴力も振るわない。すごく優しい人だよ」
「そうか」

 と居心地悪そうに目を伏せる。

「それで、母さんは?」

 チラっと上目遣いに俺を見る。まだ母さんに未練があるのかもしれない。

「母さんは知らない。半年くらい前に出てったから」
「出てった? なんで?」
「好きな男ができたんだってさ。父さんよりいい男がいると思えないけど。まあ、母さんって男見る目なさそうだもんな」

 と、俺は目の前の男を上から下まで蔑むように見てやった。暴力を振るわれていたころは、絶対敵わない相手だと思ってただ耐えてきた。歯向うつもりもなかった。そんなことをしたら殺されるとさえ思っていたから。

 でもいま目の前に現れたのは、ショボくれた冴えない中年男。身なりに気を付けている父さんと比べたら月とスッポンくらい違う。この薄汚いアル中と結婚し、完璧な父さんを捨て、どこかの男と駆け落ちをした母さんは、つくづく男を見る目がない。

「お前はいまは、新しい父さんと暮らしてるのか?」
「そうだよ。母さんがいなくなっても俺のことは実の息子だと思って育ててくれてる。ほんと感謝しかないよ」

 父は少し考えこんだあと顔をあげて言った。

「だったら俺と一緒に暮らすか?」
「はあ? なんでそうなるんだよ!」
「お前は俺の息子だからな。俺が育てるのが筋だろ。お前だって赤の他人と一緒にいるより俺と一緒のほうがいいだろ?」

 またいつ暴力を振るうかわからない男と一緒に暮らすほうがいいだって? 寝言は寝てから言ってくれ。

「嫌だよ、俺はいまの父さんと一緒がいい」
「俺たちは血の繋がった本当の親子なんだぞ」

 家族に暴力を振るう酒乱の男と、息子と夫を捨てて男に走った女、そんな二人の血が俺の体に流れている。それを俺がどれほど嫌悪しているか。血の繋がりなんて、俺にはただの呪いでしかない。

「悪いけど、俺の父親はいまの父さんだけだから。もうあんたのこと、父親だと思ってないから」

 ずっと気弱そうだった父の顔が一瞬般若のように歪んだ。酒を飲んで暴れていた頃よく見た顔だ。素面でそれが表に出るってことは、もともと暴力を振るう根っこを持ってたってことだろう。

「お前はまだ子供だからな。相手の建前を見抜けてないんだ。本音じゃ、こんなでかいお荷物の処分に困ってるんだよ。女だったら家のことをやらせりゃいいが、男じゃな。社会に出て稼ぐまで、ただの穀潰しだって思われてるんだぞ」

 それがこいつの嘘偽りない本音だろう。養育費とか、そういう責任から逃れ続けて今まで一切連絡をしてこなかったんだ。急に近づいてきたのも未練以外になにかあるのかもしれない。

「父さんはそんな人じゃない。何も知らない癖に勝手なこと言うなよ」
「お前は現実が見えてないんだよ。こりゃ大人同士で話しあいが必要だな」

 こいつが父さんに近づくところを想像しただけで居てもたってもいられない気持ちになった。こんなのが俺の実の父親だと知られたくない。こいつの血が半分流れる俺まで同類だと思われて父さんに嫌われるかもしれない。それだけは嫌だ。

「わかった。もう少し考えるから、父さんには会わないでよ」
「いい返事を待ってるぞ」

 連絡先を交換して父とは別れた。酒なんか飲んでなくたって脅すような真似をするあいつは、昔となにも変わってない。

 ~ ~ ~

 家に帰っても当然気は晴れなかった。もし父が父さんに会いに来たら。母さんがいない今、俺は実の父と暮らすのが妥当と、この家を追い出されるかもしれない。毎日俺のことを好きだと言って父さんは愛してくれるけど、本音は父の言う通り、俺のことをお荷物に思ってるかもしれない。

 そんなことを考え始めたらもう泥沼で、制服を着たまま暗くなるまで部屋の隅でうずくまっていた。

 帰宅した父さんがそんな俺を見てすっ飛んできた。

「どうしたんだ、明宏。具合でも悪いのか?」
「父さん……、俺のこと、邪魔?」

 父さんの目が見開かれる。

「どうしてそんなこと……誰かに何か言われたのか?」
「俺の面倒見るの、ほんとは嫌なんじゃないの? お荷物だって思ってない?」
「そんなこと思うわけないだろう。明宏は僕の宝物なのに」

 ぎゅっと力強く俺を抱きしめる。この言葉もこの抱擁も嘘だとしたら俺はきっと立ち直れない。

「俺のこと好き?」
「もちろん好きだよ」
「じゃあ今すぐ抱いて」

 その証を俺に穿ちこんでほしい。

 父さんは切なげに目を細めると俺にキスした。噛みつく様なキスをしながら制服を脱がせていく。俺もそれを手伝いながら父さんのスーツを脱がせた。何も言わなくても通じ合う俺たちは、自然と体を入れ替え69になるとお互いのものを咥え合った。

 父さんの使いこんだ大人ちんぽを口いっぱいに頬張って、涎を垂らしながら舐めしゃぶる。竿に浮かぶ血管も、カリの段差も、亀頭の柔肌も、鈴口から溢れる先走りも、すべてを舐めつくした。

