FC2ブログ

妄想2

2018.05.06.Sun.
<前話「妄想」>

※小スカ?

 トイレで用を足していたら新入社員の久保田が隣に立った。久保田が俺に軽く会釈する。俺も会釈を返しながらしっかり股間のものをチェックさせてもらった。

 大きな体にふさわしい立派な物が見えた。俺の勃起時くらいの大きさがある。

「すごいな」

 思わず心の声が漏れた。

「恥ずかしいす」

 久保田は耳まで赤くした。

「テニスサークルだったって言ってたっけ? いま流行りのヤリサー?」
「そんなんじゃないす。あ、一部そういう雰囲気の奴らもいましたけど、自分はほんとにテニスしたかったんで、割と真面目にやってました」
「女が放っておかないだろ。お前、可愛い顔してるし」
「嫌なんすよ、童顔なんて」
「童顔で巨根か」
「ちょっ、そんなジロジロ見ないでくださいよ」
「小便もすごいのか?」
「そんなに見られてたら出せませんよ」
「一回持っていいか?」
「ええっ?! 僕の、ですか?」
「大きさが俺と段違いだからな。どんなもんか持たせてみろ」

 久保田の背後にまわり、躊躇う手からちんぽを受け取った。ずっしりとした重量感。持ち応えのある太さ。これが平常時なら勃起したらどうなるんだ?

「も、もういいすか?」
「ついでだ。小便も出せ」
「無理っすよ」

 泣きそうな顔で言う。大きな図体でそんな顔されたら俺のちんこが勃つだろ。

「ほら早く」

 少し強い口調で言うと観念したのか、久保田は壁に手をつくと便器に腰を近づけた。隙間から放/尿しているのが見える。久保田の顔は真っ赤だ。額にはうっすら汗が滲んでいる。

 出し終わったのを見届けてからちんぽを上下に振った。ついでに少し擦ってやった。

「も、もういいっすから!」
「いま彼女いるのか?」
「いません」
「宝の持ち腐れだな」
「そんなことないすよ。これのせいで引かれますもん。実際、痛がって最後までできたことないですし」
「セックスしたことないのか?」

 はい、と消え入りそうな小さな声。久保田のちんぽが俺の手淫によって大きくなり始めていた。血液が集まっている証拠に熱くて硬い。

「こんないいものブラ下げておいて、まんこに突っ込んだことないのか?」
「ないっす……っ」
「グチョグチョに掻きまわして出し入れしたら気持ちいいって、まだ知らないのか?」
「し……知らない……っす……、も、もうやめ……」
「そりゃそうか。こんなでかいの突っ込まれたら女の方がぶっ壊れるな」
「はあっ、はあ……やめて……ほんとに……やめて、くださ……」

 ビキビキに浮かびあがった血管を潰すように強い力でちんぽを扱いた。それを跳ね返すような弾力だ。久保田のちんぽはムクムクとでかく育った。子供の腕くらいはありそうだ。実際はそんなかわいいもんじゃなくて、見た目のグロテスクさといい凶棒といったところだ。

 ばかでかい亀頭をにぎにぎと握った。硬めのゴムボールを握っているようだ。粘ついた粘液が先っぽからダラダラ溢れていた。指で絡め取り、全体に馴染ませる。

「ああ……なんで、やめてくんないんすか……?」

 泣き顔の久保田が振り返る。もう誘っているようにしか見えない。

「馬鹿。お前の方が俺より体がでかくて力も強いだろ。なぜ振り払わない?」
「えっ、それはだって……会社の先輩だし……」
「先輩にならなにされても抵抗しないのか、お前は?」
「そうじゃないすけど……」
「それとも本音は止めて欲しくないのか?」

 久保田は一瞬目を見開くと慌てて前に向き直った。

「違います……そんなことあるわけないじゃないすか……」
「出したいんだろ?」

 久保田の項を舐めてやった。大きな体がブルッと震える。

「セックスしたいんだろ? 突っ込むのが無理なら、突っ込まれるセックス、教えてやろうか?」
「……お願い、します……ッ」

 切ない顔で久保田が振り返った。



 一番奥の個室に二人で入った。久保田がでかいのでとても窮屈だが仕方がない。

「まずは勃たせろ」

 ベルトを外しながら言うと、理解した久保田は屈みこんだ。正直フェラの必要がない状態だったが、男が男のちんぽを舐めるというのはノンケにとっては必要な通過儀礼だ。

 自分がノンケの男であるという意味のないプライドをへし折り、これからセックスする相手が男であることを自覚させ、舐めているものが自分のなかを出たり入ったりすることを想像させる。

