FC2ブログ

インモラル 6

2019.08.01.Thu.
のりちゃん。

 学生時代はクリーチャーと呼ばれて死んだほうがマシなレベルのいじめを受けていた。本気で自殺を考ええて実行すること数回。全部失敗したから僕は生きている。

 あいつらのせいで死ぬなんてばかばかしい。僕が死んだところであいつらは後悔も反省もしない。害虫駆除をしてやったと武勇伝のつもりで語るに違いない。

 僕が欲しいのはただの平穏。誰にも攻撃されず、気付かれず、ひっそり暮らしていたいだけ。その最低限の生活のために高校卒業後、ゲイ向けのウリ専のバイトを始めた。

 それも簡単じゃなかった。面接で落とされることがほとんど。なかには「そんな顔で客から金取れると思ってる?」とはっきり言われたこともある。

 人並みになりたいだけなのに、そのための準備すら、僕には困難極まりなかった。

 やっと雇ってもらえた店でもなかなか指名されなかった。フリー指名の客のところへ行って顔見た瞬間チェンジ。店もそれをわかってるから、最初から別のボーイと一緒に移動させた。

 三ヶ月経っても客ひとり取れず、僕の仕事は待機室の掃除とポスティングとビラ配り。

 ビラ配りをしていた時だった。ゲイ向けのビラを受け取ったノンケに絡まれ、また顔のことを言われ、通行人の注目を浴びるが誰も助けてくれない絶望的な状況。

 そんな時にたまたま通りかかったのが蝉丸だ。ノンケどもを追っ払い、僕の顔を見ても「大丈夫か? 災難だったな」と優しい態度を変えなかった。

「すいません、助けてくれて、ありがとうございます」
「この店で働いてるの?」
「あ、はい。いえ、僕なんか誰も相手にされなくて。まだ一度もお客さん取ったことないんですけど」
「なんで? かわいいのに」

 ああ、こいつも結局僕をからかいたいだけか。と思った。

「いまは仕事が残ってるから無理だけど、今度ほんとに指名するよ。名前教えて」
「……則之です」
「のりちゃん。ビラ一枚もらってくよ。またね」

 バイバイ、と手を振って数日後、蝉丸は本当に僕を指名した。

 指定されたホテルにいる蝉丸を見て驚いた。密室にふたり。僕をいたぶる仲間がいるんじゃないかと身構えた。僕を気に入ってくれただなんて、そんな甘い考えを持てるような人生じゃなかった。

 蝉丸は僕をみて「久し振り」と微笑んだ。部屋の照明の下で見る蝉丸は若くて優しげだった。人のいい笑顔に騙されちゃいけない。きっとちょっとした暇つぶしに化物みたいな男を抱いてやろうと気まぐれを起こしたに違いないんだ。

 ポケットのスマホが鳴った。ドライバーからで『チェンジ?』と訊いてくる。

「あの、チェンジしますか?」

 蝉丸は驚いた顔で「君を指名したのに、チェンジなんかしないよ」と否定した。

 ドライバーにチェンジ無し、と伝えたら向こうも驚いていた。

 ここで初めて蝉丸の名前を知った。最初はふざけた偽名だと思った。神経を逆なでしないよう、そこには触れず、コースの説明をしたあと、蝉丸と一緒にシャワーを浴びた。僕に体を洗われながら、蝉丸はあれこれ世間話をした。僕への質問も多かった。出身地とか年齢とか好きな食べ物とか、当たり障りのないものばかりだったけど。

 終わったあと、蝉丸にフェラした。うまいね、と褒められた。店を辞めさせられないかわりに、ひとつ特技を見つけろ、と出勤したら毎回店長にフェラさせられていたからだろう。

「ほんとに本番していいの? 初めてなんだろ?」

 僕の髪を撫でつけながら蝉丸が言う。細く長い指が心地よかった。

「僕、どうしてもお金稼ぎたいんです」
「何に使うの」
「整形したいんです」
「自分の顔嫌い?」
「嫌いです。見ず知らずの人も、僕の顔を見て化け物だって言うんです。好きになれません」
「かわいいのに」