 父さんも俺のちんぽを高速でしゃぶった。すっかり立たせると口から抜いて今度は袋を口に含んだ。いたずらに転がしたあと、尻の穴をベロリと舐めた。

「やあっ……風呂入ってないから……汚いよ」
「明宏のどこにも汚いところなんてないよ」

 と中へ舌を入れてくる。父さんはよくこうして穴を解してくれる。風呂に入ったあとでも恥ずかしいのに、風呂に入ってないいまは不安と恥ずかしさで胸が潰れそうになる。

「父さん、やだあ……ああっ、恥ずかしいから、やめて」
「明宏のエッチな匂いが好きなんだ。だから絶対やめないよ」

 ジュルジュルジュルッと音を立てて吸いたてる。そこはもう父さんの唾液まみれだ。

 俺も応えたくて目の目のちんぽを咥えた。のどを広げて亀頭を奥まで飲みこむ。口のなかが父さんのちんぽでいっぱいだ。少し頭を揺すっただけで嘔気がこみあげてくる。俺はまだイラマチオに慣れていない。でも今日はなんとしても父さんに奉仕したかった。

「無理しなくていいんだよ」

 優しい父さんの声。俺は返事のかわりにさらに奥で父さんをしめつけた。吐き気と息苦しさに目が白黒する。涎どころか、鼻水も垂れ流しだ。

 それでも一心不乱にしゃぶった。

「明宏、出してもいい?」

 コクコクと頷く。ごめんね、と言うと父さんは小刻みに腰を動かした。俺の口を肉筒に見立てたように前後に揺する。いつも俺のなかに入ってきて俺を気持ち良くしてくれる父さんのちんぽだ。涙が出るほど苦しくても、そう思うだけでひたすら愛おしくなる。

 早くイッて! 口のなかに父さんの精液ぶちまけて! 俺に特濃の精子飲ませて!

 そんな倒錯した気分に陥って、苦痛すら快感だった。

 父さんの小さな呻き声。その直後、喉の奥に熱い液体が注ぎ込まれるのを感じた。最初はビュービューッと勢いよく。次第にビュッビュッと短い間隔で。全部を吐き出してから、ずるりと父さんのちんぽが抜けていった。

「ありがとう、気持ちよかったよ。今度は明宏を気持ち良くしてあげないとね」

 言うと父さんは俺のちんぽをぱくっと咥えた。ジュルジュル音を立ててしゃぶりながら尻穴に指をいれてきた。父さんの細く長い指が舌で届かなかった場所にまで潜り込んでくる。俺の体が期待に戦く。

「ふっん、あっ、アアッ……そこ……ッ」

 俺をメスにする場所に父さんの指が到達した。指の腹で押すようにそこを擦られると、ちんこの根本がキュンキュンと痛切なくなって一気に射精感がこみあげてくる。

 父さんとのセックスに慣れた体は、ちんぽへの刺激なんかなくたってそこを弄られると射精できるようになってしまった。むしろ、そこを刺激されなきゃイケない。中に入れられて感じるなんて女と同じだ。それがぜんぜん嫌じゃない。

「いっああっ、そんな擦ったら……もう出ちゃう!」
「出していいのに」
「やだっ、アッアアッ、指じゃや……だっ、父さんのちんぽがいい……!」
「じゃあもう少し我慢してくれるかい? さっきいったばかりだからまだ時間がかかるんだ。その間、明宏のかわいい声をたくさん聞かせて」

 きゅっと俺のちんぽの根元を強く握ると父さんは指を高速で出し入れした。

「ひッ、イイ────ンンンァアアッ!!」

 急な強い刺激に頭のなかが真っ白になった。ガクガクと体が震える。射精のない絶頂。一度経験したらもう癖みたいになって簡単にメスイキするようになった。射精しないから何回でもイキ続ける。

「イッやっああっあ、アッァアアッ!!」

 叫ぶように喘ぎながら、父さんの指の動きに合わせドライでイキ続けた。この時感じる高揚感と多幸感は、射精では得られないものだ。体全体、頭の中まで性器になって父さんに犯しイカされたような感覚になる。この一瞬は正気を失っていると思う。

 イク感覚が続くなかぼんやり父さんを見ると、父さんは自分の勃起ちんぽにローションを垂らしていた。あれでいま貫かれたら。想像するだけでまた軽くイッた。

「今日は感度がすごいね。ずっとイキっぱなしだ」

 刀を研ぐようにちんぽを扱きながら父さんが言う。俺は自分で膝を持ち上げた。

「早く入れて」

 父さんの亀頭が押し当てられる。自分でもそこがヒクついて物欲しそうに吸い付いているのがわかる。

「入れるよ」

 体重を乗せながら父さんが中に入ってきた。指より太くて熱くて硬くて、気持ちいい。

「んッはあぁ……ァアア……!」

 体中に快感と充足感が広がって行く。目が眩むような絶頂感だ。無意識に父さんの腕にしがみついた。

「父さん好きっ、いっぱいおちんぽして……! 俺は父さんのものだから父さんの好きにして! いっぱい俺にハメてよぉ!」
「僕も明宏が好きだよ。一分一秒だって離れていたくない。ずっと明宏と繋がったまま中にいたい。家に閉じ込めて誰の目にも触れさせず、僕だけの明宏にしたい」
「だったらそうしてよ」
「ほんとにそうしちゃおうか?」

 父さんは俺の目を覗きこんで笑った。父さんを抱きよせてお互いを貪り食うような激しいキスをする。父さんの言う通りになればどんなに幸せだろう。俺を捨てた母さんがいつ帰ってくるかと玄関の物音に不安を感じずに、いきなり現れた父の存在に怯えず、父さんに抱かれるだけの時間を過ごせたら俺は普通の日常生活なんていらないのに。

「ひぁっああっ、アンッ、気持ちいいっ、父さん俺またイッちゃうっ、おちんぽズポズポされて気持ちよくてイッちゃうっ」
「明宏がイクところ、僕によく見せて」

 父さんの手が俺のちんぽから離れた。その瞬間、それまで堰き止められていたものが勢いよく飛び出した。あまりに強い快感に俺は気を失ってしまった。