 男らしさを売りにしている男ほど、この過程を踏むことで淫乱なメスに成り下がる。反動というやつかもしれない。

 久保田のフェラはお世辞にもうまいとは言えなかった。拙く、的外れ。だが俺を気持ち良くさせようと一生懸命なのは伝わってきた。

「男と経験あるか?」
「ないれす」

 亀頭をしゃぶりながらモゴモゴと返事をする。

「じゃあ、優しくしてやらないとな」

 猫を撫でるように顎の下をクイクイと持ち上げると久保田はおとなしく立ちあがった。期待と不安の入り混じった目で俺を見下ろす。踵を浮かせて顔を近づける。顎を引いた久保田がギュッと目を閉じた。

 力の入った唇はかたかった。そんなに力むな。ちんぽを握ると「アッ」と唇が開いた。中へ舌を差し込み、縮こまっている久保田の舌を吸い出し絡め取った。

 久保田の鼻息が荒くなる。俺の肩を掴んで唇を押しつけてきた。童貞臭いキスだが体育会系の必死さが微笑ましい。

 カウパーだけで手もちんぽもベトベトだ。グチュグチュと扱いていたら肩を潰されそうなほど久保田の手の力が強まった。

「もう……出……っ!」

 言い終わる直前、先っぽから精液が放出された。先端を手で包み、受け止める。手の平にぶち当たる生温かい精液。指の隙間から零れるほど大量に吐きだされる。勢いも凄い。さすがあの大砲から発射されるだけある。

 両手にたっぷり吐きだすと、久保田は満足げに息を吐きだした。

「まだ終わりじゃないぞ」

 怯えだけじゃない顔で頷くと久保田は後ろを向いた。壁に両手ついて俺に向かって尻を突きだす。ちゃんと心得てるじゃないか。

 尻の割れ目に久保田だ吐きだした大量の精液を流し込む。零すのはもったいないので下から撫で上げるように擦りつけながら尻穴の周辺に馴染ませた。乾く前に解す必要があるのですぐ指を入れた。

「痛くないか?」
「大丈夫っす」

 言葉通り、久保田の尻は指一本をすんなり飲みこんだ。二本に増やして中でグリグリ掻きまわした。久保田が呻く。

「変な感じっすね」
「気持ち悪い?」
「悪くもないけど、良くもないす」
「すぐに良くしてやるさ」

 指を上向きにしてしこりを探す。みつけた場所を小刻みに擦ってやるとクッと尻に力が入った。

「前立腺」
「聞いたこと、あるっす」
「これにハマッたら、もう普通のオナニーじゃ満足できなくなるぞ?」
「構いません。だから……して下さい……!」
「可愛いな。愛しいよ」

 前立腺を擦りながら久保田の乳首やちんぽもいじってやった。乳首が弱いのか触るとビクビク体を震わせて女みたいな声を出した。さっきイッたばかりのちんぽも復活している。

 尻の中もいい感じに解れてきた。俺の指の動きに合わせて中が締まる。奥まで誘うような動きだ。

「そろそろいいか」

 俺の独り言に久保田が頷く。俺のちんぽも久保田のなかに入りたくてずっと臨戦態勢だ。

「入れるぞ」
「お願いします……!」

 亀頭をあてがい、ゆっくり沈めていく。さすがに久保田は辛そうに体を強張らせた。また乳首とちんぽを触った。ちんぽは反り返ったままだ。

「全部入った。俺のちんぽ、根本までお前の中だ。わかるか?」

 久保田の手を取り、結合部を触らせた。手探りでその場所を確かめ、久保田は「はい」と返事をした。

「すごいっす。先輩の、全部僕の中に入ってます」
「動かすぞ。大丈夫、優しくするから」

 久保田の腰を掴んでゆっくり出し入れする。久保田は「うう」とか「ああ」とか呻いている。

 久保田の中は熱かった。そして弾力があり柔らかかった。しかし締まりはきつくて動かしていたらすぐ射精したくなった。

「きつくないか?」

 体を思いやるふりをして少し休む。でないともう出てしまいそうだ。

「大丈夫っす……どうして、やめるんですか? 僕なら大丈夫ですから、もっと動いてください。できれば、激しめに……」

 振り返り、肩越しに俺を見る久保田の表情は壮絶に色っぽかった。完全にメスの顔だ。そんな表情にこっちまでゾクゾクする。

「平気か?」
「平気っす。だから、もっとむちゃくちゃに扱ってください」

 理性の箍が外れた。思いきり奥までぶち込んだ。あまりの勢いに久保田は壁に頭を打ち付けた。あとで謝ろう。もう腰が止まらない。熱いトロ穴に何度も何度も高速ピストンする。ブチュッグポッと卑猥な音が立つ。