 他人事だと思って。腹の内が重くなる。

「おいで」

 蝉丸は僕の手を引くとベッドに仰向けで寝かせた。なにをするのかと思ったらいきなりキスされた。恋人にするような優しい接触、深い口付け。僕なんかにキスできる人がいると思わなかったから驚いた。

 蝉丸は僕の体も触った。あの心地よい細く長い指で、僕の顔、首、胸、脇、腰、下半身にも触った。他人に愛撫されたのは生まれて初めてで、どう反応していいのかわからなかった。

 その間も蝉丸はよく喋った。日常の、自分がおかした失敗談を僕に話し、自分で笑った。胸がくすぐったくなるような笑い声。警戒していた僕も知らず笑っていた。僕の緊張が解れたのを見て、蝉丸はローションを使って僕の尻の穴に指を入れた。

 この仕事がなにをするかわかっているつもりだった。この見た目だから人より辛いプレイも耐えようと覚悟していた。僕の認識は甘かった。そんなところを人に触られる恥ずかしさは想像を絶する。

 自分でします、と言っても蝉丸は「いいから」と譲らない。丁寧に、丹念に、入念に、そこを解し、柔らかくした。ただ、申し訳なく、恥ずかしかった。

 自分からもう入れてください、と頼んだ時にはもう耐えられなくなっていた。恥ずかしさと、ムズムズする気持ち良さに。

 蝉丸はゴムをつけ僕に挿入した。何度も「大丈夫? 辛くない?」と確認し、何度も僕にキスをし、僕のしょうもない乳首を舐めたり吸ったりしてくれた。

 最後は蝉丸に扱かれながらイッた。初めてだと言うのに、頭が蕩けるような気持ち良さだった。僕のあとに蝉丸が達した。ゴムを取った蝉丸のペニスを夢中で舐めて綺麗にした。愛しくてたまらなかった。

 僕がお金を払いたいくらいだったが、蝉丸は僕にお金を渡すとまた指名するよ、と言ってくれた。その通り、僕が整形手術を受けるために仕事を休むまでの数か月間、蝉丸は定期的に僕を指名してくれた。

 つらい手術を乗り越えた一年と数ヶ月後、デートして欲しい、と僕は蝉丸を誘った。別人になった僕を見て蝉丸は目を丸くした。

「のりちゃんは女の子になりたかったのか」
「きれいになったでしょ」
「うん、かわいいよ」

 全身整形して生まれ変わった僕は、すれ違う男が思わず振り返るような、上物になった。ここに来るまでに何度もナンパされた。一度メスを入れてしまうと歯止めがきかなくなった。どうせやるなら誰よりも美しくならなければ意味がない。

 大変な額の借金を背負ったが、ニューハーフのクラブの面接に受かって働きだしたから、無駄遣いをしなければいつか返済できるだろう。

 客たちは僕が少し前までクリーチャーと呼ばれるような醜い男だったとも知らず、「かわいいね」とデレデレ鼻のしたを伸ばして言い寄ってくる。僕に気に入られようと高い酒を飲み、お世辞を惜しまない。

 女として僕を抱きたがる男、残したままのペニスで僕に抱かれたがる男。全部、僕の見た目にしか興味がない。人生、見た目次第なのだ。

「こんなに変わったけど、私とデートしてくれる?」

 蝉丸だって隣を歩くのがこんな美人なら鼻が高いはずだ。

「もちろん喜んでデートするよ。でももう、前ののりちゃんに会えないのはちょっと寂しいなぁ。俺は前ののりちゃんも好きだったから」

 嘘だ、と思った。本音は違うくせに、と。

 蝉丸は女になった僕にも優しかった。あいかわらずよく喋り、よく笑った。でもたまに、ほんの一瞬、僕のなかに昔の醜い則之を見つけて、愛しそうに目を細めることがあった。それを見ると、僕は無性に泣きたくなるのだ。






【続きを読む】
スポンサーサイト
[PR]

インモラル 5

2019.07.31.Wed.
兄の仕事。

※殺し

 雇い主から仕事を頼まれ、他県に赴いた。相手も馬鹿じゃないようで、最初に聞いていた場所はもぬけの殻。おかげで余計な時間がかかった。弟のためのお土産を物色しながら、今回のターゲットの足取りを探った。

 見つけたのはこっちへ来て3日目。雇い主の息がかかった連中がいる繁華街から抜け出せない程度には馬鹿らしい。おかげでこっちは助かるわけだが。

 組から金を持ち出して逃げおおせると思う時点で、この世に生きてる資格がない。

 金をちらつかせて転がり込んだ風俗嬢の部屋に、そいつはいた。出勤前の嬢と乳繰り合ってる最中、部屋に忍び込んだ。突如現れた俺を見て、そいつはすぐ組の回し者だと悟ったようだ。

 女が悲鳴をあげる──その前に口を封じた。可哀そうで気の毒な女。だから何が起きたのかわからないうちに絶命させた。苦痛も感じなかったはずだ。

 男は逃げようと一瞬考えて窓に目をやった。ここがマンションの五階だと思い出し、今度は武器になりそうなものを部屋のなかに探した。逃亡中のくせに獲物の用意もしていない。萎れかけたペニスに呆れる。

 こんな奴のせいで哲郎は一人で留守番を強いられた。ちゃんと食事と睡眠を取れているだろうか。

「金はいくら残ってる」
「てめえ、蝉丸か」
「俺を知ってるのか」
「組長お抱えのヒットマンだろ。噂は聞いてる。やっとそのツラ拝めたぜ。何十人って殺ってんだろ。どんなサイコ野郎かと思ったら、ただ背がでけえだけの優男じゃねえか。てめえ本当に蝉丸か?」
「証明する術はない。必要もない──ちょっと待て」

 ポケットでスマホが震えた。哲郎からの着信。いまは学校のはず。なにかあったのか?

「どうした?」

 哲郎からの連絡はどんな時も無視できない。

『あ、お兄ちゃん? 仕事まだ終わらないの?』

 背後から聞こえる物音、複数の話し声。学校にいるのは間違いない。そうか。いまは昼休みか。

「もうすぐ終わるよ。それよりちゃんとご飯食べてるか?」
『食べてるよ。お兄ちゃんが用意していった作り置きがなくなったから昨日はハンバーガー食べた』
「ジャンクフード! まあ今回は仕方ない。俺がいないからってハメ外しすぎるなよ。夜更かししてないか?」
『もう子供扱いしないでよ。ひとりでちゃんと留守番してるから』

 まだ小/学生だった頃、テレビの心霊特集を見た哲郎は、ひとりじゃ怖くて眠れないと、数日俺と一緒に寝た。仕事で家をあけるとき、哲郎をひとり残していくのが不安になるのは、この出来事も影響している。俺がいなくて、ベソかいてやしないかと。

「今夜戻るよ。なにが食べたい?」
『オムライス』
「おっけー。フワフワ卵のオムライス作ってやるな」

 ずっと俺の隙を狙っていた男が玄関に向かって飛び出した。男の顔を蹴った。男が壁まで吹っ飛ぶ。行かせるわけない。

『なんの音? すごい音したけど』
「なんでもないよ。お土産楽しみにしてな」
『うん。早く帰ってきてよ。じゃあね、お兄ちゃん。気を付けて』

 俺が心配で電話してきてくれたのかな。ときどきすごく甘えん坊になるし、俺の声が聞きたくなったのかもしれない。どっちにしろ俺の弟はかわいい。

 スマホをポケットに戻し、男に向き直った。時間がもったいない。

「聞いてたよな? 急いでるんだ。金はいくら残ってる」
「しゃんれん、ろっひゃくまん」

 血が流れる口を手でおさえながら、男が不明瞭な声で言う。3600万。使ったのは400万。

「おまえにれんぶやる。らから、おえをみよがしてくえ」
「金はいらないし見逃さない。お前は売れる臓器を全部抜かれて死ぬ」

 男が鬼の形相で俺にとびかかってきた。躱し、背後にまわり、羽交い絞めにした。

「金はどこだ?」
「……ベッドのいた……たのむ、みよがしてくえ……」

 ベッドの下にバックパックが見えた。足で引きずりだす。開いていたチャックから札束が零れ落ちた。俺の仕事はここまでだ。男を締めあげ、気絶させた。処理専門の奴に電話をし、そいつに引き渡した。