「ああっ、あっ、はあぁんっ」

 壁に顔を押しつけたまま久保田も声をあげた。久保田の腕が動いていた。自分でちんぽを扱いている。

「ああっ、イクッ、イクッす!!」

 食い縛った歯の隙間からハアハアと獣じみた息遣いが聞こえる。俺も一心不乱に腰を振った。

「イクッ、先輩のちんぽでイクッす!」
「俺もだ……ッ」

 俺たちはほとんど同時に射精していた。

 ♢ ♢ ♢

「お先っす」

 隣の小便器から水の流れる音で我に返った。

 小便を済ませた久保田はさっさとナニをズボンに仕舞って水道で手を洗っていた。

 揉み応えのありそうな尻を名残惜しく眺める。実際に入れたらあの中はどんな感じがするだろうか。

「久保田」
「はい」

 ハンカチで手を拭きながら久保田が振り返る。

「お前、彼女いるの?」
「はい、一応」

 チッ、いるのかよ。

「そのデカマラでやりまくりか」
「ははっ、そんな」
「一人の彼女で満足出来てるのか?」
「そんなにコレに興味があるなら一度試してみますか?」
「え?」
「ははっ、お先っす」

 笑いながら久保田はトイレを出て行った。

 あれ。これはいつもの俺の妄想か? 現実? どっちだ?




スポンサーサイト
[PR]

妄想(1/1)

2014.02.24.Mon.
 車を走らせていると、たまに、自分好みの男を見つける。

 信号待ちで止まっている俺がいま見てるのは、俺の車の前で原付に跨る青年。腰が細くて、だぼついたジーンズでも引き締まった臀部が想像出来る、うまそうな男。

 半ヘルをひっかけただけの茶色い頭。髪は念入りにセットされている。ウリ専でよく見かけるタイプだが、それを嫌いなゲイがいるだろうか? いたって少数だ。

 俺はズボンのファスナーをおろし、なかからちんぽを取り出した。彼の体のラインを見ながら裸を想像し、ちんぽを扱く。

 
 信号が青にかわった。青年の原付が走り出す。俺も車を出した。原付を追い抜くとき、彼がこちらを見た。もしかしたら、俺がちんぽを扱いているのを見られたかもしれない。それならそれで、興奮するというものだ。

 また信号につかまった。彼の原付が近づいてくる。横を取りぬけるとき、彼の顔はこちらに向けられていた。やはり見られていたらしい。彼の視線は俺の股間に注がれていた。

 俺は信号がかわるまで、彼の体を見ながらオナニーした。彼がサイドミラーで俺のことをうかがっているのは承知していた。信号がかわる直前、彼が首をひねって振り返った。遠くを見るような目だったが、一瞬、俺と目が合った。自分を見ているのかどうかを確認したのだろう。

 アクセルを踏んで車を動かした。彼の原付を追い抜く。しっかり彼の顔を見た。彼も俺を見ていた。強張った表情。体の奥をめちゃくちゃ突きまくって喘がせたい。泣いてよがる彼を想像しながら、ちんぽを擦る。先走りが零れてきた。

 しばらく走った先の信号でまた停止する。彼の原付が追いついて、俺の車の前でとまった。停止線からは車二台分離れている。彼は左折のウィンカーを点滅させた。横向きに俺を見ながら小さく頷く仕草をした。俺を誘っているのか? 俺も左折のウィンカーをつけた。それを確かめると、彼は停止線まで原付を走らせた。

 信号がかわる。彼は左折する。俺も彼を追って左折した。彼のウィンカーの指示に従い車を走らせていると、工場地帯に出た。広いが車どおりのない道路の路肩に彼は原付を止めた。俺もその後ろに車を止めた。

 彼はメットを脱ぐと原付をおり、車に歩み寄ってきた。コンコン、と窓をノックする。俺の心臓は不規則に跳ねた。こんなにドキドキすることは久し振りだ。窓をおろすと、彼が身を乗り出してきた。