 組に金を持って行き、スーパーに寄ってから哲郎の待つ家へ帰った。腕によりをかけて、愛情たっぷりのオムライスを作ってやろう。





インモラル 4

2019.07.30.Tue.
やってごらん。

 勉強の合間、股間に手を伸ばした。触るのは気持ちいい。ペニスも大きくなる。でもそれ以上がなかなかむつかしい。

 先日兄にしてもらったときはすごく気持ちよかった。僕がいままでしてきたことはなんだったんだろう。天と地ほどの差があった。

 僕にとって自慰はある種の苦行だ。最初は気持ちいいが、だんだんそれが薄れて萎れてくる。勃たせるために扱くけど、やりすぎて痛くなってくる。腰のだるさとペニスの痛み。射精できないもどかしさ。快感なんかなくて、ただ苦痛でしかない。

 溜めるのは体い悪いと保健体育で習ったから、月に一度程度はなんとか抜くようにしているけど、必要ないならやりたくない。

 そういう認識だったのに、兄にしてもらったあの時は違った。

 大きな手で包まれるだけで気持ち良くなった。上下に擦られたら体が敏感に反応した。心拍数は上昇し、息遣いは乱れ、口から変な声が出た。兄が僕に見せたエロ動画の女みたいな声だ。

 腰の奥がじんじんと熱くなってギュウッと力が入る。気を抜いたらもう出そうな感覚だ。兄の手がそれを導く。射精の瞬間、背骨を伝って頭のてっぺんまで快感が走り抜けた。フワフワとした浮遊感が心地よくて、その余韻すら快感だった。

 あんな射精は初めてだ。

 いつもは、ダラダラと精液が垂れ流れるだけ。出し切った感じがしないから達成感もない。

 僕と兄のやり方、いったい何が違うんだろう。

 勉強はやめて部屋を出た。兄はキッチンで夕飯の後片付けをしている。

「先に風呂入んな」

 僕を見て声をかけてきた。僕は兄の後ろへ回り込み、抱きついた。細身に見えてしっかり筋肉がついている。

「どうした。甘えん坊」
「お兄ちゃん、大好き」
「どうしたどうした、俺も好きだぞ」
「じゃあまたしてよ」
「なにを?」

 答えるかわりに兄のペニスを揉んだ。勃起してないのに僕より大きい。

「こらこら、どこ触ってんの」
「お兄ちゃんにしてもらった時はすごく気持ちよかったのに、さっき自分でやったらぜんぜん気持ちよくなかった」
「うーん、慣れもあるのかなあ。触ってて一番気持ちいいところを擦ればいいんだよ」
「わかんない。またやってよ。勉強に集中できない」
「仕方ないなあ」

 兄は濡れた手をタオルで拭くと僕をソファに座らせた。

「見ててあげるから、自分でやってみ」

 腕を組んで僕を見下ろす。言われたとおり、自慰を開始した。兄の視線を感じる。少しだけいつもより気持ちいい気がする。

「勃ってるじゃん」
「ん……でも、これ以上は……っ」

 兄は僕の前に屈むと、まじまじ手元を観察する。

「そんなに見られたら、緊張してよけい無理」
「ああ、すまん。やり方は合ってるのになあ。なんでだろうなあ」
「お兄ちゃん、もう、苦しい……お兄ちゃんがやってよっ……」
「ちゃんと見て覚えんだぞ」

 兄がペニスを掴む。ゆるゆる上下に擦ってるだけなのに血液がギュンと集まる。

「はあっ、はあっ、きもちい、もっと」
「すごく敏感なのになあ」
「おにいちゃ、キスして、はやく、もう出ちゃうからっ」

 やれやれ、と兄はソファに片膝を乗せると僕の口を塞いだ。ひとつの独立した生物みたいに僕の口のなかで兄の舌が動く。痺れたみたいに腰がぞくぞくする。心臓が苦しくて痛い。

「あ──も、でるっ」

 兄の手に追いたてられて達した。出し切ったあとは体に力が入らなくてぐったりしてしまう。自分でやる時にはない、心地よい、癖になる脱力感だ。

「ついでに風呂入っちまえ」
「むり。立てない」
「まったく手のかかる。特別サービスだぞ」

 兄が僕を抱っこする。兄の首にしがみついた。そのまま風呂場へ行き、兄は僕の体を洗ってくれた。






【続きを読む】

インモラル 3

2019.07.29.Mon.
お兄ちゃん教えて。

 悪戯心。先日、セックスを邪魔された腹いせだ。

「哲郎は彼女いないの?」

 うちの弟はどこに出しても恥ずかしくない美少年。彼女の一人や二人、もちろんいるだろうと思ってたんだが。

「いないよ」

 嘘をつかないまっすぐな目が答える。

「いやいや、モテるでしょ」
「まあね」

 謙遜もしない。潔い。

「好きな子は?」
「いないよ」
「彼女ほしくないの?」
「ほしくない」

 強がる必要がない。嘘じゃない。本心。やっぱりうちの子、複雑な人生のせいで歪んだんじゃないだろうか。

「女の子に興味はあるのか?」
「それなりにあるよ」

 ちょっと安心する。

「エッチなことしたいなって思わないの?」
「この前お兄ちゃんがやってたみたいなこと?」
「そうそう」
「しんどそう」
「しんどい?!」
「オナニーだけですごく疲れるんだ」

 もうオナニー覚えたんだあって、俺の親心が感動してる。

「やりすぎはダメだ」
「1ヶ月に1回程度なんだけど、多い?」
「少なっ。哲郎の年なら毎日しててもいいよ」
「毎日したら死んじゃうよ」

 いったいどんな特殊なオナニーをしているんだろうか。訊いてみたらごく普通のやり方。

「何分かかる?」
「30分かけても出ない時がある。その時はもう諦めてる」

 恐ろしく淡白な子なのかもしれないが。少し、心配だ。やり方がまずいのかもしれない。

「こっちおいで」

 胡坐の上に哲郎を座らせ、後ろから哲郎のペニスを触った。大きさも色も普通だ。スマホでエロ動画を探しだし、それを哲郎に見せながら扱いてみた。背中がビクビク震えるのが胸から伝わってくる。感じてはいるみたいだ。

「はあっ、ん、はあぁ、あ、ふ」

 喘ぎの混じった吐息。聞いてるこっちも変な気分になる。相手は哲郎。俺の弟だぞ。

「あ、あっ、やあっ、お兄ちゃん、へんっ」
「なにがへん?」
「だって、きもちいい」

 顔を赤くして、前髪をフルフル震わせる。切なげな唇。俺のキスを待っているようだ。だったらしてあげないと。哲郎の頬に手をかけ、こっちを向かせてキスした。拙く応える舌を絡め取って、手を動かし続ける。

「んんっ、ふぅっ、ん、はあっ、あ、や、おにいちゃ」

 哲郎が俺の胸を押し返した。

「あ、出ちゃう、もう、でちゃ……、あ、や、あ、あ──っ」

 体を硬直させながら哲郎は果てた。俺の手に熱い精液がドクドク吐きだされる。すべて出し切ると、ぐったりした哲郎がもたれかかってきた。蕩けた顔。焦点の定まらない目。かわいい弟。

「どうだった、哲郎。気持ちよかっただろ」
「ふぇ……うぁ、うん……きもちよかった……」
「お前はまだやり方が上手じゃなかったんだよ」
「お兄ちゃんは上手だね」
「俺は一人では滅多にしないよ」
「なにその見栄」