「ねぇ、なんで俺のあと、ついてくんの?」

 挑発的な言い方だった。誘ったのはそっちじゃないか。彼の考えていることがわからず、俺は曖昧に笑みを浮かべた。彼はわざとらしい溜息をついた。

「あんたさぁ、さっき、俺を見ながらオナッてなかった?」
「君の勘違いじゃないか?」
「確かめさせろよ」

 彼の手が伸びてきて俺の股間をわし掴む。車を止めたときに中にしまったが、ちんぽは勃起したままだ。俺の嘘があっさり見破られる。

「勃ってんじゃん。それとも、これが標準?」

 言いながら彼がちんぽを扱いてきた。さらに大きさを増す。彼の頬が赤く色づいた。

「君の中に入るときには、もっとでかくなるぞ」

 俺の言葉に彼は生唾を飲みこんだ。後部座席のロックを解いた。

「後ろに乗れ。興味があるんだろ?」

 彼の瞳が不安そうに揺れていた。しばらく悩んだあと、彼が車に乗り込んできた。

 俺も後部座席にうつり、彼を押し倒した。ジーンズの上から彼の股間を強く揉む。

「ンンッ、ヤッ…、もっと、優しくしろよ…」
「女の子みたいなことを言うんだな。俺を誘ってきた淫乱女め」

 ジーンズを脱がせる。彼も腰を浮かせて自ら脱いだ。派手な柄のビキニパンツ。布の上から唾液たっぷりに舐めてやる。

「アァァッ…、感じる…」

 彼の細い腰に手を添わせる。彼は肌を粟立たせながら身悶えた。なめらかな肌触り。引き締まった体躯。肌に手を滑らせながら、彼の服を脱がせた。適度に焼いた褐色の肌。小さい乳首に吸いつく。

「アッ、ン…、そこ、痛いよ…」
「痛い? 本当か? 気持ちいいの間違いじゃないか?」

 歯で細かく噛みながら、舌の先で乳首を転がした。彼は身をよじった。

「アァァンッ…やだって…はっ…あん…、そこ、いやだ…っ」
「感じすぎて嫌か?」

 俺の頭をかき抱きながら、彼は無言で頷いた。そんな返事をもらってやめられるはずがない。俺は執拗に乳首を責めた。ビキニの中に手を突っ込み、大きくなったちんぽを扱いた。

 彼の体が全身汗でびっしょりと濡れるまで意地悪く責め抜いた。イク直前に休憩を挟んだ。最初の頃の威勢はもう彼にはない。イカせてくれない俺を、涙目で恨みがましく見つめてくる。簡単に射精させてやるものか。

 何度かそれを繰り返した。とうとう彼はドライオーガズムを向かえた。ひときわ甲高い声をあげ、体を突っ張らせる。それでも乳首と亀頭責めの手は休めない。

 彼は、もうやめてくれ、と俺に泣いて縋ってくる。その彼の腰を持ち上げ、足を持って左右に広げる。俺の眼前にさらされる彼の肛門。

「アァ…やめてくれ…恥ずかしいよ…」

 そんな彼の言葉を無視して、俺はそこに舌を突っ込んだ。垂れる唾液を彼のアナルに送りこみながら、丹念に舐めあげる。

「はぁ…アン…、やだ、やだよぉ…あぁ…」

 彼は自分でちんぽを扱き出した。しばらく放っておいたが、手付きが早くなったので止めた。

「どうしてだよ……、もうイカせてくれよ…、たまんない、イキたいよ…」
「あとで思い切り出させてやる。俺のちんこを咥え込んで、トコロテンでイッてみせてくれよ」
「そんなこと…、できるかわかんないよ」
「男を誘う淫乱なおまえなら出来るさ」

 彼の肛門にキュッと力が入った。興奮していやがる。

「おまえの尻に、俺のちんぽをぶち込むぞ」
「アァ……きて!!」

 ひくつく穴に亀頭を捻じ込む。きついがズブズブとめりこんでいく。根元までみっちり押し込んだ。

「触ってみろ、男のちんぽをケツ穴で受け入れた感想は?」

 彼は広がった自分の肛門を手で確かめ、ショックを受けたような表情を浮かべたが、アナルの締め付けは強くなった。

「うそ…、全部…?」
「あぁ、全部入った。動くぞ」

 彼の腰骨に手をかけ、引き寄せながら腰を打ちつけた。狭い車内にパンパンと肉のぶつかる音が響く。

「ンッ…! アッ! やっ…、熱いっ、ちんぽで擦られてるところが熱いよ! なに…、これ…アァッ、なんで…、気持ちいいっ…あぁ、あんっ、あっ、もっと…あぁっ、もっとー!」

 触ってもいないのに、ついに堰を切ったものが彼のちんぽから放たれた。ドピュッドピュッと大量の雄汁で自身の体を汚していく。凄まじい快感に、彼の体がビクビク震えた。千切れるほどの締め付けにあい、俺も彼の中に精液を吐き出した。


 …なんてことを妄想しながらオナニーして果てた。

 また信号にひっかかった。車の横を彼の原付が通りすぎ、停止線で止まると左折のウィンカーを点滅させる。デジャヴュに目が眩んだが、現実、そんなうまい展開は待っていない。信号が青にかわった。彼は左折し遠ざかっていく。射精後の虚脱感を味わいながら、オナネタの彼とはサヨナラして、俺はそのまま直進した。