 クスクス哲郎が笑う。いやほんとだって。

「オナニーがこんなに気持ち良かったら、エッチはもっと気持ちいいの?」
「これの何倍も気持ちいいよ」
「僕もいつかお兄ちゃんとしたい」

 ぎゅっと哲郎が俺に抱きついてきた。哲郎はいい匂いがする。乳臭さが抜けきらない。だから余計、俺も甘やかしてしまう。とは言え、それとこれは別。

「俺じゃなく、好きになった女の子としなさい」
「こんなときだけ保護者面」
「保護者だもん」
「ケチ」

 まだ快感が残る顔が俺を睨む。ムラムラするからやめなさいって。ほんとに襲うぞ。





堕トシ合イ 壱


インモラル 2

2019.07.28.Sun.
大人の時間。

※男女性描写あり。


 学校から帰って来たら玄関にハイヒールが揃えてあった。兄が連れこんだ女だ。

 初めてじゃない。僕がいるから控えてくれるけど、たまに、ある。

 足音を忍ばせ兄の部屋へ。そっと扉を開けたら、性交の匂いと音が漏れてきた。

「ただいま、お兄ちゃん!」

 わざと大声を出し、部屋の明かりをつけてやる。兄の上に乗っていた女が振り返った。

 ふうん。美人じゃん。胸も大きい。

「弟?」

 女は自分の下にいる兄に訊ねた。前に来た女はこれをしたら慌てて出て行ったのに、この女は平然と長い髪をかきあげている。

「哲郎、おかえり。悪いんだけどそこ締めてくれる?」

 兄は女の腰から顔を覗かせ僕に言う。僕は足で戸をしめてやった。

「いや、哲郎くん、君も出て行きなさいよ。いま何してるかわかるでしょ」
「お兄ちゃんおなかすいた。ホットケーキ作ってよ」
「私が作ってあげようか?」

 女が僕に笑いかける。赤い唇。長い睫毛。揺れる腰。嫌がらせが通じない。

「結構です」
「じゃあ、そこで見てる?」

 女は背中を丸めると兄にキスした。

「お兄ちゃんのばか、あほ、インポ」

 悪口を言って部屋を出た。自分の部屋で学校の宿題を始める。耳を澄ませば女の喘ぎ声が聞こえる。わざとかも。一時間ほどして今度はシャワーの音が聞こえてきた。やっと終わったようだ。

「哲郎、入るぞ」

 腰にタオルを巻いた兄が部屋にやってきた。勉強机に向かう僕の横に立って見下ろしてくる。

「なに怒ってんの」
「新しいセフレ?」
「そういう言葉を使いなさんなって。セフレじゃないよ。お友達。もう帰ったよ。ホットケーキ焼く?」
「いらない。あんなの見せられて食欲失せた」
「お前が勝手に入ってきたんでしょうが」
「汚い」
「お兄ちゃんは大人なの。汚いことも必要なの」
「僕もいつかあんなことするの?」
「そりゃいつかはするだろ」
「じゃあ、キスのしかた教えてよ」
「そんなの練習しなくたって、そのうちうまくなってくよ」
「僕とキスしてよ」

 兄はむ、と眉間にしわを作った。

「兄弟でなあ」
「血は繋がってないよ」
「未成年相手に」
「殺し屋が何言ってんの」
「それもそうか」

 顎を掴まれ、上を向かされた。顔が近づいて、唇が合わさる。驚く僕の唇を割って舌をいれてきた。歯の裏や口蓋を舐められたとき、腰がぞくぞくした。舌と舌が触れ合って、クチュクチュ絡め合うと頭がぼーっとして、なにも考えられなくなる。

「はあっ」

 離れた一瞬のすきを縫って息を吸いこむ。

「鼻で息すんだよ」

 兄が教えてくれた。鼻で呼吸する。ボディソープの匂いがする。

 兄の首に腕を回した。兄は僕の腰に腕をまわしてきた。上からグイグイ押しつけられて首が痛くなってくる。

「はあっ、あ、お、にいちゃ」

 息苦しくて顔を背けた。兄の口が追いかけて来てまた塞がれる。溺れる。キスに溺れてしまう。

「や、あ、もう、わか…、わかったってば」

 椅子からずり落ちた格好でギブアップ。兄は舌なめずりして勝ち誇った顔。

「今度から大人の時間を邪魔しちゃいけません」

 そう言うと部屋から出て行った。くそっ。